サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 23:20:14.98 ID:FQeBmeHT0
    11014030184

    どうなってんねん

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00010004-bfj-sci

    【「僧衣で運転」に青切符、法事行けぬと宗派反発】という12月29日付の記事で、福井県の男性僧侶(40代)が昨年9月、僧衣を着て車を運転したことを理由に、県警に青切符を切られていたことを報じた内容だ。

    記事によると、違反内容は「運転に支障のある和服での運転」だったという。男性は「法事に行けない」として、反則金6千円の納付を拒否。裁判で「僧衣でも安全運転できると裁判で主張したい」と話しているという。

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546870814/ 【【悲報】お坊さん、僧衣を着て車を運転し警察に切符切られる】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/08(火) 08:46:58.98 0
    ソニー損害保険は1月7日、新成人のカーライフに関する調査の結果を発表した。

    20歳のうちに車を購入するならどの車が欲しいか聞くと、トヨタのアクア(18.8%)、日産のノート(16.8%)、
    フォルクスワーゲン(11.1%)の順に多かった。女性には、アクアやノート以外にもキューブ(日産)やラパン(スズキ)も人気だった。

    いつかは購入したいと思う車を聞くと、1位はBMW(17.1%)、2位はレクサス(14.2%)、3位はメルセデスベンツ(13.6%)だった。

    K0000325706

    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20190108-41787570-careercn

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1546904818/ 【新成人がいつか買いたい車1位はBMW 20歳のうちに買いたい車1位はアクア】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/01/06(日) 08:55:56.470 ID:FKReQENj0
    ora-electric-car

    ora-chinese-elecric-car

    interior-render-ORA


    電気自動車(EV)が環境に優しいことはわかっているが、まだまだ高価で、誰もが買えるというわけではない。しかしそうした状況が一変するかもしれない。

    中国の車メーカー、グレートウォールモーターはEV「ORA R1」を5万9800人民元(約95万円)?で発売した。
    現在世界各国で展開されているEVは安くても数100万というのが相場であることを考えると破格の安さだ。

    ・航続距離は241キロ

    写真を見てもらえればお分かりの通り、ORA R1はコンパクトカー。都市部を中心にした“チョイ乗り”に向いていそうだ。
    33kWhバッテリーを搭載し、航続距離は200マイル(約321キロ)とのこと。
    ただし、この航続距離はNEDC(新欧州ドライビングサイクル)基準を使用したもので、実際には150マイル(約241キロ)ほどとなる。

    ・ガソリン車に劣らず

    航続距離150マイルというのは、正直、大手メーカーが手がけるEVには見劣りがする。また、トップスピードも時速100キロほど性能は限られているようだ。
    しかし、この車の最大の魅力は値段。5万9800?7万7800人民元(約95万?124万円)とガソリン車にひけをとらない設定となっている。
    確かに、みなが長距離を走るわけではないし、Teslaなどの高級車を買える財政的余裕があるわけでもなく、こうした選択肢を歓迎する人は少なくないのかもしれない。
    ORA R1は当面、中国のみでの展開となっているが、中国外での需要を掘り起こせる可能性は十分ありそうだ。


    https://techable.jp/archives/90282

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1546732556/ 【中国が「格安自動車」発売、これでフリーターでも車に乗れるぞ】の続きを読む

    1: スタス ★ 2019/01/06(日) 16:05:28.86 ID:CAP_USER9
    なんで?

    全米で人気のものって大抵日本でも流行るはずなのに

    226161

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1546758328/ 【なぜ日本ではアメリカ車が全く売れないの?全米ではあんなに売れてるのに】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2019/01/07(月) 07:56:32.84 ID:S0+yzS4S0● BE:842343564-2BP(2000)
    20190106-00000014-mantan-000-1-view

    <MFゴースト>“本物のハチロク”プレゼント 「頭文字D」作者の新作が100万部突破
    1/7(月) 0:00配信

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190106-00000014-mantan-ent

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1546815392/ 【しげの秀一さん「MFゴースト」100万部突破で86プレゼント】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2019/01/03(木) 23:33:15.06 ID:0wXoWAJV0 BE:878978753-PLT(12121)
    日本車は3台! 世界を変えた車15台

    1940年代から2010年代まで、10年ごとに2台、ベストカーを選出。
    ピックアップトラックからスーパーカーまで、さまざまな車が選ばれた。
    もちろん、テスラも入った。

    自動車の黄金時代はいつか?

    さまざまな意見があるが、実は第2次世界大戦以降、ずっと黄金時代が続いているようなものだ。

    80年間、自動車は素晴らしい存在であり続けている。ゴージャス、イノベーティブ、パワフル、そして信頼性が高く、価格もリーズナブル。

    我々は、車を所有する人が減っていること、自動運転車が増えることについて議論するなかで、これまでの栄光を振り返り、各年代を代表する素晴らしい車を選ぶことにした。

    我々の基準はシンプル。当時ヒットした、歴史的に重要、変革をもたらした、もしくは大きな影響を与えた車。

    最近まで生産されていた場合、ボーナスポイントを加算した。

    1940年から現在まで、10年ごとに2台ずつ、我々が考えたベスト・カーを見てみよう。
    https://www.businessinsider.jp/post-179763

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1546525995/ 【世界を変えた車15台に日本車は3台がランクイン】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(catv?) [ニダ] 2019/01/02(水) 19:49:15.91 ID:JBlxj+d30 BE:323057825-PLT(12000)
    2日午前、東北道でフェラーリが中央分離帯に衝突する事故がありました。事故を起こす直前、このフェラーリが別の車と競い合うように走る様子がドライブレコーダーに映っていました。

     警察によりますと、午前9時ごろ、東北道下りの蓮田サービスエリア付近で「事故を起こし、一番右側の車線に止まってしまった」とフェラーリの運転手から通報がありました。
    フェラーリは中央分離帯に衝突し、道路をふさぐ形で停車しました。テレビ朝日の映像投稿サイトには、事故の様子を捉えた映像が送られてきました。
    映像には黒いフェラーリが別の赤いスポーツカーと競い合うように走る様子が映っていて、直後にフェラーリがスピンして中央分離隊に激突しています。
    警察によりますと、目撃者が当時、赤いフェラーリが現場に停車していたと話しているということです。
    事故の影響で一時、東北道は約12キロの渋滞が発生しました。

    東北道でフェラーリが中央分離帯に衝突 直前に別の車と競争か
    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15822067/

    96585_1641_c79054d7_ba7d67d7

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1546426155/ 【東北道でフェラーリが中央分離帯に衝突 別のフェラーリと競争か】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/12/26(水) 16:41:59.07 ID:wrIuNqXgH
    りぃ
    @il****zlli
    軽自動車に軽油を入れた人が話題ですが、普通自分の車の油種くらいわかりますよね。ところでこれはレギュラー、ハイオク、軽油の車ですがどれが軽油車かわかります?

    2018年12月24日(月) 14時11分45秒
    リツイート: 3,355お気に入り: 3,945

    9Blhve5

    Auazp5p

    rI73v1P

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1545810119/ 【ツイッター民「女が軽自動車に軽油入れたの馬鹿にしてるけど、お前らはこの3台見てどれが軽油車かわかるの?」】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2018/12/25(火) 22:45:05.20 0

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1545745505/ 【【動画】田舎のお婆さんが車でとんでもないところを爆走してしまう】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/12/24(月) 23:54:22.65 ID:CAP_USER9
    ・オートバックスは、ライフスタイルショップ「JACK&MARIE」をオープンさせた
    ・車を核に、ライフスタイルに関連する商品まで取り扱い品目を広げた新業態
    ・新業態誕生の背景には、若者を中心とした「日本人の車離れ」があるとのこと

     カー用品販売大手の(株)オートバックスセブンが車を通じたライフスタイルショップ「JACK&MARIE」をオープンさせた。1号店は今年の3月に横浜ベイクォーターの3階に、この秋にはららぽーと名古屋みなとアクルス、横浜ラウンドマークプラザ、MARK IS 福岡ももちと、一気に3店舗をオープンして4店舗体制となった。カー用品の取り扱いを本業とするオートバックスは国内603店舗、海外41店舗とグローバル展開をし、売上高も2116億円(営業利益72億円、ともに2018年3月末)。業界2位のイエローハットを売上高(1378億円)でしのぐが、その業界1位の企業がなぜ今、新規参入をするのか。

     この背景に「日本人の車離れ」があるわけだが、ファッション同様、車についての価値観も変わりつつある。地方では生活の足として定着している半面、都会では若者を中心として車を所有しない層が増えている。

     国内の新車販売台数は年間約400万台、中古車では800万台前後と、ここ10年くらいは増減を繰り返しながらほぼ横ばい。そうした中、車でもサブスクリプション化は始まっており、現在、カーシェアリング車両ステーション数は1万4941カ所(前年比16%増)、車両台数は2万9208台(同19%増)、会員数は132万794人(同22%増)と増加傾向にある(公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団による2018年3月の調査)。

     少子高齢化を迎えている国内市場。オートバックスセブンも従来の車を中心にしたメンテナンス、装備品といったサービスの拡張には限界を感じていることだろう。

     オートバックスセブン 国内事業(全売上高の84%)の主力事業はカー用品販売+サービス(国内事業の8割)。直近の売れ筋はドライブレコーダー関連で、これは今、話題になっている「あおり運転」からの防衛心理も影響しているのだろう。国内事業だが、同社では改革を進めており、2017年6月に2つのPBをローンチ。1つが『クルマを使って楽しみたい(体験価値)』からJKM、もう1つが『クルマをもっと楽しみたい(自己表現)』からGORDON MILLERと、ともにクルマを通じて新たに価値を提供しようとするもの。JKMでは主にカーアクセサリーを、GORDEN MILLERではガレージキッドを展開している。

     実際、オートバックスセブンの直近10年の業績推移を見ると2009年の売上高2591億円をピークにややシュリンクしている印象を受け、ディラー事業、BtoB事業、ネット事業、ドローンの販売と主幹業務以外の収益の拡大を計画中。海外進出もフランス、タイ、シンガポール、中国、マレーシアと5カ国に進出しているものの、苦戦しているように見える。

     そこで同社の強みでもある車を核にライフスタイルに関連する商品まで取り扱い品目を広げたのが、「JACK&MARIE」といえるだろう。今回はファッション性というスパイスを効かせたことで新たなお客との接点を模索する、このライフスタイロショップについて評価をした。

    ■店内を回る中で感じた「バラエティさによる新鮮さ」

     「JACK&MARIE」は、西オーストラリアのパースを舞台にオーストラリア人男性のJACKと日本人女性のMARIEがこよなく愛する「Cafe×Nature×Car life」がキーコンセプト。アウトドアライフを楽しむ人をターゲットとして、①「パッキング」、②「積み込む」、③「移動中も妥協しない」、④「車中泊」、⑤「サイトでCafeスタイル」の“5つの心躍るシーン”を提案するライフスタイルブランドとなっている。

     ショップは、これらカー用品関係のPB商品を軸にしつつ、関連商品、雑貨をうまくセレクトして1つの世界観を作り出しているのが面白い。カー用品を背景にしているというよりも、ネイティブ感漂うアウトドアな印象を持ってしまうほど。実際、店舗の前面にはセレクトされたアパレル商品を着た男女のマネキンが出迎えている。

     そのアパレルもシカゴのワークウエアブランドの「ユニバーサルオーバーオール」との協業商品や、国産ワークウエアブランドの「Johnbull」を品揃え。

     以下ソース先で

    2018年12月24日 5時0分
    商業界オンライン
    http://news.livedoor.com/article/detail/15783787/

    a570f_1663_ba6649adaac032dab49b022c648f5529

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1545663262/ 【「日本人の車離れ」でオートバックスが変化 取扱品目広げた新業態誕生】の続きを読む

    このページのトップヘ