サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > 話題・ニュース

    1: ◆qQDmM1OH5Q46 2016/08/27(土)12:49:32 ID:???
    disp_pic2

     中国メディア・今日頭条は23日、「660ccの小排気量で、なぜ日本国民はノロマさに嫌気がささないのか」とする記事を掲載した。記事は、日本自動車協会が15年に発表したデータで、日本の家庭で保有する軽自動車の割合が54%に達したことを紹介。中国では排気量の大きい車が好まれ、最低でも800ccの排気量で660ccなど問題外であることを説明したうえで、日本でなぜ「非力な自動車」が愛されるのかと疑問を提起した。

     その答えとしてまず、ダイハツが発売する軽自動車・コペンのスペックを紹介。659ccの排気量ながらもターボエンジンによって最大出力は68馬力を実現、0-100メートル加速がわずか11.7秒、最高時速142キロメートルであるとし、「エアコンを付けて120キロで走っても問題ない」、「小排気量と低スピードはイコールではない」と説明した。

     さらに、日本の家庭で小排気量の自動車を使う場合、定員いっぱいに乗ることはなく、1人で買い物したり、子どもを迎えに行ったりすることから、パワー的には十分であるとも指摘している。

    記事はまた、コンパクトで低価格、維持費も安く、大きな排気量の自動車を持っていてもステータスにならないという社会観念、そして比較的長い時間を持つ小排気量自動車に対する「はっきりと言い表すことのできない愛着」も、日本国内における軽自動車人気を支えていると論じた。

    続き サーチナ
    http://news.searchina.net/id/1617391?page=1

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1472269772/ 【「軽」は排気量660cc未満? そんな車に乗ってて、日本人はかったるくないのか?=中国メディア】の続きを読む

    1: 新規スレッド作成依頼1035-619@チンしたモヤシ ★ 2016/08/27(土) 15:08:39.87 ID:CAP_USER9.net
    ザックリ

    ドイツ国内基準ならアウトバーン(速度無制限高速道路)仕様なので安全水準がハンパない。
    日本側のヤナセ(輸入業者)のアフターサービス、整備技術が特別に優れてる。
    新車3年無料整備修理保障でも、修理が少ないからドイツの会社は平気平気。
    10万キロ超えでも、ちょっと高いがBMWが保障したやりかたの整備なら中古車でも中身は新品同様。
    ドイツは事故ると、自動車メーカーの社員が自ら事故現場に駆け付ける。

    詳しくはリンク先


    ベンツ、BMW…日本人がドイツ車にひかれるワケ
    モータージャーナリスト 御堀直嗣
    読売 2016年08月25日 14時30分
    http://www.yomiuri.co.jp/fukayomi/ichiran/20160825-OYT8T50040.html

    disp_pic2

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1472278119/ 【ベンツ、BMW…日本人がドイツ車にひかれるワケ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/24(水) 13:30:43.86 ID:CAP_USER.net
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/160824/bsa1608241237005-n1.htm

    p100d-announcement


     米電気自動車メーカーのテスラ・モーターズは23日(日本時間24日)、主力セダン「モデルS」 でバッテリー性能を高め、時速60マイル(約97キロ)まで2・5秒で到達するスーパーカー並みの加速が可能なタイプの販売を米国や日本などで始めた。

     2・5秒より短いのはフェラーリ(イタリア)の「ラ フェラーリ」など一部のスーパーカーに限られるという。タイプ名は「P100D」で充電1回当たりの走行距離は欧州基準で613キロに達する。2・5秒での加速を可能にした車両は、日本での価格が1595万2千円。(共同)

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1472013043/ 【テスラ「モデルS」の新バージョンを発表…スーパーカー並みの加速を実現!】の続きを読む

    1: ニライカナイφ ★ 2016/08/21(日) 11:57:24.73 ID:CAP_USER9.net
    ◆テスラ・モデルSでバッテリーが原因とみられる炎上事故発生、わずか5分で車体全焼

    フランス南西部でテスト走行中だったテスラモータースの「モデルS」が炎上するという事故が発生しました。
    原因はバッテリーとみられ、幸いにもケガ人は出なかったとのこと。

    Tesla Model S battery bursts into flames, car “totally destroyed” in 5 minutes | Ars Technica UK
    http://arstechnica.co.uk/cars/2016/08/tesla-model-s-france-battery-fire/

    snap0557

    この事故で炎上しているモデルSの映像がTwitterで公開されています。

    事故は幹線道路をテスト走行していた時に発生。
    運転手によると「大きな音」がしたあと警告メッセージが表示され、同乗していたテスラの社員から車を止めるように言われたとのこと。

    乗車していた4人が降りると、1分も経たないうちに車は炎に包まれ、5分後には全焼していたそうです。

    これまでもモデルSでは搭載しているリチウムイオンバッテリーが原因とみられる炎上事故が起きているのですが、それらはいずれもバッテリーに強い衝撃が加わったあとに発生していて、対策としてテスラは2014年にモデルSの車体に追加のシールドを取り付けていました。

    今回の事例は、何らかの障害物がシールドを貫通してバッテリーにダメージを与えたか、あるいは車の駆動系統そのものに突発的な故障が発生したかだと考えられています。

    ※ソースに動画があります

    GIGAZINE 2016年08月19日 13時09分00秒
    http://gigazine.net/news/20160819-tesla-model-s-battery-burst/

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1471748244/ 【テスラ・モデルSの炎上事故、わずか5分で車体全焼した模様】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/20(土) 15:22:34.71 ID:CAP_USER.net
    http://toyokeizai.net/articles/-/131895

    img_79da05d4ebf028630_s


    ある土曜の午前9時すぎ、北九州市小倉北区中心部のコインパーキング。マイカーを出そうとした会社員男性(28)は、精算機の「7500円」の表示に絶句した。

    管理会社「間違いありません」
    前日の夜8時すぎ、急な飲み会に誘われて車で駆けつけ、この駐車場に入庫。看板の料金表を見て「翌朝に出庫すれば1000円程度で済むだろう」と思った。

    納得できず、管理会社に電話したが「間違いありません」と返されたという。

    問題の駐車場を訪ねてみた。看板を見ると「最大料金」は、大きな赤文字で「900円」と「300円」。それぞれの金額の上には「月~金8時~24時」「月~金24時~8時」と表示されている。その下に、青地に白抜きで「上記最大料金は土・日・祝・祭日は除く」。さらにその下に「通常料金」が書かれ、25分間で「平日200円」「土日祝日300円」とある。

    条件を元に、金曜夜~土曜朝に駐車した男性の料金を計算してみた。日付が変わった土曜の午前0~9時(540分間)は、単位料金(25分ごとに300円)が計22回課金されることになる。

    つまり、「金曜夜の駐車代」が900円▽「土曜未明~午前分」が「300円×22回」で6600円で、総額7500円。請求額に間違いはない。

    飲酒運転の取り締まりが強化される中、街中の空き地を転用して激増したコインパーキング。国民生活センター(東京)によると、コインパーキングの料金表示関連の相談は2008年に108件だったのが、2013年には313件に増加。その後2年も300件近いペースで、「最大料金○○○円」をうたう看板に関する苦情が最も多いという。

    センターは、業界団体「日本パーキングビジネス協会」に利用者に分かりやすく掲示するように要望。協会側は2014年、「文字の大きさを30ミリ以上とする」ことなどを盛り込んだガイドラインをつくった。それでもトラブルが相次ぐ現状は、料金表示を巡る事業者と利用者間の“認識のズレ”を埋めるのが、容易ではないことを示しているのか……。

    ともかく、“花金明け”の高額請求を避けるには、「できる限り条件を確認してから駐車する」(国民生活センター)姿勢が、欠かせないようだ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471674154/ 【1晩で7500円!駐車場「料金トラブル」の実態】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/18(木) 22:27:11.82 ID:CAP_USER.net
    http://autoc-one.jp/news/2854331/

    001_o (3)


    光岡自動車は、新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」を発表し、8月22日(月)より発売する。価格(消費税込)は、 1026万円~1104万8400円となる。

    なお、8月22日(月)から24日(水)までの3日間、東京ビッグサイトで開催されるエンディング産業展2016(ENDEX)の会場で、新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」の初お披露目を行う。

    新型霊柩車「ヴェルファイアグランドリムジン」車両概要
    トヨタのミニバン「ヴェルファイア」をベースに全長を1,400mm延長したファミリータイプの洋型霊柩車
    全長×全幅×全高:6335mm×1850mm×1930mm

    排気量:2493cc

    駆動方式:2WD(FF) / 4WD

    乗車定員:5名

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471526831/ 【光岡自動車、高級ミニバン「ヴェルファイア」をベースにした霊柩車を発売】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/18(木) 10:01:26.84 ID:CAP_USER.net
    http://jp.autoblog.com/2016/08/17/tesla-model-s-fire-france-test-drive/

    Tesla+Model+S+catches+fire+in+France+during+test+drive

    フランスでテスト走行をしていたテスラ「モデルS」が炎上したらしいという情報が入ってきた。このニュースは最初に米国の掲示板サイト『Reddit』に投稿され、我々は詳細を確認中だ。現時点では、恐らくメッセンジャー・アプリ「WhatsApp」を使って撮影されたであろう解像度の低い画像と、オンライン・フォーラムで交わされる推測による情報から判断するしかない。『Reddit』に画像を投稿した人物のコメントによると、このテスラSのテスト走行中に
    "充電の問題発生"というメッセージが表示されたため、ドライバーはクルマを停止させ、乗っていた3人は無事に避難できたという。

    今のところテスラは、「当社はこの事故の事実を立証するため当局と連携しており、全面的に協力しています。
    乗車していた方は全員無事です。彼らは事故が起こる前に、クルマから無事に脱出できました」というコメントだけ出している。

    また1台、テスラ車が燃えた(驚かないでほしいが、ガソリン車もEVと同じように引火性がある)。
    E. W. ニーダーマイヤー(@Tweetermeyer)2016年8月15日


    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471482086/ 【テスラ「モデルS」がフランスでテスト走行中に炎上か】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/17(水) 18:51:40.14 ID:CAP_USER.net
    http://toyokeizai.net/articles/-/131697

    わたくし、TKO木本武宏が、複雑な現代の世の中についてその道のエキスパートに教えを乞う対談
    。第6タームの先生は、瀧本哲史さん。京都大学で「意思決定論」や「起業論」の授業を行うなど、日本のこれからを担う若者たちの教育に携わりながら、個人投資家として将来性のある企業への投資活動もしています。二回目は、世界を変えていく新しいモノとは何か?について伺いました。

    (中略)

    木本:科学が発達すると、今後石油が枯渇しても、新しいエネルギーが生まれて心配がいらない時代が来るんでしょうか。

    瀧本:その研究をしている人もいます。たとえば水素エネルギーは可能性があります。電気自動車やっているアメリカのテスラ・モーターズは「ありえない」といって、水素自動車をディスって(=侮辱して)いますが、トヨタは一生懸命やっていて、もしかしたら大化けするかもしれないのが水素自動車なんです。

    img_666d5bba2bb14aebe7dd77c1dd18e5f31617743

    木本:水素自動車の「ミライ」ですよね。僕も福岡でトヨタが実用化しているタクシーに乗りました。
    確かに速いし、なによりも運転手さんが、「すごいクルマに乗っている」とキラキラした笑顔で説明してくれました。
    新しいものって人のテンションを上げていくんですよね。独特のエネルギーを感じました。

    瀧本:新しいヘンなモノって、新しいモノに面白がって飛びつく元気な人たちがいるから成り立つんです。
    こういう人達はやや軽率な人なんですが、そういう人たちがいないと新しいモノははじまらないんです。

    木本:僕も、軽率な人間です。すぐ「いいな」と思って手を出しますね。試してダメな時もあるんですけれど。

    瀧本:クラスに2、3人はヘンな人間がいるじゃないですか。調子に乗ってケガするヤツとか。でも、「ファーストペンギン」といいますが、最初に海に飛び込む人が世界を変えてきたんです。

    木本:僕はそういうタイプでしたね。ということは、世界を変える可能性はゼロではない?

    瀧本:そうです。たとえば、スマホで見られるテレビ番組には、明らかにミライが来ているわけです。振り返れば、テレビだって最初はバカにされていたんですよ。娯楽の王様は映画で、「テレビなんて誰も見ないし、広告も入らない」といわれていた。

    一流のスターは出演しなかった時代があるんです。仕方ないから新人を使っていたら、次の時代にはその人たちがスターになっていった。

    (続きはサイトで)

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471427500/ 【水素自動車は、実は大化けするかもしれない 「バカにされた技術ほど思わぬ化け方をする」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/08/16(火) 10:29:04.69 ID:CAP_USER.net
    http://jp.autoblog.com/2016/08/14/the-most-stolen-cars-in-america-for-2015/
    テクノロジーが進歩したおかげで、全般的に自動車の盗難件数は減少してきている。しかし、全米保険犯罪局(NICB)が毎年公開する最も多く盗難されたクルマのリストのトップには、毎年同じようなクルマがランクインしている。NICBは2015年のデータを発表したが、中には意外なクルマもあった。

    中略

    3位 2006年型フォード「Fシリーズ」(2万9,396件)
    盗難件数2万9,396件で第3位となったのは、2006年型フォード「Fシリーズ」。米国で最も売れたクルマの1つであることを考えると、泥棒が手を出さないわけがないだろう。2004年にモデルチェンジされた11代目は、当時の北米カー・オブ・ザ・イヤーのトラック部門で最優秀賞を受賞している。

    2位 1998年型ホンダ「シビック」(4万9,430件) 
    2位となった1998年型ホンダ「シビック」の2015年における盗難被害は、なんと4万9,430件に上る。シビックは毎年、盗難被害が多く、上位にランクインしているモデルだ。どんなクルマよりも信頼性や人気が高いことが要因と考えられる。

    1998-honda-civic-coupe-hx-fq-oem-1-500-2

    米国でも最も販売が成功しているモデルの1つであり、運転しても満足度が高い。しかし、このシビックを超える盗難件数を叩き出し、泥棒が愛してやまないモデルが他にある。 
     
    1996-accord-5th-generation-1-2

    2015年の盗難件数で5万2,244件を記録し、米国で最も盗難被害に遭ったクルマは1996年型ホンダ「アコード」だ。 アコードは、毎年この盗難車ランキングの1位に入っている。2016年はアコードの40周年にあたるため、ホンダはこれを記念して、初代からの偉大な歩みを映像や画像にまとめて公開した。この40年で1,270万台以上売れたとなれば、それだけ多くの台数が盗まれるのも当然といえようか。 

    以下が2015年の米国における盗難車トップ10とその台数だ。 

    1位:1996年型ホンダ「アコード」(5万2,244件) 
    2位:1998年型ホンダ「シビック」(4万9,430件) 
    3位:2006年型フォード「Fシリーズ」(2万9,396件) 
    4位:2004年型シボレー「シルバラード」(2万7,771件) 
    5位:2014年型トヨタ「カムリ」(1万5,466件) 
    6位:2001年型ダッジ「ラム」(1万1,212件) 
    7位:2014年型トヨタ「カローラ」(1万547件) 
    8位:2015年型日産「アルティマ」(1万374件) 
    9位:2002年型ダッジ「キャラバン」(9,798件) 
    10位:2008年型シボレー「インパラ」(9,225件) 

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1471310944/ 【2015年に米国で最も多く盗まれたクルマ 1位「アコード」 2位「シビック」】の続きを読む

    1: グロリア(庭)@\(^o^)/ 2016/08/12(金) 23:51:43.76 ID:uB5GtN0d0.net BE:758283585-PLT(12000) ポイント特典
    http://jp.autoblog.com/2016/08/07/saudi-prince-bugatti-chiron-vision-gran-turismo/

    最高出力1,500ps、価格250万ドル(約2億5,400万円)というブガッティの新型スーパーカー「シロン」は、まだ販売も始まっていなければ、生産も開始されていない。

    つまり現在、このマシンを手に入れることは不可能というわけだ。しかし、このクルマに加えさらにもう1台、未発売のワンオフモデルを手に入れた人物がいる。サウジアラビアのバドル・ビン・サウード王子だ。

    バドル王子は、昨年9月にフランクフルト・モーターショーで公開されたコンセプト・モデル「ブガッティ ビジョン グランツーリスモ」と、今年2月のジュネーブ・モーターショーでデビューした「シロン」が並んでいる写真を、自身のInstagramに投稿。

    これは写真家のジョージ・F・ウィリアムズ氏が撮影したもので、彼のFacebookページにも写真がたくさん掲載されている。

    この2台に王子が一体いくら払ったのかは不明だが、自動車情報サイト『Carscoops』では、市販車の車両価格に基づくと500万ドル(約5億1千万円)は超えるだろうと推定している。

    この記事によると、ブガッティは「王子が最も高値を提示した」と語ったそうで、他にも関心を示した人物がいたことを仄めかしているという。

    2台とも市販化前のコンセプト・モデルであるものの、ブガッティ製の8.0リッターW16クワッドターボ・エンジンが搭載されているとのこと。

    走行可能なのかは不明だが、写真を見るとサウジアラビアのナンバープレートが付いている。実際に走らないとしても、ため息が出るほど魅力的なディスプレイになるだろう。

    chiron-twins-2-1

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1471013503/ 【サウジ王子、未発売の超高級車(2億5000万円)をお買上げ】の続きを読む

    このページのトップヘ