サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: デンジャラスバックドロップ(catv?【緊急地震:沖縄本島近海M5.4最大震度4】)@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 07:56:21.39 ID:fYJPcItL0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    20141015_01

    2014年に創立60周年を迎えるトヨタテクノクラフトは、TRDの走りの技術を惜しむことなくつぎ込み開発したトヨタ「86」のコンプリート車両"14R-60"を記念車両として10月6日から100台限定で抽選販売を開始した。

    20141015_02

    トヨタテクノクラフトは、TRD(ティー・アール・ディー)ブランドでモータースポーツ活動及びカスタマイズパーツ展開を行っている会社である。

    このトヨタテクノクラフトが、トヨタ86の高性能実験車両「Griffon Concept」の技術をフィードバックし、サーキットにおいて異次元の限界領域に挑むことが可能な市販車両を目指して開発を行ったのが、この"14R-60"なのだ。

    なお、ネーミングの由来は、2014年の"14"、Racingの"R"、60周年を表す"60"を意味するとのこと。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1413327381/ 【TRDが手がけた至高のトヨタ86 14R-60が限定100台で抽選販売開始】の続きを読む

    1: ダブルニードロップ(芋)@\(^o^)/ 2014/10/12(日) 13:04:57.23 ID:1OqSx4AC0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    トヨタ自動車は10日、3年ぶりに新型のレジャー用ボートを発売した。加山雄三さんらスターに憧れた人たちが市場を支えた時代も今や昔。
    同社の販売隻数がピークの5分の1に落ち込む中、中価格帯の新型投入で、これまで海と縁が薄かった若手富裕層の取り込みをねらう。

    新発売した「PONAM(ポーナム)―31」は、全長約10メートルで12人乗り。税込み価格は3207万6千円で、ソファやカウンターもある。販売目標は年15隻。自動車で培った技術を詰め込んだ「トヨタのマリン事業の集大成」(友山茂樹常務役員)という。

    スポーツ用多目的車「ランドクルーザープラド」の海外向けディーゼルエンジン(排気量3リットル)を搭載し、このクラスの船では他社製よりスピードを出せるという。デザインは車の担当者が手がけ、外装も車のボディー製造技術を活用した。車の走行位置を把握する技術を応用し、風や潮流を受けても同じ位置を保てる機能もつけられる。
    AS20141010004714_comm

    http://www.asahi.com/articles/ASGBB5T1TGBBOIPE02W.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1413086697/ 【ランドクルーザープラドのエンジンを搭載したトヨタの新型ボート】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(芋)@\(^o^)/ 2014/10/10(金) 23:01:59.80 ID:Q1sUF2AD0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    日本ジーンズ協議会ならびに岡山県アパレル工業組合が主催する「第31回ベストジーニスト」が9日、発表され、トヨタ自動車の『COROLLA HYBRID JEANS(カローラ フィールダー)』が、自動車として史上初めてベストジーニストを受賞した。

     ベストジーニストの受賞式が東京の「エプソン品川アクアスタジアムステラボール」で開催され、同日午後、ベストジーニストを受賞した『COROLLA HYBRID JEANS』が品川プリンスホテルアネックスタワー入口前に展示された。

     『COROLLA HYBRID JEANS』が受賞したのは「ベストジーニスト協議会選出部門特別貢献賞」。協議会選出部門は、日本ジーンズ協議会の加盟社40社の各社が候補を推薦し、その候補者の中から「ベストジーニスト選考委員会」が決定する。
    特別貢献賞は、ジーンズの需要喚起に貢献し、ジーンズ・スピリットに相通じジーンズが似合う人に受賞されることになっているが、今回、自動車が受賞した。

     『COROLLA HYBRID JEANS』は2013年8月、カローラにハイブリッド仕様が追加された際に、プロモーション用として制作された。8月6日に東京・新宿ステーションスクエアで展示されたのを皮切りに、全国5カ所で車両展示イベントを実施。その後、ホワイトサカス「TOYOTOWN ICE GARDEN」や東京モーターショー2013でも展示を行ない、注目された。

     トヨタ自動車安井慎一チーフエンジニアによると、ハイブリッドをカローラに取り入れた点とジーンズのおしゃれ感が共通の特徴としてあり、同様に両者とも親しみやすい存在であると指摘する。「若年層がカローラに抱くイメージがポジティブになってきた。販売店のスタッフにデニムを着用接客させたところ、車の販売店舗特有の買わせられそうなイメージを一変させることができ、評判も良くなった」とコメント。

     日本ジーンズ協議会の協力のもと、国内有数のデニム生地メーカーである「カイハラ」が『COROLLA HYBRID JEANS』のジーンズ生地を制作した。安井チーフエンジニアは『COROLLA HYBRID JEANS』の製品化について「予定はない」と、笑いを交えて答えた。

    http://response.jp/article/2014/10/10/234703.html
    2014768284_s

    2014768289_s


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412949719/ 【デニム仕様のカローラフィルダーがベストジーニストを受賞】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(芋)@\(^o^)/ 2014/10/10(金) 23:13:36.94 ID:Q1sUF2AD0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    BMW製ディーゼル搭載トヨタ・アベンシスをスクープ!

    登場から6年、カモフラージュの重さからフルモデルチェンジかと思われましたが、情報よると今回は顔つきを一新するビッグマイナーチェンジをするトヨタ「アベンシス」をスクープしました。
    Toyota-Avensis-001-618x411
    大きく変わるエクステリアの他、BMW製1.6リットルディーゼルターボエンジンが搭載されるようです。

    ワールドプレミアは2015年3月の予定です。
    http://clicccar.com/2014/10/10/272508/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412950416/ 【BMW製ディーゼル搭載トヨタ・アベンシスのスパイショット】の続きを読む

    1: ダイビングヘッドバット(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 09:26:11.80 ID:b+uK4fWY0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    49ae0e31-s

    トヨタはワゴンスタイルのハイブリッドモデル"Toyota Prius+"(日本市場では"Toyota Prius α"として販売)を2015年モデルとしてフェイスリフトすることを発表するとともに、その画像を公開した。

    完全に再設計されたフロントセクションなどの変更点が見て取れるこのプリウス+について、その詳細はまだ未発表となっている。
    cc32d697-s

    750b9575-s

    http://blog.livedoor.jp/motersound/51869157

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412814371/ 【欧州市場向け「プリウス+(プリウスα)」のフェイスリフトモデル】の続きを読む

    1: セントーン(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 19:43:39.41 ID:0CVlBObd0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    トヨタ自動車は2日に開催した「パリモーターショー14」でコンパクトクロスオーバーのコンセプトカー『C-HRコンセプト』を発表した。

    C-HRコンセプトは、トヨタが提案する新世代コンパクトクロスオーバーのデザインスタディモデル。軽快さと力強さを大胆に融合したスタイリングが特徴。ダイヤモンドをモチーフとしたキャビン形状と、多面体のような精彩で彫りの深いボディ下部の造形により個性を際立たせている。

    フロントはトヨタ独自の表情である「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのデザインをさらに進化させ、今後のトヨタデザインの一つの可能性を提示する。

    リヤは、薄く湾曲した形状が特徴的なリヤコンビネーションランプは、空力にも貢献。サイドから見ると、光のリングが連なっているように見える。「無駄を削ぎ落とした形状のボディ下部から張り出したホイールフレアに対し、リヤに向けて勢いよく絞り込んだキャビンおよびショルダー部とのコントラストで、走行性能の高さを表現した」と説明している。

    欧州の小型クロスオーバー車のカテゴリーでは、日産『ジューク』が成功を収めている。C-HRコンセプトは、ジューク対抗作を示唆した1台の可能性がある。
    http://response.jp/article/2014/10/02/233969.html
    chr-dead-front

    chr-front_0

    chr-rear_0

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412246619/ 【トヨタ、新世代の小型クロスオーバー C-HRコンセプトを公開】の続きを読む

    1: スパイダージャーマン(芋)@\(^o^)/ 2014/10/02(木) 06:43:29.39 ID:KbOxOYRI0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    トヨタはヨタハチこと「トヨタ スポーツ800」の現代版の開発を進めている。

    ヨタハチは1965年(昭和40年)から1969年(昭和44年)にかけて製造した2シーターの小型スポーツカーである。

    そのコンセプトを継承した新型ヨタハチを開発し始めたのだ。

    現在発売されている86より下のモデルを作ろうということだ。

    イメージでいうと、トヨタは大・中・小のスポーツカーをラインナップに並べたい様子だ。

    大 スープラ
    中 86
    小 ヨタハチ

    ヨタハチは駆動方式はFRとなり、直4 1.5L または直4 1.2Lターボで150万前後の金額での発売を目指している様子だ。

    また重量は1000㎏以下を目指している、燃費はJC08モード燃費で16m/L前後になりそうだ。
    toyota_800_01s

    発売は2017年頃を目指している様子だ。
    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-380.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412199809/ 【トヨタ 新型 ヨタハチ トヨタ スポーツ800復活か】の続きを読む

    1: スターダストプレス(芋)@\(^o^)/ 2014/09/30(火) 23:08:39.50 ID:Rx8nRycV0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    AS20140927000094_comm


     トヨタ自動車は、車同士が直接通信し、見通しの悪い交差点などで他の車の接近を知らせる次世代安全システムを、来年11月にもフルモデルチェンジして発売するハイブリッド車(HV)の新型プリウスに搭載する方針を固めた。売れ筋のプリウスにいち早く搭載することで、次世代システムの普及を後押しする。

     大手自動車メーカーや地方自治体などでつくるNPO「ITSジャパン」によると、次世代システムの市販車への搭載方針が明らかになるのは初めて。

     トヨタは、まずは愛知県や東京都などの一部地域で販売するプリウスに搭載する方針で、標準装備とする可能性もある。新型プリウス発売を待たず別の車種に前倒しして搭載することも検討している。

    http://www.asahi.com/articles/ASG9V75TDG9VOIPE02D.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412086119/ 【車の接近を車同士で察知…トヨタ、次期プリウスに搭載】の続きを読む

    1: 頭突き(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/29(月) 11:51:15.06 ID:dQsetIEb0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    トヨタは現行のアクアをミニバン化を検討して開発を進めている。

    現行プリウスをミニバン化したモデルがプリウスαであるが、プリウスαは横幅などが大きい。 そこでアクアをベースにした5ナンバーミニバンを検討している様子だ。

    5ナンバーサイズのミニバンハイブリッド車となり、顔つきはアクアそのままに全長を引き伸ばし更に、両側スライドドア化するのではとも言われている。

    既にアクアはオープンカーモデル、SUVモデルなど様々な派生モデルが考えられておりミニバンモデルも可能性が高そうだ。 

    ハイブリッドで採用されるパワーレンチは1NZ-FXE+モーターのハイブリッド システム総出力100ps。

    ハイブリッドでもバッテリーのコンパクト化で、サードシートはシエンタ以上の居住性を目指している。
    東京モーターショーでの出展も考えられそうだ。

    今後新しい情報が入り次第お伝え致します。
    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-376.html

    ※参考 ベストカーによるイメージ画像
    29a201409

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411959075/ 【トヨタ アクアにミニバンモデルを検討…スライドドアを採用か?】の続きを読む

    このページのトップヘ