サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: シャチ ★ 2017/05/16(火) 00:08:09.34ID:CAP_USER9.net
    ◇レギュラー車に入れる人、「たまにいます」
     ガソリンエンジンのクルマは、エンジン内で混合気(燃料と空気が混ざったもの)を圧縮して爆発させ動力を得ています。
    燃料となるガソリンにはレギュラーとハイオクがありますが、このうちハイオクガソリンはレギュラーよりも自己着火しにくいという特徴があり、高圧縮で爆発させて高いパワーを得ることができるため、スポーツカーや排気量の大きなクルマに適しています。

     レギュラー車には通常、レギュラーガソリンを入れますが、その一方で「ハイオクガソリンを入れたら、どうなるのか」といったような声も聞こえます。実際にはどうなのでしょうか。東京23区内のとあるガソリンスタンドに聞いたところ、「特に問題になるようなことはありません。そういう方はたまにいます」とのこと。

     では、石油元売り各社はどのような見解なのでしょうか。

    ◇「大きく向上するわけではない」「個人の乗り方による」
     ENEOSブランドのハイオクガソリン「ENEOSヴィーゴ」を販売するJXTGエネルギーに聞きました。

    ――「ENEOSヴィーゴ」をレギュラー車に入れるとどうなりますか?
     高性能の清浄剤を配合しているため、エンジンをきれいにする効果があります。

    ――燃費やパワーが向上することはありますか?
     エンジン内部の汚れを減らすことで燃焼効率がよくなりますが、ただちに大きな効果があるわけではありません。
    「ENEOSヴィーゴ」でエンジンが汚くなる前の状態に回復することはできますが、それによってカタログ値以上に燃費やパワーが向上するものではないといえます。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170514-00010000-norimono-bus_all

    Fuel-pump-bowser-at-petrol-station

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/editorialplus/1494860889/ 【レギュラー車にハイオクガソリンを入れたらどうなるのか?】の続きを読む

    1:
    横断歩道を歩行者が渡ろうとしている状況で車を停止しない「横断歩行者妨害」の2016年の摘発件数は1250件で、過去5年間で2倍以上に増えていることが、県警への取材で分かった。

    それを裏付けるように、県内3カ所で大型連休前後、繁華街にある横断歩道を観察すると、渡ろうとしている人がいても素通りする車が目立った。

    歩行者からは「身を乗り出してアピールしないと車は止まらない。車社会なので、歩く人の気持ちが分からないのでは」と意識の低さを嘆く声が聞かれた。

    道交法で横断歩行者妨害は、違反点数2点、反則金9千円(普通車)と定められている。

    県内で道路横断中に歩行者がはねられた事故件数は、近年300件前後で推移。このうち横断歩道での発生が約半数を占める。道路横断中の死亡事故は12~16年に4~11件発生。

    この現状を踏まえ、県警が重点的に取り締まっていることも、摘発件数増の一因だ。しかしながら、横断歩道で止まらない県民性がうかがえることも、増加の背景であるといえる。

    img_2017051400277


    山形新聞
    http://yamagata-np.jp/news/201705/14/kj_2017051400290.php

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494801544/ 【信号の無い横断歩道で止まらない車カスを1250人検挙】の続きを読む

    1:
    米スーパーカーメーカー、「SCG」(スクーデリア・キャメロン・グリッケンハウス)のスーパースポーツ「SCG003S」が、 ニュルブルクリンク・ノルトシェライフェ最速記録に挑んだ動画が公開された。

    今年3月のジュネーブモーターショーで公開された「SCG003S」のパワートレインは、最高出力800psを発揮する4.4リットルV型8気筒ツインターボエンジンだ。

    しかし、現在ニュル最速のランボルギーニ「ウラカン ペルフォマンテ」と異なり、「003S」はトラック専用モデルのため、ハンデとして最高出力を500psにデチューンし、車重を100kg増量させて走らせている。

    緊迫したオンボード映像の中、出た記録はなんと6分40秒。これは現在王者ウラカン ペルフォマンテの
    6分52秒を12秒縮めて過去のものにした、ニュル最速記録だ。

    https://response.jp/article/2017/05/13/294646.html

    1184501

    1184502

    動画
    https://youtu.be/Dl76-s_m_q8


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494811048/ 【米スーパーカー「SCG003S」、ニュル最速6分40秒を叩き出す…王者ランボルギーニを過去のものに】の続きを読む

    1:
    ◆「絶品のソフトクリームがあるサービスエリア」
    ~お笑い芸人 ふかわりょうさん

    ── おすすめの場所を具体的に教えていただけますか?

    常磐道の友部SAは私があちこち食べ比べた中でもかなり上位と言ってよいでしょう。
    関東の中でも常磐道はわりと地味な高速道路ですが、中央や東名に比べると道が穏やかで、しかもSAやPAが地元ならではの特色を出す
    努力をしています。
    ドライブには一番の高速道路です。

    高速道路のドライブといえばアメリカンドッグも忘れてはいけません。アメリカンドッグはハイウェイのソウルフード。
    長距離ドライバーを支えてきた食べものなのに、最近はSAですっかり見かけなくなってしまいました。
    でも東名の鮎沢PAに行けば「アメリカンドッ君」という顔の焼き印が入ったアメリカンドッグを売っていたりするので、ぜひ味わってください。

    mig

    https://news.nifty.com/article/entame/showbizd/12199-KLQwTypA9a/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494730584/ 【高速道路のソウルフード 「アメリカンドッグ」】の続きを読む

    1:
    img_1f17703489e2519954bee2897c0c523b176525

    img_c0b2214014629116408e3ffb854ecd0791558

    安かろう悪かろう――。そんなイメージが付いて回る中国製品。自動車もその一つだった。しかし、そんな”常識”が変わりつつある。

    「外資への出資規制を秩序立てて緩和する」。中国工業情報化省は4月25日、外資企業の自動車生産に関する規制緩和について初めて公式に言及し、業界に衝撃が走った。

    中国で外資企業が自動車を生産するには、中国企業と合弁会社を設立しなければならないうえ、外資企業の出資比率が50%を超えてはならないという規制が設けられている。
    そのため、トヨタ自動車は第一汽車や広州汽車と、独フォルクスワーゲン(VW)は上海汽車や第一汽車と、といった具合に、外資各社は中国企業と合弁生産を行っている。

    中国政府は「2025年には複数の中国現地ブランドが世界の自動車メーカーのトップ10に入る」というシナリオを描いており、広州汽車もこの流れに乗って、海外進出を急いでいる。

    中国の自動車市場は2016年、前年比14%増の2800万台と米国の1.6倍の世界最大市場に成長した。その中で、現地ブランドのシェアは年々高まっている。2016年の中国系のシェアは43.2%とこの3年で2.9%高まったのに対し、日系は15.5%と同0.9%シェアを落とした(乗用車販売ベース、マークラインズ調べ)。

    さらに、日系勢は欧米勢との競争でも苦戦を強いられている。2016年の中国販売はホンダが129万台で、トヨタが121万台と、VWの398万台や米ゼネラル・モーターズ(GM)の387万台の半分にも達していない。

    広州汽車の曽会長は日系のシェアが中国で低いことに関して、「VWの車種が豊富なのに対し、日系勢は中国での車種展開が保守的。中国人ニーズに合わせた車種を拡充すれば、シェアを巻き返せるだけの実力は持っている」との見解を語る。

    中国自動車工業会は今後の販売台数について、2017年に前期比6%増の2965万台を、2020年までに3000万台超を計画している。日系メーカーにとっては、米国や国内市場が成熟期に入っている以上、膨張が続く中国市場で1%でもシェアを失うことは手痛いはずだ。

    劣勢に立つ日系メーカーは、中国での軌道修正が求められそうだ。

    ※一部引用
    http://toyokeizai.net/articles/-/171350

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494596503/ 【トヨタとホンダをまねた「中国車」躍進のワケ 日系メーカーは中国でシェア低下が続く】の続きを読む

    1:
    このGW中に、車で外出をした人も多いであろう。

    ガソリンスタンドで働く、Twitterユーザー・さくらっぽい(@CARDCAPTOR)さんは軽自動車で来た若いお客様に「軽油お願いします」と言われたようだ。

    「軽自動車はレギュラーガソリンですが…」と返答すると・・・。



    そのお客様は、「だから軽油で」と言い張るのであった。
    終いには、「もういい他行く」と言われてしまったのである。

    エンジンが壊れない事を祈る・・・。

    軽自動車で「軽油お願いします」と言い張るお客様がいるのだが…
    http://virates.com/funny/53321064

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494391091/ 【『軽自動車で「軽油お願いします」と言い張るお客様がいるのだが、指摘したらキレられた』】の続きを読む

    1:
    米電気自動車メーカーの テスラ では、イーロン・マスク最高経営責任者(CEO)が「S-E-X」に拘ったせいで問題が起きている。

     マスクCEOは、自社の車種を並べたときに何かクールな単語になったら面白いだろうと考えた。
    すでにセダンの「モデルS」とスポーツタイプ多目的車(SUV)の「モデルX」が発売されていた。
    ところが、より安価となる新型車を「モデルE」と命名しようとすると、商標権の問題で米自動車大手フォード・モーターにそれを阻止されてしまった。マスクCEOは仕方なくEを逆向きにして新型車を「モデル3」としたのだった。

     テスラが最低価格を3万5000ドルに設定した「モデル3」の発売準備に追われるなか、マスクCEOはその逸話を頻繁に語っている。
    しかし、そうしたネーミングは裏目に出てしまったようだ。アップルの「iPhone(アイフォーン)6」がより進化した「iPhone 7」に取って代わられたように、モデル3をテスラの次世代高級車と勘違いした顧客がたくさんいたのだ。

     マスクCEOは3日付けの株主宛ての書簡で「モデル3がモデルSの最新進化型だという見方が広がっているようだ」と指摘。

    「それは正しくない。モデルSが走行距離、加速、馬力、室内とトランクの広さ、ディスプレイの数(2つ)、カスタマイズの選択肢の数などで他の車種を下回ることはなく、モデルS、X、3のすべてに同等のオートパイロット機能が付いている」

    BN-TG981_TESLAM_P_20170503225452


    テスラのマスクCEO、「S-E-X」への拘りがあだに
    http://jp.wsj.com/articles/SB11925114133136504678104583125970632996216

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494301975/ 【【Eは使えない】テスラ、「S-E-X」への拘りがあだに】の続きを読む

    1:
    【マジかよ!】R34型のスカイライン GT-Rのホワイトボディがヤフオクに出品される! これがあれば新車のスカイラインGT-Rも作ることが可能!

    http://vehiclenavi.com/archives/14860

    f15019092c094ef0f93b823a336bd91f-1024x562

    Yahooオークションへとんでもないものが出品されています。それはなんと、R34型 スカイラン GT-Rのホワイトボディ。こんなものがヤフオクに出品されているとはかなり衝撃的です。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494329470/ 【R34スカイライン GT-Rのホワイトボディがヤフオクに出品される】の続きを読む

    1:
    5人のジャーナリストがプライドをかけて本気でバトル

    2017年3月25日に行われた筑波フェスティバル。そのなかで目玉企画として行われたのが、市販スーパーカーによるレース。ステアリングを握るのは清水和夫さん、中谷明彦さん、木下隆之さん、桂 伸一さん、五味康隆さんの、いずれもレース経験も豊富なジャーナリストたち。バトルの参加車両は日産GT-R、ホンダNSXの日本勢に、ジャガーFタイプ、アウディR8、ポルシェ911ターボSの海外勢という5台。

    5周の本気レースで優勝するのはどのクルマか? 白熱のバトルを動画でお楽しみください!

    webcartop_04-3-680x452

    https://www.webcartop.jp/2017/05/114417
    https://youtu.be/QDsmRapjnkI


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494244136/ 【日産GT-R、ホンダNSX、ジャガーFタイプ、アウディR8、ポルシェ911ターボSがガチ勝負→結果】の続きを読む

    このページのトップヘ