サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1:
    スバルは24日、国産車で初めて採用した「歩行者を保護するエアバッグ」の効果を報道陣向けに披露した。 

     群馬県太田市の群馬製作所であった実験で、インプレッサに搭載された歩行者向けエアバッグが、合図とともにフロントガラスを囲うようにU字形に開いた。 

     前方に搭載したセンサー付きのシリコン製チューブが衝突時の圧力などを測り、人間がぶつかったと判断すると約0・1秒で作動。フロントガラスの両脇にある硬い柱部分が歩行者に衝突しないようにして、致命傷を与えにくくする。 

     車両研究実験第2部の古川寿也部長は「さらに安全性を高めて、新型車種に投入していきたい」と話した。 

    http://www.asahi.com/articles/ASK5S3WBTK5SULFA00M.html

    AS20170524003835_comm

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495658866/ 【歩行者守るエアバッグをスバルが国産車で初採用】の続きを読む

    1:
    SUBARU(スバル)は、スポーツセダン『WRX STI』の大幅改良モデルを6月20日に発売すると発表した。

    今回の改良では、新電子制御マルチモードDCCDの採用によるハンドリング性能向上や、新開発ブレンボ製18インチベンチレーテッドディスクブレーキ、新開発19インチアルミホイール&タイヤの採用によるコーナリングの限界性能向上によって、走行性能を高めながら、サスペンション設定の最適化等で優れた操縦安定性とフラットな乗り心地を両立した。

    また、ステアリング連動ヘッドランプやドライバーの前方確認をサポートするフロントビューモニター、ルーフキャリアブラケットを採用することで、安全性能や実用性も強化した。

    エクステリアでは、新デザインのフロントバンパーを採用。インテリアでは、インパネ加飾パネル&ドアスイッチパネル(ハイグロスブラック)や運転席&助手席8ウェイパワーシート付レカロフロントシートを備え質感を向上させたほか、9インチ大型カラー液晶のマルチファンクションディスプレイを装備する。

    価格はWRX STIが386万6400円、同タイプSが406万0800円。

    https://response.jp/article/2017/05/24/295156.html

    17VST03-765x510

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495607053/ 【スバル WRX STI 改良新型…新電子制御マルチモードDCCDを搭載、ハンドリング向上】の続きを読む

    1:
    IMG_5450-720x540

    少し前の話になりますが、4月15日(土)~16日(日)にお台場にて「MOTOR SPORTS JAPAN 2017」というイベントが開催されました。自動車メーカー各社が国内外のレースに参戦するマシンを展示したほか、タイヤ交換など実際のピット作業を体験できるイベントです。

    特設コースではD1グランプリに参戦するマシンのドリフトや2輪のトライアル選手権日本グランプリに出場するライダーの華麗な技を間近で体感。来場者は2日間で12万1664人。日本のモータースポーツシーンも盛り上がっています!

    また会場には、“カルチャー&レジェンドゾーン” というエリアが設けられました。「本物のレーシングカーやラリーカーは手に入らないから、せめて雰囲気だけでも楽しもう」と愛車をレプリカカーに仕上げたり、1989年までに製造された懐かしの名車を現在でも大切に乗り続けている人が、自分の愛車を展示できるエリアです。

    ワークスチームが展示しているエリアに比べるとひっそりしていましたが、懐かしい車両がたくさん展示されていたこのコーナーは旧車ファンにとって宝島のよう。のんびり展示車両を見ているうちに、ふと「ここにあるモデルを今買おうとすると、いくらくらいするのだろう」と気になり始めたのです。そこで現在の相場や流通台数などの中古車事情を中古車専門サイトであるカーセンサーnetの協力を得て調べてみました。

    https://www.goodspress.jp/howto/98928/

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1495574561/ 【R32 GT-RにセリカXX… 憧れだった名車たちの中古車相場を徹底調査】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県)@\(^o^)/ [GB] 2017/05/22(月) 19:57:15.77 ID:aDOhLJP40.net BE:232392284-PLT(12000)?PLT(12000)
    「初音ミク」ほか“痛車”120台が集結!初夏のスキー場で展示イベント

    滋賀県・奥伊吹モーターパークでは、“痛車”120台が勢ぞろいするドレスアップカーのミーティングイベント「ARC Championship IV」が5月28日(日)、開催される。

    関西最大級のスキー場・奥伊吹スキー場が夏季の間、競技コースとして貸し出している奥伊吹モーターパーク。初夏のスキー場で開催されるこのイベントでは、
    車の車種やジャンルを問わず、漫画・アニメ・ゲームのキャラクターがプリントされた“痛車”120台が集結する。

    一般の入場は無料。漫画やアニメを知らない人でも思わず写真に撮りたくなるようなイベントだ。趣味の域を超えたクオリティーの作品を見に、ぜひ足を運んでみては。

    https://news.walkerplus.com/article/109758/
    606928_615

    606932_615

    606937_615


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1495450635/ 【お前らが痛車を叩くのって、痛車に憧れているけど手が届かないからだよなー】の続きを読む

    1:
    韓国の自動車メーカー、現代自動車(ヒュンダイ)の高級車ブランド、ジェネシス(Genesis)は、4月に行われたニューヨークモーターショーで燃料電池車のコンセプトカー「GV80」を発表した。

    コンセプトカーではあったが、競合各社に目指すべき方向を示すような車だった。燃料電池を大型SUVに搭載したのだ。

    現在、アメリカの燃料電池車市場をリードしているのは、トヨタとホンダだ。だが、売り上げは伸びていない。燃料電池車には、水素ステーションの整備という莫大なインフラ投資が必要だが、アメリカでその投資を行っているのは、カリフォルニア州のみだからだ。

    また両社の燃料電池車、トヨタ「ミライ」とホンダ「クラリティ」 はどちらも小型セダンだが、 アメリカではSUVの人気が上昇している。燃料電池をSUVに搭載することは、カリフォルニアのみならず、(環境への意識が高い)アメリカ北東部での燃料電池車の普及を目指す両社にとって、需要を喚起する最良の手段になるかもしれない。

    ヒュンダイはGV80の仕様を発表していない。ちなみに同社がカリフォルニア州でリース販売している燃料電池車「ツーソン」の航続距離は265マイル(約426km)。

    58ff91237522cacd008b62b3-w960

    車のタイプだけが燃料電池車の普及のハードルではないことは明らかだ。自動車メーカーはインフラの整備を行うとともに、より広い普及に向けて消費者に技術をアピールしていく必要がある。

    ヒュンダイがSUVに燃料電池を搭載したことは、正しい選択と言える。
    自動車メーカーは、電気自動車で同じ戦略を取ろうとしている。SUVタイプの電気自動車はまだない。メルセデスとBMWの2社は、まさにSUVタイプの電気自動車を2020年までに導入しようとしている。
    トヨタはユーザーのニーズに対応するために、SUVタイプの燃料電池車を検討していると述べている。

    ヒュンダイのGV80は実用化されないかもしれない。だが、高級SUVが普及への大きな一手となることを燃料電池車に関わる者に示した。
    https://www.businessinsider.jp/post-33527

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1495392798/ 【トヨタとホンダは学ぶべき? ヒュンダイの燃料電池コンセプトカー】の続きを読む

    1:
    ドイツの自動車メーカーポルシェは、電気自動車(EV)の開発を本格化し、2020年をめどに、同社では初となる完全電気自動車「ミッションE( Mission E )」を市場展開する計画を発表した。

    さらに、イギリスの自動車雑誌『AUTOCAR』のサイト上に今年3月に発表された記事によると、同社はさまざまな出力性能を持つEVを複数モデルで発売する予定だ。

    ポルシェ会長オリバー・ブルーメ(Oliver Blume)氏は、『AUTOCAR』の取材に対し、ミッションEでは車両搭載ソフトウエアのワイヤレス・アップデートが可能になることも明かした。

    同社はすでに、昨年9月開催のフランクフルト国際モーターショーにおいてミッションEをコンセプトカーとして展示しており、その航続距離が250マイル(約400 km)以上であるほか、革新的なテクノロジーを駆使していることを明らかにしていた。

    porsche-normal

    以下ソース
    https://www.businessinsider.jp/post-1623

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1494902375/ 【ポルシェが2020年に発売予定のEV、打倒テスラなるか】の続きを読む

    1:
    20170519-00010002-autoconen-001-view

    新型ロータリー車は“RE × EV”で登場! 発電用REで燃費問題もクリア

    ついにマツダがロータリーエンジン(RE)を復活させる! 発売時期は2019年末。ロータリーエンジン50周年にあたる今年の東京モーターショーで、コンセプトカーを発表する可能性が高くなってきた。果たしてどんなクルマになるか? 現時点で判明している状況をレポートしてみたい。

    全文
    http://autoc-one.jp/mazda/special-3332507/

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1495197893/ 【マツダがロータリーエンジン搭載車RX-9を2019年度に市場投入へ、REレンジエクステンダーで燃費改善】の続きを読む

    このページのトップヘ