サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1:

    …こうして2013年にアクセラ・ハイブリッドができたわけだが、事件はトヨタのエンジニアを迎えて行ったその完成確認試乗会のテストコースで起こった。試乗を終えたトヨタのエンジニアはテストコースの隅に集まって緊急会議を始めた。「どうしよう? ウチのクルマより良い。これ、来週の役員試乗会で絶対バレるぞ……」。トヨタにしてみれば、ハイブリッドでは世界トップのつもりだった。そのプライドが目の前で崩壊した。しかも相手は歯牙にもかけていなかったマツダである。

    img_e61a7ba7845463e44d768c6b4c427de233201

    トヨタのエンジニアが凄いのは、この敗北を自らトップに上げたことだ。「ウチのシステムを使ったマツダのハイブリッドが、おかしなことになっています」。そうして豊田章男社長自らが、広島へ赴いて試乗を行い、その違いを確認した。

    恐るべきことにこの大騒動に至ったのは、ブレーキ回りで使うバネ一本の作り直しだった。トヨタにしてみれば疑問だらけだ。なぜそんなことができるのか、何がそんなにクルマの乗り味を変えるのか? それを突き詰めて行くと単純にクルマのセッティングのレベルの話ではなく、マツダの言う「モノ造り革新」がその根底にあることがわかった。豊田章男社長は名古屋に戻るとすぐにマツダとの提携を進めるべく指示を出し、2年後の2015年5月にトヨタはマツダとの技術提携を発表した。

    2016年の決算発表会でトヨタの豊田章男社長は、提携企業との関係の説明の中で「少ない開発リソースで製品開発を行って行く手法を学ばせていただいている」と、暗に提携相手でもあるマツダをマークしていることを示す発言を行っている。社交辞令が含まれないとは言わないが、例示がマツダのモノ造り革新の中核である「コモンアーキテクチャー」(汎用開発)である点は、少なくとも行き当たりばったりの発言には聞こえない。コモンアーキテクチャーとは基礎開発を徹底して煮詰め、従来を凌駕する性能に仕上げながら、その設計をあらゆるクルマに適応していくことで、高性能低価格、かつ高信頼性を押し進めていく設計手法だ。

    全文
    http://president.jp/articles/-/22041

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495180248/ 【トヨタとマツダが技術提携に至った"事件"】の続きを読む

    1:
     トヨタ自動車は、夏頃に発売を予定している新型「カムリ」日本仕様の外観と室内を公式サイトで初公開した。

     1月に米国で開催されたデトロイトモーターショーにおいて世界初披露された8代目となる新型カムリは、“トヨタが考える理想の次世代 グローバルミッドセダン”と位置付けられたクルマ。カムリが培ってきた品質・耐久性・信頼性や実用性のみならず、ユーザーの心を揺さぶり、所有する・操る喜びや感動を提供することを目指したという。

    04

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1060451.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495148777/ 【トヨタ 新型カムリ発表】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/05/16(火) 21:33:56.778 ID:GRGeTtqH0.net
    儲けばっかり考えて作る車は本当につまらん
    儲けなんか考えず、本当に乗ってもらいたい車を作って、最低限の利益だけ乗せて売れ

    sokukai132-1

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1494938036/< 【トヨタはゴミみたいな車ばっか作ってないでスープラやMR2をデザインそのままで200万円台で再販しろ】の続きを読む

    1:
    画像処理半導体(GPU)大手の米エヌビディアは10日、トヨタ自動車と自動運転で提携すると発表した。人工知能(AI)機器やソフトをトヨタに提供し、今後数年で実用化が見込まれる自動運転車の開発スピードを加速させる狙い。

     米電気自動車(EV)大手のテスラに提供している自動運転用AI基盤「エヌビディア・ドライブ」をトヨタに提供する。トヨタとエヌビディアの技術者は自動車に装備…

    02_s


    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL11H08_R10C17A5000000/?dg=1&nf=1

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494451574/ 【米NVIDIA、自動運転でトヨタと提携 AI機器やソフトを提供】の続きを読む

    1:
    中日新聞の報道によると、トヨタ自動車は、若者のセダン離れなどを背景とした日本国内のセダンの売り上げ不振を受け、かつて人気車だったマーク2の後継にあたるマークXなどの生産を打ち切り、中型セダンを世界戦略車のカムリに集約する方針で検討を進めているという。

    20170506162712knt0big

    http://www.zaikei.co.jp/article/20170506/368869.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1494070926/ 【トヨタ「マークX」生産打ち切りか…中型セダンをカムリに集約】の続きを読む

    1: オデッセイ ★ 2017/04/29(土) 10:33:26.84 ID:CAP_USER9.net
    トヨタ、会話できる小型ロボ発売
    5月10日、愛知と東京で
    2017/4/28 21:01

     トヨタ自動車は28日、会話ができる小型ロボット「キロボ ミニ」を5月10日に東京都と愛知県の販売店で発売を始めると発表した。
    開発に時間がかかり、昨冬の発売を延期していた。今年中に全国展開する。

     キロボは手のひらサイズで、人の表情を読み取って感情を識別し、状況に応じた会話や動作が可能だ。
    希望小売価格は4万2984円。インターネットを通じて予約が必要となる。

    ソース:共同通信
    https://this.kiji.is/230659003405878777

    公式
    https://toyota.jp/kirobo_mini/

    kv_sp

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1493429606/ 【トヨタの会話できる小型ロボ「KIROBO mini」5月10日に発売開始】の続きを読む

    1:
    トヨタの代名詞ともいえるベストセラー4ドアセダン、「カローラ」次期型を豪雪のスカンジナビアでカメラが捉えました。

     以前よりカモフラージュが軽くなり、フロントバンパーのエアダクト形状の一部も見えてきているものの、テールライトは現行モデル北米仕様のテールライトのパーツが使われています。

     今回注目するのは、ルーフラインです。Cピラーにカモフラージュが施されているため、正確なデザインは見えませんが、カムリ新型で見せたクーペ風ルーフが隠されている可能性が高いです。

    ecn1704250730009-p1

    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/photos/20170425/ecn1704250730009-p1.htm

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493136424/ 【トヨタのカローラ次期型キャッチ! 擬装下に大きくなるボディとクーペルーフが】の続きを読む

    1:
    トヨタ自動車(7203.T)はこれまでの開発戦略を180度転換し、電気自動車(EV)開発に本腰を入れざるを得なくなっている。

    業界内で次世代自動車の主力はEVとの見方が強まる一方であることに加え、中国の政策に背中を押された形だ。

    ごく最近までトヨタは、電気のみで走行する100%EVに背を向け、 次世代車として水素式の燃料電池車(FCV)開発を積極的に進めていた。

    2013年、ガソリンと電気のハイブリッド車「プリウス」の生みの親の内山田竹志会長は、水素電池車は従来の燃焼エンジンに対する「実際的な代替役」だと語り、EVが使われるとしても近距離用に限定されるとの見通しを示した。

    同社はモーター搭載式のハイブリッド車とプラグインハイブリッド車(PHV)が水素電池車への橋渡し的存在になると予想。14年にはついに初の水素電池車「MIRAI」の販売を開始した。

    ところが昨年末、長距離走行可能な100%EVの開発を始めると表明し、豊田章男社長直々に指揮を執る新部門を立ち上げた。

    業界専門家によると、2020年ごろには販売にこぎ着けるはずだという。

    あるトヨタ役員はこうした方針変更について「苦渋に満ち、胸が痛む」と表現している。

    トヨタに姿勢を変えさせた大きな要因は、世界最大の市場である中国にある。
    同国政府はクリーンエネルギー自動車の普及促進に向けた厳しい燃費基準導入を計画しつつあり、世界の大手メーカーは試練にさらされている。

    reutersmedia

    2017年 04月 20日 11:46 JST
    http://jp.reuters.com/article/autoshow-shanghai-electric-idJPKBN17M08E

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492659626/ 【水素でFCVとか言ってたトヨタ ついに苦渋のEV路線へ転換へ】の続きを読む

    1:
    20170418-00010005-autoconen-000-3-view

    レクサスが3月16日に発売した新型LCの受注台数が、発売から1ヵ月(4月16日時点)で月販目標の50台の36倍となる約1,800台となり、好調な立ち上がりを見せている。

    パワートレーン別で見ると、ハイブリッドモデルのLC500hが約800台、ガソリンモデルのLC500が約1,000台と、若干ガソリンモデルの方が人気となっている。

    なお、新型LCの価格は、LC500hが13,500,000円~14,500,000円、LC500が13,000,000円~14,000,000円。
    1300万円でも激売れ!レクサス新型LC発売1ヶ月で受注が目標の36倍!すでに納車まで3年待ちか

    ◆主な好評点

    ・コンセプトカーLF-LCの革新的なデザインイメージをモチーフに、新開発プラットフォームによる骨格を活かすことで、走行性能とデザインが調和した独創的なデザイン

    ・新開発GA-Lプラットフォームによる優れた慣性諸元や高剛性ボディ、新開発サスペンションなどで実現された、FR車が持つ本質的な魅力である優れた走り

    ・マルチステージハイブリッドシステム(LC500h)やV8 5.0LエンジンとDirect Shift-10AT(LC500)によって実現されたパワフルでリズミカルな加速

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1492512613/ 【レクサス新型LC発売1ヶ月で受注が目標の36倍!すでに納車まで3年待ちか】の続きを読む

    1:
    ついに発売されたレクサスのフラッグシップ・クーペ、「LC」。その頂点を極める、高性能モデル「LC F」の登場が確実視されており、Spyder7では情報を元にCGを制作した。

    ボンネットにはエアーバルジ、フロントには、ノーマルよりエアロダイナミクス性能を高める形状の大口エアインテーク、フロントサイドにはエアアウトレット、リアフェンダー前部には、冷却機能向上させる大型エアインレットや、高速性能を安定させるサイドスカートなどを装備させた。

    そして軽量化、スポーティー力をアップさせるカーボンを、ルーフ、ミラー、そしてエアインテークにあしらう。これまでの「F」の血統を受け継ぐ、上品かつグラマラスなエクステリアへとグレードアップしている。

    パワートレインは、5リットルV型8気筒ターボをブラッシュアップさせ、最大馬力は620ps程度まで引き上げられるとみられる。

    ワールドプレミアは、2018年3月のジュネーブモーターショーと予想されるが、遅れれば2018年9月になりそうだ。

    日本での価格帯は2000万~2300万円か。

    https://response.jp/article/2017/04/17/293625.html

    1175836

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492425955/ 【登場が確実視されてるレクサス LC F の予想CG…価格は2000万~2300万円か?】の続きを読む

    このページのトップヘ