サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: 名無し募集中。。。 2019/01/21(月) 15:13:31.55 0
    若者は「セダンがキモイ」 クルマの基本形が変わった日本 続々登場する新型国産セダンで潮流変わる?

    数年前に若い女性同士の会話を聞いて驚きました。“タクシー(セダンのこと)の格好って、何だかキモイよね。お尻を突き出したみたいでさ”。
    おそらく彼女はトランクスペースのないクルマを見慣れていて、セダンの外観が奇異なものに感じたのでしょう。

     そしてこの感想には一理あります。ややこしい走行安定性などの話を除いて空間効率的だけを考えると、居住空間の部分で持ち上げた天井を、わざわざ低く下げて独立したトランクスペースを設ける必然性はないからです。

     クルマ業界で生活していると、今でも『セダンがクルマの基本形』という見方をしがちです。
    『セダンがキモイ』など考えもしません。しかし若い人達の間では、このような認識が確実に広まっています。

     最近は、安全に対する関心が高まっていますから、セダンもそのメリットを効果的に訴求できる新しい表現方法を考えるべきです。

     一方で、しばしば使われる『走る楽しさ』は難しいです。クルマに安全を求めても、楽しさには関心の乏しいユーザーも多いからです。

     クルマにはいろいろな価値観があってこそ、幅広いニーズに対応できて、楽しさも生まれます。
    ユーザーの立場に立った訴求方法で、セダンを復権させて欲しいと思います。

     日本のユーザーが、セダンの良さを実感できる新型車の開発も不可欠です。
    セダンが好調に売れた時代に比べると、今のセダンはサイズが必要以上に大きく、価格も高くなってしまいました。
    日本に適したセダンを開発しないで、日本でのセダンの復権を目論むのは難しい気がします。

    car_sedan_s

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010002-kurumans-bus_all

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1548051211/ 【【悲報】若い女「セダンってキモいよねwww」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2019/01/21(月) 14:55:05.44 ID:YqJSvvYa0 BE:422186189-PLT(12015)
    トヨタ自動車とパナソニックが、平成32年に電気自動車(EV)などに使う車載用電池を開発、生産する新会社を共同で設立する方針を決めたことが20日、分かった。EVの心臓部ともいえる電池の高性能化とコスト低減を進め、規模拡大で、影響力を強める中国勢などに対抗する。

    新会社にはトヨタが51%、パナソニックが49%を出資する方向で調整しており、週内に発表する。
    パナソニックの兵庫県や中国・大連の車載電池工場を新会社傘下に移管するほか、大容量で安全性の高い「全固体電池」の開発も行う。

    生産した電池はトヨタ子会社のダイハツ工業や、EVの基幹技術の開発で協力するマツダ、SUBARU(スバル)にも供給する方向。

    ホンダなどにも採用を呼び掛け、生産量を増やして価格競争力を高める。

    車載電池では、中国政府によるEV関連産業の振興策を背景に、寧徳時代新能源科技(CATL)など中国企業が急成長している。

    トヨタは32年以降にEVの導入を本格化し、42年にはEVと燃料電池車(FCV)を合わせて年100万台を販売する計画だ。

    013_o


    http://mag.executive.itmedia.co.jp/executive/articles/1901/21/news063.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548050105/ 【トヨタパナソニックマツダスバル電気自動車が週内にも設立、ホンダにも声は掛けた】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [EU] 2019/01/21(月) 16:47:16.86 ID:YqJSvvYa0 BE:422186189-PLT(12015)
    トヨタ自動車の米国部門は1月19日、新型『スープラ』(Toyota Supra)の量産第一号車が、米国アリゾナ州で開催されたオークションにチャリティ目的で出品され、210万ドル(約2億3050万円)で落札された、と発表した。

    新型スープラの量産第一号車は、ワンオフのカスタムモデルだ。ボディカラーはマットグレーで塗装し、ホイールはマットブラックで仕上げられた。ドアミラーカバーは赤として、アクセント効果を追求する。
    インテリアには赤いレザーを採用し、カーボンファイバー製のエンブレムが装着される。

    また、車体番号は「20201」だ。これは、新型スープラが米国では2020年モデルとなり、その量産第一号車であることを示している。

    この新型スープラの量産第一号車が、米国アリゾナ州で開催された「バレット・ジャクソン」オークションに出品された。
    その結果、210万ドル(約2億3050万円)で落札された。これは、ベース車両の新車価格5万5250ドル(約600万円)のおよそ40倍となる。

    なお、売り上げの全額が、アメリカ心臓協会とボブ・ウッドラフ財団に寄付される予定だ。

    1378343

    https://response.jp/article/2019/01/21/318279.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1548056836/ 【新型『スープラ』1号車チャリティオークション、定価600万円の40倍となる2億3050万円で落札】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/01/19(土) 02:39:08.71 ID:DVNUvrh00
    事件・事故
    愛知県清須市などで、最大で63台のパトカーに追跡された車が衝突事故を繰り返し、18日午後10時現在も逃走を続けています。

    逃げた車は18日午後10時現在、行方がわからなくなっているということです。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190118-00193352-nbnv-l23

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1547833148/ 【【悲報】愛知県警さん、パトカー63台投入した挙句、追跡車両を見失う】の続きを読む

    1: 記憶たどり。 ★ 2019/01/19(土) 05:33:08.83 ID:7QIcR+Ji9
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190119/k10011783361000.html

    車のタイヤがパンクした際、応急の修理剤で補修すると本格的な修理ができなくなることがある一方、こうした注意点があまり知られていないため、国民生活センターは自動車メーカーなどに対し、消費者への周知徹底を要望しました。

    パンクの応急修理剤はタイヤの中に流し込むことでパンクの穴を塞ぐことができるため、スペアタイヤの代わりに車に付属しているケースが増えています。

    その一方で、こうした応急措置をしたタイヤを本格的に修理するには修理剤を洗い流す必要があり、場合によっては修理ができず、タイヤの交換が必要になるケースもあるということです。

    しかし、国民生活センターが国内の自動車メーカー8社にアンケートを行ったところ、こうした注意事項を消費者に説明するよう販売会社に促していたのは3社にとどまっていました。

    実際、全国の消費生活センターには「車に付属している修理剤を使ったのにタイヤの修理ができないのは、納得いかない」といった相談が寄せられているということです。

    このため国民生活センターは、自動車メーカーや自動車の販売会社など5つの業界団体に対し、応急修理剤の使用方法や注意事項を消費者に分かりやすく説明するよう要望しました。

    K10011783361_1901190024_1901190525_01_02

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547843588/ 【タイヤのパンクを応急修理剤で直すと本格修理ができない?国民生活センターが自動車業界に消費者への周知徹底を要望】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2019/01/18(金) 13:22:55.82 ID:jMYwM16A0● BE:842343564-2BP(2000)
    整備不良率は6割に改善、駐車場で検査…東京オートサロン2019
    1/15(火) 16:15配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00000024-rps-soci

    20190115-00000024-rps-000-0-view


    東京オートサロンの会場近くの駐車場で特別街頭検査
    国土交通省関東運輸局千葉運輸支局は、「東京オートサロン2019」が開催されたことから、1月12日22時から1月13日6時まで、幕張メッセ駐車場立体入口で、駐車場に入場する車両を対象に特別街頭検査を実施した。

    東京オートサロンには毎年、違法改造車が集まる。特別街頭検査は不正改造車の排除が目的で、自動車技術総合機構関東検査部、軽自動車検査協会、千葉県警察と連携して実施した。

    四輪車97台の車両を検査し、違法な灯火器の取付け、騒音基準を満たさないマフラー取付け、回転部分の突出、最低地上高不足等の不正改造がされていた58台に対して整備命令書を交付し、改善措置を命じた。整備不良率は59.8%だった。昨年は国道357号線で実施し、4時間で35台を検査し、26台に整備命令書を交付した。整備不良率は74.3%だった。

    整備命令の交付を受けた自動車の使用者は、保安基準に不適合な部分を改善し、運輸支局、自動車検査登録事務所で車両の確認を受けることが義務付けられる。

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1547785375/ 【【DQNホイホイ】東京オートサロン2019に来た車を特別街頭検査…6割が違法改造車】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2019/01/17(木) 07:36:06.16 ID:nlM6E9BQ9
    ◆ トヨタ「プリウス」に三菱「デリカD:5」…残念な“顔”のクルマ増加の深刻な理由

    間もなく発売予定の三菱自動車「デリカD:5」が結構な話題だ。
    12年ぶりというマイナーチェンジにも驚きだけど、超ド派手に激変した「顔」がスゴイことになっている。

    道具感溢れるボディのD:5は、機能的でとてもまとまりのいいスタイルだった。
    それが一転、悪趣味の限りを尽くしたようなギラギラ顔になったのは、「ダイナミック・シールド」と呼ばれる独自のデザイン言語の反映にあるらしい。

    たとえば、パジェロの強靱なバンパーやランサーエボリューションの攻撃的なグリルなど、同社を代表するクルマの特徴をとらえて自車のヘリテージ(遺産)とし、新たなデザイン展開をするという現デザイン本部長の提案だ。
    「シールド=盾」の名前のとおり、実際、最近の三菱車のフロントは厳つい表情が多く、その流れがD:5にも波及した格好。
    けれども、そもそもD:5のボディに盾は必要だったのか?

    で、最近この手の「デザイン言語」的なものがちょっとしたブームになっていて、トヨタ自動車の「キーンルック」、ホンダの「ソリッド・ウイングフェイス」、日産自動車の「Vモーション」など、「顔」をテーマにしたものだけでも実にさまざま。
    そして、なかにはD:5同様の残念な案件が少なくなかったりする。

    たとえばトヨタ。上下左右に引き延ばしたランプやアッパーグリル、「アンダープライオリティ」と称する大口を開けたアンダーグリルの組み合わせが「キーンルック」で、やっぱり同社のデザイン担当役員が提案したもの。
    この「キーンルック」による最近の残念案件といえば、やっぱりプリウスかと。
    アッと驚く縦長ランプの顔がどうにも不評、昨年末に大幅な手術を受けて「ふつう」の顔に近づいたのは、読者の皆さんもご存じだろう。


    (写真)
    三菱自動車・デリカD:5 
    post_26285_02

    トヨタ・新型プリウス
    post_26285_00

    トヨタ・旧型プリウス
    post_26285_01

    ダイハツ・ブーン
    post_26285_03


    全文
    ビジネスジャーナル 2019.01.16
    https://biz-journal.jp/2019/01/post_26285.html
    https://biz-journal.jp/2019/01/post_26285_2.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547678166/ 【トヨタ・プリウスに三菱・デリカD:5…残念な“顔”のクルマ増加の深刻な理由】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2019/01/16(水) 22:26:37.29 ID:L6ooaF+I0 BE:878978753-PLT(12121)
    20190116-10376013-carview-000-2-view

    20190116-10376013-carview-002-2-view

    20190116-10376013-carview-001-2-view

    S20エンジンはOH済み
    近年欧米のオークションではガレージや倉庫から発見されたクルマがそのままの状態で出品されることが増えてきた。
    俗に「ガレージ・ファインド」と呼ばれるもので、時の流れを止めてしまったクルマなのだが、オリジナルの状態を保っていることからレストア・ベースとして珍重されている。

    東京オートサロン・オークションに姿を現したフェアレディZ432は、別の理由で時の流れを止めてしまったクルマといえる。
    前オーナーがレストレーションを行う予定でショップにボディの修復を依頼したものの何らかの理由で中断してしまい、仕掛りの状態で寝てしまったまま出品された。

    一方エンジンは別のショップにオーバーホールを依頼し、こちらは予定通り仕上がったのだが、積むべきボディが出来上がらずそのまま保管されていたという。

    日本版バーンファインドカー
    このほかレストア済みの純正マグネシウム・ホイールも付属するだけに、ジャンク・コンディションながら価値は高いと言えた。

    予想落札額も300~500万円と実質エンジンとホイール代ともいえる額だったことから熱い入札が続き、最終的に770万円(手数料込)で決着がついた。自身ですべてを確認しながらレストレーションを行うエンスージァストには絶好の1台といえよう。

    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20190116-10376013-carview/

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1547645197/ 【腐ってもフェアレディZ432 この状態でオーディション 770万円で落札】の続きを読む

    1: 替刃 ★ 2019/01/17(木) 11:55:54.90 ID:DYpAT4pH9
    001 (5)


    政府は17日午前、天皇陛下の譲位と皇太子さまの新天皇即位に伴う一連の儀式のあり方を検討する「式典委員会」(委員長・安倍晋三首相)の第3回会合を官邸で開き、国民に新天皇の即位を披露するパレード「祝賀御列の儀」で使う車にトヨタ自動車のセンチュリーを採用した。

    祝賀御列の儀の使用車は安全性や環境性能などを重視し、日産自動車や英ロールスロイス社、ドイツのBMW社など国内外大手から絞り込んだ。

    https://www.sankei.com/life/news/190117/lif1901170024-n1.html

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547693754/ 【パレードにはトヨタ・センチュリーを採用 皇位継承式典委員会】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/01/14(月) 21:45:29.81 ID:RpFo+j0j9
    https://www.cnn.co.jp/style/autos/35126093.html

    ハイテクを忍ばせたビンテージカー、枯れた車に先端技術を搭載

    2019.01.14 Mon posted at 18:51 JST

    ビンテージカーの愛好者は、車の往年の輝きを取り戻したいと考える人が大半だ。しかしジョナサン・ワード氏の場合、枯れた車の美しさを尊重してそのままに保ちつつ、ボンネットの下には秘密のハイテク仕様を忍ばせている。

    ワード氏は米カリフォルニア州に拠点を置くアイコン社の創業者。同社ではトヨタ「FJクルーザー」やフォード「ブロンコ」といったSUV(スポーツ用多目的車)の名車に現代的なテクノロジーや装置を搭載してよみがえらせている。

    これが今でも同社の事業の大部分を占めるが、ワード氏は別の一風変わったプロジェクトにも情熱を注いでいる。ビンテージカーを引き取りつつも、製造当時の外観や走行仕様を復元するのではなく、年を経た枯れ具合はそのままに最先端の乗り心地を実現するーーというものだ。同氏はこのプロジェクトを「デレリクト」と呼んでいる。

    「デレリクト・シリーズの趣旨は、多くの労力を注ぎつつ何も手を加えなかったかのように見せることだ。時間の経過で生じる色合いを通してのみ可能な美を捉えたい。あらゆる傷やへこみに物語があるからだ」

    いずれの依頼も唯一無二のもので、顧客の中には米アップルの最高デザイン責任者、ジョナサン・アイブ氏もいるとうわさされている。ひとたびコンセプトが固まると、こうした特殊なモデルの車を見つける作業の始まりだ。

    「ゴーサインが出た段階で、こうした車の発見を手伝ってくれる『ハンター』たちと連絡を取る。単純にインターネットに広告を出す場合もあれば、人々のガレージに出入りする宅配便会社の従業員と協力したり、どこに何が眠っているのかを知る消防士に依頼するケースなど、あらゆる手段を使う。彼らには手数料を支払い、我々の側で車両をこちらに運んでくる」
    (リンク先に続きあり)

    derelict-driving-middle1

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1547469929/ 【ハイテクを忍ばせたビンテージカー、枯れた車に先端技術を搭載】の続きを読む

    このページのトップヘ