サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: ニライカナイφ ★ 2018/11/19(月) 16:28:45.03 ID:CAP_USER9
    トヨタは2018年11月19日、商用バン「プロボックス」「サクシード」を一部改良し、新たにハイブリッドモデルを追加した。また衝突回避支援システムをこれまでの「Toyota Safety Sense C」から、昼間の歩行者検知機能を追加したプリクラッシュセーフティを備える「Toyota Safety Sense」に進化させた。プロボックスは全国のトヨタカローラ店、サクシードは全国のトヨタ店ならびにトヨペット店にて2018年12月3日より発売する。

    今回新たに設定された新型プロボックス ハイブリッド/サクシード ハイブリッドは、1NZ-FXE型1.5リッターガソリンエンジンにTHS IIハイブリッドシステムを組み合わせ、JC08モード燃費27.8km/Lを実現。新しいWLTCモード燃費では22.6km/Lを達成した。なおWLTCモード燃費の各モードについては、市街地モード21.8km/L、郊外モード23.7km/L、高速道路モード22.3km/Lとなっている。

    「平成27年度燃費基準+25%」達成と「平成30年排出ガス基準75%低減レベル」認定によりエコカー減税の対象となる。ハイブリッドシステムならではのモーター駆動によるスムーズな発進と加速、あわせて高い静粛性を実現させた。

    このほかハイブリッドモデルでは、オートエアコンやシートヒーター(運転席にオプション)、運転席横のスペースにセンターコンソール小物入れを設定するなど、快適で便利な仕様とした。

    一部改良では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense」に昼間の歩行者も検知対象に加えた「プリクラッシュセーフティ」を全車に標準装備させた。さらに盗難防止用イモビライザーを新たに標準設定するなど、優れた安全・防犯機能を確保した。

    このほか装備面では、USBポートの標準装備化や、マルチホルダーのサイズを拡大しスマートフォンやメモ帳などが楽に置けるよう改善するなど、プロボックス/サクシードを利用するユーザーがより使いやすい運転席周りとした。

    トヨタ 新型プロボックスの価格は1,373,760円~1,965,600円。うちハイブリッドモデルは1,819,800円~1,965,600円となっている。新型サクシードの価格は1,549,800円~1,965,600円。うちハイブリッドモデルはプロボックスと同様に1,819,800円~1,965,600円となっている。[価格は全て消費税込み]

    19104233003_ffe7_o

    https://autoc-one.jp/news/5003213/

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1542612525/ 【トヨタ、商用バン「プロボックス」「サクシード」にハイブリッド追加】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/11/19(月) 00:31:12.92 ID:XyldDWi70
    ルマン優勝、WRCメイクスタイトル獲得、国内でも強い

    0111_01

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1542555072/ 【【悲報】車オタが嫌うトヨタさん、レース界で日本勢唯一の希望となってしまう】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/11/19(月) 09:00:20.94 0
    144882-cars-review-volkswagen-egolf-lead-image1-x8gmldrj4v

    VW、EV会社に変身 5年で3.8兆円投資 
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO37904470X11C18A1EA5000/

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1542585620/ 【ドイツ車メーカー「エンジン車やめます。これからは電気自動車の時代」 トヨタ「充電できない!ハイブリッド!」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [KR] 2018/11/17(土) 10:31:50.16 ID:q+5hH0Wx0 BE:837857943-PLT(16930)
    トヨタ自動車は11月16日、中国で開幕した広州モーターショー2018において、新型『カローラ・セダン』(Toyota Corolla Sedan)を初公開した。

    新型『カローラ』シリーズに関しては、『カローラ・ハッチバック』(日本名:『カローラスポーツ』)、ワゴンの『カローラ・ツーリングスポーツ』が発表済みだ。
    広州モーターショー2018で初公開された新型カローラ・セダンは、12世代目となる新型の第3のボディバリエーションになる。

    新型カローラ・セダンは、基本性能を向上させた「GA-C」プラットフォームをベースに開発された。プラットフォームの刷新により、上質な走り、乗り心地、静粛性、安全性能などを追求している。外観は、「シューティングロバスト」がコンセプトだ。これは、骨格で魅せるたくましさとアクティブさを併せ持つデザインになるという。TNGAプラットフォームの採用により、先代よりも全高を低く、トレッドを広げて、踏ん張り感のある低重心でスポーティなシルエットを追求している。

    インテリアのコンセプトは、「センシュアスミニマリズム」だ。これは、シンプルでありながら感性に響くデザインが特徴となる。
    薄型インパネによる開放感のある空間と、センタークラスターなど集約された機能部品とのコントラストにより、上質なデザインを追求している。

    新型カローラ セダンには、TNGAの新パワートレインとして、2.0リットルの「ダイナミック・フォース・エンジン」やダイレクトシフトCVT、6速MTなどを設定する。
    最新のハイブリッド技術を搭載したモデルもラインナップし、新たに世界90以上の国と地域に投入していく。

    なお、日本向けには、スポーティモデルのカローラをベースに、日本の顧客や道路環境に合わせて最適化した専用仕様のセダンとワゴンを2019年内に発売する予定、としている。

    https://response.jp/article/2018/11/16/316226.html
    1360030

    1360031


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542418310/ 【トヨタ カローラ セダン新型を発表、2019年内に日本発売へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [KR] 2018/11/17(土) 10:28:25.92 ID:q+5hH0Wx0 BE:837857943-PLT(16930)
    トヨタ自動車は11月16日、中国で開幕した広州モーターショー2018において、新型『レビン』(Toyota Levin)をワールドプレミアした。

    現行の初代レビンは2014年4月、中国で開催された北京モーターショー2014で発表された。日本では“ハチロク”(AE86型)で有名なレビンの名前が、
    中国で新型セダンのネーミングとして、復活を遂げた。レビンは中国では、『カローラ・セダン』の兄弟車に位置付けられる。

    このレビンが、初代のデビューから4年を経て、広州モーターショー2018で2世代目にモデルチェンジを行った。トヨタの中国合弁(乗用車)には、第一汽車との合弁の一汽トヨタ、広州汽車との合弁の広汽トヨタの2社がある。レビンは、広汽トヨタから2019年の年央以降、中国市場に投入される。

    新型レビンは、同じく広州モーターショー2018で発表された新型カローラ セダンの兄弟車だ。ヘッドライトやグリル、バンパー、テールランプのデザインを変えることで、両車は異なるキャラクターに仕上げられている。新型カローラ セダンに対して、新型レビンではスポーティさが強調された。

    新型レビンのボディサイズは、全長4640mm、全幅1780mm、全高1435mm、ホイールベース2700mm。初代モデルに対して、10mm長く、5mmワイド、45mm背が低い。2700mmのホイールベースは変わっていない。

    新型レビンには、車載通信システムの「DCM」(データ・コミュニケーション・モジュール)を標準装備した。これにより、24時間・365日ユーザーを見守り、ジャストインタイムなサービスなどを可能にする「トヨタコネクティッド」(中国名:「豊田智行互聯」)が全グレードに設定される、としている。

    https://response.jp/article/2018/11/16/316229.html#cxrecs_s

    1360049

    1360052

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542418105/ 【トヨタ レビン 新型を発表 AE86ではトレノよりレビンの方が好きだったけどこれはスカン】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/11/13(火) 17:55:15.43 ID:J9/WtDjM0 BE:837857943-PLT(16930)
    トヨタ 新型「プリウス」12月にも発売 ついに不評の外観デザインテコ入れ 好評のPHV顔へ大幅変更へ

    外観デザイン不評の現行「プリウス」、大幅にテコ入れ
     
    トヨタが新型「プリウス」を2018年12月に発売します。注目されるのは、現行プリウスで評判が良くなかった外観を大きく変更することです。
    新型プリウスは2019年モデルとして、米国で11月末に開催されるLAショーで世界初披露されることが正式にアナウンスされていますが、
    日本では12月に発売となるようです。

    新型プリウスは見た目が大幅に変わりますが、ビッグマイナーチェンジの扱いです。ガラリと変わるデザインイメージは、プリウスPHVのデザインに近く、
    フロントマスクには独立式のLEDヘッドランプが装着され、現行プリウスに比べると、ランプを強調する目鼻だちのハッキリしたデザインになります。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181113-00010002-kurumans-bus_all

    独立式のLEDライトを採用しているプリウスPHV
    20181113-00010002-kurumans-000-10-view

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1542099315/ 【新型プリウスが12月にも発売…不評のダサいデザインを大幅改良】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/11/11(日) 09:05:29.296 ID:chtIN/XDM
    cover_3c6cc6a5-e429-4d48-997f-a2bc848fa240

    マツダはデザインだけでなく、性能もトヨタを超えた。
    トヨタには作れないエンジンを開発した。それはスカイアクティブ。
    つまり、マツダは世界1位の企業になった。

    マツダが「トヨタに作れない」超省エネエンジンを投入できた理由
    https://maonline.jp/articles/mazda_toyota_skyactive180515

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1541894729/ 【マツダがトヨタに作れない高性能エンジンを開発できた理由】の続きを読む

    このページのトップヘ