サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: ばーど ★ 2018/03/18(日) 16:30:45.07 ID:CAP_USER9
    ジュネーブ・モーター・ショーでお披露目された新スープラ
    20180318-00020202-forbes-000-view

    世界のスポーツカーのファンが待ちに待ったスープラがついに帰って来た。トヨタとBMWが共同開発した新スープラが先日、ジュネーブ・モーター・ショーで初めてその姿を見せた。しかし、ステージに現れたのは、市販車ではなく、なんとレース仕様車だった。

    各国のメディアがステージに駆けつけたスープラのアンベールの瞬間、「ウォ~」とか「へえぇー」という声が大きく湧きあがった。

    正直なところ、日本の伝説的なスポーツカーが世界のメディアをこんなに騒がせたのは、2007年に登場した日産GT-R以来だったと思う。開発主査の多田哲哉さんがスープラの前に立った時には、まるで映画俳優が舞台に上がったかのような騒ぎで、各方面からカメラが向けられた。

    でも、なぜレース仕様車なのか? その大胆な決意にはワケがあった。なぜ、この記念すべき名車の復活をレース仕様車からスタートさせたのか、多田氏に聞いてみることにした。

    「多くのレースカーは、市販車をベースにして作るでしょう。でも今回、僕らはその逆のプロセスを考えました。まず、スープラがレースに出ることを想定して作りました。当然、量産車ベースのカテゴリーについて色々調べた結果だったけどね」と、多田さんは話し始めた。つまり、空力抵抗を重視したレースマシンを作っておけば、市販車に必要なエアロが分かる。

    「初めから競技ベースに作っておけば、あとでレースカーにする際に、改造するための時間がかからなくて済むわけです。例えば、ボンネットに穴を開ければ、空気がうまく抜けてエンジンやブレーキの空冷性能が向上したり、リアウィングでダウンフォースが良くなったりするとかいうようなことがわかってきました」

    ジュネーブで見たスープラは迫力満点。少しコンサバなノーズ周りなどは美しさに欠ける気がするけれど、多田氏が狙うピュアスポーツ路線で評価すれば、ピカイチの工業製品だなと思った。

    今回のスープラについている派手なエアロパーツであるフロントのスポイラー、エアダム、そしてリアウィングやリアディフューザーは、レースカーに不可欠なボディワークだ。当然、一般車となった時は、残るパーツがあれば、消えていくエアロパーツもある。エンジンの空冷のために、ボンネットに開いた穴も消える。「量産車では穴は開けて出せない。泥が入るからね。蓋をつければいいのかな」と多田氏は言う。

    話を聞いていくうちに、なるほど、今回の試みはトヨタにとって、大冒険だったとつくづく感じる。

    企業文化がまるで異なるBMWと共同開発を行い、外観デザインはカリフォルニアのカルティ社が担当した。しかも、生産は日本ではなく、オーストリアのマグナ・シュタヤ社になるらしい。また、基本設計のプラットフォーム、エンジン、ミッションは基本的にBMWの次期Z4と同様のものだという。エンジンは直6のNA仕様と直6ターボで、最強モデルからは400ps以上期待できるだろう。

    2002年に生産中止になった旧型スープラには6MTがあった。今回の5代目はどうなるかと聞いて、時代が変わったことを感じた。多田氏曰く「マニュアルの方が8速ATよりシフトが遅いし、加速性が遅いし、クラッチも消耗するので、6MTは要らないと感じている」ということで、6MTは検討中だけど、2019年、量産車が出るときに、おそらく6MTのオプションはないと僕は思う。

    ■「ベンチマークはポルシェだった」

    新スープラの話は人気車種86が登場した直後に始まっていた。「ある日、仕事で欧州にいるときに内山田副会長から電話があって、『明日、誰にも内緒でミュンヘンに行け。BMWとクルマが作れるかどうか調べて来い』と言われた」と多田氏は振り返る。

    どうして、BMWとコラボしたのか。それは、どこかとタイアップして作った方がより経済的に、よりいいものが作れるからだと多田氏はコメントする。

    では基本構造が同じであって、どうやって商品を差別化するかというと、BMWは今までのラグシュアリーとスポーツを中心にZ4を作るのに対して、トヨタはピュアスポーツの路線で開発してきたそうだ。「ベンチマークはポルシェだった」と多田氏は言う。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180318-00020202-forbes-bus_all&p=1

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1521358245/ 【スープラ来春に復活、トヨタとBMW合同でポルシェを超える 「ベンチマークはポルシェだった」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/01(木) 06:07:38.58 ID:Z8HpfioI0
    maxresdefault

    世界
    1)トヨタ 938万台
    2)GM 797万台
    3)VW 623万台
    4)日産 581万台
    5)ホンダ 522万台
    6)フォード 491万台
    7)現代自動車 451万台
    8)ルノー 376万台

    日本
    1) トヨタ 157万7062台
    2) ホンダ 72万4834台
    3) スズキ 66万5871台
    4) ダイハツ 63万856台
    5) 日産 59万1000台
    6) マツダ 20万9689台
    7) スバル 17万6737台
    8) 三菱 9万1621台

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1519852058/ 【何故トヨタの車は世界で売れるのか?】の続きを読む

    1: まるもり ★ 2018/03/11(日) 23:16:01.66 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00210851-toyo-bus_all

    20180310-00210851-toyo-000-2-view

    トヨタ「アルヴェル」が苦手な人たちの心理

    熱狂的なクルマ好きからは否定的な意見が出ているものの、数値で見てみれば明らかに販売は好調。しかも、売れ筋グレードは総額で500万円を超える車両であることから、やむを得ず購入している層がそれほどいるとも思えない。

    つまり、ハッキリ言って売れまくっている車種といえる。

     ただ、アルヴェルに対してなぜか苦手に思っている他車ユーザーはきっと少なくないはずだ。

    筆者は3つの理由があると思っている。

     まず、これは実体験でもあるのだが、熱狂的なクルマ好きになればなるほど人と同じであることを避けるようになり、オンリーワンを求め出してしまう。そして、一般的な売れ筋車種を否定し始めてしまうのだ。「あんなみんなが乗ってるクルマに乗ってなにが楽しいのか」というふうに。

     そして徐々にその気持ちは人気車種へのアンチへと変貌していく。昔から強いものへの対抗意識としてアンチ巨人やアンチトヨタ、アンチフェラーリ(F1での)という感情が芽生えるのは多々あることではあるのだが、それが誰でも気軽に発言できるSNSが発達したことでより顕著にみられるようになってきた、というのが本当のところだろう。

     2つ目の理由は、そのいかつすぎるフロントマスクだろう。フロントマスクのほとんどがグリルといっても過言ではないほどの顔つきは、例えドライバーにそんな意識がなくても威圧感を与えてしまい、「煽られた」と思ってしまうのだ。

     また、一部のマナーの悪いドライバーがその威圧感を利用した荒い運転をすることで、その印象は鮮明に残ってしまう。高速道路やバイパスで無茶な追い越しをかけるアルヴェルをたまに見かけるが、その姿が大きいだけにとても目立つ。

    アルヴェル=マナーが悪いというイメージが植え付けられてしまうのではないか。なにせ月間販売台数で、日本で10本の指に入るほど売れている車種であるから、マナーの悪いドライバーが乗る確率も上がってしまうだろう。

     そして最後の理由は「あんな高いクルマに乗りやがって」という妬みや劣等感が占めているのではないだろうか。かく言う筆者も若いドライバーが高級車を乗っているところをみると「若いくせに」と思ってしまうことがないとは言い切れない。

    そんな妬みや劣等感が入り混じった感情から、アルヴェルを否定したい気持ちが生まれてしまうのかもしれない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180310-00210851-toyo-bus_all

    前スレ
    http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520752727/

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520777761/ 【トヨタ「アルヴェル」アンチの心理…嫉妬・妬み「若い癖に高い車乗りやがって」】の続きを読む

    1: ティータイム ★ 2018/03/10(土) 10:46:53.09 ID:CAP_USER9
    毎日新聞 3/10(土) 9:03配信

    富山県南砺市の国道156号で2014年、走行中の希少なスポーツカー「トヨタ2000GT」が倒木の直撃を受けて大破し、けがをしたのは、県が管理を怠ったためとして、いずれも奈良県の所有者と運転手の男性2人が県を相手取り、車代や治療費など約3900万円の損害賠償を求めた訴訟は和解する見通しになった。

    県が約1787万円を支払う和解案が23日の2月議会で可決されれば、富山地裁で28日、成立する見込み。

    倒木で大破した2000GT

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180310-00000013-mai-soci

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520646413/ 【トヨタ2000GTが倒木で大破しレストアの続報待ちだったあの一件、訴訟では「半額」で県と和解へ】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/07(水) 21:35:04.24 ID:O7i4Wy6g0
    顔だけ違う姉妹車、高級車、コンパクトカー、SUV、クロカン車、別ブランドのレクサスシリーズ、ほぼ全車種にハイブリッド、PHV、スポーツカー、商業車、軽自動車(OEM)
    レクサス抜いても54車種もある
    販売台数も世界一

    神企業やんけ

    toyota

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520426104/ 【トヨタ自動車とか言う走攻守最強の車メーカー】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/03/06(火) 09:12:34.04 ID:LXTLeMmm0
    姉妹車もランクルもスポーツカーもあって販売店の種類もあって車種も54もあるのに何がつまらないんや?

    TOYOTA_PRIUS_01-20171212181118-800x462

    引用元 http://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1520295154/ 【ガイジ「トヨタの車はつまらない面白くない」←これ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [JP] 2018/03/06(火) 19:47:49.76 ID:hxrNWNYD0 BE:127986362-2BP(1800)
    ガソリンエンジンは1.2Lのターボのみとなり、ハイブリッドは現行モデルから用いられている1.8L直4エンジン+モーター(システム出力122ps)のほか、新開発の2L直4エンジン+モーター(システム出力180ps)のフルハイブリッドシステム新たに設定される。

    ソース文
    https://motor-fan.jp/article/10003273

    _toyota_auris_20_5a9e62db8e865

    _toyota_auris_25_5a9e62dc38589

    _toyota_auris_40_5a9e62dcba795

    ソース画像
    http://www.auto.cz/autosalon-zeneva-2018-toyota-auris-hatchback-nabidne-dva-hybridy-119818

    https://youtu.be/Hf0s28sYfBY


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1520333269/ 【トヨタ、新型オーリス発表。フロントが攻撃的すぎるデザインに】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/03/06(火) 19:57:14.96 ID:CAP_USER9
     世界5大自動車ショーの一つに数えられるジュネーブ国際自動車ショーが6日、スイスで開幕した。トヨタ自動車はスポーツカーの名車「スープラ」の復活版となるレーシング用の試作車を世界初公開した。世界耐久選手権などのレース向けという。

     トヨタは、独BMWと共同開発した市販車を「スープラ」の車名で2019年前半に日本を含む各国で売り出す。今回披露した試作車は、来年出す市販車をベースにトヨタが開発した。

     看板スポーツカーとして人気を集めた「スープラ」は02年に生産を終了した。復活すれば、日本では3代目となる。

     トヨタはショーの開幕に先駆けて、欧州でのディーゼル乗用車の販売を終了することも発表した。欧州市場では、厳しい環境規制などを背景にディーゼル離れが進んでおり、得意のハイブリッド車に注力する。

     独フォルクスワーゲンや英ジャガー・ランドローバーなどの欧州各社は新型の電気自動車(EV)の出展に力を入れており、軸足をディーゼルからEVに移している。(ジュネーブ=寺西和男)

    20180306-OYT1I50048-L

    2018年3月6日19時41分
    朝日新聞デジタル
    https://www.asahi.com/articles/ASL364DV4L36ULFA00Q.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520333834/ 【トヨタ「スープラ」来年復活へ…欧州のディーゼルは撤退】の続きを読む

    1: 冷やし飴 ★ 2018/03/04(日) 20:53:02.97 ID:CAP_USER9
    トヨタがエンジンやトランスミッションシステムなど、新型の各種パワートレーンを発表しました。
    なかでも新型CVT(無段変速機)は、これまでにない発想から生まれた、およそCVTのイメージを根本から覆す画期的なものといいます。



     CVTは、日本車の多くに採用されているトランスミッションの方式ですが、「燃費は良いけれどフィーリングが悪い」というのが世界共通の認識です。

     その仕組みは、ふたつのプーリー(滑車)を使って、それぞれのサイズを変化させることで変速を行うというものです。このため、「発進時に先にエンジン回転数を高めて、その後に加速する」「慣性重量が重かったり、ギアの変化に時間がかかったりするため急な加減速が苦手」などの理由から、「モーターボートのようだ」「エンジン音と加速感が別々」という印象を抱かれやすく、欧州やアメリカではあまり好かれていませんでした。

     ところが、トヨタの新しいCVTである「ダイレクト・シフトCVT」は、「発進用のギアを備える」という新たな方法を採用。CVTなのに、ギアを併用するなどというのは前代未聞です。

    ■ギアは有るけど無段変速、そのメリットは…?

    CVTなのに発進用のギアを備えたトヨタの新パワートレーンはしかし、その結果、「発進時の加速がダイレクトに」「CVTのプーリーを小さくできるので、レスポンスが向上」「ギア比がワイドに」などの数多くのメリットを得ることができました。
    つまり、走りがダイレクトでレスポンスのよくなるというのです。

    ちなみに、今回発表されたトヨタの2リッタークラスのパワートレーンが搭載されるクラスは、世界的に見れば非常にボリュームが大きく、当然、影響力も絶大です。
    そこで、トヨタの新しい「ダイレクト・シフトCVT」が、従来のCVTの悪印象を払拭していけば、これまでの常識であった「CVTはつまらない」が変化するかもしれません。
    それだけのポテンシャルを秘めた発表でした。

    日本には、どの車種から採用されるのでしょうか。
    早く新しいCVTの走りを味わってみたいものです。

    BBJBnHC

    http://news.livedoor.com/article/detail/14384836/

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1520164382/ 【トヨタの画期的な新型CVT】の続きを読む

    このページのトップヘ