サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ◆mZB81pkM/el0 (茨城県) [US] 2022/05/25(水) 21:34:20.58 ID:fwlsiJNt0● BE:844481327-PLT(13345)
    あわや大事故、走行中の車に向かって飛んできたのは、あの飛行物体だった。

    25日午前8時半ごろ、愛知県内の国道を車が走行していた時のことだった。

    突然、標識の裏から、何かが飛び出してきた。

    急降下しながら車に向かってくる物体。

    慌ててハンドルを切って正面衝突は避けられたものの、物体は、車の横に当たった。

    時速60kmの走行中、一体、何が飛んできたのか。

    被害に遭った男性「鳥みたいなものが見えて、そのまま進んだら、だんだん下がってきて、鳥じゃない、ドローンだ! と思って」

    飛んできたのは、確かにドローンだった。

    車は、すぐに路肩に停車。

    交通量の多い国道とあって、大事故につながっていてもおかしくはなかった。

    ドローンが飛んできたのは、西尾市内を走る国道23号岡崎バイパスの小島インター付近。

    被害に遭った男性「予想していないから、すごくびっくり」

    ドローンが接触した部分には、はっきりと傷が残されていた。

    その後、ドライバーが近くの広場を確認したところ、ドローンを飛ばしたとみられる人物に遭遇したという。

    被害に遭った男性「『おたくですか?』って聞いたら、『当たった?』とか言うんですよ。『そこで待ってて、警察呼んで』と言って現場に行ったんですよ。そしたらもう逃げていて、どちらかといったら、そっちの方が腹立ちますよね。逃げたということの方が」

    ドライバーの男性は、事故として警察に届け出たという。

    https://www.fnn.jp/articles/-/365315
    https://youtu.be/gIElNkEGQiQ

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1653482060/ 【【動画】走行中の車にドローン直撃…持ち主は逃走中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ジャンピングDDT(SB-Android) [CN] 2022/05/28(土) 08:56:01.91 ID:mYdBL9g/0● BE:509689741-2BP(6000)
    BMW

    浜田雅功、17歳YouTuberが1200万高級車購入で「おい、おい、おい、おい!」
    5/27(金) 15:52
    https://news.yahoo.co.jp/articles/ba7d98a48e1081d0fbde68fe60ad282fe58d1f65

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1653695761/ 【【悲報】17歳YouTuberが1200万円のBMWを購入→ヤフコメ民の反応が惨めすぎる…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 名無し募集中。。。 2022/05/26(木) 12:16:24.85 0
    4567c2de8b00a0a5de46edba96d8b3dd


    CCTVの報道によれば、同省漢中市にあるガソリンスタンドで給油した消費者から「給油後に走ったらすぐにエンジンが止まってしまった」という苦情が相次いだという。消費者がガソリンタンクからガソリンを抽出してみると、本来は見られない液体の分離と沈殿物が見つかったとのことである。

    同市市場監督管理局はこのガソリンスタンドを一時営業停止にするとともに、ガソリンの詳細な検査を実施した。そして、今月21日に同省エネルギー品質監督検験所から検査報告が出され、問題のガソリンには本来0%でなければならない水分が88%も含まれており、ガソリン成分はわずか12%のみだったことが明らかになった。

    CCTVによれば、劣悪製品を販売した疑いで現地警察当局がすでに立件し、ガソリンスタンド関係者の身柄を拘束したという。同市市場監督管理局品質安全監督管理科の何文軍(ホー・ウエンジュン)科長は「予備的な調査によれば、近ごろ雨の日が多かった中で、ガソリン貯蔵タンクの密封が不十分であったために、雨水がタンクの中に入り込んだことが主な原因だ」と説明している。
    (翻訳・編集/川尻)
    Copyright 22 Record China. All Rights Reserved.

    引用元 https://kizuna.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1653534984/ 【【悲報】中国のガソリンスタンド、うっかり水分88%のガソリンを販売してしまうwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/05/28(土) 06:28:46.177 ID:OColoY6hd
    400馬力超えの爆速インプ誕生!? 限定25台の新型「P25」発売へ 伝説のスバル車が現代に蘇る

    イギリスのプロドライブは、25台限定生産の「P25」を発売すると、2022年5月25日(現地時間)に発表しました。

     中古車価格高騰が続くスバルの名車「インプレッサ22B-STi Version」をレストモッドしたモデルとなりますが、どのような仕様で登場するのでしょうか。
    VrQ1pvf

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7b4d3c71a4e81ae3c2c748b0ddc6d80c65e48ad2

    引用元 https://mi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1653686926/ 【【速報】伝説の名車「スバル インプレッサ22B」が25台限定で再販!!!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2022/05/26(木) 15:23:13.786 ID:OckChPIn0
    とあるコンパクトカーに乗って入ってきたお客さん。給油するのかと思い駆け寄ると、窓を開けてちょっと不安そうな顔でひと言…

    「あのぉ、エンジンブレーキが欲しいんですが、売ってますか?」

    店員さんは一瞬、何のことか分からず

    「はい?」

    するとお客さんは続けます。

    「隣りのお宅のご主人が、坂道ではエンジンブレーキを使うといいと言っていたんですが、うちのクルマにはついていないようなので」

    Brake


    https://news.yahoo.co.jp/articles/bc465e9eb2174028741614ce8dd82aa7a0d09dce

    引用元 https://mi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1653546193/ 【【悲報】女さん「ここエンジンブレーキ売ってますか?!」ガソリンスタンド店員「???」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    【【恐怖】日産マーチが宙を舞う瞬間が怖すぎる・・・】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2022/05/26(木) 12:15:45.85 ID:r1vF5vwN0
    アメリカの25年ルール、そしてネオクラシックカーブームのおかげで、80~90年代の日本車がバカ高くなっている。多くはGT-Rやスープラなど当時から憧れのモデルだらけなのだが、じつは超フツーのセダンやミニバンですら値上がり傾向にあるのだ。


    28215319619_8f00

    引用元 https://eagle.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1653534945/ 【不人気車だった三菱レグナム(2002年生産終了)の中古相場が爆上がりしてる模様wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ランサルセ(調整中) [US] 2022/05/26(木) 12:59:09.68 ID:1yRyqDhK0● BE:839071744-PLT(13000)
    Russia

    西側撤退でソ連時代のクラシックカー復活案、市民は賛否割れ
    https://news.yahoo.co.jp/articles/4955d9c2c658e9f32e55957a138d27aff8f7ccb2
    ロイター ロシアのウクライナ侵攻を受けて西側企業がロシア撤退を進める中、約20年前に生産が終了したソ連時代のクラシックカーブランド「モスクヴィッチ」の復活計画が進んでいる。
    モスクワのソビャニン市長は、仏ルノーの撤退発表後、モスクヴィッチの元モスクワ工場を国有化し、「モスクワ人」を意味するクラシックカーのリバイバルを打ち出した。
    ただ、同国ではこの計画を歓迎する声ばかりだけでなく、政治的な動機があるとの考えから懐疑的に見る人もいる。
    モスクワ在住の男性は「モスクヴィッチ復活はポピュリスト(大衆主義者)の決定だ」と指摘した。

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1653537549/ 【【朗報】ロシアさん、クラシックカー天国になる…?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ダイビングエルボードロップ(愛知県) [EU] 2022/05/25(水) 21:33:23.30 ID:P9wjqTf+0● BE:896590257-PLT(21003)
    愛車はテスラの猪瀬直樹氏(75) 「メーカーは踏み間違えても事故らない車を」
    2022.05.25 19:00 週刊ポスト

    警察庁が「免許返納」を勧めている流れもあり、最近では、西川きよし(75)や二之湯智・国家公安委員長(77)など有名人の免許返納が相次いでいる。
    一方で「それでも免許は返納したくない」という人たちもいる。作家・猪瀬直樹氏(75)に聞いた。

    僕は常に新しいものを取り入れたいと思っていて、車については1年前の3月にEV(電気自動車)のテスラを買ったばかり。免許を返納するつもりはありません。
    3年前の更新時にはS字カーブや車庫入れなどの技能試験をやりましたが、今回の75歳向けの講習では認知機能検査が新たに加わりました。
    このテストは簡単な足し算引き算に始まって、次にライオンやら何やらが描いてある4枚の絵を見せられるセットを10回ほど繰り返した。
    「なんだこれ。簡単だな」と思っていたら、その後、別の問題を解いた後に、試験官が「では、先ほどの絵には何が描いてありましたか」と虚をつく問題を出してきました。

    2時間の講習で75点以下は不合格となり、別の日に3時間の講習を再度受けなくてはいけない。45点以下は医師の診断書が必要になる。
    80点とるのはかなり難しく、油断していたので危なかった(笑)。

    高齢者にこうした試験を課すこと自体は問題ないでしょう。一定の違反歴がある75歳以上のドライバーに、実車による運転技能検査を課すこともいい。
    ただ、その厳しい試験を乗り越えたのなら、免許を返納する必要はないですよね。

    そもそも、高齢者による車の事故に関して、個人の責任にし過ぎではないでしょうか。
    本来、自動車メーカーがアクセルとブレーキを踏み間違えても事故につながりにくい設計にしないといけないはずです。
    だから私は、安全性を高めるよう設計されたオートパイロット機能が標準装備のテスラに乗っています。メーカーはテクノロジーで安全を解決するべきです。

    https://www.news-postseven.com/archives/20220525_1756576.html?DETAIL
    75歳

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1653482003/ 【【悲報】猪瀬直樹氏(75歳)「私は免許を返納したくない。だからテスラに乗っている」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: Ikh ★ 2022/05/24(火) 20:10:41.87 ID:KDjsZ+DT9
    カナダ・バンクーバーの路上で、2021年式テスラModel Yが炎上し、ドアが開かなくなった車内からドライバーが窓を蹴破って脱出するという事故があった。

    ドライバーは運転中、突然エラー警告とともにEVがシャットダウンし、車内に煙が溢れたと述べている。さらに社外へ出ようにも電源喪失状態でドアの電動ラッチが解除できず、パワーウィンドウも動かなかったため、やむなく運転席の窓を蹴破って脱出したと証言している。

    なお、車内のディスプレイ表示にはただ“エラー”と表示されるのみで、何がどう問題なのかといった情報はなかったとのこと。このテスラModel Yは納車後8か月しか経過していなかった。

    念のために記しておくと、テスラ車はすべてで電動ドアを採用しているが、このケースのように電源喪失状態になったときに備え、緊急用の機械式ドアレバーも備えている。ただ、普段から使い慣れていないうえ、火が出ようかという状況でドライバーがとっさにそれを思い出し、ドアを開けるというのは難しかったことだろう。

    EVおよび再生可能エネルギーに関するニュースを扱うElectrekは、電気自動車はガソリン車に比べて火災の発生率が高いことに注意すべきだと述べている。

    通常、自動車の火災は、激しい衝突などによって燃料タンクやバッテリーセルが破損して発生することが多い。しかし、EVに使用されているリチウムイオンバッテリーは、まれに内部のショートや過熱などで予兆なく出火することもあり、さらに車体底部にセルが敷き詰められている構造上、車体全体を包み込む大きな火災に至る可能性が高い。また鎮火後もセル内部で再びショートするなど、再発火のリスクもある。

    まだ購入して8か月ということもあり、今回出火したModel Yは補償される模様。ドライバーは代わりのクルマを探そうと思っているものの、テスラはもう候補にはないと述べている。

    Source:CTV News
    via:Teslarati, Electrek

    PHILEWEB 2022/05/24
    https://www.phileweb.com/sp/news/hobby/202205/24/5496.html


    引用元 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1653390641/ 【【悲報】テスラModel Yが炎上… ドア開かず】の続きを読む

    このページのトップヘ