サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1:
    ドイツで広がる「痛車」文化 オーナーに聞くその魅力や苦労とは

    ドイツでは近年、自動車の外装にアニメキャラクターなどを施した「痛車」を見かけるようになりました。とくに昨年以降、アニメファン向けイベントではグループで展示されていて、「痛車」文化は浸透しつつあるように見えます。

    調べてみると「ドイツ欧州『痛車』ネットワーク」(Network of German & European Itasha:NGE痛車)なる団体の存在が明らかになり、設立者にインタビューをすることができました。今回はドイツの「痛車」事情をご紹介します。

    l_ah_itasha2

    ドイツの「痛車」グループ「NGE痛車」のWebサイト

    http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1707/15/news003.html

    ilKXncE

    zmMOZPs 

    qL9mj4I

    その他の画像は NGE痛車 のWebサイトで
    http://nge-itasha.info/

    ■ドイツの「痛車」サークル「NGE痛車」とは?

    「NGE痛車」は、欧州における「痛車」のオーナーや「痛車」に関心のある人たちの情報交換と交流を目的に2015年に設立された団体。現在のメンバーはおよそ130人で、ドイツを中心に、オランダ、イタリア、スペイン、ポーランド、フランスなど欧州各地にいます。このうちメンバーが保有する「痛車」はおよそ40~50台。ドイツが最も多く、デュッセルドルフを州都とするノルトライン=ヴェストファーレン州だけでも10台存在するそうです。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500247570/ 【ドイツで痛車が大ブームwwwwww】の続きを読む

    1:
    12d3a_973_98edd361_fc426383

    24歳の時に初代シーマを購入した伊藤かずえさん。それから25年間乗り続け、走行距離はなんと25万㎞超え! 地球を6周したことになるんだとかーー。

    http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170703/Myjitsu_025284.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500278610/ 【伊藤かずえの「初代シーマ」…乗り続けて25年で25万㎞超! お前らは何万㎞まで行った?】の続きを読む

    1:
    car-hire_3220210a-large
    クルマ旅に行くなら、
    あこがれの車でさっそうと
    出掛けたいですよね。

    Q.クルマ旅に出たくなるあこがれの車を教えてください(複数回答)

    1位 プリウス 16.7%
    2位 トヨタ86 12.0%
    3位 パジェロ 8.8%
    4位 スカイライン 8.6%
    5位 ランドクルーザー 7.6%

    ■番外編:男性の車へのこだわりは果てしない
    ・アルファード「大きな車で車中泊をしてみたい」(31歳/金融・証券/営業職)
    ・ビートル「ルパンをほうふつとさせてかっこいから」(26歳/金融・証券/営業職)
    ・フェアレディZ「形が流線型でスタイリッシュだから」(25歳/建設・土木/技術職)

    http://s.news.mynavi.jp/c_cobs/enquete/realranking/2012/12/21_3.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1500059303/ 【男がクルマ旅に出たくなるあこがれの車ランキング】の続きを読む

    1:
    Nissan_RB26DETT_001
    ■ めっきり聞かなくなったクルマの「ツインターボ」

    かつて、高性能なクルマの売り文句のひとつに「ツインターボ」というものがありました。
    エンジンに空気をよりたくさん送り込むターボがふたつ(ツイン)あることから、「ツインターボ」と呼ばれ、強力なエンジン馬力を生み出していたのです。
    ところが、最近はすっかりその名を聞くことが少なくなりました。
    理由のひとつは高性能スポーツカーの減少でしょう。

    実は、いまでも日産「GT-R」やホンダ「NSX」、BMW「M4」などの高性能スポーツカーには、「ツインターボ」のエンジンが搭載されています。

    しかし、いまの日本においてスポーツカーは、すっかり少数派。
    街を見渡せば、省燃費をうたうエコカーばかりというのが実際です。
    そうした世の中で「ツインターボ」を使ってハイパワーを絞り出すクルマの話を耳にするのは少なくなってしまったというのが、最大の理由でしょう。

    技術の進化も「ツインターボ」を耳にしなくなった理由のひとつです。
    かつては、手っ取り早くパワーを絞り出すには、ふたつのターボを使うという手法が大いに流行りました。

    しかし、最近ではひとつのターボでも空気の流し方を工夫することで、まるでふたつのターボを使ったように、低回転域でも高回転域でもパワーを出す方法が確立されました。
    それが「ツインスクロールターボ」です。
    スバル「WRX STI」やBMW「M2」などの高性能スポーツカーに採用されています。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170715-00010001-norimono-bus_all


    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1500129919/ 【最近の車で「ツインターボ」を聞かなくなったワケ】の続きを読む

    1:
    reutersmedia

    ドイツ・メディアは12日、ドイツ自動車大手ダイムラーが2008~16年に排ガス規制逃れの違法ソフトウエアを搭載した車を欧州と米国で販売、不正対象は高級ブランド「メルセデス・ベンツ」を含む100万台超に上ることが分かったと報じた。

    捜査関係書類から判明したとしている。

    ダイムラーはフォルクスワーゲン(VW)と同様に排ガス浄化機能を操作するソフトを使用。
    試験場では基準を満たす一方、実際に路上を走行する際には浄化機能を停止させ規制値を超える有害物質を排出していた疑いがある。
    ソフトは2種類のディーゼルエンジンで使用していたとみられる。

    検察当局はダイムラー社員2人を捜査対象にしており、今後は範囲を広げる可能性があるという。
    今年5月、排ガス規制逃れを巡り詐欺や虚偽広告の容疑でダイムラーを捜索した。

    http://www.sankei.com/economy/news/170713/ecn1707130011-n1.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499907527/ 【【インチキだらけ】ドイツのダイムラーが排ガス不正…対象はベンツなど100万台超】の続きを読む

    1:
     米ゼネラル・モーターズ(GM)の日本法人は13日、高級ブランド「キャデラック」の新型SUV(スポーツ用多目的車)「XT5 クロスオーバー」を発売した。

     世界中で人気のSUVの投入によって、苦戦する日本市場のテコ入れを図る。

     米国や欧州では、新型車はすでに販売されており、キャデラックの世界販売台数の約4割を占める人気車種となっている。車体を90キロ・グラム軽くし、これまでの同程度のサイズのSUVよりも燃費性能を向上させた。価格は税込みで668万円台~754万円台。

    米国車は日本市場で販売が低迷している。日本自動車輸入組合によると、2016年のキャデラックの新車販売台数は前年比24・1%減の635台で、メルセデス・ベンツ(約6万7000台)などのドイツ勢に大きく水をあけられている。米フォード・モーターは昨年、日本市場から撤退した。

    (ここまで369文字 / 残り139文字)
    http://yomiuri.co.jp/economy/20170713-OYT1T50098.html

    20170713-OYT1I50040-1

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499985933/ 【キャデラック新型SUV、日本でも販売…なおハンドルは左のままな模様】の続きを読む

    1:
    【海外こぼれ話】マネしちゃダメ - 産経ニュース
    http://www.sankei.com/world/news/170712/wor1707120025-n1.html
    2017.7.12 14:07

     米テキサス州の制限時速約55キロの道路を、約80キロで走っていた車。警官がスピード違反で取り締まると、運転していたのは11歳の女の子で、10歳の弟を乗せていた。地元メディアが報じた。

     大人の同乗なしは初めてだったが、これまでにも運転したことはあるという女の子。運転を許していた母親は訴追され、3千ドル(約34万円)を支払って保釈された。(共同)


    kids-drive-cars-30

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499870397/ 【11歳の女の子が車でスピード違反wwwwww】の続きを読む

    1:
    paris-getty

    地球温暖化対策を推進するフランス政府が、ガソリンやディーゼル燃料で走る自動車の販売を2040年までに全廃する計画を発表した。

    2040年以降は、電気自動車などクリーンエネルギーを使った自動車のみ販売を認める。ハイブリッド車も容認する。

    フランス政府で「エコ転換」推進を担当する二コラ・ユロ氏はこの目標について、同国の自動車メーカーが革新を遂げ、「市場リーダー」となることを後押しすると述べ、「日常的な移動手段の革命が我々を待ち受けている」と語った。

    政府は目標の達成に向けて、電気や水素といった代替となる動力源の開発支援など幅広い取り組みを推進。
    電気自動車を充電するための新しいインフラ整備にも補助金を拠出する。

    古い車からクリーンエネルギー車への買い替えを促す補助金制度も設けるとしている。

    フランスのマクロン大統領は6月のテレビ演説で、米国のトランプ大統領がパリ協定から離脱したことを批判。
    「地球を再び偉大な惑星に」と呼びかけ、トランプ大統領の政策に失望した米国の科学者や技術者や市民に対し、フランスへ移住するよう促していた。

    フランスの昨年の自動車販売台数は約200万台。電気自動車やハイブリッド車、代替燃料車が占めるシェアは約4%にとどまる。
    しかしそうした車の売り上げは2017年1~3月期だけで25%伸びた。

    スウェーデンの自動車大手ボルボもこの前日、2019年以降に製造する自動車にはすべて電気モーターを搭載すると発表していた。

    フランス政府、ガソリン車の販売を2040年までに全廃
    https://www.cnn.co.jp/business/35103920.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499403477/ 【フランス政府、ガソリンやディーゼル燃料で走る自動車の販売を2040年までに全廃する計画を発表】の続きを読む

    1:
    leaf

    電気自動車、日産リーフの中古車価格が激しく下落している。2011年や2012年の初期モデルについていえば、30万円~40万円という超バーゲンセール。新車時に325万円した2016年モデルの自動ブレーキ付きモデルすら110万円台で購入可能という状況。日本の量販自動車で最も激しい価格下落を記録中である。

    なぜ暴落か? 理由は簡単。バッテリーの性能劣化のためである。御存知の通りバッテリーの場合、使っていると性能低下する。初期型のリーフで言えば、新車時に160kmほど走れたものの、今や100km以下になってしまった個体すら珍しくない。エアコンや暖房を使うと、80km程度となり、近所の買い物以外使えくなってしまう。

    以下全文
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170707-00073002/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499379427/ 【電池寿命に不安…日産リーフの中古価格が暴落中】の続きを読む

    このページのトップヘ