サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [IN] 2018/10/05(金) 22:55:28.14 ID:N+It8DUh0● BE:423476805-2BP(4000)
    トヨタは新型カローラツーリングスポーツをパリモーターショー2018でワールドプレミアさせた。
    新型カローラシリーズは5ドアハッチバックのカローラスポーツが日本市場で既に発売されている。
    その全幅はグローバルモデルの1790mmと共通で、3ナンバーサイズはおろか1.8mに迫るほどとなった。
    2019年5月の発売が見込まれるワゴンボディのフィールダー後継車、セダンのアクシオ後継車については、日本独自の外板デザイン採用により、ナローボディで登場することが予想される。
    それでもTNGA-Cプラットフォームの都合により、1.7m未満の5ナンバー車とするのは難しく、1.7m台前半ぐらいに仕上がるだろう。

    https://car-research.jp/tag/corolla

    corolla-touringsports-1024x461

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538747728/ 【フィールダー後継、カローラ ツーリングスポーツ発表】の続きを読む

    TO_S007_091110_01

    2: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [GB] 2018/10/04(木) 19:20:56.03 ID:6zAiOyU60
    レクサスの初号機だったからな。
    高級車なんだよ。

    21: 名無しさん@涙目です。(茸) [CL] 2018/10/04(木) 19:34:58.15 ID:kkW7z9K90
    >>2
    初代ISをプログレにしようとしたら、こんな爺臭い車要らんアルテッツァ寄越せってなったんだっけ?

    42: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/10/04(木) 19:48:51.69 ID:D+Y7ZWh80
    >>2
    は?
    レクサス初号機はLSだが。。

    104: 名無しさん@涙目です。(秋) [TH] 2018/10/04(木) 21:09:22.40 ID:niRnlvrR0
    >>2
    ウィンダムじゃにいの?

    142: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2018/10/04(木) 22:22:05.71 ID:sAp5ORiR0
    >>2
    いい加減なこと書くなよ小僧
    Lexus IS Fの第一世代(1999年日本国内発売)モデルに限ってトヨタ・アルテッツァとして売られただけだからな

    223: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [ID] 2018/10/05(金) 09:33:28.81 ID:R0pp3fxw0
    >>142
    IS Fじゃねーだろニワカ

    161: 名無しさん@涙目です。(チベット自治区) [TR] 2018/10/04(木) 23:04:10.79 ID:ePu/HfC90
    >>2
    カムリプロミネントだろにわか

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538648348/ 【アルテッツァは若者向けの車だが高級車と思って買うジジイがいてそんな連中がクレーム付けたんだろな】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/09/30(日) 16:54:07.45 ID:/UD0wRC3d
    これでええんか…?
    toyota_harrier_2017_01

    20150817112505c5b

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1538294047/ 【【悲報】トヨタさん、文句なしにカッコ良い車が「ハリアー」「ランクル」の2つしか無い】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [NL] 2018/09/27(木) 10:26:07.46 ID:EAirtf8W0 BE:837857943-PLT(16930)
    トヨタのコンパクト・ハッチバック『ヴィッツ』が、フルモデルチェンジを機に海外名である『ヤリス』へ改名。世界統一車名となり、再出発を図る。
    Spyder7スクープ班では、入手した情報を元に予想CGを制作した。

    欧州Bセグメントのヴィッツは、『スターレット』の後継モデルとして1999年に日本で発売。世界戦略車ヤリスとして、欧州などでも販売されている。
    現行モデルは2010年に発売され、マイナーチェンジが施されながらも8年が経過しているが、現在も安定した人気を誇る。次期型では、国内でも「ヤリス」へと改名し、内外ともに大刷新を図る。

    最大の注目は、「TNGA」の一環として開発された「GA-B」プラットフォームの採用だ。これにより、剛性や走行性能が向上すると見られる。
    ボディサイズは、全長が3950mm、全幅が1700mmと僅かに拡大するが、全高は変わらずスポーティなボディシルエットが予想される。

    制作した予想CGは、地味なイメージのあった現行モデルを、トヨタ最新の流れを汲んだ、アグレッシブなデザインに大幅変更。
    フロントには『カローラ』などの流れをくむ大口グリルを装着した。

    https://response.jp/article/2018/09/27/314383.html

    1341129

    1341126

    1341127

    1341128

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1538011567/ 【トヨタ ヴィッツ が「ヤリス」へ改名【予想CG】】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/09/23(日) 00:44:31.63 ID:boqwQ1ZQ0
    プリウスα GR
    86rJXIf

    プリウスPHV GR
    aJld7zQ

    ノア、ヴォクシー GR
    WoOfIHD

    ハリアーGR
    9HLS8Y2

    マークX GR
    1yjPC0M

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537631071/ 【トヨタ「若者向けの車作っといたで!!待ち望んだスポーツカーや!」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/09/18(火) 08:28:47.91 ID:dv/c8ZdJ0
    カローラスポーツ
    qBFc6ZN

    マークX GR
    1yjPC0M

    レクサスLC
    AqY4Jk1

    アルファード&ヴェルファイア
    G9zACrb

    ノア&ヴォクシー&エスクァイア
    zWouJjr

    シエンタ
    l71ca3f

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1537226927/ 【トヨタさん、若者向けにカッコいいデザインの車を出しまくる】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/09/21(金) 21:39:52.35 ID:yJ4Jhf840● BE:423476805-2BP(4000)
    レクサスのエントリーSUV、新型UXシリーズの発売日が2018年11月27日に予定されている。
    UXシリーズは、NXシリーズの下に置かれ、レクサスで最も小さなSUVとなる。
    プラットフォームはトヨタから販売されるC-HRと共用される。
    UX250hとして2.0Lハイブリッド、UX250として直4 2.5L NAガソリンが用意され、いずれもDynamic Force Engineと名付けられた新世代パワーユニットとなる。
    いよいよ国内向けにも実車披露がスタートする。
    2018年9月24日からの東京 二子玉川ライズ会場を皮切りに、名古屋、大阪、神戸の全8会場で新型UXシリーズ プロトタイプの展示が行われる。

    https://car-research.jp/tag/ux
    lexus-ux-full_02

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1537533592/ 【レクサスの高級小型クロスオーバーSUV UX250 UX250hの発売日は11月27日】の続きを読む

    1: Ψ 2018/09/20(木) 20:17:41.34 ID:ydPiI+4r
    トヨタ センチュリー GRMN、世界に1台しかない豊田章男社長専用車がサプライズ登場…市販化は?

    1339511

    1339515


     日本自動車工業会が入居する東京・港区の日本自動車会館の玄関前に横付けされたトヨタ自動車の新型『センチュリー』。
    その後部座席には、玄関前で自工会主催の東京モーターフェス2018をPRするため撮影を終えたばかりの豊田章男・トヨタ社長が乗り込んだ。

     自社製の超高級車に社長が乗るのは、ごく普通の光景といえるが、その真っ白なセンチュリーは、トヨタのモータースポーツカーブランドGRの最上級仕様である『GRMN』でカスタマイズされた、 世界で1台しかない特別なクルマだけに報道陣も色めきだった。

     6月に21年ぶりのフルモデルチェンジで発売されたばかりの新型センチュリーは初のハイブリッド仕様となったが、豊田社長を乗せた真っ白なセンチュリーGRMNもハイブリッド車らしく物静かにさっそうと走り去っていった。

    ちなみに市販化の予定は現時点でないとのことだ。

    https://response.jp/article/2018/09/20/314196.html

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1537442261/ 【トヨタ社長専用センチュリーGRMNwwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ