サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1:
    改正で日本車がカッコ良くなる!?
    6/22(木) 21:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00010005-autoconen-bus_all

    保安基準の改正で変わるクルマの外観デザイン

    20170622-00010005-autoconen-000-1-view

    2017年6月22日に保安基準の一部が改正され、自由度が少し広がった。その内容は車両の「回転部分の突出禁止規定の見直し」と「排気管の開口方向要件の廃止」というものだ。そこで国土交通省を取材した。

    まず「回転部分の突出禁止規定の見直し」だが、ここで述べている「回転部分」とは、ホイールとタイヤのことを示している。ホイールとタイヤがフェンダーからハミ出すことは従来と同じく禁止されるが、タイヤが収まるホイールアーチの後端部分に装着されたホイールガード(タイヤをカバーするように取り付けられる樹脂製の小さなパーツ)は必要がなくなる。

    最近は輸入車を中心に、ボディの後方を左右方向から絞り込んだデザインが増えており、ホイールガードを取り付ける車種も多い。

    日本車でもトヨタ C-HRは、ボディ後方の絞り込みが大きいので、通称「ホイールガード要件」を満たす目的でホイールアーチの後端に魚の背ビレのような突起を装着したという。ボディ形状にもよるが、今後はこういったデザイン処理を施したり、ホイールガードを取り付ける必要が薄れるわけだ。

    国土交通省によると「ホイールガード要件」を見直した理由は、国際協調に基づいている。
    日本は1958年に「国連の車両・装置等の型式認定相互承認協定」に加盟し、1999年には「国連の車両等の世界技術規則協定」にも加盟している。海外で販売されるクルマや輸入車と足並みをそろえることも視野に入れ、「回転部分の突出禁止規定の見直し」を行った。

    ホイールガードは車種によって無理に取り付けた印象が伴い、見栄えが良くない。C-HRの背ビレを思わせる突起も同様だ。「回転部分の突出禁止規定の見直し」が図られたことで、その車種本来のデザインに仕上げることができる。
    フェンダーのホイールアーチからタイヤが大きくハミ出すような危険を伴うデザインは、従来と同様に違法だが、主にリアビューの魅力は高まるだろう。

    またホイールガードの装着には手間を含めてコストを要するため、少額ではあるがコストダウンにも繋がる。

    「排気管の開口方向要件の廃止」も行われた。従来のマフラーは、後ろ向きと下向きに限られ(上向きは必然性が乏しい)、左向きと右向きは不可とされていた。

    マフラーを上から見た時の角度(傾き方)も、車両の前後方向に対して30度以下に制限されていた。

    これが今回の改正を経て開口方向の要件が廃止されたので、左右に向けることも可能になった。

    国土交通省によると、最近は排出ガス規制の影響もあってクルマの排出ガスがクリーンになっており、マフラーを左側に向けて装着しても歩行者に迷惑をかけるような不都合はなくなったから廃止したという。

    つまり安全や公害の観点から、横向きを規制する根拠が消滅したので、マフラーの開口方向を定める必要がなくなった。

    なお上記2点の改正は、2017年6月22日以降、自動車の製造された日を問わず運用される。少し対応が遅かった印象も受けるが、クルマのデザインの多様化、環境性能の向上に即した改正といえるだろう。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498171275/ 【車の保安基準が改悪。左向きマフラーがokになる。車カス「歩行者に向かって排ガスぶっかけるぞ!」】の続きを読む

    1:
    maxresdefault

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170622-00000026-ann-soci

    ロックミュージシャンの矢沢永吉さん(67)の運転する車が、東京・港区でタクシーと接触事故を起こしました。けが人はいませんでした。

     21日午後1時50分ごろ、港区南麻布3丁目の交差点で、矢沢さんが運転する車がバックした際、後ろにいたタクシーと接触しました。タクシーには乗客はおらず、矢沢さんとタクシーの運転手にけがはありませんでした。警視庁によりますと、事故現場は道幅が狭くなっていて、矢沢さんが対向車に道を譲ろうとした際、後ろを確認せずにバックしたとみられています。警視庁は物損事故として事故原因を調べています。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498109321/ 【矢沢永吉でも対向車に道を譲るなんてするんだ。。。それに比べてE.YAZAWAステッカーの車カス率…】の続きを読む

    1:
    米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2017年1月、この事故でAutopilotモードに欠陥は見つからなかったとしています。

    NHTSAの事故車の調査からは、事故2分ほど前にとられたドライバーの最後の行動がクルーズコントロールの速度を74mph(119km/h)に設定したこと(制限速度は65mph)、事故発生時にテスラがまったくブレーキを使用していなかったことが明らかになっています。

    またNHTSAは当時の状況から、ドライバーが正常に前方を中止していれば衝突の7秒前にはトラックを視認できていたはずと指摘しました。

    しかし、実際にはドライバーはなにもアクションを起こさず、Autopilotセンサーはトレーラーの高い車高と白いボディを正常認識できないまま荷台下部に突っ込み、ルーフを削ぎ落とす格好でくぐり抜けました。

    テスラは事故後、Model Sの前方認識用センサーをMobileye製から社内生産品に変更しています。
    さらにAutopilotのバージョンアップを実施して安全性を高めたとしています。

    Autopilotに関しては目前で発生した玉突き事故を早期に感知、回避に成功した例もあり、今回のNTSBによる報告書からも、その安全性に大きな欠陥がないことが裏付けられたと言えそうです。

    一方で、ドイツ当局はテスラに対し「Autopilot(自動操縦)」という表現を禁止する通達を出し、日本の国土交通省も日産自動車の半自動運転機能の事故を受けて注意喚起をするなど、自動運転という誤解を生みがちな言葉にも、より正確な表現が求められるようになりつつあります。

    ちなみに、現在の市販車に搭載される「自動運転」というキーワードはいずれも「加速・操舵・制動のうち複数をシステムが自動制御する支援システム」、いわゆる「自動運転レベル2」であることを意味し、もちろん使用中に事故を起こせば責任はドライバーにかかります。

    印象の強い宣伝文句に踊らされないようご注意下さい。

    テスラAutopilot死亡事故、「手放し警告」無視の末に発生と判明。ハリー・ポッター視聴の証言は否定
    http://japanese.engadget.com/2017/06/20/autopilot/ 

    tcc


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498032211/ 【ドイツ「自動運転という言葉は使用禁止。現在の児童運転は全然自動じゃない。ユーザーに誤解を招く」】の続きを読む

    1:
    米ブルームバーグ通信は19日、電気自動車(EV)大手テスラが中国での生産を検討していると報じた。関係者の話としている。中国は世界最大の自動車市場で、EV需要も拡大するとみられている。需要地で生産すれば、関税を避けられるといった利点も見込める。

     テスラは上海市に生産施設を建設する方向で市当局と交渉しており、数日中にも合意する可能性があるという。

     テスラはカリフォルニア州に車体組立工場を持つほか、ネバダ州にあるパナソニックと共同で運営する工場「ギガファクトリー」でリチウムイオン電池を量産している。(共同)

    reutersmedia

    http://www.sankei.com/economy/news/170620/ecn1706200009-n1.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497919137/ 【米テスラ、中国で生産か 上海市と交渉と報道】の続きを読む

    1:
    american-cars-japanese-market-not-successful2-19-1497868150

    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17859480Z10C17A6TI1000/?dg=1
    2017/6/20 0:09日本経済新聞 電子版

     大手自動車メーカー6社は2017年度、米国で過去最高の約680万台の販売を計画する。16年度の約3%増で、販売シェアは金融危機の直後を除けば初めて4割に達する見通し。市場が減速するなか、好調な多目的スポーツ車(SUV)の輸出を増やす。日本車の米国市場への依存度が高まり、新たな摩擦を生む可能性もある。

     各社の計画から日本経済新聞が独自集計した。

     国内自動車大手の世界販売で米国は約3割を占める。米国…

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1497903587/ 【日本車、米でシェア初めて4割 輸出増、SUVがけん引】の続きを読む

    1:
    img2017kjhdkja

    子どもに車のハンドルを握らせて運転させている動画がインターネットに投稿されたことを受けて、警察は茨城県古河市の31歳の男を道路交通法違反の疑いで逮捕しました。調べに対して男は「無免許運転をさせたことになるとは知らなかった」などと容疑を否認しているということです。

    調べに対して動画に映っているのは自分で、子どもに運転させたことは認めているものの「無免許運転をさせたことになるとは知らなかった」 などと容疑を否認しているということです。警察はどのように動画が撮影されたのかなど、当時の詳しい状況を調べています。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170618/k10011021591000.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497738337/ 【子供に車運転させる動画をネットにうp男逮捕…「無免許運転をさせたことになるとは…」と容疑を否認】の続きを読む

    1:
    ロシア正教会「高級外車乗るな」
    総主教が呼び掛け

    ロシア正教会最高位のキリル総主教は16日、教会に高級車がずらりと並んでいたら批判を招くとして
    「たとえプレゼントされたとしても、高価な外車には乗らないように」と教会幹部に呼び掛けた。

    モスクワの救世主キリスト大寺院で行われた会議での発言をロシアメディアが報じた。

    5月末に高位聖職者が600万ルーブル(約1150万円)相当のトヨタのランドクルーザーに乗っていたことが批判されたことを受けての発言で、総主教は「われわれは自らの愚かな行動で批判を浴びる種をまいている。

    車のことではしょっちゅう非難されている」と指摘した。

    http://this.kiji.is/248633064518895095?c=39546741839462401

    origin_1 (1)

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497669106/ 【ロシア正教会「なんで僧侶が高級車乗ってんだよ」】の続きを読む

    1:
    以前、SNS上で「最近の車は反抗期を迎えている気がする」というユニークな話題に注目が集まった。
    トヨタの小型車「ヴィッツ」の顔つきが、モデルチェンジを重ねるごとに勇ましくなっていくというのだ。

    これはヴィッツだけではなく、他の車種やメーカーでも同じような風潮があるとの声もある。
    昔の車は“丸くて優しい”デザインが多かった気もするが、最新モデルは顔つきが鋭い印象なのはなぜだろうか。

    最近のクルマ、顔つきが“反抗期”っぽいのはなぜ? カーデザインのプロに理由を聞いた
    http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1706/13/news012.html
    l_ky_car-01

    l_ky_car-02

    l_ky_car-15

    l_ky_car-03



    引用元 http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1497399155/ 【最近のクルマ、顔つきが“反抗期”っぽいのはなぜ?】の続きを読む

    1:
    Amazonプライム・ビデオで配信中の自動車番組「グランド・ツアー」の撮影中に、出演者のリチャード・ハモンドが運転する車が大事故を起こしたと同番組の公式Twitterで発表された。

     番組の声明によると、リチャードはクロアチアのベンチャーカー・メーカー、リマック・オートモビルのコンセプトワンという電気スーパーカーを運転していたそう。

    車はカーブを曲がり切れずに草地に横転し、炎上したが、リチャードはその前に自力で逃げ出し、無事だったという。

     ヘリコプターで近くの病院に搬送され、検査を受けた結果、大事故だったにもかかわらず、ひざの骨折だけですんだそう。事故の原因はわかっておらず、調査中らしい。

     同番組でリチャードと共に司会を務めているジェレミー・クラークソンはTwitterで「僕がこれまでに見た中で一番大きく、恐ろしいクラッシュだった。でも、ありがたいことにリチャードはほぼ元気なようだ」とつぶやいている。

     リチャードは2006年に「トップギア」の撮影中にも脳に損傷を負う事故を起こしている。

    「グランド・ツアー」で横転・炎上の大事故
    https://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/cinematoday_N0092142

    cinematoday_N0092142_0

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497419491/ 【【小さいほう】元トップギア「リチャード・ハモンド」氏が撮影中に交通事故】の続きを読む

    1:
    20170614-00010004-houdouk-000-1-view

    「ぶつかる!」親が子供に車を運転させる動画で警察捜査
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170614-00010004-houdouk-soci

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497420462/ 【子供に車運転させてた刺青君が、アカウント非公開にして逃亡wwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ