サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ホンダ

    1:
    2018-Rezvani-Beast-Alpha-Price-4

    2018-Rezvani-Beast-Alpha-Price-1

    2018-Rezvani-Beast-Alpha-Price-3

    https://youtu.be/wD2IT3e4qNI



    昨年アメリカ・カリフォルニアの新興ブランド「Rezvani Motors」から発表されたロータスのアルミフレームをベースにホンダの2.4LのK型エンジンを搭載し、500馬力を発生する最強のホンダK型エンジン「ビースト アルファ」が、2018年モデルのアルファをリリースしました。

    2018年モデルのビースト アルファのパワートレインは先代ビーストより搭載されているHONDAのK24エンジンが2.5Lへ排気量を上げ搭載されています。

    Rezvani / Cosworthによって手が加えられたエンジンは、ピストン、コンロッド、バルブなど内部パーツも強化されており、Rotrex製スーパーチャージャーによって最大出力400馬力に達し、車重は755キロと超軽量。0-100を3.5秒で走る性能を与えられています。

    0-60 MPH 3.5秒
    Rezvani / Cosworth K型 2.5 Lスーパーチャージャー
    400馬力
    6速マニュアルギアボックス or シーケンシャル オプション

    アルミシャーシ/コンポジットボディ
    重量:755kg
    全長:4,145 mm
    全幅:1,981 mm
    ホイールベース:2,345 mm
    https://honda-connect.com/archives/10845

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495104320/ 【1000万円のホンダVTECマシン、ビーストアルファがリリース!!】の続きを読む

    1:

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494421572/ 【ホンダS1000&S2000きたーーー!!! ※なおソースは】の続きを読む

    1:
    N-BOX 14か月連続トップ 4月車名別

    全国軽自動車協会連合会が発表した4月の軽四輪車通称名別新車販売台数(速報)によると、ホンダ『N-BOX』が1万2265台(前年同月比4.9%増)を販売し、14か月連続トップとなった。

    1位:N-BOX(ホンダ)1万2265台(4.9%増)
    2位:ムーヴ(ダイハツ)1万2004台(159.7%増)
    3位:タント(ダイハツ)1万1926台(8.5%増)
    4位:ワゴンR(スズキ)9654台(74.2%増)
    5位:デイズ(日産)9193台(274.8%増)
    6位:スペーシア(スズキ)7457台(9.1%増)
    7位:アルト(スズキ)7076台(12.4%減)
    8位:ハスラー(スズキ)5405台(19.1%減)
    9位:N-WGN(ホンダ)5016台(6.3%減)
    10位:ミラ(ダイハツ)4047台(15.5%減)

    https://carview.yahoo.co.jp/news/market/20170509-10264859-carview/?mode=full

    20170509-10264859-carview-000-1-view


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1494327092/ 【モデル末期のN-BOXが売れすぎwwwwwwwww】の続きを読む

    1:
    1179197

    1179234

    1978年、ホンダのフラッグシップスポーツとしてデビューした2ドアスペシャリティカー、「プレリュード」が復活する可能性があることが分かった。

    プレリュードは、1982年に2代目が発売されると人気が爆発。当時国産車では珍しいワイド&ローボディに、スーパーカー的リトラクタブルヘッドライトが女性にも受け、最強デートカーと言わしめた。

    その後、斬新な「4WS」(4輪操舵システム)を装備した3代目、スポーツクーペに成長した4代目、夜空を眺めるカップルにはかかせない、サンルーフが復活した5代目が2001年に生産終了するまで、実に23年間もホンダを支えた人気車種だった。

    その伝説のデートカーの後継モデルをCGで予想してみた。

    低く長いフロントノーズを残し、NSXの意匠を継ぐフロントマスクに宝石のように美しいジュエルアイLEDヘッドライト、スピード感あふれるプレスライン、エアインテークを装備したグラマラスなリアフェンダー、Aピラーからリアへ流れるような美しいルーフラインを描いた。これならば女子受けも間違いない。

    パワートレインは、2リットル直列4気筒T-TEC TURBOガソリンエンジンで、最高馬力はライバルのトヨタ「86」を凌駕する240ps程度と予想する。

    目指す世界デビューは2019年、東京モーターショーか。

    https://response.jp/article/2017/04/26/294031.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1493208015/ 【ホンダ「プレリュード」復活へ】の続きを読む

    1:
    シビックType-Rに、別グレードType-R Touring(以下RT)の存在。
    これは北米専用の豪華仕様で、秋登場のベースグレードに先駆けてアメリカのみで販売される。
    既に北米販売価格が3万ドル半ばと発表されているのもこのRTの価格と思われ、ベースグレードはもう少し安くなるようだ。

    Civic-Type-R-models

    http://techsplaining.org/2017/04/20/honda-civic-type-r-how-do-i-get-one/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492955278/ 【ホンダシビックタイプR、価格を抑えたベースグレードの存在が明らかに…豪華グレードは3万ドル半ば】の続きを読む

    1:
    ホンダの海外向け高級車ブランド、アキュラは4月6日、3月および2017年第1四半期(1~3月)の中国における新車販売台数が、ともに新記録を達成した、と発表した。

    アキュラの3月の中国新車販売台数は1045台。前年同月に対して、およそ5倍と大きく伸びた。
    車種別実績では、新型コンパクトSUVの『CDX』が900台と最量販車に。同車はホンダ『ヴェゼル』をベースに、アキュラブランド向けの内外装を採用した中国専用車。

    1175954

    https://response.jp/article/2017/04/18/293651.html

    1.5Lターボ
    最高出力180ps
    最大トルク24.5kgm
    8速トルコン付DCT
    全長4495mm
    全幅1840mm
    全高1600mm

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492510971/ 【ホンダの高級ブランド「アキュラ」販売数5倍増…1.5Lターボ+8速DCTの小型SUV「CDX」が大ヒット】の続きを読む

    1:
    1172489

    ホンダは、『ヴェゼル』および『ヴェゼル ハイブリッド』の2016年度(2016年4月~2017年3月)販売台数が7万3583台となり、暦年に続き年度でも、3年連続でのSUV新車販売台数第1位を獲得したと発表した。

    2013年12月に発売したヴェゼルは、SUVの力強さ、クーペのあでやかさ、ミニバンの使いやすさ、さらには高い燃費性能など、ジャンルの枠を超えた価値を高い次元で融合。

    まったく新しいクルマとして幅広い層の支持を得ている。2016年2月には、「ホンダセンシング」を全タイプで設定するなど、商品の魅力を向上させている。

    ヴェゼルは、2014年暦年(1月~12月)、2014年度(2014年4月~2015年3月)、2015年暦年(1月~12月)、2015年度(2015年4月~2016年3月)、2016年暦年(1月~12月)でもSUV新車登録販売台数で1位となり、発売以来の累計販売台数は26万台を超えている。

    http://response.jp/article/2017/04/07/293248.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491617365/ 【ホンダ ヴェゼル、SUV新車販売台数で3年連続トップ】の続きを読む

    1:
    ホンダは4月6日、新型『シビック Si』の量産モデルを米国で発表した。

    シビック Siは、米国向けの新型『シビック』に追加設定された高性能グレード。ボディタイプは、4ドアセダンと2ドアクーペの2種類。

    パワートレインは、直噴1.5リットル直列4気筒ガソリンターボをチューニングして搭載。最大出力174hpから205hpへ、最大トルクは22.4kgmから26.5kgmへ、31hp、4.1kgm強化された。

    トランスミッションは、ショートストロークの6速MT。足回りは、ダンパーやスプリングを強化。フロントのアッパーコントロールアームや前後のブッシュは、新型『シビック タイプR』と共用している。

    http://response.jp/article/2017/04/07/293220.html

    1172277

    1172278

    1172279

    1172280


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491567653/ 【ホンダシビックSi登場! 1.5Lで205馬力、6速MTのみ】の続きを読む

    1:


    2019年に岩手県釜石市でも開催されるラグビーワールドカップを記念した車のナンバープレートの交付が3日全国で始まりました。県内でも事前に申し込んでいた人がさっそく受け取りに訪れました。

    http://news.ibc.co.jp/item_29755.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1491391087/ 【白ナンバーのS660…】の続きを読む

    このページのトップヘ