サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > トヨタ

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/14(日) 09:34:09.35 ID:CAP_USER.net
    http://autoc-one.jp/toyota/prius/special-2848212/

    005_o


    海外でのハイブリッド車の売れ行きが変化してきた。今まで一番売れていたのは言うまでもなくアメリカだけれど、 プリウスの台数を調べてみたら18万5千台と前年比10%も落ちた(2年連続ダウン)。新型プリウスの販売も伸び悩んでおり、すでに苦戦必至と言われ始めたほど。

    アメリカのプリウスには日本で言う「アクア」と「プリウスα」も含むため、3車種合わせた台数で言えば日本の半分しか売れていないのだった。

     アジアでも厳しい状況。タイは昨年9月に生産と販売を停止。中国は昨年発売した「カローラ/レビンハイブリッド」の売れ行きにイマイチ元気ない。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471134849/ 【トヨタ新型「プリウス」早くも販売苦戦か?HV車が普通になり特別感薄れる】の続きを読む

    1: ボマイェ(東京都)@\(^o^)/ 2016/08/08(月) 23:13:59.78 ID:xPcHctQM0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    トヨタ自動車は、『プリウス』に特別仕様車「S セーフティプラス」を設定し、8月8日より販売を開始した。

    特別仕様車は、標準グレード「S」をベースに、歩行者検知機能付衝突回避支援型プリクラッシュセーフティ、全車速追従機能付のレーダークルーズコントロールをはじめ4つの先進安全機能をセットにした衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスP」を装備。

    インテリジェントクリアランスソナー、シンプルインテリジェントパーキングアシスト、カラーヘッドアップディスプレイ、LEDフロントフォグランプなども特別装備し、安全装備を充実した。

    さらに、バックカメラとステアリングスイッチ(音声認識・ハンズフリー通話)をセットにした「ナビレディセット」を特別装備し、より魅力的な仕様とした。

    外板色には、スティールブロンドメタリックをはじめ、全4色を設定した。
    価格は2WDが269万3520円、E-Four(電気式四輪駆動)が288万7920円。

    http://response.jp/article/2016/08/08/279818.html

    1082941

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1470665639/ 【トヨタ「プリウス」に特別仕様車】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/04(木) 22:28:12.02 ID:CAP_USER.net
    http://www.autocar.jp/newsproducts/2016/08/04/180922/

    priusu-gum_160804_001

    priusu-gum_160804_002

    お菓子メーカーのチューインガム研究員が “プリウスの乗り味” を再現したガム、プリウス試乗味ガムが、トヨタの販売店で配布開始される。

    これはトヨタとロッテ中央研究所のコラボレーション企画で、プリウスの流れるような爽快な乗り心地、静粛性、走りの刺激感をガムの味で再現したもの。なめらかな噛み心地が持続し、刺激感にあふれる香りで試乗気分を味わえるという。

    不思議な味わいのプリウス試乗味ガムは、全国のトヨタ販売店で8月5日から順次配布を開始(一部取扱いのない店舗もあり)。なお、なくなり次第配布終了となる。

    詳細は下記サイトで確認できる。
    プリウス試乗味ガム・ホームページ:
    http://lotte-priusgum.jp

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1470317292/ 【トヨタ、プリウス試乗味ガムの配布を開始】の続きを読む

    1: エメラルドフロウジョン(空)@\(^o^)/ 2016/07/28(木) 21:38:17.49 ID:BdAXaZDa0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    試乗促進イベント「TRY!PRIUS」を展開するトヨタ自動車は、ブルーボトルコーヒーとコラボし、『プリウス』の乗り心地を再現した「プリウス試乗味コーヒー」を完成させた。

    トヨタは「TRY!PRIUS」の一環として、試乗から生まれたコンテンツにより、“五感”を通じてプリウスの走りや乗り心地を疑似体験してもらうコラボレーション企画を開始。今回の「プリウス試乗味コーヒー」は、その第1弾だ。

    プリウスに試乗し、走りや乗り心地をコーヒーの味で再現するという難題にトライしたのは、ブルーボトルコーヒーのQC(クオリティコントロール)マネージャーを務めるケビン・サクストン氏、ロースターの山本健太氏、 バリスタ・トレーナーの藤岡響氏の3名。なめらかな走りやしっかりとした加速感、助手席や後部座席の快適さ、プリウスならではの低燃費を、組み合わせるコーヒー豆の割合や焙煎度合いで表現。

    プリウスの“スムース"な走り、“クリア"な視界、 “クリーン"なフォルムをインスピレーションに、コロンビア産とエチオピア産の2つの豆を、“ハイブリッド"ブレンド。約1か月間の試行錯誤を経て完成した。

    プリウス試乗味コーヒー(アイス)は、7月29日から8月31日まで、ブルーボトルコーヒー清澄白河ロースタリー&カフェ、青山カフェ 、新宿カフェの3店舗で販売する。各店舗1日25杯限定で500円。

    1079627

    http://response.jp/article/2016/07/28/279186.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1469709497/ 【ブルーボトルコーヒーがトヨタとコラボ プリウス味のコーヒーを発売】の続きを読む

    1: フロントネックロック(大阪府)@\(^o^)/ 2016/07/27(水) 19:42:33.39 ID:nwoO1J1l0?2BP(2000)
    US+Special+Forces+buying+Toyota+Land+Cruisers,+Hiluxes

    米国特殊作戦軍は、世界最大の独立系研究機関であるバテル記念研究所との間で、既製のトヨタ「ランドクルーザー」とハイラックス、フォードのレンジャーを装甲車両に改造する件で合意した。

    この契約は5年間で最大1億7,000万ドル(約180億円)相当になる案件で、さらに2年延長される可能性もある。
    これらの車両には、過酷な使用にも耐え得るサスペンションや、アップグレードされたブレーキ、ランフラットタイヤ、新しいホイール、そして高度な通信機器や観測装置が装備される。

    その目的は、敵になり得る国の交通に紛れて部隊間で通信を無事に行うために、目立たないトラックを作ることにあるという。

    率直に言って、特殊作戦部隊が注目されずに移動するには、非常に賢明な方法と言えるだろう。

    特殊作戦軍が主な関心を寄せているのはトヨタが米国の消費者に販売している快適な200系のランドクルーザーではなく頑丈な70シリーズであるようだ。

    http://jp.autoblog.com/2016/07/27/us-special-forces-buying-toyota-land-cruiser-hilux/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1469616153/ 【米特殊作戦軍がトヨタ「ランドクルーザー」と「ハイラックス」を導入】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2016/07/17(日) 18:46:38.17 0.net
    アメリカで最も権威ある自動車誌 カーアンドドライバー紙の評価

    トヨタ・アクア
    carlineup_aqua_grade_grade5_01_pc

    carlineup_aqua_grade_grade5_3_03_pc

    http://www.caranddriver.com/toyota/prius-c

    トヨタ・ヴィッツに簡略化されたプリウスの駆動システムを搭載したこの車は、独創性に欠け、存在意義を説明出来ない。
    安直な経済性の追求が運転の楽しさを打ち消してしまっている。
    5点満点中1点


    マツダ・アクセラ
    1607140149423800

    1607140729123670

    http://www.caranddriver.com/mazda/mazda-3

    カッコよさ、運転の楽しさ、価格、全てを兼ね備えた自動車は数少ない。
    マツダ・アクセラはそれをやってのけた。
    ハンドリングが楽しくて山道に行きたくなるし、それでいて経済的だ。
    5点満点中5点

    この二つの車が同じ値段(176万円~)とかうせやん・・・

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1468748798/ 【トヨタ・アクアとマツダ・アクセラが同じ値段の車とは思えない件】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2016/07/09(土) 22:54:44.28 ID:CAP_USER.net
    トヨタ自動車が現在、開発を進めていると見られる新型スポーツカー。
    この『スープラ』後継車と伝えられるモデルについて、興味深い新情報がもたらされた。

    これは7月3日、英国の自動車メディア、『Auto EXPRESS』が報じたもの。スープラ後継車に関して、同メディアが独自に集めた最新情報を公開している。

    スープラ後継車については、次世代スポーツカーを共同開発することで合意しているBMWとトヨタが全面協力。BMW版は、現行の『Z4』の後継車として登場するもよう。

    同メディアが発信した最新情報で注目できるのは、スポーツカーの中核をなすパワートレイン。
    同メディアによると、スープラ後継車では、BMW製エンジンに、トヨタのハイブリッドシステムを組み合わせるという。

    さらに同メディアは、「このハイブリッドシステムには、レーシングカーのトヨタ『TS050ハイブリッド』の技術が導入される」とレポート。
    BMW製エンジンが後輪を駆動し、前後に配置されたトヨタ製のモーターが、パワーを4輪へ伝えるシステムになる可能性を報じている。

    TO_S086_F002_M001_1_L

    http://s.response.jp/article/2016/07/09/278186.html

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1468072484/ 【トヨタ スープラ 後継車、BMWエンジンにトヨタのハイブリッドか】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/07/05(火) 15:26:23.79 ID:CAP_USER.net
    http://news.mynavi.jp/news/2016/07/05/228/

    トヨタ自動車は5日、「86」のマイナーチェンジについて発表した。ニュルブルクリンク24時間耐久レース参戦などで得た知見をもとに、「スポーツカーとしてのさらなる深化」をキーワードに開発された。より走りに特化した「86」を実現することで、スポーツカーファンのさらなる獲得をめざす。8月1日の発売を予定している。

    今回のマイナーチェンジにあたり、現在の「86」の開発を担当するチーフエンジニアの多田哲哉氏は、「ニュル参戦からフィードバックされた技術を中心にすべてを組み直し、何度も世界の様々な道で鍛え直すことで、一つひとつのアイテムをつくり込みました。新型86は、ハンドルを握って走り出した瞬間から、その深化を誰もが実感できるクルマに仕上げております」とコメントしている。

    外形デザインは走りのために深化。フロントビューからリヤビューまで、細部にわたり空力性能向上を軸としたアイテムの設定・改良などにより接地性や回頭性を高めた。フロントビューは従来型よりノーズ先端を下げ、グリル開口を横へ拡大することで、ワイド&ローな構えを強調。

    リヤビューはバンパー黒加飾部位の幅の拡大などにより、「ハ」の字を強調するワイドスタンスな構えを表現している。

    トランスミッションは「G」「GT」「GT "Limited"」それぞれに6速マニュアルと「6 Super ECT(スーパーインテリジェント6速オートマチック)」を用意。いずれも総排気量1,998ccで、6速マニュアルは最高出力152kW(207PS)/7,000rpm、最大トルク212N・m(21.6kgf・m)/6,400~6,800rpmとされている。

    インテークマニホールドやエキゾーストマニホールドなど吸・排気系部品の改良により、幅広い回転域での最大トルク発生を実現した。

    内装色はブラックで統一し、落ち着いた室内空間に。トヨタ最小径362mmの真円ステアリングホイールを採用し、最適なグリップ断面形状を実現するなど、操舵性と握り心地を徹底して追求している。「GT」「GT "Limited"」では、Tメッシュカーボン柄加飾を施したドアスイッチベース・ヒーターコントロールパネルで質感を向上させたほか、3眼タイプのタコメーターを標準装備し、最高出力付近の7,000回転がメーターの真上になるよう変更している。

    「GT "Limited"」ではさらに、シート表皮にパーフォレーション加工を施したアルカンターラ、インストルメントパネルやドアトリムなどにスエード調の人工皮革「グランリュクス」を標準設定。外光の反射を抑え、ドライビングに集中できる環境に寄与する。

    マイナーチェンジしたトヨタ「86」は、8月1日から全国のトヨタ店・トヨペット店・トヨタカローラ店・ネッツ店を通じて販売開始。

    価格は「G」262万3,320~264万7,080円、「GT」298万1,880~304万8,840円、「GT "Limited"」318万3,840~325万800円(価格はすべて税込)となっている。

    003l

    004l

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1467699983/ 【トヨタ「86」マイナーチェンジ、走りのため深化したデザインに】の続きを読む

    1: 逆落とし(catv?)@\(^o^)/ 2016/07/04(月) 19:16:16.90 ID:7eJQrY3Q0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
    トヨタ、「アルファード」「ヴェルファイア」にゴールドアクセントの特別仕様車を設定

    001_o

    002_o (2)

    008_o (1)

    009_o (2)

    011_o (1)

    http://autoc-one.jp/news/2789875/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1467627376/ 【トヨタ アルファードとヴェルファイアに金メッキの装飾を施した特別仕様車を発表】の続きを読む

    このページのトップヘ