サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [BR] 2018/02/16(金) 12:50:19.52 ID:Yhgg72it0 BE:422186189-PLT(12015)
    マツダモーターオブアメリカの毛籠勝弘社長は16日のインタビューで、トヨタが開発中の無人運搬車両向けに、バッテリー充電用ジェネレーター(発電機)を動かすロータリーエンジンをマツダが供給すると語った。

    毛籠氏はデトロイトで開催中の北米国際自動車ショーに合わせて実施したインタビューで、 小型軽量で騒音や振動がなく、燃費も非常に良いため、ジェネレーターを動かすのに非常に適したエンジンだと語った。  

    マツダのロータリーエンジンは、米ゼネラル・モーターズ(GM)が2011年型シボレー「ボルト」に搭載した走行距離を伸ばす「レンジエクステンダー」のような働きをする。

    トヨタの広報担当ブライアン・ライオンズ氏は、「e―Palette(イー・パレット)」の自動運搬車両以外にもレンジエクステンダーとしてロータリーエンジンを使用するかどうかなど検討していると述べた。

    ロータリー搭載自動運転車


    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-01-18/P2Q7Z36TTDSA01

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=orqyAtbknKA


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518753019/ 【トヨタ、開発中の自動運転車にマツダ製ロータリーエンジンを搭載する事を発表】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/02/14(水) 14:58:17.94 ID:CAP_USER9
    ◆トヨタが22年ぶりに投入した新型「教習車」

    トヨタ自動車は小型セダン「カローラアクシオ」をベース車両にした新たな教習車「トヨタ教習車」を発売した。
    トヨタの新型教習車は1995年12月の「コンフォート教習車」以来約22年ぶり。

    位置感覚の目安となるセンターマークをインストルメントパネルの中央に配置するなど、安全な教習に配慮した。
    価格は187万5960―194万2920円(消費税込み)。
    全国のトヨペット店を通じ、年間850台の販売を目指す。

    教習生の運転を確認するためのサイドターンとブレーキの指導員用インジケーターランプや、後方視界を確保する指導員用ドアミラーを標準装備した。
    急ブレーキをかけるとハザードランプが自動的に点滅する機能も搭載した。

    5速手動変速機(MT)と自動無段変速機(CVT)の仕様をそろえる。
    トヨタ自動車東日本宮城大衡工場(宮城県大衡村)で生産する。

    ed5dd_1639_00e4f4ac_914f5d02


    ライブドアニュース(ニュースイッチ) 2018年2月14日 11時44分
    http://news.livedoor.com/article/detail/14298949/

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518587897/ 【トヨタが22年ぶりに新型「教習車」を投入】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/02/13(火) 21:52:57.30 ID:IxbzZQF80 BE:423476805-2BP(3000)
    トヨタは、3月6日にプレスデーを迎えるジュネーブモーターショー2018で、レーシングコンセプトモデルを出展する。

    ワールドプレミアが噂されていた次期スープラと考えて間違いないだろう。

    ただし市販型ではなく、正確には次期市販型ベースのレーシングモデルということになる。

    ビッグネームの復活ということで、発売に向けて小出しにプロモーションが行われるが、ジュネーブ発表のモデルにより、市販型スープラの大方の姿が確定することになる。

    https://car-research.jp/tag/supra

    supra-racing-concept-1

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518526377/ 【トヨタ、次期スープラベースのレーシングコンセプトをジュネーブでお披露目か】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2018/02/12(月) 20:43:54.24 ID:CAP_USER9
    現在、トヨタとBMWが共同開発を進めているトヨタ「スープラ」とBMW「Z4」の両モデルの次期型プロトタイプがバックショットながら揃って捉えられた。

    「86」を彷彿とさせるテールライトが印象的な次期型「スープラ」は、トヨタのスポーツ系新ブランド「GR」ブランドから発売される可能性もあることから、いまだネーミングについては断定できないが、欧州の最新レポートによると、この「スープラ」をベースとして高性能な「GR」や「GRMN」モデルがラインナップされそうだ。

    次期型「スープラ」のプラットフォームにはBMW製「CLAR」を採用して大幅な軽量化を実現する見込みで、搭載パワートレインは250psを発揮する2.0リッター直4ターボのほか、BMW製の3.0リッター直6ターボで最高出力340psのエンジンが予想されており、各々、販売価格は500万円~600万円、700万円~800万円とやや高めに設定されるようだ。

    一方の次期型「Z4」は、最高出力190psと250psを発揮する 2.0リッター直4ターボと最高出力350psを発揮する3.0リッター直6ターボ、パワーモードで最大240psを発揮するハイブリッドがラインナップ予定という。

    両モデルともに2018年3月のジュネーブモーターショーでのワールドプレミアとなるか?

    2018/2/11 20:00
    https://getnavi.jp/vehicles/227240/

    BMW「Z4」(左)、トヨタ「スープラ」(右)
    20180209_suzuki_12-e1518154238699

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518435834/ 【【ケツ2ショット】間もなくお披露目なるか!? 新型トヨタ「スープラ」とBMW「Z4」】の続きを読む

    1: fusianasan 2018/02/05(月) 16:50:58.60 0
    あんなちっこい車にでかいアメリカンが乗ってるのかよw

    2017年の米国新車販売の上位10車は以下の通り。( )内は対前年比

    1:フォードFシリーズ 89万6764台(9.3%増)
    2:シボレー・シルバラード58万5864台(1.9%増)
    3:ラム・ピックアップ 50万0723台(2.3%増)
    4トヨタRAV4 40万7549台(15.7%増)
    5:日産ローグ 40万3465台(22.3%増)
    6:トヨタ・カムリ 38万7081台(0.4%減)
    7:ホンダCR-V 37万7895台(5.8%増)
    8:ホンダ・シビック 37万7286台(2.8%増)
    9:トヨタ・カローラ 32万9196台(13%減)
    10:ホンダ・アコード 32万2655台(6.5%減)

    shutterstock_502577557

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1517817058/ 【アメリカで一番売れてる日本車はトヨタのrav4www】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/02/01(木) 16:02:12.09 ID:CAP_USER9
     トヨタ自動車が最上級ミニバン「アルファード」「ヴェルファイア」を一部改良して、1月8日に発売した。国内市場ではこのカテゴリーで敵無しの販売好調な2台。一方で、郊外のいわゆる「マイルドヤンキー」が乗る定番の「ヤン車」として敬遠する向きもある。より豪華で快適になった新型に試乗して、売れる理由と嫌われる理由を探った。

     アルファードとヴェルファイアは、3ナンバークラス大型ミニバンの兄弟車。フロントグリルの造形を作り分けて、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店で販売される。2台をまとめて俗に「アルヴェル」とも呼ばれる。かつてトヨタ「クラウン」のライバルだった日産自動車の兄弟車「セドリック」「グロリア」が「セドグロ」と呼ばれていたのと同じ用法だ。日産の「エルグランド」やホンダの「エリシオン」(国内販売は終了)など競合を押しのけ、国内大型ミニバン市場で7割超のシェアを誇る。

    ■マイルドヤンキーの厚い支持

     このほど一部改良されたのは、2015年1月に発売された3代目(後から投入されたヴェルファイアとしては2代目)。バンやセダンとのシャシー共用を避けて専用プラットフォームを用意する贅沢(ぜいたく)な設計で、先代に比べて乗り心地を大きく改善している。迫力と押し出しの強さでマイルドヤンキー層の支持が厚い一方で、政財界VIPや芸能人らが黒塗りセダンや高級輸入車から乗り換えて愛用する姿を目にすることも多くなった。

     実車に近づくと、その迫力に圧倒されて後ずさりしそうになる。ただでさえズシリとして大きい車体に、通行人や対向車をにらみ付けて威嚇するような、いかついフロントグリル。「中身の進化を表現する、分かりやすい外観を」(開発責任者の吉岡憲一主査)という理由で、改良前に比べてメッキ部分の面積が増えた。そのギラギラ感と鋭角につり上がったヘッドライトは、獰猛(どうもう)な肉食獣を連想させる。輸出先の中国や東南アジアでも、このいかつい顔が好まれるという。

     恐る恐る乗り込むと、安楽な乗り心地と広々とした室内空間に不満らしい不満は見つからない。あらゆる部分に、「乗員ファースト」とでも呼ぶべき居住空間優先主義が貫かれる。

     ハンドルを握ると、拍子抜けするぐらい運転しやすい。新開発の3.5リッターV6エンジン仕様は8速ATと組み合わされ、力強さと加減速のなめらかさは絶品。また、見切りの良さで車幅感覚がつかみやすく、総重量2トン超のヘビー級ゆえのおっとりした挙動のため、アクセルを踏み込んでも危なっかしい過敏さはない。逆に言うと、路面のコンディションが把握しにくく、独特の浮遊感も手伝い、気づかないうちに速度超過になりかねないところもある。さらに、車体に張り巡らされた遮音材のおかげで、外の騒音が入り込むのもかなり抑えられる。そこにJBLの高級スピーカーが備わり、大音量で音楽を鳴らしながら走れば、ますます車内は外界と隔絶したパーソナルな空間になる。

     運転マナーの悪い車種の代表格としてよく名前が挙がるのは、その外界から遮断された感覚が、周囲の道路状況を顧みない運転につながりやすいことも一因ではないだろうか。

    016_o

    https://www.asahi.com/articles/ASL1Y4GFPL1YUEHF007.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517468532/ 【トヨタ「アルヴェル」が嫌われてても売れる理由…マイルドヤンキーの厚い支持】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 00:00:44.04 ID:RYtXbjOo0
    ヴィッツ
    7md3AKs

    UzvcReO (1)

    アルファード
    23WPFTJ

    Poak2Ms

    エスティマ
    UO6kOse

    ELhiRIg (1)

    カムリ
    Yhhao4y

    EtnnZy5 (1)

    カローラ
    tp3oUHE

    4kVs9by

    シエンタ
    Y8WNwPh

    Olq8Kgm (1)

    プリウス
    zBg9vEz

    KccmcP4

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516719644/ 【トヨタ「トヨタ車はダサい?せや!カッコイイ車にしたろ!!」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2018/01/22(月) 21:09:27.19 ID:JHWrSL7R0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    1266488

    トヨタとBMWが共同開発を進める『スープラ』と『Z4』。開発中のプロトタイプが仲良く並んだ姿を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7編集部が捉えることに成功した。

    リング状に光るテールライトを見せるスープラ(写真右)は、Z4(同左)よりも筋肉質でグラマラスな印象だ。一方のZ4は、やはりライトウエイトスポーツのイメージを継承しているのが分かる。

    スープラ次期型は、トヨタのスポーツ系新ブランド「GR」ブランドから発売される可能性もあり、ネーミングに関しては断定出来ない状況だ。

    しかし欧州から届いた最新レポートによれば、スープラをベースとして高性能な「GR」や「GRMN」モデルがラインアップされると予想している。

    スープラのパワートレインは、最高出力250psを発揮する2リットル直列4気筒エンジン、最高出力340psを発揮するBMW製3リットル直列6気筒エンジンのラインアップが期待される。

    プラットフォームにはやはりBMW製「CLAR」を採用し、大幅な軽量化が図られているようだ。ボディサイズは、全長4380mm×全幅1860mm×全高1290mm、ホイールベースは2485mmで車重は1440kg程度。価格は、2リットルモデルが日本円で500万円~600万円、3リットルモデルが700万円~800万円程度と高めに設定される可能性がある。

    Z4新型には、最高出力190ps、及び250psを発揮する2リットル直列4気筒ターボエンジン、最高出力350psを発揮する3リットル直列6気筒ターボエンジン搭載の「M40i」、 パワーモードで最大204psを発揮するハイブリッドのラインアップが予想されている。そして頂点には最高出力425psを発揮する「Z4 M」も設定されるはずだ。ギアボックスは、8速AT又は6速MTとなる。

    https://response.jp/article/2018/01/22/305042.html#cxrecs_s

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1516622967/ 【兄弟車♥となるBMW Z4・トヨタ スープラ、仲良く並んでるところを撮影される】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/01/16(火) 13:12:31.14 ID:RGXhGa950
    ・デザインはダサい
    ・北米では特別壊れにくい訳でもないデータも出てる

    これで販売台数トップって化け物やろ?

    hybrid_rangeimage_pt

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1516075951/ 【トヨタの車ってなんで世界一売れてるんや?】の続きを読む

    このページのトップヘ