サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 道路交通法

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/13(水) 08:32:32.85 ID:CAP_USER.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG12H6A_S6A710C1MM8000/

    国土交通省は自動車衝突事故の死者を減らすためシートベルトをせずに走行すると警報音が鳴る装置の設置を乗用車の全座席で義務化する方針を固めた。従来の設置義務は運転席のみだったが、後部座席でベルトを着用せずに事故に遭い死亡する事例が多く、全座席への義務化で後部座席での着用を徹底させる狙い。

     座席への設置義務の範囲を広げるのは「シートベルト・リマインダー」と呼ばれる装置で、ベルトを着用せずに走行すると警…

    shutterstock_31212103-thumb-570x378-125946
     
    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1468366352/ 【シートベルト非着用で警報音 後部席に設置義務 国交省方針】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/24(日)18:13:06 ID:hQb
    歩道に乗り上げて駐車は
    駐車違反の表示がなくとも完全に⊂ミ⊃^ω^ )⊃ アウアウ!!
    img_7

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1461489186/ 【自動車免許持ちの7割が忘れてそうな交通ルール】の続きを読む

    1: 頭突き(catv?)@\(^o^)/ 2016/01/30(土) 08:58:51.24 ID:kfIXLryf0.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
    K10010391211_1601300731_1601300733_01_03

    乗客乗員15人が死亡した長野県軽井沢町のバス事故を受けて、警視庁は29日夜、東京・新宿で貸切バスなどを対象に取締りを行い、乗員や乗客のシートベルトの着用状況を確認しました。

    取締りは、ツアーバスなどの乗り場に近い東京・新宿区の都庁近くの路上で29日午後9時から行われました。
    警視庁の警察官15人が通りかかった貸切の大型バスなど20台余りを止めて運転手から話を聞き、法律ですべての乗客乗員に義務づけられているシートベルトの着用状況を確認したほか、安全運転を呼びかけるチラシを配りました。

    長野県軽井沢町の事故では、シートベルトを着用していなかったとみられる複数の乗客が車外に投げ出され、警視庁は29日付けで、バスの運行会社が加盟する業界団体にシートベルトの着用を推進するよう要請していて、取締りも強化する方針です。

    警視庁交通部の安達正晃理事官は「2度とあのような事故がないよう、一人一人がシートベルトを締め、交通事故防止に努めてもらいたい」と話していました。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160130/k10010391211000.html

    ※あと車内を動物園の猿山状態にしてるアホ親、チャイルドシートに縛り付けてない親からとか

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1454111931/ 【車のシートベルトって運転者だけに減点・罰金してないでベルトしないクズから罰金取らないとな】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/28(木)22:04:01 ID:0jV
    来週からグ~ンと厳しくなる「自転車走行処罰」講習受けない違反者は罰金5万円
    2015/5/28 13:29
    http://www.j-cast.com/tv/2015/05/28236313.html

    来週月曜日6月1日(2015年)から自転車の道路交通法での扱いが変わる。これまでは「歩行者の延長上」だったが、「車両」という位置づけをはっきりさせて、違反が重なると「講習」を受けさせられ、「罰金」もできた。みなさん、知ってましたか。

    「モーニングバード!」が交差点などにカメラをセットして自転車の通行状況を記録し、新しいルールで「違反」となる行為がどれくらいあるかをチェックした。

    スマホ、並走、信号無視、イヤホン、傘差し、歩道通行・・・すべてアウト!
    スマホ片手に画面を見ながら、イヤホンで音楽、おしゃべりしながらの並走、手放し、信号・一時停止無視、傘差し・・・すべてアウトだ。ほかにも、整備不良、酒酔い、無灯火、遮断踏み切り立ち入りなどがあり、歩道通行も13歳以下と高齢者に限られる。

    危険通行として摘発(キップ)や事故が3年間に2回以上になると、安全講座の受講が義務づけられる。

    3時間の講習にはテストはもちろん、感想文まで書かされて5700円ナリ。通知から3か月間応じないと5万円以下の罰金もある。対象は14歳以上だ。新ルールの導入は自転車事故が絶えないからだ。昨年(2014年)、自転車が当事者になった事故は約11万件あり、死傷した人の6割以上がルール違反の危険運転だった。

    実は、これまでも一時不停止や信号無視は、法令上3か月以下の懲役または5万円以下の罰金となっていた。
    しかし、これで検挙されたという話は聞いたことがない。「傘を差して信号無視をしてキップを切られた」という人がいるにはいたが、これまでは「お気の毒」で終わっていた。

    b2f1cc5e84e9dc7d7ba90677c4b36dca

    引用元 http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1432818241/ 【明日より自転車に乗車時、スマホ並走、イヤホン、傘差し、歩道通行すべて犯罪に!】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/05/07(木)15:34:03 ID:hzi
    「チリンチリン!」歩行者をイラつかせる「自転車のベル」は道路交通法違反?

    ●歩行者に道を譲らせるのは「違法」
    「自転車は、道路交通法により、原則として『歩道』を通行してはならず、『車道』を通行しなければならないことになっています」

    では、あの迷惑な自転車たちは、すべて「道路交通法違反!」と言えるのだろうか?

    「ただし、例外があります。道路標識等により、自転車が歩道を通行してもよいことになっている場合や、自転車の運転者が児童や70歳以上の高齢者など一定の場合には、歩道を通行することができます」
    (中略)
    「自転車で歩道を通行することができる場合であっても、徐行が原則であり、かつ、歩行者の通行の妨げとなる場合は、自転車のほうが一時停止しなければならないこととなっています。

    また、歩行者が普通に歩道を歩行しているときに、自転車のほうがむやみに警音器を鳴らすこと自体も、違法とされています」

    つまり、あの「どけ、どけ」と言うがごとくの「チリンチリン」は、道交法に違反する行為といえるようだ。さらに、谷原弁護士は「無法者」たちにこう警告する。
    「したがって、自転車の運転者が警音器を鳴らして歩行者に道を譲らせるという行為は、警音器を鳴らすことも違法、歩行者に道を譲らせることも違法、ということになります」

    Brass_Bicycle_Bell


    弁護士ドットコム5月7日(木)14時20分
    http://news.biglobe.ne.jp/trend/0507/bdc_150507_8152270298.html

    引用元 http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1430980443/ 【自転車が歩行者どかすためにチリンチリン鳴らすのは道交法違反】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/17(火)07:56:00 ID:wbG
    オービスで取り締まれなくなって警察の収益が減るからって本当?
    c11dcf6f

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1426546560/ 【自動車のナンバープレートにカバーつけるのが禁止された理由】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/09/14(日)18:23:38 ID:???
    ※画像の『A』から『B』へ行く場合な
    9DJ6QIb

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1410686618/ 【運転免許所持者は原付がどう右折すればいいか当然わかるよな?解らない奴ぁ返納しろ】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/08/18(月)10:28:42 ID:MlLIyNtBq
    ないかな?
    driver-texting

    引用元 http://viper.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1408325322/ 【警官「今、運転中に携帯見てましたよね?」「」←上手い言い逃れ方法】の続きを読む

    このページのトップヘ