サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: 風吹けば名無し 2018/12/05(水) 14:53:17.16 ID:E1nx58T90
    いけるやん!

    20181130-20104545-carview-000-1-view

    20181130-20104545-carview-001-1-view

    20181130-20104545-carview-002-1-view

    20181130-20104545-carview-004-1-view

    20181130-20104545-carview-005-1-view

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543989197/ 【【朗報】新型カローラセダン。3ナンバーで 5ナンバー並みの取り回し、若者を意識したデザイン】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/29(木) 08:12:56.800 ID:aNd7p62B0
    AkhCEMY

    4kkyQWR

    Sc5n640

    以下、スレタイ逆張りしないと死ぬマン達の叫び↓

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1543446776/ 【【悲報】トヨタ カローラハイブリッドがかっこよすぎるwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [EU] 2018/11/28(水) 19:21:41.27 ID:gHih7/bC0 BE:468394346-PLT(15000)
    新型「プリウス」をロサンゼルスモーターショー2018で世界初公開

    トヨタは外観のデザインを一新した新型「プリウス」を、30日からはじまる ロサンゼルスモーターショー2018に先立ち、日本時間2018年11月28日に世界初公開しました。

    新しい2019年型トヨタ「プリウス」は、ロサンゼルスモーターショー2018で公式に発表されます。

    世界で最も普及しているハイブリッド車として、さらなる進歩を遂げました。

    また、ロサンゼルスのデビューに続いて、2019年1月18日にブリュッセルモーターショーで、2019年型「プリウス」がヨーロッパ初登場となる予定です。

    今回、新型「プリウス」は前後のスタイリングを大きく変更させました。シャープでスリムな新しいヘッドライトユニットは、幅広く水平基調とし、より広い照射角を実現する新しいLEDヘッドライトを採用しています。 リアのテールランプではヘッドライトと同様に、水平基調にデザインし直され、併せてテールゲート、バンパーのデザインも一新されています。

    また、優れた燃費性能はそのままに、電動4輪駆動システム「AWD-i」を北米仕様に初めて採用するとしています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181128-00010007-kurumans-bus_all

    lib1002221

    lib1002222


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1543400501/ 【新型プリウスがついに公開!!!大不評だったテールランプも改善されてるwwwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/27(火) 20:05:48.879 ID:zwxK5S2jd
    アルカイダや米軍さえ戦地で使用する信頼性
    それがトヨタだからな!


    toyota

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1543316748/ 【一生トヨタの車しか乗らない決めてるトヨヲタだが質問ある?】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2018/11/27(火) 19:56:37.31 ID:CAP_USER9
    トヨタ自動車は2018年11月27日、レクサスブランドのコンパクトクロスオーバー「UX」を発表し、同日、販売を開始した。

    ■海外のコンパクトSUVがライバル

    レクサスUXは、1997年に誕生し高級クロスオーバーSUVというカテゴリーを切り開いた「RX」、そして「NX」に続く、レクサスのクロスオーバーSUVの末弟となるモデル。2018年春のジュネーブモーターショーで世界初公開され、北米や欧州に先駆けて日本国内で正式発売となった。市場では主に、「メルセデス・ベンツGLA」「BMW X1/X2」「アウディQ3」「ボルボXC40」など欧州のプレミアムブランドのモデルがライバルになると思われる。

    “Creative Urban Explorer”をコンセプトに、新たなライフスタイルを探求するきっかけ「CUE(キュー)」となることを目指した都会派コンパクトクロスオーバー、UX。トヨタブランドの現行「プリウス」に始まり「C-HR」や「カローラ スポーツ」などに使われているGA-Cプラットフォームが、レクサスとしては初めて採用されている。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=4495×1840×1540mmで、ホイールベースは2640mm。ホイールベースはC-HRと同じだが、全体としてはひとまわり長く、幅広い。荷室の容量は全車220~995リッターで、これに加えて床下に、ガソリンエンジン車は51リッター、ハイブリッド車は44リッターの予備スペースが確保される。

    レクサスではおなじみの「スピンドルグリル」が与えられたエクステリアは、タフな力強さと俊敏な走りを想起させる大胆かつ洗練された独創的なスタイリングを実現。レーシングカーのリアウイングをイメージしたというフィン形状のリアコンビランプも個性的なディテールだ。

    一方インテリアは、車外のボンネットまで連続しているように見えるインストゥルメントパネルや、ドライバー側に傾いたセンターコンソールなどにより、ドライビングの高揚感を高めるとともに視覚的な開放感も演出。センターコンソールやドアアームレストなどは骨格を思わせる力強い造形で、乗員が安心感を得られる室内空間とした。伝統の刺し子をモチーフとしたキルティングのシート表皮や、和紙の質感を表現したインストゥルメントパネルのオーナメントなど、日本の美意識を取り入れた意匠も特徴となっている。

    ■新開発の2リッター直4エンジンを採用

    UXでは、GA-Cプラットフォームの導入に加え、ボディーの高剛性化と軽量化により低重心化を追求。フロントにマクファーソンストラット式、リアにダブルウイッシュボーン式を採用したサスペンションは、徹底的な走り込みとチューニングによって高い操舵応答性と優れた乗り心地を提供する。レクサスならではのすっきりと奥深い走りを継承しながら、UX独自の俊敏さと安心感のある上質さを兼ね備えた走りを実現したという。

    パワーユニットは2種類で、「UX200」には最高出力174ps、最大トルク209Nmを発生する自然吸気の新開発2リッター直4直噴ユニット「M20A-FXS」が搭載され、ダイレクトシフトCVTが組み合わされる。駆動方式はFFのみで、JC08モードの燃費値は17.2km/リッター。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    2018.11.27
    https://www.webcg.net/articles/-/39848

    レクサス UX
    img_1e52fab1565128cfda95a0cbd1db8f75180129

    img_a37e13005216f2c27ad5f50e9df38b7f351725

    img_2a1f5414e38255483ef6199963efe5ca410525

    img_ad54bd603d815087abf62500880fa47b289362

    img_aacdb8e8cad6d3c80e5867a38452def9211786

    img_810f54039fe9e36a06821fa2ba0918eb260034

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543316197/ 【レクサスの新型クロスオーバー「UX」デビュー】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/11/25(日) 11:25:09.06 ID:gv6mpgkP0
    thumb_10 (1)

    86 →スバル製
    スープラ →BMW製
    S-FR →開発凍結

    彡(゚)(゚)...

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1543112709/ 【トヨタ社長「スポーツカー作るぞ!」ワイ「ええやん!さすが章男や!」】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/11/20(火) 22:18:24.16 ID:CAP_USER9
     政府は20日、来春の皇位継承に関する式典委員会(委員長・安倍晋三首相)の第2回会合を首相官邸で開き、皇太子さまの新天皇即位を披露する祝宴「饗宴の儀」を2019年10月に計4回開くことを決めた。

     招待者は前回から800人絞り込み、回数も前回の7回から減らして簡素化する。新天皇が祝賀パレードで使用する自動車は、国産オープンカーを新規購入する。発注先はトヨタ自動車とする方向で調整に入った。

     新天皇即位を公に示す「即位礼正殿の儀」(19年10月22日)の参列者数は、前回と同規模の2500人程度とした。政府は式典関連費用を19年度予算案に盛り込む。

     饗宴の儀は19年10月22日と同25日に着席形式、同29、31両日に立食形式でそれぞれ開く。

     平成の代替わりに伴う前回の饗宴の儀は、1990年11月に4日連続で計7回、全て着席形式で行われた。今回の参列者は即位礼正殿の儀の参列者2500人に、外国の駐日大使の配偶者ら約100人を加えるにとどめる。 

    Imperial_Processional_Car
    センチュリーロイヤル

    2018年11月20日 17時30分
    時事通信社
    http://news.livedoor.com/article/detail/15623395/


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542719904/ 【新天皇即位パレードで使う国産車、トヨタ自動車とする方向】の続きを読む

    このページのトップヘ