サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: ノチラ ★ 2017/12/04(月) 13:30:22.84 ID:CAP_USER
    日本を含む数カ国で行われた調査から、電気自動車(EV)を所有するコストは従来のガソリン車やディーゼル車よりもトータルで低くなるという結果が明らかにされています。

    この調査はリーズ大学のKate Palmer氏らによる研究チームが実施したもの。新車を購入してから4年間の所有コストを、ハイブリッド型ではないEV、ハイブリッド車、プラグインハイブリッド車、ガソリン車、そしてディーゼル車の5車種に分けて試算したところ、EVが最もトータルコストが低くなるという結果が明らかになっています。また、その傾向は調査が実施された日本、イギリス、アメリカ(テキサス州、カリフォルニア州)の全ての地域において同じ結果になっていたことも明らかにされています。

    試算では、年間1万km~1万5000kmを走行する車両をモデルとして、補助金を含む車両価格を4年で割った費用、税金、メンテナンス費用、保険費用、燃料代および電気代を調査。その結果明らかになった1年間あたりの所有コストをGuardianがまとめたのが以下のグラフで、一番左にあるPure Electric(完全EV)が最もコストが低くなっていることがわかります。EVの場合は車両価格(水色)が占める割合が高いのですが、メンテナンス費(黄色)用の少なさに加えて電気代(灰色)が非常に安く済むためにトータル費用が抑えられるという結果になっています。

    snap10758_m


    一方のガソリン車およびディーゼル車は、車両価格は低いものの、燃料代(濃いオレンジ色)が多くかかるためにトータルのコストを押し上げる結果となっています。また、グラフではプラグインハイブリッド車が最もコストが高くなっていますが、これはイギリスにおける補助金制度が原因でもあるとのこと。イギリスの場合、EVに対する補助金が最も多く、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車は比較して少ない補助金しか支給されません。そのため、車両価格の高いプラグインハイブリッド車のコストが総じて高くなってしまうとのこと。補助金制度の異なる日本では、ハイブリッド車とプラグインハイブリッド車は同程度のコスト水準に落ち着くとのことです。

    また、EVおよびハイブリッド系車両のメンテナンス費用が低いのは、ガソリンエンジンなどの内燃機関を持たないために機構がシンプルで、故障が発生しても修理費用が安くて済む点に加え、意外にも「ブレーキパッドの交換費用が少ない」という点にもある模様。減速時にモーターを発電機として利用する「回生発電」を行うEVやハイブリッド車は、ブレーキパッドの減りが少ないために交換費用が抑えられるという試算結果が示されています。

    2017年時点では、補助金が多く支給されるEVがトータルで優位に立っているのですが、今後はEVの普及が進めば補助金がカットされることも考えられるので、そのメリットは減少する可能性も。しかし、主にバッテリーのコストが車両価格を持ち上げているEVも、量産が進むことで部品の単価が下がり、車両価格が下落することで、補助金の減少はほぼ相殺されるとも考えられているとのことです。

    なお、この調査ではあくまで金銭面でのコストについて調査されており、二酸化炭素排出量といった環境に対する要素は含まれていない点は留意しておく必要があります。特に、大量の電力を作り出す際に排出される二酸化炭素の総収支や、大量のリチウムイオン電池を生産する際の環境負荷については完全に別の話題であり、それらの面をトータルに考えて初めて本当の「EVの総コスト」がはじき出されることを理解しておくことが重要です。

    ちなみに、イギリスで売れているEVトップ5は以下のとおりとなっているそうです。

    1位:ニッサン・リーフ 2万2250台
    2位:BMW・i3 8800台
    3位:テスラ・モデル S 6283台
    4位:ルノー・Zoe 6227台 (日本未発売)
    5位:ニッサン・e-NV200 2742台

    http://gigazine.net/news/20171204-electric-car-cheaper-than-petrol-diesel/

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512361822/ 【EVはすでにガソリン車を所有するよりも年間コストが低くなっているという調査結果】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/04(月) 13:09:17.48 ID:CAP_USER9
    西日本高速のスタッドレスタイヤの自動識別システム
    20171204-OYT1I50009-L


    西日本高速道路は今冬、走行中の車のタイヤを高感度カメラで撮影し、スタッドレスタイヤかどうかを自動識別するシステムを全国で初めて導入する。

     冬用タイヤの装着規制をかけた際に係員が車を止めて確認する必要がなくなり、渋滞発生を防ぐ効果が期待できる。

     車のタイヤを強力な発光ダイオード(LED)ライトで照らして撮影し、溝の深さや形からコンピューターがスタッドレスかどうかを判別する。情報は画像と音で誘導員に瞬時に伝えられ、装着していればそのまま通過させる。

     舞鶴若狭自動車道の西紀サービスエリア(SA)下り(兵庫県篠山市)など4路線5か所で試験的に導入する。将来的には設置場所を増やしていく考えだ。

     高速道路では降雪時など必要な場合、冬用タイヤを装着していない車を走らせない規制がかけられる。ただ、係員が目視で確認するため、冬の渋滞の要因の一つとなっている。西日本高速道路の試算では、通過に約30分かかっていたのが、このシステムを使えば5分に短縮できるという。

    http://www.yomiuri.co.jp/national/20171204-OYT1T50038.html?from=y10

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512360557/ 【高速道路で車止めずに高感度カメラでスタッドレスタイヤを瞬時に判別】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/04(月) 12:07:35.52 ID:CAP_USER9
    12月に入り、本格的に寒さが厳しくなってきたが、車でのお出かけ前に忘れちゃいけないのが、エンジンルームやボンネットに潜り込んで暖をとる猫の事故を防ぐ「猫バンバン」。ところ変わって米国では、フロントグリル内に怯えたボブキャットが潜んでいた!

    「猫バンバン」は日本自動車連盟(JAF)や日産自動車が推奨するドライバーに向けて呼びかけている乗車前の新しいマナー。

    朝晩の冷え込みが厳しい季節になると、猫は暖かさを求めて駐車中の車に潜り込ことが多い。気づかずに発進した場合、パニックを起こした猫が回転部分に巻き込まれたり、エアダクトに吸い込まれてしまうなどの痛ましい事故を防ごうと、乗車前にボンネットを叩いたり、車体をユサユサ揺らしたりして確認する作業のことだ。

    感謝祭の祝日だった先月23日、米東部バージニア州リッチモンドで大学の駐車場に停めた直後のプリウスに、生きたボブキャットが潜んでいるのが見つかった。

    この車の持ち主の女性はその日の朝にグロスターから出発して80キロを運転し、大学構内の駐車場に到着後、愛車のフロントグリル内に野生生物が体を縮めているのを発見。すぐにリッチモンド市の動物レスキュー隊が駆けつけ、ボブキャットを助け出し、バージニア州の野生動物病院に連れて行った。

    ボブキャットはひどく興奮していて、背中に大きな切り傷を負っており、高熱を発していた。傷口からは筋肉と靭帯が露出していて、胸が強く圧迫されたせいで肺が潰れて肺挫傷を負う重傷だった。

    傷を綺麗に縫合し、懸命の治療を行なった結果、心配していた失明や頭部外傷はなく、いまではかなり元気を取り戻していると言う。ボブキャットを救ったアレクサ獣医は、「感謝祭の奇跡です!順調に回復すれば、1ヵ月後には退院できるでしょう」と話している。

    23755828_2044439918900326_3997484146824513812_n

    http://www.hazardlab.jp/know/topics/detail/2/2/22938.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1512356855/ 【米国で猫バンバンした結果wwwwww】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2017/12/04(月) 00:31:53.31 ID:CAP_USER
    EV-amsterdam

    EV(電気自動車)シフトが報道を賑わしている。フランスや英国が「2040年にガソリン・ディーゼル車の販売禁止」を打ち出したことがきっかけだ。その動きに呼応するかのように欧州を中心に自動車各社はEV戦略を喧伝(けんでん)し始めている。

     ガソリン車やディーゼル車がEVに置き換わっていくとしたら、石油など一次エネルギーの供給構造にどのような影響を及ぼすことになるのだろうか。

    国や自動車メーカーで異なる思惑

     同じようにEVシフトを打ち上げていても、国や自動車メーカーにより、それぞれの思惑は異なる。発表の仕方を見ていると、フランス政府は「CO2削減」を第1の目標に掲げているのに対して、英国政府は「NOx(窒素酸化物)などによる都市部の大気汚染の緩和」に重きを置いている。

     1つ言えることは、英国とフランスに共通することとして、自動車産業の国際競争力はさほど強くないということだろう(2016年の自動車生産台数でフランスは11位、英国は13位)。だからこそ、このような大胆な宣言ができたのではないか。

     逆に自動車産業で競争優位に立ち、環境技術としてのハイブリッド技術で先行する日本やドイツの政府は、EVシフトには相対的に慎重な姿勢をとっているように見える(2016年の自動車生産台数で日本は3位、ドイツは4位)。

     そう考えれば、英国やフランスは、自国の自動車の国際競争力や環境技術の劣位を逆手にとった面は否めない。

     ドイツの自動車メーカーが打ち出しているEV戦略は、主に中国市場をターゲットにしたものだ。国内や欧州市場向けでは、これまでHV(ハイブリッド車)の対抗軸と位置づけてきたディーゼル車がフォルクスワーゲン(VW)の不正によって傷つき、EV戦略はしぶしぶ打ち出したという感さえある。メルケル首相は「2正面作戦」とコメントしている。

     一方、あまり明示的には触れられていないものの、EVシフトを目指す多くの国にとって究極的に重要なのは、将来の石油供給に対するエネルギー安全保障上の懸念だろう。

     再生可能エネルギーの導入が急速に進んでいる。とはいえ、世界のエネルギー供給の8割は依然として石油、天然ガス、石炭といった化石燃料に依存している。自動車用燃料に至ってはほぼ100%が石油である。そして、化石燃料の中で最も早くに供給懸念が出てきそうな(既に出始めている)のが石油であり、石油への依存を少しでも減らしたいと考えるのは国家戦略としては当然だろう。

     米国のトランプ政権は、シェール革命を背景に石油産業を振興し、むしろ石油の輸出を外交カードとして活用する姿勢さえ見せている。EVシフトへの関心は薄い。

     しかし、シェールオイルの供給は2020年代にもピークを迎える(この問題は稿を改めて取り上げたい)。トランプ政権の間は大きな懸念に至らないかもしれないが、長期的に安心していられる状況ではない。

    中国は自動車でも輸出大国を目指してきたが、国際市場で競争力を獲得するまでには至っていない。むしろ世界一の自動車市場であるがゆえに国内の石油消費が急増し、石油の輸入依存が拡大してしまった。

     だからこそ中国は早くから「脱石油」や「対HV戦略」としてのEV普及を推進してきたが、いまや生産台数で世界一となった自国の自動車産業への配慮を欠かすことはできず、これまでのところ急進的な「ガソリン・ディーゼル車の販売禁止」を打ち出すまでには至っていない(一部では、2025年の販売禁止を検討しているとも伝えられている)。

     昨今、急速な盛り上がりを見せているEVシフトだが、つぶさに見れば、国や自動車メーカーによって立場や狙いは微妙に異なる。

     そうした中、日本がEVシフトに乗り遅れることを懸念する声が聞かれる。

     だが、あえて言えば、ハイブリッド技術やEV技術で先行しているがゆえ、包囲されてしまった状況と見ることもできよう。むしろ、日本はEVでも技術や政策面で先を走っていた。だが今回、欧州勢がEV普及のリーダーに見えるようになったとしたら、挽回策としては見事なイメージ戦略と言えるかもしれない。

    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16/022700115/112800056/?ST=editor

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1512315113/ 【電気自動車は石油消費を減らせない?EVシフトのエネルギー論】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/28(火) 14:41:35.90 ID:CAP_USER9
    http://www.asahi.com/articles/ASKCX458QKCWULFA00H.html

     ジャガー・ランドローバー日本法人は27日、上級車種の新型ジャガー「XF」の受注を始めた。セダンを一部改良し、荷室が広いワゴン「スポーツブレイク」を追加。荷物の重量に合わせて車体を水平に保つサスペンション機能を付けた。ガソリン車(排気量2.0リットルと同3.0リットル)とディーゼル車(同2.0リットル)から選べる。消費税込み605万円から。

    AS20171127004530_comm

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1511847695/ 【新型ジャガー「XF」、受注開始 荷室が広いワゴン追加 605万円~】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/27(月) 01:53:22.17 ID:eFHSVoX/0● BE:284093282-2BP(2000)
    マツコ・デラックスが、一般人同士のケンカやトラブルを避けるためには「とにかく謝るのが一番」と持論を展開した。

    16日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」は、東名高速道路の追い越し車線で起きた夫婦死亡事故に続き、愛知県の国道の路上でも交通トラブルが元で口論となった男性2人が後続車にはねられ重軽傷を負う事故が起きたことを伝えた。

    cd6461b7-s

    マツコは、「交通に限らず、結構今、街を歩いてると『ちょっとアブナイのかもな』ってなんとなく感じる人が少なくはない気がする。ちょっとなんかのきっかけで一触即発になっちゃうんだろうな、みたいな」と、ケンカ腰の人が多いとの印象を述べ、そうした相手とのトラブルが生じた場合には「悔しいのもわかるんだけど、とにかく謝るのが一番だよ。こっちは悪くないって思っていても、『あ、ごめんなさいね』って最初に言えば。とにかく謝るのよ。それってそんなに悪いことじゃない気がする」と自身の考えを語った。

    また、他人のマナー違反などを正義感などから注意することについても「注意なんか絶対しちゃだめ。自分からケンカ吹っかけてるみたいなもんになっちゃう、残念だけど」とした。



    http://news.livedoor.com/article/detail/13755803/
    2017年10月16日 18時19分 日刊スポーツ

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1511715202/ 【マツコ・デラックス「街中や車乗ってるとき、オラついてるDQNに絡まれたら謝るのが正解」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/23(木) 07:00:44.04 ID:vKz3y3XP0● BE:264168779-2BP(2000)
    ロシアにて、ボロボロになった「ポロ」(フォルクスワーゲン)を約30万円で買い取り、自分で30万円を掛けて復元、その後改めてネット上で売った結果…が話題に。買取価格は約80万円。およそ20万円の儲けとなった…。

    ※ ボロボロの車を30万円で買う
    1-29

    2-25

    ※ 復元(費用30万円)
    4-18

    5-11

    ※ 売った結果、419,000ルーブル(約80万円)に
    3-21

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511388044/ 【ボロボロの車を30万で買う ⇒ 30万で修理して売った結果wwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [CN] 2017/11/20(月) 01:01:58.29 ID:GL+BTPyJ0 BE:323057825-PLT(12000) ポイント特典
    ■ロサンゼルス郊外のとあるTARGETの駐車場でびっくり

    TARGETとは大きなスーパーマーケットで生鮮食料品以外、家電から飲料、衣類、バッグ、小物、化粧品、ドラッグストアなどが中心のお店だ。
    いつも泊まるホテルの近くにあるので、滞在中はたびたび訪れるのだが、こちらの駐車場に停まっている車の車種を改めて確認してみてびっくり…ほとんどが日本車である。
    日本車以外を探す方が難しい。

    写真をご覧いただければわかる通り、日本車以外は10台中1-2台あるかないか?である。
    街を走っていても、視界に入る車がすべて日本車ということも珍しくない。
    やはり、ホンダ、トヨタ、日産が多いが、近年アメリカで爆発的な人気となっているスバルやマツダ、三菱も良く見かける。

    そこで車好きの息子がひとこと

    「日本より日本車が多いじゃん」

    う…、ほ、ほんとだ。確かにそうだ!今までなぜこの事実に気づかなかったんだろう。

    とくに、港区、世田谷区、目黒区、横浜市青葉区など輸入車率が高い地域の紀伊国屋やナショナル麻布マーケット、自由が丘ガーデンなどの高級スーパーの駐車場と比べたら、圧倒的にカリフォルニアのスーパーの駐車場の方が日本車率高し!コストコの駐車場でもきっとそうだ。

    トランプ大統領はこの事実を知っているんだろうか?
    以前、トランプ氏は「日本はもっとアメリカ車を買え!」と言っていたけど、アメリカ人でさえ自国の車より日本の車を選んでいるのだ。

    日本より日本っぽい?アメリカで日本車が愛され過ぎる理由
    http://getnavi.jp/vehicles/199796/

    20171117_suzuki4-3

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1511107318/ 【アメリカ人も日本車しか乗らなくなった】の続きを読む

    1: trick ★ 2017/11/20(月) 15:09:59.32 ID:CAP_USER
    テスラよりミラージュの方が、環境に優しい?:日経ビジネスオンライン
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/108556/111500022/

     三菱自動車の小型車「ミラージュ」は、一見して環境に優しい革新的なクルマには思えない。内燃機関(エンジン)で走り、排気管から排ガスを撒き散らすガソリン車にすぎないからだ。

     しかし、部品の調達から燃料、部品の再利用に至るまで、つまりクルマが誕生する過程から廃車までの全ライフサイクルで弾き出した二酸化炭素(CO2)排出量で見ると、話は違ってくる。発電によるCO2排出量が多い地域で使用すると、米テスラが販売する一部の電気自動車(EV)よりも、エンジンを搭載しているミラージュの方が環境に優しいことになるのだ。


    EVだからといってCO2排出量が常に低いわけではない

     米マサチューセッツ工科大学(MIT)のトランシク・ラボの調査によると、米国の中西部でテスラのセダン「モデルS P100D」に乗った場合、ライフサイクル全体で排出されるCO2排出量を走行1km当たりに換算すると226gになるという(下記の表を参照)。これは、独BMWのエンジンを搭載する高級大型車「7シリーズ」の同385gに比べれば格段に少ないが、ミラージュだとわずか同192gにとどまる。


    ■EVは本当に環境に優しいのか
    クルマの生産から廃車までのCO2排出量(クルマを米中西部で利用した場合)

    ZU01

     MITのこのデータは、ノルウェー科学技術大学が昨年発表した研究結果とも一致する。つまり、「ライフサイクル全体で見ると、従来のエンジンを搭載する小型車より大型EVの方がCO2排出量は多い」ということだ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1511158199/ 【テスラより三菱ミラージュの方が環境に優しいことが判明www】の続きを読む

    1: きゅう ★ 2017/11/19(日) 18:01:18.47 ID:CAP_USER9
    テレビ東京は19日、日曜ビッグバラエティ『あなたのゴミがお宝に!平成のリサイクル密着24時』(19:54~)を放送する。同シリーズの第6弾となる。

    同番組では、もう捨てても良いと考えていたゴミ同然の物や、いらないと思っていた不要品を査定、お金に換えていく。前回の放送終了後、視聴者から「我が家の不要品を見てほしい!」とSOSのメールが多数寄せられたという。

    今回は依頼人の亡き父が数十年かけて集めた大量の石や、150万円の値打ちがあるという“日本に1冊しかない本”が登場。バブル時代に1千万円以上注ぎこんだ人形コレクションを生前整理したいという依頼や、ジョン・マッケンローのサイン入りと思われるテニスラケットなど、意外なお宝が現れる。

    また、北関東の高級別荘地のゴミ屋敷では、カップラーメンの容器などの生活ゴミとブランドバッグなどが足の踏み場もないほどに散らかるカオスな状態となっており、屋敷の中には大量のゴミに埋もれたロールスロイスの姿が。販売時の新車価格は3,000万円というロールスロイス、そして大量のブランドバッグは金になるのか、鑑定される。

    DO_v8zcVQAAFNWu

    https://news.infoseek.co.jp/article/mynavi_1691003/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1511082078/ 【ゴミ屋敷の中から3,000万円のロールスロイスが! 『リサイクル密着24時』でお宝発見】の続きを読む

    このページのトップヘ