サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/13(土) 08:28:16.93 ID:CAP_USER9
    http://www.sankei.com/smp/economy/news/180113/ecn1801130019-s1.html

     米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)は12日、ハンドルやアクセルペダル、ブレーキペダルのない量産可能な自動運転車を2019年に実用化すると発表した。特定の場所を走るといった一定の条件下で、全ての操作をシステムが担う「レベル4」に分類される自動運転の技術を搭載する世界初の量産車になる可能性がある。

    完全な自動運転車の実用化を目指す米IT大手グーグル系のウェイモや日本勢を含む他の自動車メーカーなどとの先陣争いが一段と激化しそうだ。

     新車両「クルーズAV」は、小型電気自動車「シボレー・ボルトEV」をベースに開発する。ロイター通信によると、GMは11日、この車を走行させる許可を米政府に申請したという。

     GMは昨年11月、運転手が不要な「無人タクシー」を19年に事業化する計画を明らかにしており、当初はクルーズAVを無人タクシーとして使う方針だ。(共同)

    ecn1801130019-p1

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515799696/ 【米GM「2019年にハンドル・アクセル・ブレーキペダル無しの車を量産する!」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [CH] 2018/01/13(土) 09:47:08.21 ID:osYOoHvh0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    1263184

    東京オートサロン2018のNGKブースは、モータースポーツとスパークプラグを前面に打ち出している。デモカ―としてSUPER GTの参戦車両(GT-R)が展示され、そのうしろにイリジウムプラグなど同社の主力製品が並ぶ。

    130本のイリジウムプラグ全品番の展示は圧巻だ。以前と違って最近のクルマはプラグ交換など必要としないかのようだが、エンジンのことを考えればプラグは消耗品であり、しっかりメンテナンスする必要がある部品のひとつだ。

    https://response.jp/article/2018/01/13/304661.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1515804428/ 【軽自動車とHV車のアイドリングストップに警鐘「点火プラグを酷使している」…東京オートサロン2018】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [DK] 2018/01/12(金) 08:39:35.70 ID:4I44YRfx0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    駐車場でドアミラーたたむ? そもそもなんのための電動なのか

    ドアミラーをたたむ習慣、いつから?

    駐車する際にドアミラーをたたむ、という人が少なくありません。スイッチひとつでたためることもあり、インターネット上では 「たたむのがマナー」という意見も見られます。

    世界で初めて電動格納式ドアミラーが搭載された、1984年発売の日産「ローレル」C32型

    img_0_m

    しかしながら、ドアミラー車でも、電動でたためる機構がない車種もあります。そもそもかつては、ボンネット付きの車両においては、ボンネットに据え付けられたフェンダーミラーの設置が法令で定められており、これが改正されドアミラーが解禁されたのは1983(昭和58)年のことです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180112-00010000-norimono-bus_all

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1515713975/ 【駐車場でリモコン式キーによってミラーを折りたたむ意味があるのか?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/01/11(木) 12:51:40.47 ID:CAP_USER9
     日本自動車輸入組合が11日発表した2017年の外国メーカーの新車販売台数は、前年比3.7%増の30万6088台だった。30万台の大台を超えるのは1997年以来20年ぶり。ブランド別ではドイツのメルセデス・ベンツが3年連続で首位だった。

     国内の景気回復が追い風となり、割高感のある輸入車の人気が高まっている。ただ、上位はベンツやBMWなどのドイツ勢が独占し、米国のブランドが苦戦するなど優勝劣敗も鮮明になった。

     ベンツの販売台数は1.2%増の6万8221台だった。2位はBMWで5万2527台、3位は4万9040台のフォルクスワーゲン(VW)が続いた。

    maxresdefault

    https://this.kiji.is/324017214305567841

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515642700/ 【外車が20年ぶり30万台超…上位はドイツ勢が独占】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/01/09(火) 09:23:11.66 ID:CAP_USER9
    20180109-00010000-bestcar-001-2-view

    ■大量受注もモデルSの生産はひと月僅か260台



     投資家がテスラ株に期待感を寄せるのは、採算性よりも夢とロマンを追い求めるマスクCEOが打ち出す壮大な野望だ。年間生産台数を2018年までに50万台、2020年までに100万台にする大胆な計画をぶち上げたことも好材料となった。

     その拡大戦略のカギを握るのが新型車の「モデル3」の投入。最低価格が3万5000ドル(約400万円)というコストパフォーマンスの高さを売りに2016年3月予約開始後、わずか3週間で40万台もの大量受注を獲得したことでも関心を集めた。

     ところが、である。当初計画では2017年9月には1500台、同12月までに2万台を生産する予定だったが、フタを開けてみれば、9月はわずか260台。生産ラインの溶接技術などが量産レベルまで達していないのが難航している理由だ。

     受注ぶんの納車だけでも気が遠くなるほど先になる見通しで、マスクCE0も「生産地獄」に陥っていることを認めている。

    ■新車ロードスターは2年後納車でも頭金に2840万円

     まさに時代の寵児も「好事魔多し」だが、米メディアの情報によれば、テスラの現金燃焼ペースは1分間当たり約8000ドル(約91万円)。このペースで燃焼すると、数カ月後には手元資金を使い果たす計算になる。このため、テスラでは、あの手この手で現金をかき集める姑息な戦術を練り出した。

     例えば、初の商用EVトラックの「セミ」と新型「ファウンダーズ・シリーズ・ロードスター」の投入を発表したが、ロードスターの納車は2年余り先にもかかわらず、購入には頭金25万ドル(約2840万円)の大金を払わなければならない。トラックのセミは5000ドル(約57万円)で予約注文できるが、生産に入るのは2019年の計画だ。

    … 

    ■ユーザーにとって「不都合な現実」をどう説明するのか

     前述のロードスター、現在開発中で発売時期が遅れる可能性があるにもかかわらず、最初の1000台の特別仕様「ファウンダーズ・シリーズ・ロードスター」の購入を希望する場合、車両価格全額となる25万ドル(約2840万円)を頭金として払えと、かなり強気な姿勢を取っている。

     モデル3ですらまともに納入できていない状況では、この車が納入されるのは、いったいいつになるのだろうか……。

    全文↓ ベストカーWeb 1/9(火) 6:30
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180109-00010000-bestcar-bus_all&p=1

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1515457391/ 【頭金2840万円入れても納車日不透明…テスラの現状がはれのひ寸前】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2018/01/05(金) 21:01:49.54 ID:CAP_USER
    ◆ショック!中国に登場した世界初の太陽光発電高速道路、開通から数日で盗難―中国紙

    2018年1月4日、斉魯晩報によると、中国山東省済南市にある世界初の太陽光発電高速道路の試験区間で盗難被害が見つかった。

    開通からわずか数日で起きた出来事に関係者は衝撃を受けているもようだ。

    記事によると、この試験区間が開通したのは先月28日のこと。

    万が一の事態を考えて管理当局は毎日点検を行っていたが、今月2日に路面が壊されていることが確認された。

    無くなったのは幅十数センチ、長さ1メートル85センチほどの表面部分で、道路脇に設置された装置内部を何者かが触った痕跡も見つかっている。

    現場の状況から、ある関係者は「全くの手作業とは考えられないが、大型の重機を使ったようにも見えない。手慣れた集団によるもののようだ」との見方を示した。

    太陽光発電高速道路の路面は「通光性のコンクリート」「太陽光発電部品」「絶縁体による防護」の三層構造で、長さは約1キロメートル。

    無くなった部分の金銭的な価値は低いが、総合的な損失は判断が難しいという。

    写真は太陽光発電高速道路
    20180105-063273154


    Record china 2018年1月5日(金) 13時0分
    http://www.recordchina.co.jp/b353649-s0-c30.html

    引用元 http://lavender.5ch.net/test/read.cgi/news4plus/1515153709/ 【世界初の太陽光発電高速道路、開通からわずか数日で路面が盗まれてしまう】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(庭) [US] 2018/01/08(月) 02:02:51.22 ID:kGCAZn+b0● BE:618588461-PLT(36669) ポイント特典
    WS0000002

    国土交通省は、タカタ製エアバッグのリコール対象車について、これまでの取組に加え、新たに、異常破裂する危険性が高い未改修車について、車検で通さない措置を講じることを発表している。

    その措置は平成30年5月から行われるため、リコール対象車を利用していて乗り続ける場合は、車検が切れる前までにリコール修理を完了しておく必要があるのだ。

    平成29年10月の国内の改修率は83.2%であり、約320万台の未改修車がある。また、自動車メーカー各社の主力車種が含まれており、その対象車種の範囲は広い。

    今回の措置は、平成28年4月以前にリコール届出されているものであって、異常破裂する危険性が高い特定のインフレータを使用したエアバッグを搭載した未改修車(以下「措置対象未改修車」)が対象範囲となる。

    対象車種の一部を挙げると、
    (※年式・グレード・製造工場によって対象外の場合もある)

    トヨタ:ヴィッツ、カローラ―系、ノア系、アルファード系、プロボックス系など
    日産:キューブ、エクストレイル、ティアナ、フーガ、キャラバンなど
    ホンダ:フィット、ストリーム、シビック、アコード、ステップワゴン、CR-Vなど
    マツダ:アテンザ、RX-8など
    三菱:i系、デリカ、パジェロ、ランサーなど
    スバル:インプレッサ、レガシィなど
    ダイハツ:ミラ、エッセ、ハイゼット系など
    いすゞ:コモなど

    が対象となる。(スズキは無し)

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180107-00080772-autoblogj-ind

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1515344571/ 【タカタのエアバッグ問題で今年5月以降車検が通らなくなる車が続出か?…なお、スズキは該当車無しw】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(神奈川県) [IE] 2018/01/07(日) 00:38:42.94 ID:clinFVXF0● BE:679785272-2BP(2000)
    そーす
    東京新聞

    nZD6v71

    http://www.tokyo-np.co.jp/

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1515253122/ 【元レーサー「右足ブレーキ派は思考停止しているのでは?」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2018/01/04(木) 21:59:35.87 ID:Kyrf0iDh0● BE:299336179-PLT(13500) ポイント特典
    ソニー損害保険は、今年の新成人(1997年4月2日~1998年4月1日生まれ)の運転免許保有者と取得予定者695名に、購入するならどのクルマが欲しいか複数回答で聞いたところ、男女総合1位はトヨタ アクア(20.6%)、2位はBMW 3シリーズ/5シリーズなど(15.5%)となった。

    2017年のアンケートで総合1位だったプリウスをおさえ、アクアが“新成人が欲しいクルマNo.1”の栄冠に輝いた。

    ※海外メーカーの自動車やレクサスなどの高級車ブランドは、車種別ではなく、メーカー(ブランド)別で選択肢を提示し聴取

    1位:トヨタ アクア
    2位:BMW 3シリーズ/5シリーズなど
    3位:フォルクスワーゲン ゴルフ/ポロなど
    4位:トヨタ プリウス
    5位:ホンダ フィット
    6位:メルセデス・ベンツ Cクラス/Eクラスなど
    7位:アウディ A1/A3など
    8位:レクサス LS/CTなど
    9位:日産 ノート
    10位:トヨタ ヴィッツ

    TO_S228_F001_M007_1_L

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00010004-autoconen-ind

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1515070775/ 【新成人が欲しいクルマ1位はトヨタアクア!】の続きを読む

    このページのトップヘ