サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ホンダ

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/06/10(月) 19:47:10.634 ID:t5n8Z5YS0
    FIT スパーダ ジェイド オデッセイ フリードスパイク
    ホンダには天才デザイナーが居るだろ

    ちなみに三菱一番だせえwwww乗ってる奴らわろたwwwwwwwww


    pic_nsx_07 (1)

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1560163630/ 【国内車でホンダのデザインが一番いいよな】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/06/06(木) 17:04:55.23 ID:SziqYPAQ00606
    新型N-WGN
    MVm7Qzp

    TXSMtdw

    GCPtZBK


    全社アダプティブ・クルーズ・コントロール搭載
    なのでお値段は他社よりちょっと高め
    https://autoc-one.jp/honda/n-wgn/newmodel-5004422/

    現行N-WGN
    30171152962_7f5f_o

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559808295/ 【【悲報】新型ホンダ「N-WGN」、ミラ トコットみたいになるwwwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/28(火) 21:03:22.38 ID:L1V5LkXH0
    去年フルモデルチェンジって言われてたから待ってたけどまだ来ないんか?
    待てないんやけど

    K0000606703

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559045002/ 【今ホンダのヴェゼル買うのって時期悪いってマジ?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/29(水) 03:28:10.51 ID:gcXqC9Pf0
    1415344


    例年顔を見せることがない社長が真っ先に壇上に上がってスピーチしたからだ。
    それだけホンダの置かれた現状が厳しいという表れと言っていいかもしれない。

    八郷隆弘社長がスピーチで特に強調したのは、四輪事業の体質強化だ。

    「社長就任以来『強い商品づくり』と『地域の協調と連携の強化』により、強いホンダをつくり上げると発信してきた。
    しかし、必要以上の地域ニーズへの対応を各地域で個別に進めた結果、モデル数、そしてグレードやオプション装備の組み合わせである『派生』の数が増え、効率が落ちてきた。
    そこで、グローバルモデルと地域専用モデルの商品魅力と効率化の両立を目指し、『地域の強調と連携強化』と『クルマづくりの進化』の2つに取り組む」

    ホンダの四輪事業は現在、悪化の一途をたどっていると言っていいだろう。

    それは2019年3月期の四半期ベースの営業利益を見れば一目瞭然だ。第1四半期1516億円(営業利益率5.3%)、第2四半期698億円(同2.6%)、第3四半期412億円(同1.4%)、そして第4四半期には530億円の赤字に転落してしまった。
    これには欧州での生産体制変更による損失(680億円)が含まれているが、いずれにしても右肩下がりには変わりはない。

    ホンダは伊東孝紳前社長が「世界6極体制、2016年度に600万台」という壮大な目標を掲げて突っ走った。
    工場を増設し、地域ごとの専用モデルを多く投入。また、メンツにこだわって需要の少ない高級車も発売した。
    その結果、効率的な生産ができずに、今の四輪低迷の事態に陥っている。

    https://response.jp/article/2019/05/09/322118.html

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1559068090/ 【【悲報】ホンダさん、軽自動車にコスト掛け過ぎて日本国内での利益は0で海外は赤字】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(静岡県) [US] 2019/05/26(日) 08:06:44.06 ID:8ad8+t0Y0 BE:209847587-PLT(12031)
    ホンダの欧州部門は5月23日、『シビックタイプR』(Honda Civic Type R)をオフローダーに仕立てたワンオフモデル「シビック・タイプオーバーRランド」を発表した。
    このワンオフモデルは、英国のラルフ・ホージャー・エンジニアリング(Ralph Hosier Engineering)が開発した。最低地上高は100mm以上 引き上げられており、拡幅されたフェンダーには、255/55/R18 サイズのBFグッドリッチ製オフロードタイヤと軽量ホイールを装着する。
    ボンネットフードも専用デザインとした。

    サスペンションには、アンチトルクステアの2軸ストラット構造を採用する。とくにリアサスペンションは、トレーリングアームを専用開発し、リンクを改造することにより、車高を大幅に高めている。

    パワートレインは市販車と共通だ。2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンを積む。スペックは最大出力が320ps、最大トルクが40.8kgm。

    市販モデルは、0~100km/h加速5.7秒、最高速272km/hの性能を備えている。

    https://response.jp/article/2019/05/25/322743.html
    1420196

    1420197

    1420198

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558825604/ 【オフロード仕様のシビックタイプRを御覧くださいwwwwwwwww】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2019/05/22(水) 20:57:27.21 ID:Mb9dWM2y0 BE:232392284-PLT(12000)
    ホンダのレトロ&モダン風EV「ホンダe(Honda e)」が欧州にて予約スタート。価格は未定ながらも予約金は約11万円、ボディカラーは5色ラインナップ

    ホンダ初のオールエレクトリックモデル「ホンダe(Honda e)」が、遂に欧州市場(イギリス/ドイツ/フランス/ノルウェー)にて先行予約を開始したことがわかりました。
    現在このモデルの車両本体価格は明らかになっていないものの、予約金は約11万円となっていて、途中キャンセルも可能になっているとのこと。

    なお新型「ホンダe」のボディカラーは、「プラチナホワイトメタリック/クリスタルブルーメタリック/チャージイエロー/クリスタルブラックパール/モダンスチールメタリック」の5色をラインナップ。

    外観としては、スイス・ジュネーブモーターショー2019にて公開された「Urban EVコンセプト」とほぼ同じになるとして、スポーティな後輪駆動や先進的なエレクトリックパワートレインはそのまま引き継がれる予定となっています。

    http://creative311.com/?p=63751
    20190522_hondae5

    20190522_hondae4


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1558526247/ 【あのレトロチックなデザインで話題になったホンダ初の市販EV「honda e」が予約開始!気になる価格は…】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/05/20(月) 05:30:08.25 ID:jrcpOSQk0
    インサイト(ホンダ)
    4月販売台数802台
    KajGvEB

    WRkrici

    vRZhHI1

    プリウス(トヨタ)
    4月販売台数11,059台
    PLLeWkH

    6pC53Pl

    GMo1lie

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1558297808/ 【ホンダ「新型インサイトかっこいいからプリウスより売れるやろなぁw」→結果wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ