サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/15(火) 12:50:36.11 ID:CAP_USER.net
    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=53196/

    20151214103305_802_

    4代目となった新型トヨタ『プリウス』は、デザインが好きだから買ったといってもらえることを目標にデザインされた。

    「3代目プリウスで拡販が図れたことから、4代目プリウスを世に出すときに何をもってユーザーにアピールできるのかを最初に考えた」と話すのは、トヨタ自動車デザイン本部トヨタデザイン部第3デザイン室長の児玉修作さん。

    そこで、「クルマの土台となる環境性能、エコ性能といった技術の進化は絶対にないがしろにせずにデザインに取り込み、その上で、デザインで購入してもらえるような、エモーショナルなデザインをしたかった」と話す。

    そうすることで、「環境車といえども、デザインが好きだから買ったというユーザーを少しでも増やしたいと考えたのだ」と述べる。

    新型プリウスのデザインコンセプトは、“アイコニックヒューマンテック”だ。児玉さんは、「技術の進化を前面に押し出した、例えば多機能パソコンや、多機能電化製品などが全盛だった時代から、多機能の技術を内に秘めて、ユーザーが使いたいときにその機能を、直感で操作できるものが世に出てきている」と今の時代を語る。

    そこで4代目プリウスでもこの基本思想である、「人の感覚、直感を起点としたデザインを作り出そうと、アイコニックヒューマンテックというコンセプトを作り出したのだ」と説明した。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1450151436/ 【トヨタ・チーフデザイナー「新型プリウス、デザインで積極的に選ばれるクルマをめざした」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/11(金) 09:06:20.62 ID:CAP_USER.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO94977780Q5A211C1000000/

     グループ世界販売台数でトップに立ち、豊田章男社長の下で再編を進めるトヨタ自動車が、新型「プリウス」の発売で過去最大級の試練に直面している。

     ハイブリッド車のプリウスは1997年のデビュー以来、省エネ技術のパイオニアとなってきたが、今回の全面改良は最悪のタイミングになったと、アナリストらは警告している。ブレント原油が2009年2月以来の1バレル40ドル割れとなる原油安の中で、高燃費の多目的スポーツ車(SUV)が人気を回復し、燃費性能の高い中型以下の車は需要が軟化している。

     「トヨタは日本だけでなく海外でもハイブリッドを事実上の標準にしようとしている」と、クレディ・スイス証券の
    自動車担当アナリスト、秋田昌洋氏は言う。
     「原油価格の下落という逆風の中で新型プリウスが日本以外でも売れるかどうか、懸念がある」
     日本で9日発売された4代目プリウスについてトヨタ幹部は、車のつくり方と設計を根本的に見直して走る楽しさやカッコよさを追求するという豊田氏の方針が体現されていると誇る。

     トヨタの加藤光久副社長は、「このプリウスは、よりよいクルマの開発を重ねていく長い挑戦の始まりだ」と言う。

     トヨタは新型プリウスの年間販売目標を世界全体で35万台、日本国内で14万4000台としている。
     予約は6万台に達し、納車まで最大5カ月かかりそうな見通しだ。
     ガソリンと電気を併用するハイブリッドの初代プリウスが発売された1997年にも懐疑的な見方は強かったが、累計販売台数は800万台を突破している。

    ■環境に配慮した車、選択肢広がる
     トヨタの昨年の乗用車・トラック販売全体に占めるハイブリッド車の比率はプラグインハイブリッド車を含めて約14%で、国内販売ではほぼ半分に達している。
     しかし、消費者にとっては、先端技術による環境に優しい車は選択肢が広がっている。
    たとえば、米テスラ・モーターズや日産自動車などの電気自動車、あるいはトヨタが発売した燃料電池車もある。
     ディーゼルエンジン車もフォルクスワーゲンの排ガス不正問題が発覚するまでは人気だった。

     新型プリウスは日本の試験値でガソリン1リットル当たりの走行距離が40.8キロメートルと、従来モデルより燃費性能が2割増している。
     しかし、もう省エネ技術だけがプリウスのセールスポイントではないと加藤氏は言う。
     新型プリウスには、2020年までにトヨタ車の半数に展開する計画の新しいプラットホーム(車台)と部品が初めて採用された。
     このプロジェクト「トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー」について、アナリストらは、高品質で安い車を求める世界的傾向に合わせて生産システムの根幹を作り直す試みだと言う。
     トヨタは、このシステムによる部品とプラットホームの世界的な共通化を通じて開発コストが2割削減されるとしている。
     新型プリウスの車体には従来より軽い高強度の鋼板が採用され、重心高を下げることでハンドルの操作性が高まった。また、エンジン音とドアを閉める際の音も抑えられている。
     豊田氏は車体構造に加え、平凡なデザインから脱却することを技術陣に求め、スマートでスポーティーなプリウスが生まれた。
     「世界中で受け入れられる車をつくったと思っている」と、加藤氏は言う。
     しかし、その新型プリウスの感覚的な訴求力が、原油安の時期にハイブリッド車を買うという経済性の問題を上回れるのかどうかについては、加藤氏の自信度も下がるように見える。
     「我々は自信があると同時に心配もしている。(海外の)消費者は違うからだ」と、加藤氏は語る。
     新型プリウスの日本での販売価格は243万円からで、1月に北米、2月に欧米でも発売される。

    hi001457

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1449792380/ 【トヨタ、原油安でプリウスは厳しい戦いに】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/10(木) 09:08:10.78 ID:CAP_USER.net
    http://www.asahi.com/articles/ASHD96HQ4HD9OIPE03L.html
    トヨタ自動車は、新型プリウスのテレビCMで「エロい車」と強調する。「お堅い」とみられがちだったプリウスのイメージの一新を狙う。
     CMは10日から順次放送を始める。俳優の福山雅治さんと大泉洋さんが、運転しながら「結構エロいな、このプリウス」などと会話する。このCMは昼間も流す予定だ。
     表現の是非を社内で話し合った結果、「デザインが大きく変わったことを効果的に伝えられる」(広報)と判断したという。

    http://youtu.be/lVXxyP4Fzg8


    PRIUS_11-850x637

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1449706090/ 【【謎CM】「結構エロいな、このプリウス」 トヨタが新CM放送開始】の続きを読む

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2015/11/30(月)13:41:21 ID:???
     熱心な仏教徒が多い東南アジアの“微笑みの国”のタイで、仏さんもお坊さんも真っ青な事態が起きた。最近ネットで公開されたタイ中央部のロプブリ県にある仏教寺院の建物の画像を見たタイ人が一斉に批判し、そのページが“炎上”したのだ。

     その仏教寺院の建物には、世界のトヨタの誰もが知っているロゴとマークが描かれており、これに「仏教を冒涜している」「寺院を私物化している」「日本メーカーがついに寺院を買収か」などと非難轟々(ごうごう)。

     「実はこの寺院には、タイでトヨタの代理店を長く務め、売り上げに大きな功績のあったタイ人一族の先祖代々のお墓があり、その墓地がよく見渡せる場所に一族関係者が浄財を寄付して建てたのがこの建物。つまり、周囲の景観を損ねないように寺院風の造りになってはいるが、ここで仏教行事が行われることはないというのが真相だったのです」(バンコク在住日本人)

     とはいえ、タイは「国王・仏教・軍」が3大タブーとされ、批判もおちょくりも悪用も許されない厳しいお国柄だけに、タイ・トヨタの幹部は「多くの仏教徒のみなさんの心情に配慮することが大切」と判断。即、トヨタのロゴとマークを取り外し、仏教的なシンボルをそこに描くことを表明、あっという間に削除されてしまった。

    続き @niftyニュース/2015年11月29日(日)19時0分配信 週刊実話
    http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/jitsuwa-20151129-10033/1.htm

    14466363191446636384l

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1448858481/ 【タイの“寺院”でトヨタのロゴマーク騒動 「仏教への冒とくだ!」地元民激怒】の続きを読む

    1: 1級神2種非限定φ ★ 2015/11/24(火) 21:27:21.77 ID:CAP_USER.net
    トヨタ自動車は24日、10月22日に発売した高級車ブランド「レクサス」の主力スポーツ用多目的車(SUV)「RX」の新型車受注が、今月24日までの約1カ月間で約9000台に達したと発表した。

    月間販売目標(500台)の18倍と、好調な滑り出しとなった。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151124-00000035-jijc-biz

    001_o

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1448368041/ 【トヨタ、レクサス新型「RX」受注9000台】の続きを読む

    1: ビッグブーツ(東日本)@\(^o^)/ 2015/11/23(月) 01:58:50.65 ID:wOB4dG180.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    4代目にフルモデルチェンジしたトヨタの新型『プリウス』。プロトタイプ仕様のモデルを写真で紹介する。フルモデルチェンジに伴い、プリウス初となる新開発の電気式4輪駆動方式(E-Four)を採用したのも注目のポイントだ。

    E-Fourは走行中自動的に4輪駆動の必要性を判断し、4輪駆動制御を行う。2WD車のパッケージをベースにし、コンパクト化されたシステムは車両後方に配置され、乗員スペースや荷室容量の影響を削減している。

    安全面では、衝突回避支援パッケージ「Toyota Safety Sense P」や「ITS Connect」など先進技術を採用。トヨタ車初採用となるSafety Sense Pは、ミリ波レーダーと単眼カメラを用い、クルマだけでなく歩行者も認識する歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティや全車速追従機能付レーダークルーズコントロールなど4つの先進安全技術を含む。

    http://response.jp/article/2015/11/21/264702.html

    979945

    979943

    979948

    979951

    979972

    979980

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1448211530/ 【【トヨタ プリウス 新型】4WD仕様を初設定、安全装備も充実】の続きを読む

    1: アンクルホールド(北海道)@\(^o^)/ 2015/10/31(土) 22:27:37.68 ID:chAOa+Om0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
    トヨタが第44回モーターショーで出展したクルマは、4世代目に突入したハイブリッド車「プリウス」をはじめとして2台目の燃料電池車(FCV)「FCV PLUS」のような“頭が良くて健康的な優良児”ばかりではない。
     ライトウエイト・スポーツの「S-FR」である。明らかにされたスペックは少々簡素過ぎるが、言わんとしているコンセプトは明確だ。
    「小さくて、軽く」が基本で、「エントリーカー」として「気楽に運転を愉しむ」クルマということ。

     少ない情報のなかでボディサイズは、全長×全幅×全高3990×1695×1320mm、ホイールベース2480mmだ。
    マツダ・ロードスターの3915×1735×1235mm、ホイールベース2310mmと比較するとボディサイズが想像しやすいはずだ。

     パワートレーンには触れていないが、フロントエンジン+リアドライブ、長めのホイールベースなので、いわゆるフロントミッドシップのFR方式のレイアウトを採用するのは間違いない。トランスミッションは6速マニュアルだ。
    4年前のモーターショーで展示した「トヨタ86」の発表でも同じようなメッセージが伝えられたが、「86」よりも、ずっと小さくて軽そうだ。

     搭載エンジンの情報はないが、1.5ないし1.6リッター程度のキャパシティの直列4気筒ならフロントミッドに搭載可能と思える。
    ショー会場の関係者がそっと漏らした「パワーウエイトレシオ6kg/ps」あたりが目標値というから、車重1tを切るほどの重量なら160ps以上必要となる。
     「FRのエントリースポーツ」として親しみやすさを訴求はするが、トヨタが培ってきたFRスポーツのノウハウは注入されるはずで、乗り心地が硬いスポーツではなく、しなやかに動く足回りを目指すとも。つまり、「86」と同じようなユーザーごとのカスタマイズを想定したクルマ作りとなりそうな予感がする。

    これで車両価格が200万円を切るなら、有望なコンパクトスポーツとして成立する可能性が高い。

    20151031-00000186-economic-000-1-view

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151031-00000186-economic-ind

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1446298057/ 【東京モーターショー出展のトヨタ小型FR「S-FR」160ps以上で200万円以下で登場?】の続きを読む

    1: TEKKAMAKI(北海道)@\(^o^)/ 2015/10/26(月) 20:18:31.18 ID:9PeQKHjr0●.net BE:488538759-PLT(13500) ポイント特典
    0x600

     トヨタ自動車は26日、2015年1~9月の世界販売台数(ダイハツ工業、日野自動車含む)が、前年同期比1・5%減の約750万台だったと発表した。

     独フォルクスワーゲン(VW)の約743万台を約7万台上回り、世界首位だった。

     15年1~6月は、VWがトヨタより約2万台多かった。VWは9月中旬に発覚した排ガス不正問題の影響で、今後、販売が減少するとみられる。首位を争っていたVWの自滅により、15年通年でもトヨタが4年連続トップになる可能性が高い。

     トヨタの国内販売は軽自動車の落ち込みで減少したが、海外では中国や米国で販売が伸びた。VWは欧州の売り上げは好調だが、 世界販売の3割を占める中国市場で減少したほか、新興国の販売も落ち込んだ。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151026-00050093-yom-bus_all

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445858311/ 【トヨタ世界販売1位奪還】の続きを読む

    1: 毒霧(東日本)@\(^o^)/ 2015/10/23(金) 22:34:47.70 ID:j0FZH1Ki0.net BE:837857943-PLT(12000) ポイント特典
    トヨタ自動車の市販燃料電池車、『MIRAI』(ミライ)。同車の米国発売日に合わせて、大胆なコンセプトカーが登場した。

    これは10月21日、米国トヨタ販売が、MIRAIの米国発売記念イベントで披露した1台。
    『バック・トゥ・ザ・フューチャー MIRAI コンセプト』が初公開されている。

    MIRAIの米国発売日は、2015年10月21日。これは1989年に公開された映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』において、主人公のマーティ・マクフライ(マイケル・J・フォックス)が、タイムスリップした未来の1日と同じ日に設定された。

    『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と関係の深いMIRAI。バック・トゥ・ザ・フューチャーMIRAIコンセプトでは、映画に起用されたタイムマシンカー、『デロリアンDMC-12』と同じガルウィングドアを採用。MIRAIを、タイムマシンにカスタマイズしたというわけ。

    インテリアも、同様のコンセプト。ヘッドアップディスプレイを装備し、タイムトラベルの年代を設定できるという想定。
    厚みのあるガルウィングドアに合わせて、前後フェンダーが拡幅されているのも見て取れる。

    http://response.jp/article/2015/10/22/262537.html

    962813

    962812

    962814

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1445607287/ 【トヨタ MIRAI、まさかのガルウィングに変身…『バック・トゥ・ザ・フューチャー』仕様】の続きを読む

    このページのトップヘ