サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    6: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/10/29(月) 22:27:37.07 ID:vB9XfSto0
    >>1
    wvsY4CZ

    qTB34Kx


    7: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [SE] 2018/10/29(月) 22:29:31.49 ID:6kDM9zjw0
    >>6
    車高の低さはr
    を証明してるなw

    15: 名無しさん@涙目です。(東京都) [US] 2018/10/29(月) 22:35:17.18 ID:RL6HFr/V0
    >>7
    車高高すぎるのもアホだと思う

    18: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2018/10/29(月) 22:37:39.63 ID:kZKWO23G0
    >>15
    車高で知能を測る人達もどうかと

    54: 名無しさん@涙目です。(公衆電話) [CA] 2018/10/29(月) 22:56:24.88 ID:Uq7lz4yE0
    >>7
    車高の高さは知能の高さです
    2NzXp5L

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540819347/ 【【???】鬼キャンの改造車が高速道路で停車してるところを晒される→「見た目ノーマルで整備してない車が停まるほうがよっぽど迷惑だけど?」】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/10/26(金) 01:41:32.22 ID:CAP_USER9
    https://jp.reuters.com/article/autos-reliability-idJPKCN1MZ0BC

    米消費者向け情報誌「コンシューマー・リポート」が24日発表した今年の自動車信頼性調査で、米電気自動車(EV)大手テスラ(TSLA.O)の高級セダン「モデルS」順位が昨年から6ランク下がって27位となった。

    同誌は50万台以上の新車を対象にデータを収集し、米国市場における29ブランドについて信頼性を調査している。

    1位はトヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」、2位が「トヨタ」だった。両ブランドは6年連続で上位にを占めている。

    モデルSの評価は、昨年の「平均以上」から「平均以下」に引き下げられ、総合評価で「推奨」ブランドの地位を失った。初めて対象に加わった「モデル3」は「平均並み」となった。

    米国勢では、フォード・モーター(F.N)の「フォード」と「リンカーン」がそれぞれ18位と20位、ゼネラル・モーターズ(GM)(GM.N)の「ビュイック」、「シボレー」、「GMC」がそれぞれ19位、23位、25位だった。フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCHA.MI)の「ドッジ」、「ジープ」、「クライスラー」、「ラム」はそれぞれ21位、22位、24位と26位。

    一方、3位にマツダ、4位にスバル 、5位に韓国現代自動車傘下の「起亜」ブランドがそれぞれ入った。


    ダウンロード (1)

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540485692/ 【テスラ「モデルS」米誌の信頼性調査で最下位寸前に転落…1位「レクサス」2位「トヨタ」】の続きを読む

    1: みんと ★ 2018/10/23(火) 19:33:26.13 ID:CAP_USER9
    いすゞ 自動車 2年後に電動トラック発売へ

    2018年10月23日 17時30分
    NHKニュース
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181023/k10011682551000.html

    大手商用車メーカーのいすゞ自動車は、2年後の2020年に電動トラックを発売する計画を明らかにしました。

    いすゞ自動車は23日、神奈川県藤沢市の工場で、電気を動力源に走行する電動トラックの試作車を公開しました。

    試作車は、いすゞの主力の小型トラック「エルフ」をベースに開発され、重さおよそ600キロのリチウムイオン電池を搭載し、最大200キロ程度まで走行できるということです。また、急速充電なら2時間で充電が済むとしています。

    いすゞは、環境意識の高まりから、近距離での利用が多い都市部で需要が見込めるとして、この試作車と同等の性能の電動トラックを2年後の2020年に発売する方針を決めたということです。

    いすゞ自動車の高橋信一常務は、「企業の環境意識の高まりから電動トラックを求める声が増えている。今後の本格的な普及に向け、取引先の声を聞きながら、改良を重ねていきたい」と話していました。

    電動トラックをめぐっては、三菱ふそうトラック・バスが去年、国内メーカーでは初めて市場投入していて、海外メーカーでもスウェーデンのボルボが来年の市販化を計画するなど商用車メーカーの間でも開発を強化する動きが広がっています。


    K10011682551_1810231716_1810231730_01_02

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540290806/ 【いすゞ 自動車 2年後に電動トラック発売へ…最大200キロ程度まで走行可能】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [JP] 2018/10/24(水) 10:06:44.59 ID:uvbPn+jY0● BE:121394521-2BP(3112)
    パワーが簡単に手に入る現代では軽さのほうが大切
     昔から、最高速はクルマ好きのひとつのロマンだった。現代の世界のスーパーカーの最高速を見てみると、

    ポルシェのハイブリッドカー、918スパイダーが、時速340km。フェラーリ・ラ・フェラーリが、時速354km、ランボルギーニ・ヴェネーノが時速355km。
    ル・マン24時間レースにも出場した鬼才ゴードン・マレーが設計した、マクラーレン・F1が時速391km、

    最高出力1200馬力を誇るブガッティ・ヴェイロンEB16.4は、時速408km!
     ロータス・エキシージをベースに1244馬力のエンジンを積んだ、ヘネシーヴェノムGTなどは、 時速434kmのギネスレコードを持っている。

     ただ、いまやF1マシンでも最高速は時速340km(イタリア・モンツァ)の時代……。
    ランボルギーニ・カウンタックが300km/h、フェラーリ512BBが302km/hで、世界最速はフェラーリ! なんて大騒ぎしていた頃は最高速が一大関心事だった。

     だが時速200マイル=320kmオーバーとなると、もうお腹いっぱい。エンジンパワーも同じで、ニッサンスカイラインRS-XターボC(R30型)が205馬力(グロス)を誇っていたり、ホンダ・インテグラ タイプRがVTECでNAエンジンにもかかわらず、リッター100馬力を達成した頃は、エンジンパワーは最大の関心事だった。

    1989年にスタートした280馬力規制を経て、300馬力、400馬力、500馬力が当たり前になってくると、スポーツカーのキモというのは、エンジンパワーじゃないんだなってことがわかってくる。

    スポーツカーに大事なことは、エンジンも含めてレスポンスの良さ。アクセルを踏んだ瞬間鋭く加速し、ハンドルを切れば小気味よく軽快に曲がる。
    ブレーキを踏めば期待通りに減速する。別にハイパワーなエンジンも、ぶっといタイヤも、でっかいブレーキもマストではない。
    軽量ボディに低い重心、適切な重量バランスでパッケージされたシャシーがあれば、郊外やワインディングで、時速100km以下で走ったって、十分ワクワク、ドキドキし、スポーツカーの世界を満喫できる。

    というわけで、スポーツカーにとって大事なことは、パワーよりもむしろ軽さ。
    300馬力もいらないので、車重は1.5t以下には収めたい。できれば1t以下のほうが絶対に楽しい。

     いまの条件下では軽いクルマを作るのはいろいろ難しく、軽くするにはカーボンなどの高価な素材を使ったゴージャスダイエットが必要になるが、理想のスポーツカーは、とにかく軽くて、軽快で、レスポンスがよく、しかも懐の深いクルマ。つまり、ファンにしてセーフ。

     そして何よりカッコいいこと。いい音なども重要だが、少なくともエンジンパワーがスポーツカーにとって、最重要ファクターと考える必要はないだろう。

    151bb_1568_c8d3aaa8bca3970b40c5e177f183913c

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15487158/

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540343204/ 【パワーがなければつまらない? スポーツカーに速さは大切か】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [US] 2018/10/22(月) 14:27:42.54 ID:vqr5OrH80● BE:842343564-2BP(2000)
    20181022-00050011-yom-000-6-view

    察知難しい「移動式オービス」高速道でも活用へ

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181022-00050011-yom-soci
    道幅の狭い生活道路でも取り締まりができる可搬式オービス(18日、名古屋市中川区で)
     愛知、岐阜県など各地で導入されている持ち運び可能な速度違反自動取り締まり装置(可搬式オービス)が、ドライバーのスピード抑止に効果を上げている。 
    大型の固定式オービスと違い、住宅街の生活道路で使用できる上、設置場所を毎日変えられるため、ドライバーに装置を察知されにくい。
    取り締まりで20キロ近く減速した場所もあり、愛知県警は今秋から台数を増やし、高速道路での取り締まりにも活用する。

     同県知多市原の県道24号。歩道やガードレールはなく、朝の通勤・通学時間帯になると、児童が歩くすぐ脇を大型トラックや乗用車がひっきりなしに通り過ぎる。周辺住民によると、近くの幹線道路の混雑を避けたドライバーが24号を「裏道」として利用するという。

     制限速度は30キロだが、点滅式の信号が1基あるだけで、車はスピードを出しやすい。
    住民の要望を受け、県警が昨年5月から9回にわたり、可搬式オービスで取り締まりを実施したところ、最大で平均時速が48キロから31キロに落ちたという。
    登校する児童を誘導していた保護者の男性(43)は「危険な道路に変わりはないが、ドライバーのマナーはましになった」と話す。

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540186062/ 【移動式オービス効果大!!あの愛知県ですら生活道路に設置すると平均速度が時速50km→30kmにwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/10/21(日) 19:19:53.82 ID:vPTgfywA0● BE:121394521-2BP(3112)
    9a681_1568_3d7bdd950546396c5455967a6e392d90
    1)トヨタ・アルテッツァ
     当時は「AE86の再来」などと囃し立てられてしまったため、
    ハードルが上がり過ぎてしまった感があるアルテッツァだが、手ごろなサイズのFRスポーツセダンとして考えれば非常によくまとまった名車と言えるだろう。
    2リッターのスポーツツインカムエンジンである3S-GEを搭載するRS200系はもちろん、
    直6の1G-FEを搭載するAS200系のフィーリングもよく、どちらもMTが選べる点も代わりがないところなのかもしれない。

    f2648_1568_e4000bc91e412b643732d7ab6fbcab07
    2)ホンダ・ライフ(3代目)
     軽自動車規格が新しくなった1998年のタイミングで3代目となったライフ。
    初代モデルのほぼキープコンセプトで一瞬では見分けが付かないからかもしれないが、それを差し引いてもまだまだ街中で見かけることが多い車種だ。
    むしろ4代目ライフのほうがあまり見かけなくなりつつあるような気すらするほど。

    be892_1568_8fc17f6a95ae057066ccc7fe50627732
    3)マツダ・MPV(2代目)
     ミニバン系はどのメーカーの車種も長く使われているイメージがあるが、中でも個人的に目に付くのがマツダ・MPVだ。
    大きすぎず小さすぎないボディに、サードシートが床下格納式のため使い勝手も上々。

    そしてマツダ製の直4エンジンはかなり丈夫で、少々メンテナンスをサボっていてもへこたれないところも息の長い理由のひとつかもしれない。

    9f19d_1568_0e4187440490fabc4b785147b9426fbe
    4)トヨタ・セルシオ(3代目)
     ヤンチャな感じの若者がコテコテな感じで乗っている車両はもちろん存在しているが、意外と年配ユーザーが大切に維持している姿を見かける30系セルシオ。
    そういった年配のユーザーからしてみれば、レクサスは欧州車っぽさが強いし、今さらクラウンに戻るわけにもいかず、純和風な最後の高級車であるセルシオを大切にしているのかもしれない。
    これはプログレユーザーにも同じことが言えそうな気がしているが果たしてどうか。

    9451b_1568_627a48e96dfd8df888106fbff086f5ad
    5)スバル・レガシィツーリングワゴン(3代目)
     ワゴンでも走りを楽しめるということを確固たるものにしたレガシィツーリングワゴン。
    とくに3代目の2リッターターボは当時の自主規制値いっぱいの280馬力を発生していた(AT車は260馬力)。
    もちろん廉価グレードも含めすべて4WDであり、荷室の使い勝手もよく、中古車の価格も手ごろということで、さまざまなユーザーからの需要が未だに高い1台と言えるだろう。

    http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15476094/

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1540117193/ 【隠れた人気車!名車じゃないのに未だに街中でよく見かける旧いクルマ5選】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/10/21(日) 05:09:05.15 ID:CAP_USER9
    レンタカーを利用する外国人観光客が増えるなか、東北では紅葉が見頃を迎える10月の利用者数が突出している。
    空港などからの二次交通を補う役割を果たす一方で、事故増加の懸念も出てきた。

    東北6県などの自治体や観光関連の民間企業でつくる「東北観光推進機構」は、「外国の方が運転しています」と周囲に知らせるマグネットステッカーを配布するなど、事故を未然に防ぐ対策に乗り出している。
    国土交通省によると、インバウンド(訪日外国人客)の増加に伴い、レンタカーを利用した外国人観光客は2011年の17万9千人から15年には70万5千人となり、5年間で4倍近くに増えた。

    レンタカー全体で見ると、年間の事故件数は6千件程度とやや減少傾向で推移している一方で、外国人ドライバーによる事故は増えている。
    公益財団法人交通事故総合分析センターは、観光や出張で日本に滞在してレンタカーを使った外国人ドライバーの交通事故を分析。
    過失割合の高い「第一当事者」になった件数は12年が19件だったのに対し、17年には121件と6倍になっていた。

    こうした状況を受け、業界団体の全国レンタカー協会は今年1月、「訪日外国人向けレンタカーサービス向上アクションプラン」を策定。
    外国人ドライバーが運転していることを周囲に示すステッカーを配布するなどの安全対策を盛り込んだ。

    1月現在で29都道府県が配布しているステッカーを、19年度中には全都道府県別に拡大し、地域ごとに特色あるステッカーを作製する方針だ。
    東北でも、レンタカーを利用する外国人観光客は増えている。

    東北観光推進機構によると、東北地域での外国人観光客に対する17年のレンタカー貸し渡し回数は6935回。
    前年度比267%増で、外国人宿泊数の伸び(146%)を上回る。

    機構は「東北を訪れる外国人観光客は比較的リピーターが多い。旅慣れた旅行者が、二次交通が脆弱(ぜいじゃく)な東北地域の観光にレンタカーを繰り返して利用している」とみる。
    月別の貸し渡し件数は、10月が1936件と突出して多い。東北で見頃を迎える紅葉を見るため、公共交通機関では行きにくい渓谷にレンタカーで向かう人が多い様子が浮かびあがる。

    AS20181012001725_commL

    https://www.asahi.com/articles/ASLBC3TQNLBCUNHB005.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1540066145/ 【「外国の方が運転しています」…外国人レンタカー事故対策でステッカー配布…5年間で4倍近くに増加】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空中都市アレイネ) [ニダ] 2018/10/19(金) 07:04:16.31 ID:w7tFE0+Y0 BE:697145802-PLT(15610)
    海外「アメリカの田舎町にアメリカ屈指の日本車コレクターがいた!」
    http://sow.blog.jp/archives/1072868406.html

     ゲイリー・ダンカン氏は19歳からカーディーラーとして働いており、 ホンダとディーラーシップを結んでいて1980年代にその伝手で日本旅行をした事もあるそうです。

    記事ではその際に日本車の魅力、特に軽自動車の魅力にとりつかれたのではないかと指摘しています。
    コレクションには日本車以外に様々な国の車も含まれています。

    ホンダZクーペ、スバル360、ルノー4CV
    7237bc64

    トヨタ・センチュリー、日産・プレジデント
    36263f64

    ダットサン(日産)のピックアップトラック
    2bdcb314

    三菱時代のジープ
    be5621e4

    ダンカン家で最も重要なコレクションである日産・フィガロ
    1e4bcda7

    ホンダ・ビートは60台以上
    a7233df5

    日産・パオ
    513cf0a6

    日産・スカイラインR32 GT-R
    e29a9bf9

    マツダ・ユーノスコスモ
    0399d7be

    バタフライ・ドアのトヨタ・セラ
    5c15b289

    三菱・デリカワゴン・オフロード仕様
    5c414824

    更にトヨタ・センチュリー
    e594f1ad

    軽トラ 軽ワゴン
    dc709acb

    その他、トヨタ・タウンエース、ダイハツ・ハイゼットデッキバン、スズキ・マイティボーイもあり。

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1539900256/ 【アメリカ田舎町にある日本旧車コレクターの倉庫が凄まじいwww】の続きを読む

    1: ◆mZB81pkM/el0 (庭) [US] 2018/10/19(金) 08:33:22.00 ID:PkFoi/rT0 BE:844481327-PLT(12345)
    金型などの製造業の技術開発や人材育成を手掛けるものづくりネットワーク沖縄(mdn、うるま市、金城盛順代表理事)は17日、12月から電気自動車の製造を始めると発表した。
    ヤマハ発動機(静岡県)の子会社のヤマハモーターパワープロダクツ(同)と製造委託契約を締結。
    県内企業4社とも協力して、初めてヤマハブランドで出荷する。

    mdnは沖縄ヤマハ(那覇市)などから依頼を受け、8人乗りの電気自動車や、観光トロリーバスなどを開発してきた。
    県内の観光施設に出荷しており、実績が認められた。

    ヤマハブランドで製造するのは、7人乗りの「コンシェルジュ7」と4人乗りの「YG―M」。
    2車種とも時速20キロ未満で公道も走れる電気自動車の「グリーンスローモビリティ」。1回4時間の充電で約40キロ走れる。

    ヤマハが製造する車体やエンジンをベースに、mdnが作った金型を基にイメイド(うるま市)とカーマニュキュア(同)がボディーを成形し、アロウズ(同)が組み立てる。
    沖縄コーテック工業(中城村)が塗装する。

    当面は1カ月で4台ずつの生産を目指す。観光施設やホテルの需要を見込んでおり、沖縄ヤマハとグリーンサポート(那覇市)が販売する。

    金城代表理事は「地域で作って、地域で使うとの考えで取り組んできた。生産を本格化させ、沖縄で作った自動車を普及させたい」と話した。

    https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/331383

    公開された「YG―M」(右)と「コンシェルジュ7」(左)。
    181019_kennaihatsu_kogatatokusyusya

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1539905602/ 【ヤマハ、7人乗りと4人乗りの電気自動車を発売へ】の続きを読む

    【信号無視無灯火自転車との事故の裁判で10対0を勝ち取ったとされる車のドラレコ動画が話題に】の続きを読む

    このページのトップヘ