サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > ホンダ

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/09/09(水)21:13:47 ID:Fi4
    抜粋
    本田技研工業(ホンダ)の英国法人は、フランクフルト国際モーターショーでコンセプトカーとして「Honda Project 2&4 powered by RC213V」を公開する。

    「MotoGP」に参戦しているレース用モデル「RC213V」の公道仕様車「RC213V-S」と同じ排気量999ccのV型4気筒エンジンを採用。最高出力は215PS。トランスミッションは6速DCT。

    記事はこちら
    http://ennori.jp/3741/honda-project-2and4-powered-by-rc213v

    1_8


    引用元 http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1441800827/ 【ホンダ、2輪の特徴を備えた4輪車「Honda Project 2&4 powered by RC213V」】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/07/03(金)13:22:53 ID:???
    ホンダが現在、米国市場で販売している『シビックハイブリッド』。
    同車が現行型限りで、姿を消すこと分かった。

    これは6月中旬、ホンダの米国法人、アメリカンホンダのジョン・メンデル上級副社長が明らかにしたもの。

    同副社長が、「シビック ハイブリッドは、2015年モデルをもって生産を終了する」と宣言。さらに、「次期シビックには、ハイブリッドを設定しない」と発表している。

    その理由は何か。
    メンデル上級副社長によると、既存のエンジン技術を通して、燃費を向上させることが可能になったためだという。

    kPHgJP4

    全文はソースで
    http://news.kakaku.com/prdnews/cd=kuruma/ctcd=7010/id=49045/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1435897373/ 【米国ホンダ シビック・ハイブリッドが現行型限りで廃止へ】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/06/03(水)15:24:46 ID:???
    2015年のジュネーブモーターショーにて市販モデルを世界初公開、生産国であるイギリスでは7月の発売を予告していたFF最速マシン「ホンダ・シビックタイプR」の詳細スペックが公開されています。

    すでにジュネーブショーの時点で、最高出力310PS、最大トルク400Nm。0-100km/h加速5.7秒、最高速度は270km/hであることは発表されていましたが、ボディサイズや重量、6速MTのギヤ比などが明らかとなっています。

    速さだけでいえば2ペダルという時代ですが、あくまでドライバーズカーとして6速MTをラインナップするシビックタイプR 。その変速比幅は4.9というタイトなもので、LSDも標準装備となっています。

    ●シビックタイプR 主要スペック

    全長:4390mm
    全幅:1878mm
    全高:1466mm
    ホイールベース:2605mm
    フロントトレッド:1602mm
    リヤトレッド:1526mm
    最低地上高:118mm
    車両重量:1382kg
    荷室容積:477~1210L(VDA)
    エンジン形式:直列4気筒DOHCターボ
    総排気量:1996cc
    圧縮比:9.8
    最高出力:310PS/6500rpm
    最大トルク:400Nm/2500-4500rpm
    複合燃費:38.7mpg(約16.5km/L)
    CO2排出量:170g/km
    ブレーキローター径:前350mm 後296mm
    タイヤサイズ:235/35R19

    qhi9RvV

    https://www.youtube.com/watch?v=2It9umtvm-0



    全文はソースで
    http://clicccar.com/2015/06/02/310402/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1433312686/ 【新型シビックタイプRは最高速270km、出力310馬力と判明!】の続きを読む

    KBMBaLz_s

    ホンダの新型ステップワゴンが24日から発売となりました。 今回の新型ステップワゴンの最大の特徴はリアの「わくわくゲート」。

    ニュースサイトの文章や画像だけだと、後ろが狭い場所でリアを開けたい時以外の利点がいまいち思い浮かばなかったんですが、動画のようにリアからの乗り降りする時も横に開いたほうが使い勝手がいいんですね。
    【新型ステップワゴンのわくわくゲートでリアからも乗車可能…な動画】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/04/24(金)00:33:47 ID:???
    ホンダは、新型「 ステップワゴン 」を4月23日より発売開始した。

    5代目となる新型「ステップワゴン」は、余裕の加速とゆたかなトルクを発揮する新開発の直噴1.5リッターVTEC TURBOエンジンを搭載。

    リビングのような空間を目指したインテリアや、随所に画期的なアイディアで機能性を高めた装備を満載し、使うことが楽しくなるミニバンである。

    クラス最大の室内空間を実現し、大開口のテールゲートに横開き式のドアを備えた独創的な機構の「わくわくゲート」を採用。

    3列目のシートを左右分割して床下格納できる「マジックシート」との組み合わせで、テールゲートを開けることなく横開き式のドアから3列目のシートへの乗り降りを可能とするほか、荷物の出し入れなども容易にしている。

    価格は「ステップワゴン」が2,288,000円~2,804,000円(消費税込)、「ステップワゴン スパーダ」が2,725,000円~3,081,400円(消費税込)。

    60FNkxy

    Ud0WibS

    wo3pYOj

    k8dU8LC

    http://autoc-one.jp/news/2158231/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1429803227/ 【ホンダ 新型「ステップワゴン」を発売 1.5Lダウンサイジングターボでハイブリッドモデルは無し】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/04/18(土)00:27:01 ID:???
    Hondaは、5月15日(金)に発売予定の新型コンパクトワゴン「SHUTTLE(シャトル)」に関する情報を、4月17日(金)にHondaのホームページで先行公開しました。

    http://www.honda.co.jp/SHUTTLE/new/

    ガソリン車には快適で安定した走りを提供する1.5L直噴エンジンを採用し、ハイブリッド車には環境性能とスポーティーな走りを融合したハイブリッドシステム「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」を搭載。また、ハイブリッドワゴンとして初めて4WDを設定しています。

    io8JrAd


    http://as-web.jp/news/info.php?c_id=10&no=64656

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1429284421/ 【ホンダの新型コンパクトワゴン「シャトル」がHPで先行公開…発売日は5月15日】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2015/03/30(月)19:32:48 ID:PDs
    なんすか一番下のグレードで190万円って...
    メイングレードだと乗り出し240万とからしいじゃないすか...

    何が若者に買って欲しいだよ?
    あいつら馬鹿なの?
    160くらい貯めたけどアルトRS買うわww
     
    o12800890mukumoto_s660

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1427711568/ 【ホンダのS660出たら買おうって決めてたけど正式発表をTVで見てずっこけたんだが...】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/26(木)18:55:37 ID:???
    本田技研工業は、新型軽オープンスポーツ『S660』のプロトタイプを公開した。

    グレードは「アルファ」と「ベータ」があり、今回はベーシックグレードと言える「ベータ」を写真で紹介する。

    ベータは、アルファとは違いモダンなホイールを装備。そのほか、サイドのウィンカーがオレンジ塗装となっている。

    YUZ0JN9


    参考動画: ホンダS660(プロトタイプ)サーキット動画試乗レポート
    https://www.youtube.com/watch?v=8s18q8nzsqI


    http://response.jp/article/2015/03/26/247494.html

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427363737/ 【ホンダS660プロトタイプ公開】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/16(月)21:41:42 ID:???
    もうすぐ正式発表となるホンダS660。
    すでにプロトタイプの試乗も行われ、待ち望んでいるファンも少なくないことでしょう。

    S660に搭載されるターボエンジンは基本的にN-WGNと同じもので、軽自動車としては十分にパワフル。しかし絶対的なパワーが少ないのは、仕方ないことです。

    軽自動車のエンジンパワーには、64psという上限があります。

    ただし、それは日本自動車工業会が合意した自主規制でしかないので、法的な拘束力はありません。

    660ccのターボエンジンが80ps程度にまでなら簡単にパワーアップすることは、スズキの660ターボを搭載するケータハムの例でも明らかで、それが軽自動車として販売されているのです。かつての280ps規制を、ホンダが2005年のレジェンドで打ち破ったように、S660が64ps規制を突破するのではないか、という噂もありましたが、
    不発に終わりました。

    車両重量は830kg。同じ軽オープンスポーツであるコペンが850kgであり、ほぼ同等です。
    コペンは軽量化に有利なFFですが、電動のルーフ機構が複雑で重く、シンプルな巻き取り式のS660のほうが軽量となったわけです。コペンでも十分な速さですが、しかしホンダがアピールする「リアルスポーツ」には、モアパワーに期待したいところです。

    そこで注目されるのが、ホンダが開発中の1リッター3気筒の直噴ターボエンジン。すでに次期フリードに搭載されるのが確実で、次世代のフィットでは主役となるエンジンです。排気量を拡大したことで、ブーストをあまり上げずにノンターボのようなリニアなフィーリングのままで、パワーアップすることが可能になります。

    S660ならぬ、S1000というワケです。

    幸い(?)なことにヨーロッパからの注目度も高く、日本での発売とともにリクエストが届くことでしょう。ヨーロッパでは軽自動車という日本固有の枠に捕らわれる必要はなく、自由度が高くなります。タイプRはそのS1000をベースに……。

    evOvEtM


    http://clicccar.com/2015/03/16/298495/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426509702/ 【新型ホンダS660にタイプRはある?】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/14(土)00:47:09 ID:???
    本田技研工業は2015年3月13日、ミニバン「ステップワゴン」の新型に関する情報を、オフィシャルサイト上で公開した。

    5代目にあたる新型ステップワゴンは、2015年4月下旬の発売が予定されている。

    最も大きなトピックは、バックドアそのものに横開きのドアが備わること。
    つまり、車両最後部のテールゲートは、縦横2方向に開く仕様となっている。

    3列目のシートを左右別々に床下格納できる「マジックシート」と併用することにより、横開き式の後部ドアから3列目への乗り降りが可能となるほか、荷物の出し入れも容易になるという。

    4vOBLC2

    EFDY4x8



    http://www.webcg.net/articles/-/32247

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1426261629/ 【ホンダ、新型ステップワゴンの情報を先行公開】の続きを読む

    このページのトップヘ