サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [JP] 2019/04/24(水) 14:54:35.87 ID:XRhgQgTK0 BE:329591784-PLT(12100)
    013_o (2)

    トヨタ自動車は4月24日、「マークX」の生産を12月で終了すると発表。同日、ファイナルエディションとして特別仕様車「250S“Final Edition”」「250S Four“Final Edition”」を発売した。価格は333万1800円~348万9480円。

    今回の発表について、リリースでは「マークXは、1968年に前身モデルであるマークIIとして登場以来、50年以上にわたりご愛顧いただいておりますが、2019年12月をもって生産終了となります。ファミリーカーから始まったマークIIは時代の変化を敏感に察知し、容姿も進化しながらFRセダンの中心的存在として歩んできました。2004年にマークXに改名以降は、さらなる高みを目指し、『美しく』そして『意のままの走り』ができるクルマとしてこれまでその名を刻み続けてきましたが、いよいよその歴史に幕を閉じようとしています」と述べられている。

    https://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1181970.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1556085275/ 【【悲報】国産FRセダンがまた消える…トヨタ「マークX」の生産を12月で終了】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(北海道) [ニダ] 2019/04/24(水) 11:28:17.51 ID:PRylDiVU0 BE:422186189-PLT(12015)
    190424_tesla-w1280_s

    白煙を吹いてからすぐ爆発しています。

    4月21日の午後8時頃、上海にて初めて作られたアメリカの輸入EV車工場にて、Tesla 「Model S」が爆発する事故が起こりました。

    QUARTZでは、このときの事故を収めた映像がWeiboで拡散され、投稿された朝には1,800万以上の閲覧数にもなるほどだった、と伝えています。

    https://www.gizmodo.jp/2019/04/tesla-model-s-exploded.html


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1556072897/ 【【悲報】中国でテスラ車が爆発炎上…】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [FR] 2019/04/23(火) 23:19:31.42 ID:1Hig8jBq0 BE:123322212-PLT(13121)
     現行型(Y51)フーガの2018年累計販売台数は1449台、いっぽうフーガの前身であるセドリック/グロリア時代にライバルだったクラウンは、昨年40240台を販売。
    日産が誇るプレミアムセダンであるフーガは、目を覆いたくなるほど無様な売れ行きである。

     かつて日本を代表する高級サルーンの一角を占めていたはずのフーガは、なぜこんなにも凋落してしまったのか。
    元日産エンジニアであり現行フーガの開発にも関わった吉川賢一氏に分析していただいた。
    文:吉川賢一

    ■フーガがモデルチェンジしない意外な理由
     まず現行型フーガについて、少し振り返りたい。

     現行Y51フーガは2009年11月に発売開始された日産の高級車である。2.5Lと3.7Lのガソリンエンジンと、3.5L+ハイブリッドの3種類を持ち、駆動方式はFRと4WDがある。

     ハイブリッドのパフォーマンスは、2012年当時、0-400m加速にてポルシェパナメーラのタイムに勝利し、「世界最速の市販ハイブリッド」という名誉を獲得したほどだった(タイム13秒9031は当時のギネス世界記録に認定)。 

     なお、2015年のマイナーチェンジで外観デザインを大幅更新、その際に日産のCIを止め、エンブレムを北米やアジアで売られているINFINITI(インフィニティ)マークとした。

     日産の威信がかかった最新技術を搭載し、ブランドを代表するべき高級車であるはずなのに、デビューからすでに9年目に突入。
    それでも「新型フーガ」のウワサはいまだ聞こえてこない。ベンチマークであるBMW5シリーズのモデルチェンジ(2016年)を横目に、新型車を出さない日産に、ファンは怒りを通り越し、呆れかえり、欧州車やレクサスへ移行した例も多いはずだ。

     なぜここまでフーガは凋落してしまったのか? その理由は、「二度と会社を赤字経営にしたくない」という、日産の「自己保身」にあると考えられる。

    全文
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190423-00010003-bestcar-bus_all

    20190423-00010003-bestcar-002-view

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1556029171/ 【9年間モデルチェンジなし…クラウンにボロ負け…セドグロの流れをくむ日産の高級車「フーガ」はどうしてこうなった?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/03/27(水) 21:44:10.07 ID:VKvq2KBH0
    次に乗り換えるとしたら、同じくらいのサイズで良い車ってなんだろうか
    メーカーは問わない

    86205

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1553690650/ 【今ホンダのストリームってやつ乗ってるんだけどさ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行) [ニダ] 2019/04/23(火) 12:04:59.40 ID:zwkyN72B0 BE:328765197-2BP(1669)
    p1 (5)

     https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190423-00000029-zdn_mkt-bus_all
    なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日

    (略)

     高齢者は問答無用で免許を奪えとかいう人もいるが、車が移動手段の田舎ではライフラインを奪うのと同じだ。
    しかも、「老人優遇」のシルバー民主主義のこの国ではかなりハードルが高い。

     ならば、どうするか。

     個人的には、そのような技術革新を進めながらも、17年の記事『アクセルと踏み間違えない「左ブレーキ」が、普及しない理由』の中で詳しく紹介した「左足ブレーキ」を1日も早く導入すべきだと思っている。

    ■「暴走老人」に対する現実的な対策

     実は「踏み間違え」は高齢者だけの問題ではない。AT車が導入された30年以上前から数々の事故を起こしていて、今回のような悲劇が起きるたび、国会や専門家の間で「左足ブレーキ」の必要性が訴えられてきた。

     右足だけでアクセルとブレーキを同じように踏むから、認知機能に問題が起きると、大暴走をする。
    右足をアクセル、左足をブレーキと決めれば、右と左の区別がつかないほど認知機能の低下が進行しない限り、「アクセルが戻らない」なんてつぶやきながらアクセルをベタ踏みして、時速100キロで人を跳ね飛ばすなんて事態は防げる。

     極めて合理的な解決方法だったが、「マニュアル車の運転との整合性」という、いかにも役所らしい理由で却下されてきた。

     「左足ブレーキ」と聞くたびに、役人や専門家は「現実的ではない」「先端技術で暴走を未然に防ぐのが現実的」と渋い顔をして言うが、これだけ技術が進んでも、「踏み間違い」というヒューマンエラーで膨大な数の人間が殺されている「現実」についてはどう考えているのか。

     この問題は、右足1本ですべてを操らせるという「無茶な動作」が引き起こしているのは明白だ。
    先端技術の開発を進めながらも、これ以上犠牲者を出さないためにも今すぐできる対策から打っていく、というほうがよほど「現実的」ではないのか。

     最後になりましたが、お亡くなりなったお母さんと娘さんのご冥福を心からお祈りします。合掌。

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555988699/ 【暴走老人の解決策は「左足ブレーキ」しかない】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(大阪府) [CH] 2019/04/22(月) 23:55:52.74 ID:mL0tYEZb0 BE:329591784-PLT(12100)
    K0000286621

    三菱自動車が、スポーツタイプ多目的車(SUV)ブームの火付け役となった「パジェロ」の国内販売を終了する方向で最終調整していることが22日、分かった。近く現行モデルを小幅に変更した新モデルを投入した上で販売を取りやめる見通しで、終了時期は未定。直近の国内販売台数は年間数百台規模と振るわなかった。

    根強い人気を誇る海外では販売を続ける見通しだ。

    パジェロは1990年代前半にRVブームを巻き起こした代表車種。自動車のダカール・ラリーでも活躍し、四輪駆動車人気をけん引した。

    https://this.kiji.is/493063683460285537?c=39546741839462401

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555944952/ 【【東京フレンドパークの思い出】三菱パジェロがついに国内販売終了へ…】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/04/15(月) 13:15:09.22 ID:ClggMeLt0
    toyota

    世界のトヨタとは言え日本はトヨタ一強過ぎやろ

    【2018年国内販売台数】

    1位:トヨタ(レクサス除く):150万8547台

    2位:ホンダ:74万7226台

    3位:スズキ:71万4594台

    4位:ダイハツ:64万6781台

    5位:日産:61万6033台

    6位:マツダ:22万743台

    7位:スバル:14万8453台

    8位:三菱:10万4591台

    9位:メルセデス・ベンツ:6万7554台

    10位:レクサス(トヨタ):5万5096台

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555301709/ 【なぜ日本人はトヨタの車ばかり買うのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ