サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: ばーど ★ 2017/11/19(日) 09:49:00.25 ID:CAP_USER9
    SUVブランドの元祖とも言えるジープから、コンパクトSUVの新型『コンパス』が登場した。FCAグループの最新プラットフォームを採用し全面刷新。一方で全長を先代から75mm縮めダウンサイズし、都市型SUVとしての個性を強めたほか、価格競争力も武器とするという。ジープの世界戦略車として商品力を強化した新型コンパスは、国内SUV市場に爪痕を残すか。

    FCAジャパンによると、2013年を起点とする「第2次SUVブーム」以降、輸入SUV市場が伸びているという。その中でもSUVをブランドの主軸とするジープは、大幅な伸長率を見せている。同社によると、2009年比でジープブランドの販売台数は10倍に、中でもオフロード性能に特化したSUVである『ラングラー』が約40%を占めており、国内SUV市場は「ポテンシャルがある」と分析する。これに対しジープは、販売ネットワークの拡充や新CI採用店舗を2018年末までに80%とすることなどを掲げ、ブランドの強化を図る。そうしたブランド強化の“看板”として期待されるのが、12月2日より発売される新型コンパスだ。

    ◆エクストレイルやCX-5よりもコンパクト

    1246117

    新型コンパスは、2012年に登場した初代に続く2代目。立ち位置としては、スモールSUVの『レネゲード』と、ミッドサイズSUVのラングラーの中間にあたり、ジープならではのオフロード性能と『グランドチェロキー』に代表されるプレミアム感あるデザインを併せ持つクロスオーバーモデルだ。

    FCAグループのモジュラープラットフォーム「スモールワイド4×4 アーキテクチャー」を採用、これをベースにフレーム一体式のモノコックボディ構造とし、高いねじれ剛性を実現。高張力鋼板を全体の70%近く採用するなどにより軽量化も実現した。これらは悪路での接地性や、市街地での快適な乗り心地に貢献するという。またオフロード性能に定評があるジープならではの悪路走破性も、もちろん備えている。

    ボディサイズは全長4400mm×全幅1810mm×全高1640mm、ホイールベースは2635mm。日産『エクストレイル』(全長4690mm、全幅1820mm)やマツダ『CX-5』(全長4545mm、全幅1840mm)と比べても若干コンパクト。都市部での取り回しやすさを重視しながらも、先代比でトレッドを前30mm、後20mmそれぞれ拡大し、オンロードでの走行性能を高めているのが特徴だ。

    ◆パッションを感じられるプレミアム感

    1246082


    そして伝統的なジープデザインとプレミアム感を融合させたという内外装デザインが、新型コンパス最大の“売り”と言っても良いだろう。デザイン開発にあたっては、デザイナー自らコアなジープユーザーやオフローダー達の声を聞き、発想を得たのだという。フロントマスクはジープ伝統の「7スロットグリル」を採用し、ひと目でジープとわかるものとしながら、ヘッドライトの内側を黒、その縁取りを白として“動物の目”をイメージさせるものとするなど、新たなアイデアも盛り込まれた。

    対照的に、サイドとリアには従来とは異なるアプローチが見て取れる。サイドは、ドアミラーからルーフラインを流れリアハッチへと途切れなく続くシルバーのアクセントが特徴的だ。これは視線を下げ、車体を低く見せる効果があるという。一方でホイールアーチは伝統の台形とし、ジープ本来のオフロード性能を視覚的にも表現した。

    リアコンビネーションランプは縁が光るラインLEDを採用し先進感を表現。この薄く横長のデザイン形状と、サイドから続くシルバーのラインが、新しい個性を与えている。デザイン責任者のクリス・ピシテリ氏は、「プレミアム感を表現しながらも、冷たさではなくパッションを感じられるデザインにしたかった」と語っている。

    https://response.jp/article/2017/11/16/302591.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1511052540/ 【ジープから“日本サイズ”の新型SUV「コンパス」登場】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2017/11/18(土) 02:13:47.59 ID:CAP_USER9
    アメリカの電気自動車メーカー・テスラは、初めての電動トラックを発表した。
    ロサンゼルス近郊で、16日に発表されたのは、電動トラック「テスラセミ」の試作車。
    この電動トラックは、1回の充電で、貨物を載せて、高速道路をおよそ800km走行できるという。
    運転席が中央にあるのが特徴で、運転席のモニター画面には、車体の周囲に設置されたセンサーや、カメラの映像が表示される。
    価格は公表されておらず、運用コストは、ディーゼル車より安くなるということで、テスラは、2019年に生産を開始する予定としている。

    mainteslasemi

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20171118-00000809-fnn-int

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510938827/ 【テスラ、初の「EVトラック」発表 1回の充電で800キロ走行可能】の続きを読む

    2: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [US] 2017/11/16(木) 16:09:43.46 ID:j3KOmSk20 BE:928380653-2BP(3276)
    DNwvqcyVwAALAZh

    DNwvraJUIAEtRms

    DNwvr51VwAIbxkr


    9: 名無しさん@涙目です。(香川県) [US] 2017/11/16(木) 16:13:03.14 ID:Vmt/YkU90
    >>2
    シートベルト、どこに繋がってるのか・・・

    37: 名無しさん@涙目です。(茸) [US] 2017/11/16(木) 16:18:17.86 ID:UEIpwlTd0
    >>9 天井

    46: 名無しさん@涙目です。(catv?) [US] 2017/11/16(木) 16:20:45.67 ID:5n28QpDj0
    >>2
    予想を超えてたww

    128: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/11/16(木) 16:54:42.52 ID:zSwP5rqpO
    >>2
    車道に点字ブロックは草

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510816172/ 【免許を持ってない人間がアニメを作った結果wwwwwwwww】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/11/14(火) 19:36:47.12 ID:CAP_USER9
    『うんこ漢字ドリル』227万部、「DAZN」(ダ・ゾーン)登録100万人突破、2017年9月のホンダN-BOXの月販台数は2万5173台……と今年もバカスカ売れているものは多い。

    しかしそんなご時世でも売れてないクルマは相変わらず売れてない。本企画では急遽「売れないクルマたち調査委員会」を立ちあげ、月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声に耳を傾けつつ、ところどころで自動車ジャーナリストの渡辺陽一郎氏に「なぜ売れないのか?」のコメントをもらいつつ、紹介してゆきたい。世はなべて「売れた車はすごい」「メガヒット作の秘密はこれだ!」というニュースばかりが持てはやされますが、売れてなくても言い分はあるし、もちろん魅力もあるのです。
    文:ベストカー編集部、渡辺陽一郎

    ※本文から抜粋して引用しています(全文はソース先をお読み下さい)

    ■ホンダCR-Z 2017年1月販売台数14台
    ホンダCR-Z

    ■レクサスGS F 2017年1月販売台数17台
    GS_F

    ■レクサスRC F 2017年1月販売台数9台
    RCF

    ■三菱デリカD:3 2017年1月販売台数1台
    デリカd3

    ■スズキSX4 S CROSS 2017年1月販売台数13台
    sx4

    ■スズキエスクード2.4 2017年5月販売台数18台
    エスクード24

    ■ホンダレジェンド 2017年4月販売台数20台
    レジェンド

    ■ホンダNSX 2017年4月販売台数21台
    NSX

    ■マツダアクセラハイブリッド 2017年7月販売台数38台
    アクセラ

    ■ホンダジェイド 2017年7月販売台数41台
    ジェイド

    ■トヨタMIRAI 2017年4月販売台数27台
    MIRAI



    ■ホンダCR-Z 2017年1月販売台数14台

    「2010年の発売当初、“スポーツを楽しめるハイブリッド。画期的だ”なんてよく自動車評論家のみなさんに褒められたけど、2~3年経つと“IMAシステムそのものがこのクルマに合わない”などとマイナス面ばかり指摘されて……。憧れのCR-X様にはなれなかったんだな、僕は。はぁ~」

    ■レクサスGS F 2017年1月販売台数17台

    「ふん、欧州車軍団を買いたければどうぞ。私はGSからの特別な走りのクルマとして誕生したまでで数は追わない主義なんだよ。17台? そんな数なんて気にしないよ。それより仲間のRC Fをごらんよ。月販9台の一桁だよ」

    >>2以降に続く

    ベストカーweb 2017.11.13
    https://bestcarweb.jp/news/entame/2020

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510655807/ 【月販台数40台以下を記録してしまった車たちの声11選】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/14(火) 09:13:38.74 ID:CAP_USER9
    13日午後1時50分ごろ、松山市内で「車に当て逃げされた」との110番通報が複数あった。
    逃走車はパトカーなど数十台に追われながら、車の走行が禁止されている市中心部の商店街を走行するなど約50分間走り続けた。
    愛媛県警は道路交通法違反(転回禁止)の疑いで、今治市立花町3の会社員(41)を現行犯逮捕した。

    「いろいろなストレスがあり自暴自棄になった」と容疑を認めているという。

    後部座席には容疑者の母親が乗っていた。同署は、当て逃げや女性へのひき逃げの疑いでも調べる。

    6

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000066-mai-soci


    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510618418/ 【松山市の暴走車男「いろいろストレスがあり自暴自棄になった」…母親を後部座席に乗せ50分間カーチェイス】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(茨城県) [US] 2017/11/13(月) 19:15:39.31 ID:lhil+6ve0● BE:264168779-2BP(2000)
    20171113-00000050-asahi-000-6-view

     13日午後1時50分ごろ、松山市鴨川2丁目の国道196号で「当て逃げした車両が逃げた」と110番通報があった。

    愛媛県警によると、車に乗った男はパトカーに追われながら松山市の中心部を逃走し続けたが、約50分後に駆け付けた警察官が道路交通法違反(転回禁止)の疑いで現行犯逮捕した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000050-asahi-soci

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510568139/ 【市街地で当て逃げした車と警察が50分にわたりカーチェイス】の続きを読む

    1: のっぺらー ★ 2017/11/12(日) 12:03:53.67 ID:CAP_USER9
    佐賀広域消防局に入った連絡によりますと、12日午前9時半ごろ、佐賀市富士町にある「天山スキー場」の駐車場で行われていた、タイヤを滑らせて車を走らせる「ドリフト競技」の会場で、競技中の車が観客に突っ込み、4人が病院に運ばれたということです。

    警察や消防が詳しい状況を調べています。

    img584653_s

    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171112/k10011220791000.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510455833/ 【ドリフト競技会場で車が観客に突っ込む…4人搬送】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [SE] 2017/11/09(木) 13:24:20.74 ID:bM5jp4Wr0 BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
     いろいろとウワサのある陛下の愛車。年式やグレードについて宮内庁に聞いてみると、回答は「車名はインテグラです」とのこと。これだけではちょっと物足りないので政府インターネットテレビなどの動画などから推測してみると、2代目インテグラということはまちがいなし。
    またホイールが鉄ちんホイール、5MT車ということを総合すると「RX」というグレードがそれに当たるようだ。驚くことなかれ、このグレードはキャブ車である。

     東京地区で119万円とベストカー1989年5月10日号に掲載があったが、陛下の愛車もきっとこの金額で納品されているはず。現在も大事に乗られていることから、いかに陛下が愛車を大事に取り扱われているかがわかる。

     天皇陛下がご公務などで乗られる御料車は宮内庁車馬課などで整備や運用を行っている。そうなると陛下の愛車もひょっとして……、と思い聞いてみた。
    「整備や点検は外部に委託して行っています」との回答。あくまでも陛下の私有財産であり、宮内庁が整備する必要性がないということだろう。整備や保管の状態もよく、写真を見る限り世界で一番キレイなインテグラなのは間違いないだろう。

     一般国民は免許更新や自動車税などの税金を納めているが、陛下の場合はいかがだろうか? 「免許に関しては高齢者講習を皇居内でお受けになっています。また税金などに関しては一般車と同じです」とのこと。
    さすがに運転免許試験場に足をお運びになることはないとのことだが、陛下も我々国民と同様の手続きでクルマを運転されるということだ。

     陛下は昨年1月に免許更新を受けられているとのことだが、実はこれが最後の免許更新というご意思をお持ちという報道もあった。
    当時82歳の陛下は認知機能検査なども一般ドライバーと同じものをお受けになられたはずだ。週末の両陛下のドライブの様子をまたぜひ動画などでお見かけしたいものである。

    20171109-00010001-bestcar-000-4-view

    全文ソース
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171109-00010001-bestcar-bus_all

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510201460/ 【天皇陛下の愛車は今も2代目インテグラであることが判明】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2017/11/08(水) 10:06:45.76 ID:CAP_USER9
    http://yomiuri.co.jp/economy/20171107-OYT1T50117.html
    英国の高級車ベントレーの主力車種「フライングスパー」を、霊きゅう車に改造する作業が富山市内の工場で行われている。

     値段は車体と加工代で計2700万円。工場の社長は「まさかベントレーをバラバラにする日が来るとは思わなかった。工程ごとに緊張する」と話している。

     ベントレーを改造しているのは、霊きゅう車製造販売のカワキタ(富山市小黒)。埼玉県の葬儀社から「式場のブランド力向上を図りたいが、他社に断られ続けている」と相談を受け、改造を引き受けた。

     工程は、新車のベントレーから座席や内装、タイヤを取り外し、屋根の後部とトランクカバー、車体後部の一部を切断。ひつぎを収めるスペースを車体に継ぎ足した後、座席やタイヤなどを再び取り付ける。作業は10月下旬に始まり、年末までの完成を目指す。

     同社の河村賢整社長は「車内の配線や構造が複雑で独特。まるで脳外科手術のようだが、技術力の高さを示せる好機ととらえている」と意気込んでいる。

    20171107-OYT1I50039-1

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510103205/ 【ベントレー改造し霊柩車…総額2700万円】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2017/11/07(火) 21:18:09.69 ID:zvzo1yo/0 BE:232392284-PLT(12000) ポイント特典
    10月の車名別新車販売台数ランキング上位10車は以下の通り(カッコ内は前年同月比)。

    1位:N-BOX(ホンダ)2万1234台(52.9%増)
    2位:ムーヴ(ダイハツ)1万3972台(11.8%増)
    3位:タント(ダイハツ)1万0660台(1.0%増)
    4位:アクア(トヨタ)1万0031台(19.6%減)
    5位:プリウス(トヨタ)1万0014台(28.7%減)
    6位:ワゴンR(スズキ)8801台(48.4%増)
    7位:ミラ(ダイハツ)7483台(46.0%増)
    8位:ヴォクシー(トヨタ)7417台(6.5%減)
    9位:ルーミー(トヨタ)7090台
    10位:フリード(ホンダ)7060台(22.9%減)

    http://response.jp/article/2017/11/07/302181.html

    1243349

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1510057089/ 【新車販売、ホンダN-BOXが大差圧勝…日産消える】の続きを読む

    このページのトップヘ