サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: ジャガランディ(ジパング) [US] 2020/01/23(木) 07:50:24.57 ID:uOvsg3uh0● BE:842343564-2BP(2000)
    一時停止無視のおばさんがヤマト運輸のトラックにぶつかるも、そのまま走り去ってしまう動画が物議!

    https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0122/9pt_200122_5977519371.html

    もし事故を起こしてしまったら、すぐに警察に連絡し、その場に待機したり救助活動を行わなければならないことは教習所でも最初の方に習うことです。

    一時停止無視の女性が、ヤマト運輸のトラックにぶつかるも、そのまま走り去ってしまう場面が撮影され物議を醸しています。最初サムネイルを見た時、まさかこの車が走行しているとは思いませんでした。。


    動画投稿者さんによると、この後動画に映っている軽バンが追いかけ、無事に捕まえることができたということです。


    ネットには「えぇ、、」「タチ悪い」「マジか」などのコメントが寄せられています。


    こういう人には運転して欲しくないです。

    R3QJsyB


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579733424/ 【【動画】アクアを運転する女さん、一時停止無視でトラックにぶつけるもバンパー引きずりながら平然と逃走してしまうwwwwww】の続きを読む

    s8pncbQITfPHNbgZ

    【ハリソン・フォードさん、自ら交通整理をしてしまうwww】の続きを読む

    1: お姉チャンバラ ★ 2020/01/22(水) 10:55:36.10 ID:OiopVzrq9
    ファミリーで乗るクルマを検討するとき、夫婦の意見が合わないことがしばしばあるのではないでしょうか。
    クルマ好きのご主人はスポーツカーに乗りたいと思っていても、奥さまはみんなでゆったり移動できるミニバンに乗りたいというように、クルマに求めるものが男性と女性で食い違うことがあります。

    ■ なぜ夫婦で意見が食い違う? スポーツカーに乗りたい夫が妻を納得させる方法とは

    スポーツカーは、運転するのは楽しいクルマですが、助手席や後席に乗る人にとっては「シートが硬くて疲れる」、「荷物を積めない」、「音がうるさい」といったデメリットを感じがちで、家族で乗るには苦労することもあります。
    ミニバンは、大人数での移動する際や荷物を積む際など使い勝手に優れていて、スライドドアが装着されていれば、狭い駐車場でも乗り降りしやすく、小さな子供がいるファミリーにとっては便利です。

    その一方でミニバンは、車高が高く、走行性能はスポーツカーには及びません。
    いかにもファミリーカーという見た目も男性からは不評で、「ミニバンだけは乗りたくない」と考える人もいるといいます。

    では、本当はスポーツカーを購入したいけど家族の反対にあっている男性陣は、どのようにして家族(とくに奥様)を説得しているのでしょうか。
    その“戦略”について、日産の販売店では次のように話します。

    「スポーツカーでは赤などの派手な色が設定されていることが多く、色の印象や見た目で『これはスポーツカーだ』と判断されることもあります。旦那さまとタッグを組むわけではないのですが、スポーツカーの購入に反対される奥様がいらっしゃるという人のために、来店前に派手な仕様の試乗車を隠すということもあります」

    白やシルバーなどの落ち着いた色の展示車を見せることで、スポーツカーの持つ独特の雰囲気を緩和させる効果もありそうです。
    また、別の販売店スタッフからは、「スポーツグレードのクルマは意外と女性にも人気があり、実際に乗ってみると普通のクルマと変わらない使い勝手を魅力と感じていただく場合もあります」という話もあります。

    最近では、日産では「NISMO」、トヨタでは「GR」といった、普通のクルマをスポーツ仕様にしたモデルも展開されています。
    スポーツ仕様のクルマはあくまで普通の乗用車をベースにつくられているので、乗り心地や荷物の積みやすさなど、普通のクルマと同じように使えます。
    スポーツカーよりも手軽なスポーツグレードであれば、乗り心地や騒音が極端に悪くなるというわけではないため、家族に受け入れられやすい傾向があるといえます。


    子育てはミニバン


    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200121-00217397-kurumans-bus_all


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579658136/ 【スポーツカーに乗りたい夫が妻を納得させる方法】の続きを読む

    1: 猫又(愛知県) [GB] 2020/01/19(日) 18:22:07.58 ID:KTskmcT60● BE:842343564-2BP(2000)
    展示車に「血」ベルギーのモーターショーで気候変動訴える団体が抗議活動

    https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/17685975
    【AFP=時事】ベルギー首都ブリュッセルの警察は18日、同市で開催中の「ブリュッセルモーターショー(Brussels Motor Show)」で、気候変動の危機を訴える団体「絶滅への反逆(Extinction Rebellion)」の活動家らが血に見立てた赤い液体を展示車にまき、周囲に横たわって死んだふりなどしたとして150人近くを逮捕した。

     警察によると、逮捕された活動家らは、身元の確認ができ次第解放されるという。

    c631a_1351_29d116fc_35b7fb60

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1579425727/ 【反気候変動団体がモーターショーの車に赤い液体をかけ150人が車の周りで死んだふりをするwwwwww】の続きを読む

    老人の運転手

    【老人の運転する車が駐車場で暴走するドラレコ映像】の続きを読む

    1: 雪子姫 ★ 2020/01/19(日) 12:37:20.79 ID:ndu+YluW9
    エンジンの寿命はクルマの寿命でもある

      各車両には寿命というものがある。ボディや足まわりなどさまざまなパートで寿命は異なり、そのひとつが限界に達するとそのクルマはもう乗れないということになるが、なかでも致命的となるのがエンジンの寿命だ。

      ボディも力が溜まってだんだんと剛性が落ちて来たりするが、走れなくなることはない。一方、エンジンの場合は新品や中古に積み替えたり、オーバーホールをすれば性能はある程度戻るとはいえ、費用などを考えると現実的ではないし、最近のエンジンはオーバーホール用のピストンを用意していないのが普通になってきている。つまり、エンジンの寿命=クルマの寿命でもあるのだ。そこで思うのが、エンジンの寿命はいつかということ。

      エンジンはどのような状態になったら、使えないということになるのか解説したい。

    1)異音がする
      エンジンの回転に合わせて、カンカンといった音が大きくなると、内部の摩耗が激しくなって、クリアランスが大きくなっていることが多い。つまりガタが大きくなって、パーツが暴れている状態だ。簡単に言ってしまえば、内部の動きに合わせて部品が踊っていて、滑らかな動きは不可能となる。音自体は我慢できたとしても、破損する可能性はかなり高く、被害も大きくなるので、寿命と言っていい。

    2)白煙が出る
      マフラーからの白い煙はオイルが燃えている状態だ。ちなみに黒い場合は、燃料が濃い状態となる。オイルが燃えているということはシリンダー内にオイルが入りん込んでいるからで、気密性が保てない状態となっている。元に戻すにはオーバーホールが必要だが、先に紹介したように大きくなってしまったシリンダーのクリアランスを元に戻すことは現在かなり難しい。

    圧縮圧力の定期的な測定も効果的!

    3)オイルが減りやすい
      厳密に言うと少しずつは減るが、1000kmで1リッターぐらい、目に見えて減るようならシリンダー内に入り込むなどしている可能性が高い。通常は白煙が出るが、出ないこともある。

    4)圧縮圧力が低い
      圧縮比と間違える人がいるが、圧縮圧力は別だ。圧縮比はヘタろうが変わりないが、圧力は混合気をつぶす時の力の度合い。エンジンのピストンとシリンダーはまさに注射器のようなもので、つまり圧縮圧力とは、ピストンが上に上がってぎゅっとつぶしたときの力のことを指す。

    新品の頃は気密性が高いので圧力は高いし、逆に消耗してシリンダーの気密性が保てていないと圧力は下がってしまう。特殊な測定ツールを使って、ピストンを上下させて測ってみて、規定値を下まわるとそのエンジンは寿命ということになる。測定自体はむずかしくないので、健康診断代わりに測ってもらうのもいいだろう。

      以上、エンジンの寿命を判断する4つのポイントをまとめてみたが、結局のところ、ピストンとシリンダーを中心として、どれだけ摩耗するかがカギとなる。摩耗を防ぐには定期的なオイル交換が大切なのは当然のことだけに、日頃のメンテが結局はエンジンの寿命に大きく関係するということもわかってもらえただろうか。

    57017_1568_ad6cf663b0db2f003757eaaba1c371c6

    https://news.livedoor.com/article/detail/17684972/

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1579405040/ 【エンジンの終わりはクルマの終わり 寿命に達したエンジンを見分けるポイントとは?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2020/01/19(日) 05:43:42.77 ID:Zby3Va82d
    car accident.jpg.838x0_q67_crop-smart
    損害保険料率算出機構による2019年4月時点のデータでは、乗用車・2輪車・商用車など、すべての車両を含めた任意保険の普及率は、対人賠償において74.6%、対物賠償において74.7%となっており、4台に1台は任意保険に未加入という状態です。

     乗用車のみのデータを見ても、自家用普通乗用車(通称『3ナンバー車』)で82.3%(対人賠償・対物賠償は同比率、以下同様)、自家用小型乗用車(通称『5ナンバー車』)で78.9%、軽四輪乗用車で77.2%と、はり未加入のクルマが一定数存在します。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200118-00217084-kurumans-bus_all&p=2

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1579380222/ 【自動車の任意保険、4人に1人が未加入という驚愕の事実・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ