サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/08/10(土) 09:24:27.645 ID:BaZh/iHw0
    TOYOTA←こいつ何作ってんの?

    toyota-logo-car-1

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1565396667/ 【【トヨタ】エンジン←ヤマハ 小型車←ダイハツ スポーツカー←スバル,BMW 大型車←トヨタ車体 電装←DENSO ミッション←AISIN】の続きを読む

    1: アンドロメダ銀河(東京都) [US] 2019/08/09(金) 21:54:35.32 ID:DM/Yjyby0 BE:123322212-PLT(13121)
    レクサスはトヨタが展開する高級車のブランドで、1989年に北米で誕生した。その後16年を経て、2005年8月に日本国内でも営業を始めている。
    今では国内の営業開始から14年が経過し、レクサスも認知度を高めたといわれるが、その売れ行きはあまり伸びていない。

    2017年には最上級セダンのLSがフルモデルチェンジを行い、続いてLサイズセダンのES、コンパクトSUVのUXも導入されたことで、2018年(暦年)の登録台数は5万5096台となった。しかし2017年は4万5605台にとどまり、それ以前も4万~5万台で推移してきた。

    好調に売れるヒット車種が乏しい

    この売れ行きではメルセデス・ベンツに負けてしまう。2012年ごろまではレクサスが優勢だったが、2013年以降は逆転され、メルセデス・ベンツが1年間に6万~7万台を登録して上回っている。

    直近の登録台数を比べても、2017年はレクサスが前述の4万5605台で、メルセデス・ベンツは6万8215台だ。2018年はレクサスが5万5096台で、メルセデス・ベンツは6万7531台となった。レクサスは1万台から2万台以上の差をつけられている。
    BMWも2017年が4万9036台、2018年は5万0982台となっており、レクサスはBMWにも追い越される可能性もある。

    レクサスがメルセデス・ベンツに販売面で負ける理由は、まず好調に売れるヒット車種が乏しいことだ。
    メルセデス・ベンツCクラスは、セダンのほかにワゴンとオープンモデルのカブリオレも用意して、1カ月に1500台前後を登録している。
    VW(フォルクスワーゲン)ゴルフが1800台くらいだから、Cクラスは輸入車でトップ水準の売れ行きだ。

    さらにEクラスも900台前後を安定的に登録している。メルセデス・ベンツはSUVをそろえて登録台数の上乗せを図りながら、セダンとワゴンが主力のC/Eクラスを手堅く売っているわけだ。

    対するレクサスは、設計の新しいESとUXが1カ月に1000台前後を登録するが、ほかの車種はそれ以下にとどまる。
    UXは日本の市場環境に合ったコンパクトなSUVだから期待されたものの、実際の売れ行きは伸び悩む。
    レクサスでも内外装は上質とはいえず、市街地を走ると乗り心地も気になる(ステアリングホイールにまで細かな振動が伝わる)。

    181127_01

    全文
    https://toyokeizai.net/articles/-/296061

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1565355275/ 【【悲報】レクサス、国内販売でベンツに敗北・・・】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/08/07(水) 20:03:01.69 ID:1eDv0WUE9
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2019080701025&g=eco

    トヨタ自動車は7日、高級車ブランド「レクサス」の2019年上半期(1~6月)の世界販売台数が
    前年同期比10%増の36万0045台に上り、上半期として過去最高になったと発表した。
    18年10月に全面改良したセダン「ES」や同11月に発売した小型SUV(スポーツ用多目的車)
    「UX」が好調だった。地域別では中国がけん引した。

    hero (5)

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565175781/ 【中国のおかげでレクサスの世界販売台数が過去最高らしいwww】の続きを読む

    1: スタス ★ 2019/08/06(火) 19:16:57.14 ID:15BfBL7w9
    誕生から17年、高価格でも売れ続けるトヨタ「アルファード」人気の理由とは

     2019年で初代の発売開始から17年を迎え、いまや国内における高級ミニバンの地位を確立したクルマがトヨタ「アルファード」です。

     2019年上半期(1月から6月)の登録車販売台数では、全体で13位となる3万5265台と、高価格なモデルにも関わらず新車市場で上位に位置する人気のクルマですが、どのような経緯でいまの人気を獲得したのでしょうか。

    威圧感、凄っ! レクサス新型「LM」とトヨタ「アルファード」どっちが欲しい?

    「アルファード」17年の歴史とは●初代アルファード(2002年発売)

     1997年に日産から発売された「エルグランド」は、日本における高級ミニバンというジャンル開拓すると同時に、それまでのミニバンとは異なる風格あるデザインや快適な居住性から人気を博し、トヨタはその対抗馬の開発に追われました。

     そして2002年に、エルグランドのライバル車として世に送り出した高級ミニバンが、初代アルファードです。

    20190803-10433907-carview-010-1-view


     車名は、星座の中でもっとも明るい星を意味するギリシャ語の「アルファ」が由来とされています。

     内装は、ウッドパネルを多用することでラグジュアリー感を演出することに成功しました。

     また、広々とした車内を始め、両側スライドドア、イージークローザーシステム、日本車初のパワーバックドアといった装備が特徴的です。

     月間販売目標台数は4000台を目標とされ、販売にあたり「G」と「V」というふたつのモデルで展開されました。

     Gはトヨペット店、Vはトヨタビスタ店(現ネッツ店)で販売され、のちにVはアルファードの姉妹車「ヴェルファイア」としての道を歩むこととなります。

     パワートレインは、2.4リッター直列4気筒エンジン、3リッターV型6気筒エンジンの2種類であり、駆動方式はFFと4WDがそれぞれ用意されました。

     販売開始年である2002年の販売台数は約5万3000台を記録。ライバル車であるエルグランドを上回る結果となります。

     さらに翌2003年には2.4リッターエンジンにモーターを組み合わせたハイブリッド車が追加されたことで、販売台数は約8万4000台を突破し、エルグランドに5万台近い差をつけることに成功しました。

    ライバル不在!? アルファードが独自のポジションを確立するまで高級ミニバンとしての立ち位置を確立したアルファード●2代目アルファード(2008年発売)

     2008年にフルモデルチェンジがおこなわれ、2代目モデルになったアルファード。月間販売台数目標は3000台に設定されて販売が始まりました。

     このモデルより車名の後ろについていたアルファベット表記が外れます。先代のアルファードVは「ヴェルファイア」と改称されたことにより、アルファードとは別路線を歩むこととなります。

     その違いは外装で顕著に現れており、押し出しが強い雰囲気を感じさせるヴェルファイアに対し、アルファードはより高級感を強調したイメージを初代モデルから継承。フロントマスクも、それぞれ専用のデザインを採用することで差別化を図りました。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20190803-10433907-carview/

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1565086617/ 【トヨタ「アルファード」高価格でも売れまくる人気の理由とは???】の続きを読む

    1: プレセペ星団(SB-iPhone) [US] 2019/08/07(水) 07:58:32.67 ID:Wn88eFWx0● BE:659060378-2BP(8000)
     2019年9月17日にフルモデルチェンジする新型カローラ(セダン、ツーリング)の先行予約が2019年7月末からスタートしている。

    価格はセダンで約41万~約53万円の大幅アップ!

    車両本体価格は2019年10月1日にアップする消費税10%を含む価格で、セダンが193万6000~275万円、ツーリングは201万3000~279万9500円。
     
    従来モデルに比べるとセダンは40万9960~53万600円、ツーリングは26万2580~35万6280円の大幅アップとなる。

    思わずのけ反ってしまうほどの値上げは、3ナンバー化、1.8Lハイブリッド、同4WD車の設定、安全対策強化、消費税引き上げなどのコストアップ要因によるもの。

    2019-corolla-0613


    https://bestcarweb.jp/news/83934

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1565132312/ 【【悲報】新型カローラ 50万円も値上げwwwwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ