サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ホンダ

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2019/02/19(火) 18:33:22.67 ID:U1Lj7Z+X0 BE:232392284-PLT(12000)
     フィット「RS」は、フィットシリーズが今年10月にもフルモデルチェンジするので、この時にスポーツバージョンとして設定される可能性が高い。

     フィットが今秋の10月頃にフルモデルチェンジするというのはメーカーからの通達で届いている。
    しかしながら具体的な商品内容は、1Lターボ(の新採用)と1.5ハイブリッドが従来の1モーター&2クラッチから2モーターになるというくらいで明確になっていない。

     当然「RS」の設定は同時に行われ、これに1Lターボエンジンが搭載されてもおかしくはない。
    現行モデルだとエアロパーツ、アルミホイール、シートなど内外装だけでメカニズムは同じだから、
    次期型では足回りの強化など走りのポテンシャルアップも期待したいところだ。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00010000-bestcar-bus_all

    20190219-00010000-bestcar-000-1-view

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1550568802/ 【ホンダ・フィット4予想デザインwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2019/02/13(水) 20:01:51.06 ID:RnlHBYr90 BE:232392284-PLT(12000)
     本田技研工業は2月13日(現地時間)、2019年内に量産モデルの発売を計画している新型EV(電気自動車)プロトタイプのインテリア写真を公開した。

     今回、欧州の同社Webサイトで公開されたインテリア写真は、ダッシュボード全面にディスプレイが採用されていることが確認できる。

     同社の新型EVプロトタイプについては、これまでにエクステリアデザインのスケッチも公開されており、外観については2017年のフランクフルトショーで発表された「アーバン EV コンセプト」との共通性を持ったデザインとなっている。

     今後、同社はスイス ジュネーブで開催の「第89回 ジュネーブ国際モーターショー」(プレスデー:3月5日~6日、一般公開日:3月7日~17日)で新型EVプロトタイプを世界初公開する。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1169509.html

    03_o (1)

    02_o (1)


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1550055711/ 【ホンダ アーバンEVの内装を公開】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/07(木) 10:00:21.16 ID:GADr43HkM
    なお、軽自動車に逃げることでスズキにマウントとっている模様
    落ちぶれすぎ

    13173422421_o


    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549501221/ 【ホンダとかいうトヨタと競合した車種でことごとく負ける企業】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/01(金)13:08:00 ID:80E
    KB1なら 14年落ちで50万
    KB2なら 10年落ち100万くらいなんや
    性能からいったらめっちゃお買い得やと思うねん

    10201002_200610

    10201002_201010

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1548994080/ 【ホンダのレジェンド中古で買いたいんやが】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2019/02/01(金) 18:27:23.43 ID:uVaSvOAZ0 BE:232392284-PLT(12000)
    米ホンダが個人向け乗用車販売で初の最量販ブランドに…シビック と電動車が貢献 2018年

    ホンダ(Honda)の米国部門、アメリカンホンダは1月31日、2018年の米国新車販売において、ホンダが個人向け乗用車販売で初の最量販ブランドになった、と発表した。

    ホンダの2018年の米国新車販売台数は160万4828台で、前年比は2.2%減と4年ぶりに前年実績を下回った。
    総販売台数160万4828台のうち、ホンダブランドは144万5894台で、前年比は2.8%減と、マイナスに転じている。

    そんな中、企業やレンタカー向け販売を除いた個人向け乗用車販売では、ホンダは2018年、米国で66万7762台を売り上げた。
    これは、米国の調査会社、Urban Scienceのデータによるもので、ホンダが個人向け乗用車販売で、初の最量販ブランドに立ったという。

    これに貢献したのは、『シビック』だ。アメリカンホンダによると、シビックが3年連続で米国個人向け乗用車販売ランキングのナンバー1を維持したという。

    さらに、電動パワートレイン車の販売好調も、個人向け乗用車販売でホンダが初の最量販ブランドになった要因に。
    アメリカンホンダは、新型『インサイト』、『アコード ハイブリッド』、『クラリティPHEV』に牽引され、電動ホンダ車が過去最高の販売台数を達成した、としている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190201-00000018-rps-bus_all

    20190201-00000018-rps-000-0-view

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1549013243/ 【米個人向けの車販売 ホンダが1位に!!!!!】の続きを読む

    このページのトップヘ