サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ホンダ

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ソマリ(兵庫県) [MX] 2023/01/10(火) 22:58:57.97 ID:peCi1IDx0● BE:423476805-2BP(4000)
    ホンダはティザースケッチを一枚公開した。「All-New SUV」として、全く新しいSUVであることが強調された。
    これは、2021年にインドでの商標登録が確認されたものの、未だ商品化されていない「エレベート」である可能性がある。

    a6wwqsz

    「All-New SUV」は、バンコクにあるホンダ R&D アジアパシフィックが、インド市場に向けてデザインしたもので、2023年夏のワールドプレミアが予告された。
    インドだけでなく、日本発売の可能性が高いモデルとしても注目される。

    ホンダは、2021年11月の時点で「ELEVATE」のモデルネームをインドで商標登録していた。
    今回公表された新型SUVのモデルネームとして使われるかどうかは定かではないが、その語意からは登坂性能の高さをイメージさせ、SUVモデルの呼称として相応しいものと考えられる。
    また、「ELEVATE」は、インドネシア先行導入の3列シートSUV「BR-V」の、インド車名として使われるという説もあった。
    その後、「ELEVATE」のモデルネームは、2022年10月4日付けで、日本国特許庁にも商標出願された。
    (つづきあり)
    https://car-research.jp/elevate/honda-suv-s.html

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1673359137/ 【【朗報】ホンダが新たにSUVを発売か?「エレベート」商標出願】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2023/01/05(木) 17:51:55.55 ID:HAWqHIem0
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6449716

    ソニーとホンダの新EVブランド「アフィーラ」発表 新型EVプロトタイプを「CES2023」で世界初公開

    1月4日(現地時間)、米国ネバダ州ラスベガスで開催されている「CES2023」において、ソニーとホンダの合弁会社であるソニー・ホンダモビリティは新ブランド「アフィーラ(AFEELA)」を発表、開発中の新型EVが世界初公開された。
    YAPaIOL

    bG7xnTJ

    ccOdePN

    引用元 https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1672908715/ 【【朗報】ソニーとホンダが開発中のEVがカッコいいwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2023/01/04(水) 18:37:04.060 ID:36AcKNVMd
    wU0QMC7

    引用元 https://mi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1672825024/ 【【悲報】ホンダさん、B○Wみたいな車を出してしまうwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2022/12/25(日) 20:59:38.73 ID:bnEMwRMb0XMAS
    【急募】ホンダの強み

    Type-R_logo-BM-630x419

    引用元 https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1671969578/ 【トヨタ「ハイブリッド!」日産「電気!」マツダ「デザイン!」三菱「PHEV!4WD!」ホンダ「…」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: ダークマター(光) [ニダ] 2022/12/12(月) 19:20:26.60 ID:hUFiUu400● BE:971283288-PLT(14001)
    ホンダは日本で生産・販売を終了したミニバン「オデッセイ」について、中国の合弁工場で生産したモデルを輸入し、2023年度中に再販売する方針だ。

    国内の自動車大手が中国産の自動車を国内向けに輸入・販売するのは初めて。


    ※販売を終了した国内向けのオデッセイ
    K0000590660_0040

    https://www.yomiuri.co.jp/economy/20221212-OYT1T50157/

    引用元 https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1670840426/ 【【悲報】ホンダオデッセイ、中国製になって復活する模様wwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: チミル ★ 2022/12/07(水) 21:15:06.85 ID:bVPJ8U799
    001_o (3)

    本田技研工業は12月7日、軽バン「N-VAN(エヌバン)」をベースとした新型軽商用EV(電気自動車)を2024年春に発売すると発表した。

    …中略

    EVにおいて課題となる航続距離についても200kmを目標としており、商用利用はもちろん、日々の買い物や通勤・通学、趣味活用などに対応する実用性を兼ね備える。また、価格についてもガソリン車と同等の100万円台からの設定とすることで、カーボンニュートラルの実現に向けてEVの普及を進めるとのこと。


    ※引用ここまで。全文は下記よりお願いいたします。
    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1461789.html

    引用元 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1670415306/ 【【朗報】ホンダ「N-VAN」ベースの軽商用EVを200万以下で発売する模様】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2022/12/02(金) 20:12:47.82 ID:19rW0ylF0
    なお日本未発売
    UOfEXu9

    Mv2oXGj

    引用元 https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1669979567/ 【ホンダが発売したこのSUVがカッコいいwwwwwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: それでも動く名無し 2022/11/29(火) 22:02:50.23 ID:7IDE/7nbdNIKU
    ホンダ最後のヒット作

    K0000606703



    引用元 https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1669726970/ 【ヴェゼルとかいう一時期はSUVの覇者だった車wwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    2: それでも動く名無し 2022/11/26(土) 09:01:52.84 ID:0RJkxXtZM
    FiOy-kzaYAAlPhV

    FiOy-ktaUAMDtb_

    FiAkXFOUoAEaU0k

    引用元 https://nova.5ch.net/test/read.cgi/livegalileo/1669420890/ 【【朗報】ホンダの新しいSUV、実車みるとガチでカッコイイwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 自治郎 ★ 2022/11/17(木) 22:15:17.63 ID:yarmMKBQ9
    本田技研工業は2022年11月17日、新型SUV「ZR-V」を2023年4月21日に発売すると発表した。

    ZR-Vは、ホンダのSUVラインナップにおいてコンパクトSUV「ヴェゼル」とミドルクラスSUV「CR-V」の間に位置するCセグメントの新開発SUVで、2022年9月に予約受け付けを開始していた。

    開発コンセプトは「異彩解放」。SUVのコア価値である“実用性”や最新の安全装備と衝突安全性能が生み出す“信頼感”、そして異彩を放つ存在感のある“デザイン”、爽快かつ快適な“走り”を高い次元で兼ね備えるモデルとして開発されたという。

    エクステリアデザインは、ボリュームがあり滑らかな面で構成される。フロントフェイスは、横長でシャープな形状のヘッドランプと縦基調のフロントグリルが目を引く。ボリュームを持たせたボディー下部と、上方を絞り込んだワイドトレッドを強調したスタンスもZR-Vの特徴である。

    ボディーサイズは全長×全幅×全高=4570×1840×1620mm、ホイールベース=2655mmと発表されている。

    インテリアは造形の美しさを際立たせ、機能的で上質な室内空間を目指したという。左右に広がる水平基調のインストゥルメントパネルや、運転席と助手席の間に設けられたハイデッキセンターコンソールを採用。多彩な収納スペースも用意されている。ドライバーの足元からヒップポイントまでの高低差を小さくすることでクルマとの一体感を高めたドライビングポジションを実現し、後席は体を預けられるセダンライクな乗車姿勢とするなど、パッケージングにも注力されている。

    パワーユニットは2種類。…

    (中略、詳細はソースでご確認下さい)

    ボディーカラーは新色の「プレミアムクリスタルガーネット・メタリック」や同「ノルディックフォレスト・パール」を含む全7色が設定される。

    ラインナップと価格は以下のとおり。

    【e:HEV】
    ・X:329万8900円(FF車)/351万8900円(4WD車)
    ・Z:389万9500円(FF車)/411万9500円(4WD車)

    【純ガソリンエンジン車】
    ・X:294万9100円(FF車)/316万9100円(4WD車)
    ・Z:354万8600円(FF車)/376万8600円(4WD車)

    (webCG)

    img_6eada140ad9e1a77657cc131c07ab237230419


    2022.11.17
    https://www.webcg.net/articles/-/47306

    引用元 https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1668690917/ 【【なにかに似てる…】ホンダが新型SUV「ZR-V」を正式発表!!】の続きを読む

    このページのトップヘ