サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1:
    兵庫県警本部(神戸市中央区)で運転免許の取り消し処分を受けた直後に、隣接する駐車場に止めていた車を運転したとして、県警交通指導課は9日、無免許運転の疑いで、加古川市に住む建設業の男(29)を現行犯逮捕した。

     同課によると、男は交通違反の累積により免許取り消し処分が決まり、県公安委員会から同日午前に県警本部に呼び出された。免許証を返却し、警察官からは「今後車を運転すると違反になる」と注意を受けていた。

     しかし男はその後、20メートルほど離れた駐車場まで歩き、軽乗用車に乗って出庫させたところを同課員に発見された。

     調べに対し、男は容疑を認め、「女性との待ち合わせがあり、車が必要だった」と話している。

    b_09902131

    https://www.kobe-np.co.jp/news/jiken/201702/0009902125.shtml

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486647638/ 【免許取り消しで警察署に免許証返却後、署の目の前で軽自動車を運転した29歳の男…もちろん逮捕】の続きを読む

    1:
    男性警部補がセクハラ行為=「脚の長さ測る」と股間に手―兵庫県警

    兵庫県警芦屋署の男性警部補(49)が、飲酒の席で同署の女性警察官にセクハラ行為をしたとして、訓戒の処分を受けていたことが6日、県警への情報公開請求で分かった。

     処分は昨年12月26日付。県警によると、警部補は「軽率な行為で反省している」と話しているという。

     県警によると、警部補は昨年10月26日夜、神戸市内の飲食店で、同署の男女2人の警察官に対し、 「お前ら、どっちが脚長いねん」などと発言。

    脚の長さを測るため、2人を立たせて股の間に手を入れ、女性の体に触れたという。女性が被害を訴え発覚した。

     また、この飲食店に向かうため、署員所有の定員7人のワゴン車に9人で乗ったとして、同署副署長の男性警視(58)と、同署の男性警部(45)をそれぞれ注意処分とした。 副署長は「定員外乗車には気付いたがそのまま行った。幹部として軽率だった」と話しているという。 

    TsUPlSU

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000103-jij-soci

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486401525/ 【兵庫県警の副署長 7人乗りワゴンに9人で乗ってベルトもしないなど道交法違反しまくり → 注意処分】の続きを読む

    1:
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170203/k10010863821000.html
    wagon

    3日午前、東京・多摩市の小学校で、無人の軽ワゴン車が動きだし、運転手が飛び乗って止めようとしましたが、校門をなぎ倒したあと、校庭などおよそ100メートルにわたって走りました。当時、校庭では児童が体育の授業を受けていましたが、けが人はいなかったということで、警視庁は、シフトレバーがドライブに入っていたため、車が動きだしたと見て調べています。

    3日午前11時すぎ、東京・多摩市の貝取小学校で、校門付近に止まった宅配業者の軽ワゴン車が、70代の男性運転手が降りたあと無人の状態で動きだしました。

    男性は車を止めようと、運転席に飛び乗りましたが、車は止まらず、校門をなぎ倒したあと、鉄製の車止めを乗り越えて校庭などおよそ100メートルにわたって走りましたが、ポールに衝突して止まりました。

    警視庁によりますと、この間、男性は車から振り落とされて肩を打つなどの軽いけがをしたということです。また、当時、校庭ではおよそ50人の児童が体育の授業を受けていましたが、全員逃げるなどして、けが人はいなかったということです。

    警視庁は、シフトレバーがドライブに入っていたため、車が動きだしたと見て調べています。

    貝取小学校の布宮英明校長は「児童にけがは無かったが、車が向かってきて怖い思いをした子もいるので、心のケアをしたい」と話していました。

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1486114625/ 【無人の軽ワゴン車が小学校の校庭を暴走 東京・多摩】の続きを読む

    1:
    1148513

    1148514

    1148515

    1148516

    1148517

    1148510

    1148511

    1148512


    新潟国際自動車大学校(GIA)は2月2日『第4回カーデザイン甲子園』の審査結果を発表した。このコンテストは同校が全国の高校生を対象にして毎年開催。「未来に乗ってみたい、夢のクルマ」のアイデアを募集している。

    このコンテストは、従来の「クルマらしさ」やスタイリングの完成度よりも、夢があってワクワクさせられるアイデアや発想を重視。

    実現不可能なアイデアであっても、それなりのリアリティをともなって想像がふくらむものが選ばれる。第4回の作品選考は2016年末におこなわれた。

    今回は日本全国の高校生から合計164点の応募があり、応募作品は教室いっぱいに並べられて審査がおこなわれた。

    選考は、まず審査員それぞれが気になったものをピックアップし、それらを集めて全員でふたたびチェック。協議を重ねて最終的に受賞作品を決めるという流れ。

    http://response.jp/article/2017/02/02/289950.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486028063/ 【高校生による「カーデザイン甲子園」】の続きを読む

    1:
    ca-ct6-exterior-masthead-960x350

    抜粋



    長い前置きになったが、おそらく日本で売らなければならなくなるだろう新型キャデラック『CT6』に試乗してみた。

    CT6はレクサスLSやベンツSクラス、BMW7シリーズと同じクラスに属しており、全長5184mm×全幅1880mmという、このクラスの標準的なサイズ。

    日本仕様のエンジンは3600ccと、これまた普通。

    試乗してみたら、一般的な「アメリカ車」のイメージと全く違う。

    伝統的に「アメリカ車の中でもキャデラックだけは別格に良い」と言われているとおり、乗り心地などレクサスLSを相手にしないほど滑らか。 インテリアのクオリティや、BOSEのオーディオだって素晴らしい。積極的に推奨したいほどの仕上がりである。

    価格は998万円で、同じ装備内容のレクサスLS460より安い。
    ただベンツS300hの安いグレードが998万円で買えることもあり、多くの人はキャデラックよりベンツを選んでいる。ここで注意すべきは、日本で売られているキャデラックのグレードだ。驚くことにアメリカ本国だと最上級の超豪華仕様なのだった。

    同じCT6でも、ベンツのS300hに相当する装備内容を持つ265馬力の2000ccターボ仕様というのがあり、こちらは自動ブレーキなど安全装備を全て装備して685万円。

    642万円のトヨタ・マジェスタと同じ程度の価格でいながら、圧倒的に高級感がある。

    エンジンも2000ccだから自動車税だって年間3万9500円と普通。

    トランプ大統領の就任までは「アメリカ車が日本で売れない理由」を考え、納得出来れば許された。
    今や「売れる方法」を考えなければならない。日本の世論を見ると皆さん前者のまま。
    幸い、アメリカで生産しているクルマの中にも「売れそうなモデル」がいくつかある。
    アメリカで生産しているドイツ車やキャンピングカーなども安い。

    日本政府は「関税などハンデはない」と公言しているのだから、非関税障壁を全て取っ払ってアメリカでの販売価格+輸送コストでアメリカのクルマを日本で売れるようにすべきだと思う。
    「アメリカ車を買うのがお国のため」だというなら、買う人もたくさんいることだろう。
    繰り返すが、とても良いクルマである。

    今や無くなってしまったトヨタ・セルシオと同じ600万円台の高級セダンとして考えれば販売台数だって期待出来るだろう。

    ちなみに左ハンドルながら、日本で大柄なクルマに乗る場合、左に寄せやすいというメリットがある。

    運転してみると解るけれど、左ハンドルはすぐ慣れるし危険性が高いと言うことも無い。

    http://bylines.news.yahoo.co.jp/kunisawamitsuhiro/20170128-00067085/

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485653927/ 【トランプは「日本でアメリカ車を売れ」というけれど…実際の話、本当に売れるのか?新型キャデラック『CT6』に試乗してみた】の続きを読む

    1:
    http://www.mag2.com/p/news/235508/2

    49f5d3a81f38ad9f667bd6c80ce9da1f


    ・・・ 一部抜粋 ・・・

    吉田「警察庁の発表データを拝見しましたが65歳以上の高齢者の事故は過去10年間の推移を察すると減少していますよね。 ですが、警察庁はマスコミを通して高齢ドライバーの事故を積極的に報道させていてます。これは一体なぜなんでしょうか? その裏に自動車メーカーとの蜜月な関係もある気がするのですが……考えすぎですかね?」

    匿名X氏「報道の裏には何かがあると察しても間違いないです。表面的には高齢者の運転技術が近年衰えていることを伝えるのが目的なんですが、つまりマスコミに高齢ドライバーの事故を報道させるのが手っ取り早いわけですね。これは意図的に報道させているんです。統計データはインターネットとか見れば誰もが閲覧できるのですが、あのデータは嘘偽りないものですので、疑問を感じる方が多くいられるのも事実です」

    吉田「警察庁でしたらいくらでも統計データを改ざんすることも可能だったのでは?」

    匿名X氏「いやいや、そこまでやってしまったらなんのために毎年細かいデータを統計しているのか意味なくなってしまいますよ。警察庁としては高齢ドライバーへのけん制的な意味を含めて、マスコミ各社へ積極的に高齢者の運転ミスによる事故を報道して頂けるよう手配しています。 その報道により、高齢者の方は気を付けなきゃいけないと自分なりに注意しながら運転するようになりますし、それが大きなけん制になっているわけなんですね」

    吉田「確かに知り合いの高齢者の方と事故に関してのお話をしたところ、テレビの報道を見てから運転の際は注意深くなったともおっしゃってましたから、警察庁が積極的に報道させる行為は正しいと思います。が、僕が思うには、自動運転技術や自動ブレーキ装置の技術を推進させるためのスケープゴートにしているようにも思えるんですよね?」

    匿名X氏「それは高齢ドライバーの事故報道を加熱させることによって……ってことですか?」

    吉田「はい、そうです。あきらかに何かおかしいと思いますよ。高齢ドライバーによる事故多発が報じられると同時に、自動運転技術やら自動ブレーキの技術が向上している報道もされていたり、自動車メーカーがテレビCMでも積極的に打ち出しているじゃないですか?疑問を感じるほうが普通だと思いますよ。これはあくまでも僕の推測域ではありますが、警察庁と国土交通省、自動車メーカーの3者が裏で結託しているのではないかと」

    匿名X氏「鋭い考察ですが……私の口からは申し難いですども、上の者同士の間でそれはあると思います。いや、間違いなく何者かが上の者に対し介入して動いているはずです」

    吉田「こういうケースっていうのは警察庁では普通にあることなんですか?」

    匿名X氏「ありますよ。私のような下っ端には分からないし知らされないことは多いですが、官僚同士で色々密なことが行なわれるのは日常茶飯事ですからね」



    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1485392965/ 【高齢ドライバーの事故報道が突然激増した理由は自動運転・自動ブレーキの推進?】の続きを読む

    1:
    テスラモーターズのイーロン・マスクCEOが「完全自動運転機能の登場はいつになるのだろう?」という質問ツイートに対して、「3カ月以内かもしれない。6カ月以内は確実」と答えました。早ければ2017年前半に完全自動運転カーが登場することになりそうです。

    Tesla to transition from ‘Enhanced Autopilot’ to ‘Fully Self-Driving’ as soon as ‘3 to 6 months’, says Elon Musk | Electrek
    https://electrek.co/2017/01/24/tesla-enhanced-autopilot-to-fully-self-driving-says-elon-musk/

    テスラの電気自動車(EV)は、スマートフォンのようにソフトウェアをアップデートすることで機能を追加・改善することができます。
    例えば半自動運転機能の「オートパイロット」もソフトウェアアップデートで提供された機能で、このため、自動車オーナーは購入時以降もソフトウェアアップデートを通じてEVを進化させられます。

    テスラは近い将来、ドライバーが一切操作することなく自動で運転できるレベル5の「完全自動運転」機能の搭載を明言しており、完全自動運転を見据えて、従来比40倍の性能を誇るNVIDIAのコンピューター「Drive PX 2」や、8つのカメラ、12個の超音波センサーなどに改良された「ハードウェアII」と呼ばれるハードウェアアップデートを行っており、 2016年10月から生産するすべてのEVがハードウェアIIに対応していました。もちろん、旧型車のオーナーもこの新型ハードウェアにアップデートすることは可能です。

    6ヶ月以内にレベル5の完全自動運転機能をリリース!?

    http://gigazine.net/news/20170125-tesla-fully-self-driving-car/

    参考動画
    Autopilot Full Self-Driving Hardware
    https://www.youtube.com/watch?v=PUw_DMaQ264


    Tesla Autopilot Predicts Crash before it happends Compilation [All]
    https://www.youtube.com/watch?v=BfOL7AxWicY



    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485430007/ 【テスラのイーロン・マスクCEO「6ヶ月以内に確実にレベル5の完全自動運転機能をリリースする」】の続きを読む

    1:
     25日午後、東京・江東区で職務質問を受けたトラックの運転手が現場から突然、トラックを急発進させ逃走した。トラックはパトカーとカーチェイスをしながら、約20分後に確保された。

     警視庁によると、25日午後2時20分頃、江東区の路上で停止していた不審なトラックの運転手に警察官が職務質問したところ、トラックは急発進して逃走した。深川警察署に加え城東警察署や本所警察署など近隣の警察署からも応援のパトカー数台を出し、ヘリコプター2機も投入して、連携して挟み撃ちするなど追跡したが、トラックはパトカーに体当たりするなどしながら数キロにわたり逃走を続けた。しかし、約20分後の午後2時44分に、江東区毛利の「猿江恩賜公園」の近くの路上で確保された。

     警視庁はトラックを運転していた若い男を、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。警視庁によると、逃走していたトラックは盗難車だった。盗難車両が見つかり、職務質問したところ、逃走したという。逮捕された運転手の男は20代だという。このトラックを所有する運輸会社は、日本テレビの取材に、トラックが盗まれたと話している。トラックは、会社の駐車場の一番手前に置いてあったという。

    20170125-00000056-nnn-000-thumb

    http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/nnn?a=20170125-00000056-nnn-soci

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1485331961/ 【突然トラック急発進 カーチェイス後に確保】の続きを読む

    1:
    クリス・ブラウン(27)の愛車がスゴイ。まさに「スーパーサイヤ人級」と紹介されている。

    米TMZは、ボンネット部分に、「ドラゴンボール」の主人公である悟空のイラストが入った、クリスの愛車を公開。
    高級車ランボルギーニの変わりぶりを、同メディアは「ドープ(ヤバイ)」と紹介している。

    なお、クリスはかなり熱狂的な日本のアニメファンとしても有名。
    「ドラゴンボール」に関しては、タトゥーにしているほどで、自身のインスタグラムにはしばしばアニメの画像を投稿している。

    http://www.tvgroove.com/news/article/ctg/1/nid/32630.html

    0118-chris-brown-lambo-catch-dragon-ballz-akm-3

    14473993_1116263045131504_2223082610077204480_n

    15403377_104126953422823_2264768132428070912_n

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485256919/ 【人気歌手クリス・ブラウンの愛車(ランボルギーニ)がドラゴンボールの痛車wwwwww】の続きを読む

    1:
    滋賀県の名神高速・多賀サービスエリアにあるガソリンスタンドで、販売された軽油の中に水が混入していたことが明らかになりました。

     ガソリンスタンドの運営会社の発表によりますと、滋賀県にある名神高速道路上りの多賀サービスエリア内のガソリンスタンドで給油機から軽油の出るスピードが遅くなっていたため調査したところ、軽油に水が混じっていたということです。

     この軽油が販売されたのは今月16日と17日で、今のところ給油した車の走行不良やエンジン停止などの不具合は報告されていないということです。

     雪解け水が混入した可能性もあるということで、運営会社は詳しい原因を調べていて、この期間に軽油を購入した人に対しては交換に応じるということです。

    GS0155

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000052-mbsnewsv-l25

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1485230922/ 【水が混入した軽油を販売したGS…まあハイオクだと言ってレギュラー混ぜてるスタンド知ってるけど】の続きを読む

    このページのトップヘ