サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/01(金) 16:17:17.932 ID:P8HBhot2M
    NuMJ0Fz

    こんな車誰が買うんだ?

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1549005437/ 【軽自動車やスポーツカーでもない普通車の癖に二人乗りのトヨタのiQとか言うチョロQみたいな車】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/01/30(水) 09:26:57.24 ID:+KnPOmiZ0
    えぇ…デザインダサいやん

    img_443e8968f90a7c6988822c849fd2f47d221485

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548808017/ 【有識者「車はトヨタにしろ」トヨタ「車はトヨタにしろ」なんj民「車はトヨタにしろ」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2019/01/29(火) 21:21:32.24 ID:QURZWOlj0 BE:837857943-PLT(16930)
    ドイツの「プリオールデザイン」(PRIOR DESIGN)は、新型トヨタ『スープラ』(Toyota Supra)のカスタマイズパーツのデザインを発表した。

    新型トヨタ・スープラは2019年1月、米国で開催されたデトロイトモーターショー2019でワールドプレミアされたばかり。
    この新型スープラのカスタマイズを早くも、ドイツに本拠を置くプリオールデザインが提案している。

    「ワイドボディコンセプト」と命名されたカスタマイズパーツは、前後フェンダーを大きく拡幅しているのが特徴だ。このフェンダー内に、大径タイヤとホイールを収めた。さらに、車高をローダウンすることにより、新型スープラが迫力のルックスを実現する。

    また、エアロパーツとして、フロントリップスポイラーやリアウイング、ディフューザーなどを装備した。バンパーやボンネットも、専用デザインとしている。

    https://response.jp/article/2019/01/29/318546.html

    1380622

    1380623


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548764492/ 【新型スープラに早くもカスタマイズパーツ提案…迫力のワイドボディに】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2019/01/28(月) 08:50:25.06 ID:a1sezJoa0 BE:323057825-PLT(12000)
    デトロイトショーでは「ウェルカム・バック」の声

     2019年1月14日、北米国際自動車ショー(通称デトロイトショー)。トヨタブースで華々しく、新型『スープラ』が発表された。

    デトロイトショー現地で実車を初めて見たアメリカ人ジャーナリスト、さらにはトヨタディーラー関係者、さらには欧米や韓国の自動車業界関係者たち、皆が揃って笑顔を見せた。
    心から「ウェルカム・バック(おかえりなさい)」と言ったのだ。

    そもそも、『スープラ』は日本の『セリカXX(ダブルエックス)』の輸出版だ。
    だが、世界でもっとも『スープラ』を愛したのはアメリカ人だったように、筆者には思える。

     だからこそ、今回の新型についても「なんとか、スープラを復活して欲しい」という言葉はアメリカが世界の中で最も強かった。
    新型『スープラ』の開発責任者である、トヨタの多田哲哉氏は数年前のことをそう振り返る。

    アメリカのトヨタディーラー関係者も「これは凄い物を用意してくれたものだ。このスタイリングで、このパワートレイン。これは必ず売れる!」と太鼓判を押す。

    日本車なのに冷めている日本人? トヨタ・スープラ復活を誰よりも喜んだのはアメリカ人という真実
    https://www.webcartop.jp/2019/01/324416

    webcartop_01-41-680x453

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548633025/ 【日本車なのに冷めている日本人? トヨタ・スープラ復活を誰よりも喜んだのはアメリカ人という真実】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [CN] 2019/01/22(火) 11:18:42.46 ID:WQ73ypfm0 BE:844481327-PLT(12345)
    トヨタ車体(愛知県刈谷市)は、南米ペルーで今月6~17日にあった「ダカール・ラリー」で、四輪の市販車部門6連覇を達成した。
    同社が開発、生産するランドクルーザー2台で出場し、最低限の改造しか認められない市販車部門で1、2位を独占した。

    ダカール・ラリーは「世界一過酷なラリー」といわれ、今回の総走行距離は5千キロ余り。競技区間は約3千キロで、その7割が砂丘のコースだった。
    トヨタ車体チームは改造車を含めた総合順位でも参加100台中24位と29位だった。トヨタ自動車もハイラックスで参戦し、初の四輪部門総合優勝を果たした。

    AS20190118004292_comm


    https://www.asahi.com/articles/ASM1L5W1HM1LOIPE02W.html
    https://www.toyota-body.co.jp/ps/qnu/usr/db/d_file5-0001-0011.pdf

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548123522/ 【トヨタのランクルがダカール・ラリー市販車部門で6連覇を達成】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2019/01/21(月) 16:47:16.86 ID:YqJSvvYa0 BE:422186189-PLT(12015)
    トヨタ自動車の米国部門は1月19日、新型『スープラ』(Toyota Supra)の量産第一号車が、米国アリゾナ州で開催されたオークションにチャリティ目的で出品され、210万ドル(約2億3050万円)で落札された、と発表した。

    新型スープラの量産第一号車は、ワンオフのカスタムモデルだ。ボディカラーはマットグレーで塗装し、ホイールはマットブラックで仕上げられた。ドアミラーカバーは赤として、アクセント効果を追求する。
    インテリアには赤いレザーを採用し、カーボンファイバー製のエンブレムが装着される。

    また、車体番号は「20201」だ。これは、新型スープラが米国では2020年モデルとなり、その量産第一号車であることを示している。

    この新型スープラの量産第一号車が、米国アリゾナ州で開催された「バレット・ジャクソン」オークションに出品された。
    その結果、210万ドル(約2億3050万円)で落札された。これは、ベース車両の新車価格5万5250ドル(約600万円)のおよそ40倍となる。

    なお、売り上げの全額が、アメリカ心臓協会とボブ・ウッドラフ財団に寄付される予定だ。

    1378343

    https://response.jp/article/2019/01/21/318279.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548056836/ 【新型『スープラ』1号車チャリティオークション、定価600万円の40倍となる2億3050万円で落札】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 07:34:32.62 ID:6HZ8ud190
    (4代目)プリウスについても、私はずっと言ってますよ、『カッコ悪い』って。

    主査の豊島には最後までそう言い続けました。

    でもそれが健全な議論だと思います。言いたいことが言える。多様性を認める。トヨタと言う組織を変えていくには、そういう活発なコミュニケーションが一番重要なのです」 

    iX0UhYx

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/160924/bsa1609241710004-n1.htm

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547850872/ 【【悲報】トヨタ社長「ずっと言ってますよ。プリウスはカッコ悪いってww」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone) [JP] 2019/01/18(金) 07:42:36.03 ID:h61wkj0c0● BE:659060378-2BP(8000)
    exterior_cover
    UX 250h

    世界で最も大きな自動車メーカーが電気自動車(EV)を発売することは、今や起こるかどうかではなく、いつ起きるかという時間の問題だ。
    次の10年の主流になることが期待されるこの急成長市場に対し、これまでレクサスは静観する姿勢を見せてきたが、その状況もどうやら遂に一変する可能性があるらしい。
    同社が最近、商標登録を申請した名称は、コンパクト・クロスオーバー「UX」の電気自動車バージョンを投入する準備が整いつつあることを匂わせる。

    カナダの自動車メディア『AutoGuide』は、「UX300e」という商標が欧州連合知的財産庁(EUIPO)に登録されたことを発見した。
    商標データベース『TMview』で検索すると、「UX300e」および「Lexus UX300e」という商標が、トヨタ自動車から各地の事務局に申請されたことが確認できる。

    https://jp.autoblog.com/2018/12/24/lexus-ux300e-trademark/

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1547764956/ 【トヨタ レクサスUX300eという電気自動車EVの名称の商標登録を申請】の続きを読む

    このページのトップヘ