サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: ノチラ ★ 2017/11/20(月) 22:14:30.61 ID:CAP_USER
     トヨタ自動車は20日、高級車ブランド「レクサス」の新型セダン「LS」の受注台数が約9500台になったと発表した。

    02_l
     
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO23697440Q7A121C1L91000/

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1511183670/ 【新型レクサス「LS」1カ月で9500台受注】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/19(日) 13:45:38.15 ID:CAP_USER9
    2017年のSEMAショーにて、トヨタブースは「C-HR」&「カムリ」祭の様相を呈しました。日本以上にアメリカで人気という「カムリ」、実際のところどれほどの人気なのでしょうか。現地のディーラーにアポなし取材を敢行しました。

    ■アメリカでの「カムリ」人気の実際とは?

     2017年1月の「北米国際自動車ショー(デトロイトモーターショー)」で世界初公開となったトヨタ「カムリ」は2017年7月、日本とアメリカでほぼ同時期に販売が開始されました。10代目となる同車はそれまでの少し上の世代をターゲットとしたような落ち着いたイメージを払拭し、とってもカッコいいスタイルとなりました。日本のユーザーにはおおむね好評のようです。それでは、アメリカでの評価はどうなのでしょうか。

    「SEMAショー2017」トヨタブースにて。NASCARドライバーのカイル・ブッシュがカスタムを手掛けた新型「カムリ」(2017年11月)

    08143443363_o

     新型発売からおよそ5ヵ月が経過した2017年11月上旬、アメリカのラスベガスにて開催されたカスタムカーの一大イベント「SEMA(セマ)ショー2017」において、トヨタは新型「カムリ」の2018年モデルと、新たに投入された「C-HR」を中心にした出展を行いました。特に「カムリ」に関しては、標準モデルに加えてNASCARの契約ドライバー4名それぞれが手掛けた4種のクールなカスタムカーのほか、初代から10代目(現行)まで歴代「カムリ」を一堂に展示するなど、「大カムリ祭り」といえるほどの盛り上がりを見せていました。

     それもそのはず、「カムリ」は車王国アメリカで世界各国のセダンがしのぎを削るなか、15年ものあいだ、乗用車販売台数1位をキープしています。アメリカのユーザーは「カムリ」のどんなところに魅力を感じているのでしょうか。また、新型「カムリ」の評判はどのようなものなのでしょうか。ロサンゼルスのトヨタディーラーにて取材してきました。

    https://trafficnews.jp/post/79052

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511066738/ 【米国の「カムリ」人気はなんなのか?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/10(金) 11:50:39.73 ID:CAP_USER9
    5mを超えるボディでも国内で人気を博しているトヨタ新型ハイラックス
    20171109-00010000-autoconen-000-view

    13年ぶりに日本で復活したトヨタ 新型ハイラックスの販売が好調だ。

    これまでの国内における乗用車に対しニーズが高かった「低燃費」「コンパクト」「スライドドア」、どれもこのクルマには当てはまらない。

    ヒンジドアで5メートルを超えるボディサイズ、JC08モード燃費で11.8キロと、日本におけるクルマニーズとは真反対だ。

    ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180の国および地域で販売され、累計世界販売台数は約1730万台と世界各国で愛用されているピックアップトラック。前途で記したようなニーズの高まりでハイラックスの国内販売は低迷、国内では2004年に販売を終了した。しかし根強いファンも多く、今でも約9000台のハイラックスが現存しており、ユーザーからも復活してほしいという声があがっていた。

    これらの声に応えるため、トヨタは2017年9月12日、タイ生産の新型ハイラックス導入に踏み切った。とはいえ、トヨタとしても日本のニーズにマッチしない新型ハイラックスがどれだけ売れるか、「手探り状態の販売目標設定でした」と関係者は話す。

    しかし、蓋を開けてみれば、9月の発売直後ですでに年間販売台数の2000台を超える受注。その後も順調に受注を伸ばし、新型ハイラックスは発売から2か月で年間販売目標の1.5倍となる約3000台を受注したことがわかった。

    予想以上に好調な販売で、トヨタとしては嬉しい誤算だが、早く手元に欲しいユーザーからしてみれば気になるのは納期。単純に考えると年間販売目標台数の1.5倍なら1年半待ちとなるところだが、日本の好調な販売を受け、急遽日本向け生産分を増強し、少しでも納期短縮を図ったことで、現在注文から6ヶ月ほどを見込んでいるという。

    新型ハイラックスは、「ボディが大きくて駐車スペースが確保しづらい」「1ナンバークラスで毎年車検が必要」「高速道路での料金が少し高い」など、実用面から選択されにくいクルマかもしれないが、それでも販売が好調ということは、堂々とした佇まいや本格4WD車としての走行性能、アウトドアでの趣味利用など、他にはない魅力を持つハイラックスを待ち望んでいた人が多くいたということだろう。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171109-00010000-autoconen-bus_all

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510282239/ 【クルマへのニーズが変化?13年ぶり、トヨタ新型ハイラックス 全長5m超えでも大人気】の続きを読む

    1: (?∀?(⊃*⊂) ★ 2017/11/05(日) 03:20:48.14 ID:CAP_USER9
    米国での自動車販売が好調のトヨタだが、世界的SUV人気の中、セダン「カムリ」より売れているのが「RAV4」だ。
    過去、日本でもヒットした車なのだが、2019年フルモデルチェンジの際に、日本に再投入されるようだ。

    ■日本でもヒットしたコンパクトSUV
     東京モーターショーでも話題になった、「RAV4」が発売されたのは1994年のこと。
    当時はクロスオーバーSUVの先駆けでもあり、5ナンバーサイズのコンパクトでキュートなスタイリングがウケて大ヒットとなった車である。
    2013年に4代目「RAV4」が欧米に投入されたのだが、北米需要に合わせてボディサイズを大きくしたことや、後発のライバル車、ホンダ・CR-Vやスバル・フォレスターに攻勢をかけられ、日本ではお蔵入りになってしまっていた。

    ■実は世界的に人気の「RAV4」、米国でも
    世界的に人気となってきたSUVだが、その中でも「RAV4」は、北米はもちろんのことアジア、アフリカなどでも販売され、世界200カ国以上で使用されている。トヨタの世界戦略車でもある。
     直近でも、米国ではセダンの「カムリ」よりも販売が好調だという。
    トヨタの市場シェアが2017年の7~9月期は2009年以来となる15%に達したが、それに寄与しているのが、この「RAV4」の販売が好調であることのようだ。

    ■日本発売を心待ち
    世界中でそんなに大人気のクルマが、家元の日本では発売になっていないというのはちょっと悲しい気がする。2019年の発売が待ち遠しい。
    車格的には、CH-Rとハリアーの中間になるであろうか。
    CH-Rではちょっと手狭、ハリアーでは走破性能に物足りなさを感じるというユーザー層にウケそうである。
    コンパクトな本格SUVを望んでいるユーザーなら、きっと気に入るだろう。
    3ナンバーであるが、人気車種が次々と3ナンバー化されていく中、徐々に違和感はなくなってくると思われる。

    CH-Rの上位機種ということで、TNGAのアーキテクチャーを採用してくることは間違いなく、より堅牢で扱いやすく、デザイン的にも内装、外装ともに洗練されたクルマに生まれ変わって、日本に再上陸するのではないだろうか。期待したい。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13846055/

    1078702682_4887375874001_1605QD-Toyota-RAV4-StillB

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509819648/ 【米で人気絶好調!トヨタのSUV「RAV4」日本でもついに2019年発売か?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2017/11/02(木) 23:01:28.91 ID:FrgBDaD40 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月31日、米国ラスベガスで開幕したSEMAショー2017において、『C-HR Rチューンド』を初公開した。

    同車はトヨタの新型クロスオーバー車、『C-HR』をサーキット仕様に仕立てた1台。エンジンは、C-HRには本来設定のない「2AZ-FE」型2.4リットル直列4気筒ガソリンに換装。その上で、「ダン・ガードナー・スぺック」の手によって、フルチューンを受けた。

    チューニングの内容は、ギャレット製の大容量ターボチャージャーをはじめ、ギャレット製のインタークーラー、専用ピストン&コネクティングロッド、専用吸排気システム&エンジンコンピューターなど。これにより、最大出力600hp、最大トルク76kgmを獲得する。

    サスペンションやブレーキは、サーキット向けに強化。巨大なリアウイングなど、専用エアロパーツも装着された。米国トヨタ販売は、「ウィロースプリングス・レースウェイでのラップタイムは、日産『GT-R NISMO』やポルシェ『911 GT3 RS』、マクラーレン『650Sスパイダー』よりも速い。世界最速のクロスオーバー車」と、自信を示している。

    https://response.jp/article/2017/11/01/301975.html

    1241456

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1509631288/ 【トヨタ C-HR、600hpにフルチューン…日産 GT-R NISMO より速い】の続きを読む

    1: コモドドラゴン ★ 2017/10/31(火) 12:03:51.21 ID:CAP_USER9
    トヨタ自動車は10月27日、英国で新型『ハイラックス』の「ブルーザー」(BRUISER)を発表した。

    同車は2017年9月、日本市場にも13年ぶりに復活導入されたピックアップトラック、新型ハイラックスがベース。ブルーザーとは1980年代に、タミヤ(当時:田宮模型)が発売してヒットしたハイラックスのラジコンカーに由来する。

    淡いブルーのボディカラーをはじめ、キャブ後方のホワイト塗装は当時のラジコンのイメージ。ただし、ルーフ付きのリアウィンドウは、実際のガラスを装備することが困難だったため、2カ所のプリントで再現された。

    ホイールもラジコンカーに合わせてクロームメッキ仕上げを施す。デカール類は、ハンドメイドのデジタル加工で製作し、3色のストライプも忠実に再現している。また、フロント正面のガードバーやロックスライダーはステンレス製の排気管で製作。ラジコンカーのプラスチック部品に見えるように、あえて白いビニールでラッピングした。

    パワートレインは、4気筒ターボディーゼルエンジンで最大出力は148hp。トランスミッションは6速MT、駆動方式は4WD。トヨタは、「ハイラックスには、ドライバーの顔に笑顔をもたらす遊び心がある。今、トヨタは、このミニチュアヒーローであるハイラックス ブルーザーのカスタムレプリカを製作し、当時のラジコンカーへの賞賛のお返しとしたい」と、その狙いを語っている。

    https://s.response.jp/article/2017/10/30/301856.html

    1240532

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1509419031/ 【トヨタ、タミヤのラジコンカーを実車で復活させるwww ハイラックス「ブルーザー」発表】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/28(土) 18:56:43.802 ID:n41LdOG+0
    新型登場ってテレビCMやってて
    デザインも結構好みだし
    カローラって安い車のイメージだから余裕で買えるだろと思って調べたら
    ハイブリッド250万とか高すぎだろ・・・

    corolla_fielder

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1509184603/ 【カローラフィールダーっていう車欲しいんだが 】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/10/26(木) 01:12:10.291 ID:Wy1NHGKg0
    Bf0WFE1

    東京モーターショーで発表した
    セダンなのか?
    現行かっこいいのに…

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1508947930/ 【日本の高級車…トヨタ次期クラウンコンセプトを発表!】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/10/25(水) 00:05:43.22 ID:CXSjgo+r0 BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    福井、富山両県警は24日、福井市内でトヨタ車ばかりを狙い自動車窃盗を繰り返していたとされるロシア人グループを摘発したと発表した。
    福井県警によると、福井市では7月中旬以降、プリウスやアクアなど計12台(約2千万円相当)が盗まれており、うち10台分の被害を裏付けた。

    中心メンバーの30代の男2人が海外逃亡しており、福井県警はいずれも窃盗容疑で逮捕状を取って行方を追っている。

    福井県警によると、窃盗ほう助や盗品等保管の疑いで8~10月に逮捕されたのは、富山県射水市作道の自動車販売会社従業員(28)ら、いずれもロシア国籍の27~34歳の男女5人。

    http://www.sankei.com/photo/daily/news/171024/dly1710240027-n1.html

    dly1710240027-p1

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1508857543/ 【プリウスやアクアなどトヨタ車ばかりを窃盗 ロシア人窃盗団摘発】の続きを読む

    このページのトップヘ