サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1:
    物質のもとになる分子を組み合わせてできた、大きさが100万分の1ミリという分子の車による世界でも初めてのレースが、今月下旬にフランスで開かれることになり、日本からも物質・材料研究機構のチームが出場することになりました。

    分子を組み合わせて、機械的な動きをする極めて小さな物質を作る分子機械の分野は、去年のノーベル化学賞の受賞テーマになるなど、科学の新しい分野として注目されています。

    この分子機械の研究や開発を促そうと、分子の車による世界でも初めてのレースが今月28日と29日に、フランス南部のトゥールーズで開かれることになり、日本からは茨城県つくば市にある物質・材料研究機構のチームが出場することになりました。

    日本チームの分子の車は、大きさが100万分の1ミリから100万分の2ミリほどで、炭素と水素と酸素の原子が合わせて88個つながって、草履のような形をしています。
    電気を流すと、草履のような形の外側の部分が人の手足のようにバタバタと動いて、前に進むということです。

    フランスで開かれる分子の車のレースは金の板の上で行われ、板の表面にある微細な溝を利用して設定する、長さが1万分の1ミリのS字カーブのコースで、36時間の制限時間内にどれだけ進めるかを競います。

    日本のほか、フランスやアメリカ、スイスなどから合わせて6チームが出場する予定です。

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170411/k10010944831000.html

    K10010944831_1704112139_1704112153_01_03


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491906687/ 【大きさ100万分の1ミリ 分子の車のレース、フランスで開催へ 日本チームはトヨタが支援】の続きを読む

    1:
    まだ4月だが、メルセデスやランボルギーニなどから、すでに素晴らしい新車が登場している。

    2017年に発表された最も高価な車をまとめた。スポーツカーからSUV、クーペまで、今、世界で最も魅力的な車を紹介しよう。

    ランボルギーニは、ファン待望のウラカン・ペルフォルマンテをジュネーブモーターショーで発表した
    5.2リッターV10エンジンは640馬力を誇る。

    約27万5000ドル(約3000万円)のこの車は、わずか2.9秒で時速60マイル(時速約96km)に達する。
    ドイツ・ニュルブルクリンク北コースで6分52秒01を記録し、量産車の新記録を達成した。

    58cc06f5112f70f2008b4d1c-w1280_s

    58cbffacd349f965008b4dec-w1280_s

    メルセデスのG650ランドレーは世界で最も高価なSUV。
    66万6400ドル(約7400万円)のG650ランドレーは、Gクラスのマイバッハ(メルセデスの高級ブランド)版。

    G650ランドレーは約2フィート(約60cm)のロードクリアランスを持ち、リムジンのような仕切りが備え付けられている。
    後部座席には、ホットストーンマッサージを参考にプログラムされたマッサージ機能もある。

    6リッターV12ツインターボエンジンの最高出力は630馬力。99台の限定生産。

    58a330af6e09a8c0078b6d36_s

    58a32ccd3149a13e088b6aca-w1280_s


    ロールス・ロイスは、ジュネーブモーターショーで本物のダイヤモンドで塗装された車を発表。
    同社は、1000個のダイヤモンドを砕いて調合した塗料を開発した。

    「Diamond Stardust」と名付けられた塗料は、特注モデル「ロールスロイス・ゴースト・エレガンス」に使用された。
    同社はこの特別な塗装にどれくらいのコストがかかったかは明らかにしていない。
    しかし、通常のロールスロイス・ゴーストの価格は30万ドル(約3300万円)から。特注モデルは、コレクター向けに製造された。

    58bda461460178ad528b4a11-w1280_s

    58bda53f46017808018b508d-w1280_s

    フェラーリの812スーパーファストは、ジュネーブモーターショーで発表された。6リッターV12エンジンの最高出力は780馬力に上る。

    最高速度は、時速211マイル(時速約337km)、わずか2.9秒で時速60マイル(時速約96km)に達する。
    正確な価格は明らかにされていないが、32万ドル(3500万円)以上するF12ベルリネッタの後継車となる。

    58cc013ed349f91d008b4e37-w1280_s

    58deb07377bb7050008b5878-w1280_s

    【続きはサイトで】

    https://www.businessinsider.jp/post-1579

    引用元 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1491776341/ 【今、最も高価な車たち】の続きを読む

    1:
    世界の交通渋滞ランキングは「ワースト20の半分が米国」

    あなたが通勤にクルマを使っているとして、月10ドル(約1,100円)を渡すので通勤手段を変更してほしいと言われたらどうだろうか?月50ドル(約5,500円)なら? 月100ドル(約11,000円)なら?

    人口が密集している都市は、交通渋滞や息が詰まるようなスモッグの問題に取り組んでおり、人々に自動車ではなく徒歩や自転車、公共交通機関で移動してもらう方法を模索している。
    ワシントンD.C.が検討しているアイデアは、自動車を使わない「エコ通勤者」に金を払うというものだ。

    市議会に提案される法案は、自動車以外の通勤方法を選んだ従業員に対して現金やバスの定期券などを給付するよう、無料駐車場を提供する雇用主に義務づける内容となっている。

    その狙いは自動車通勤を一掃することではない。自動車通勤をしない者が、「無料」駐車場の価値に相応する利益を受けられるようにすることである。

    Traffic-Commute-459062426

    http://wired.jp/2017/04/08/try-give-money/

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1491775293/ 【「クルマを使わない人に現金を」法案は自動車通勤を減らせるか?】の続きを読む

    1:
    パーク24は4月7日、「ガソリンスタンド選びと給油」についてのアンケート結果を発表した。調査は2016年12月5日~11日、ドライバー向け会員制サービス「タイムズクラブ」の会員8,860名を対象にインターネットで行われた。

    ガソリンスタンドを選ぶ基準を聞くと、主に「価格」(75%)と「場所」(61%)であることが分かった。以下、「営業時間」と「ガソリンスタンドのブランド」が20%、有人やセルフといった「形態」が15%、「サービス内容」が12%だった。

    よく利用するガソリンスタンドの形態は「セルフ式」が72%に。「有人式」は15%で「どちらとも言えない」が13%だった。週に2~3回以上運転している人は、8割近くが「セルフ式」と回答し、運転頻度が高いほどセルフ式を選ぶ傾向にあった。

    「セルフ式」のガソリンスタンドで困ったことは、「有人式」ではスタッフが行ってくれることの多い「窓ふきや洗車等がない」が24%で最多に。以降、「手が汚れた」が18%、「料金の支払い方法」が17%、「機械の操作方法」が16%と続く。

    ガソリン給油時には、64%が「満タン」を指定していた。「金額」指定は27%、「リッター」指定は9%。年齢が上がるにつれ「満タン」指定の割合は高くなり、「金額」指定は年齢が低いほど高い傾向にある。

    給油時に「金額」を指定する場合、1回あたりの給油額で最も多かったのは「2,000円~3,000円」(49%)。次いで「3,001円~5,000」(26%)、「2,000円未満」(21%)。年代別でみると、20代は他の年代よりも「2,000円未満」を指定する割合が高く29%で、「2,000円~3,000円」の51%を合わせると、約8割が3,000円以下を指定していることが分かった。

    「リッター」指定は、「21~30リットル」が最多で38%、次いで「10~20リットル」が31%となり、10リットル以上30リットル以下で約7割を占めた。

    2017年4月7日 16時18分 マイナビニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/12904939/

    Shellgasstationlosthills

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1491645349/ 【ガソリンスタンドでの給油で一番多い金額指定は?】の続きを読む

    1:
    14年ぶりに全面改良した日野『プロフィア』は、前2軸、後2軸など複数タイプを持つカーゴと、ダンプ・ミキサーでラインナップする旗艦車種。

    同社チーフエンジニア渡邉良彦氏は、「半世紀という長い歴史を経て、これからも選ばれ続ける車種でありたい」と意気込む。

    貨物市場について渡邉CEは「国内輸送はトンベースでトラックが91.3%、残りを鉄道や旅客機などで分け合う状況」と説明し、 「トラックドライバーが乗ることによろこびと満足を実感してもらうべく、内外デザインを一新。快適性の追求した」という。

    「ボトミングショックは35%減、室内エンジン透過音は15%減、グリルを大型化し、縦のVラインは日野の血統を感じさせるデザインに。ヘッドランプはデイライトを備え、ひと目で分かるアイコンとして位置づけた」

    操作性向上を狙う新アイテム類で注目されていたのがダイヤル式ギヤセレクター。

    日野版のオートマチック・トランスミッションといえるPro Shift(機械式12段自動変速機)は、従来のシフトレバータイプをやめ、エアコン調整などに似たダイヤル式を採用。ニュートラル(N)から右へ1段まわすと、ドライブ(D)、さらにもう1段まわすと「SLOW」で、「より容易に微速で走行できる」という。

    ステアリングコラムから左に延びるシーケンシャルレバーによって、手動で変速もできる。
    また、このオートマチック「Pro Shift」に加え、通常のマニュアル・トランスミッションも6MTと7MTを用意。
    「これまでのプロフィアは、おおむね3割がMT車。すでに7割がATだが、今後、このダイヤル式ギヤセレクターを売りのひとつとし、ATのさらなる普及をめざす」という。

    年間販売目標はシリーズ全体で1万1000台。価格はトランテックス製ウイングバン完成車・Pro Shift 12・25トンクラスで2405万1600円。
    「すでに複数社から受注している」という。

    【日野 プロフィア 新型】ダイヤル式変速機で「ATのさらなる普及めざす」
    http://response.jp/article/2017/04/05/293141.html

    1171510

    日野、自動ブレーキ「PCS」の全車標準装備など「プロフィア」「レンジャー」をモデルチェンジ
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1053268.html

    https://youtu.be/5OdhN9c8BiM


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491607293/ 【トラックも7割がAT。消え行くMT...(´;ω;`)】の続きを読む

    1:
    C8apAR9UAAAXXxZ

     「頭文字D」や「バリバリ伝説」の作者・しげの秀一さんが、4年ぶりに自動車マンガを連載することが明らかになった。2013年に連載を終えた「頭文字D」以来で、今夏連載の予定。

     3日発売の「週刊ヤングマガジン」(講談社)18号では、イメージ画像と共に「新たなる伝説--」「しげの秀一 今夏、新連載開始!!」と紹介。

    「202X年、車の自動運転が普及した日本を舞台に、英国のレーシングスクールをトップの成績で卒業した天才ドライバーが帰国する」という文章が掲載されている。

     また、しげのさんの女子野球マンガ「セーラーエース」は、同号で最終回を迎えた。

    http://mantan-web.jp/2017/04/03/20170402dog00m200029000c.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491222030/ 【「頭文字D」しげの秀一の新作自動車マンガ連載きた!!】の続きを読む

    1:
    国土交通省は、シートベルトを締めずに車が走ると警告ランプが点灯する装置「シートベルトリマインダー」を、乗用車の全席を対象に装備するよう義務化することを決めた。ベルト着用率が低い後部座席での事故被害を軽減する狙い。

    2020年9月以降の新型車を対象に、道路運送車両法に基づくルールを6月にも改正する。

    AS20170330004953_comm

    http://www.asahi.com/articles/ASK3Y4QGLK3YUTIL01Z.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490909480/ 【シートベルト警告灯、全席義務化へ…20年秋の新型車から】の続きを読む

    1:
    http://businessnewsline.com/news/201703280625530000.html

    27日のNasdaq市場で、Tesla (NASDAQ:TSLA) の終値換算の時価総額が457億7000万ドルとなり、Ford (NYSE:F) の453億5000万ドルを突破し、時価総額の上からはGMの (NYSE:GM) の524.5億ドルに次いで自動車第2位に付けた。

    これにより、米自動車メーカーの時価総額の順列は、1位がGM、2位がTesla、3位がFord、4位がFiat Chrysler (NYSE:FCAU) の165.2億ドルとなった。

    Teslaは年央にも待望の大衆車となるModel 3の納車開始を予定しており、価格帯的には、もっとも売れ筋の3万ドル台の乗用車が加わることにより、電気自動車普及に拍車がかかることが見込まれている。
    Teslaはまた、太陽光発電大手のSolarCityを26億ドルで買収することで、全米最大規模の太陽光発電事業者ともなっており、

    太陽光発電によるクリーンエネルギーの供給、メガファクトリーによるリチウムイオンバッテリーの供給、そして、それらを使った電気自動車による移動手段の提供と、クリーンエネルギーの分野では、発電、蓄電、消費の全過程を垂直管理できる初の体制構築もなし得ている。

    GMやFordといった既存の大手自動車メーカーに関しては、電気自動車や燃料電池車といった次世代車の開発で出遅れ感を強めており、今後、時価総額で2位に進出したTeslaと最大手のGMとの格差は縮小していく可能性も生じている。

    2018-tesla-model-3

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490747740/ 【テスラ、時価総額でフォードを抜いて米自動車メーカー2位に浮上】の続きを読む

    1:
    アンモニアから水素 岐阜大教授ら製造装置を開発
    2017年03月22日08:54

     岐阜大次世代エネルギー研究センター長の神原信志教授(55)=化学工学=が、アンモニアを原料に水素を製造する装置の試作機を開発し、21日、「実用化のめどが立った」と発表した。プラズマを用いることで触媒を使わずに常温で高純度の水素をつくり出せるのが特長で、燃料電池に利用可能なことも確認した。

    産業・家庭用の発電機や自動車への利用を視野に入れており、2020年までの製品化を目指す。

     群馬県の電装品メーカー澤藤電機との共同研究で、アンモニアから無触媒で高純度の水素を製造できる装置は世界初という。(下略)

    20170321163341


    ※全文は岐阜新聞でご覧下さい。
    http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170322/201703220854_29270.shtml

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490227992/ 【アンモニアから水素製造する装置開発…自動車利用も視野に】の続きを読む

    1:
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170324-00069049/

    20170324-00069049-roupeiro-000-5-view

    特別仕様ナンバープレートは、ラグビーワールドカップ2019の応援のため企画されたもの。
    上の如くナンバープレート右上にピンク基調のエンブレムが入る。交付料金は地域によって異なるものの、東京の場合7000円。全国的に同じくらいだと考えていい。どうやって手続きしたいいだろうか?

    ・申し込みサイト
    https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

    まず車検証など用意し、上のリンクから申し込みサイトに行く。必要な項目を記入。料金を振り込めば終了である。

    オーダーしてからプレートの生産を行うため、おおよそ10日間程度掛かるという。ちなみにナンバーの数字などは現在使っているものと全く同じ。ETCなどの内容変更をしなくてOK。

    さらにワールドカップを応援したいという人は、1000円以上の寄付をすることにより「寄付金付き」のプレートにグレードアップ出来る。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490314558/ 【4月から軽自動車でも白いナンバーが取得可能に】の続きを読む

    このページのトップヘ