サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1:
    ホンダが1999年から2009年までの10年間にわたり販売したFRオープンスポーツ、『S2000』後継モデルが、コンセプトモデルとして東京モーターショーで復活する可能性があることが分かった。

    レスポンスの兄弟サイトSpyder7が、欧州のエージェントから入手した情報を元にリアデザインのCGを制作した。

    左右にコの字型テールライトを配置し、流行のLEDストリップライトで繋ぐことで、「ベイビーNSX」をコンセプトとしたデザインに仕上げている。

    フロントフェンダーやサイド、リアにもエアスクープを配置し、センター出しクワッドエキゾーストパイプ、ダウンフォースを生むデュフューザーなどを装備。
    新型『シビック タイプR』を彷彿とさせる攻めたデザインとした。

    情報によると駆動方式は、これまで噂されていたミッドシップレイアウトではなく、S2000の原点である「FR」の可能性が高いことも判明。

    ボディサイズは全長4450mm程度とレポートされている。

    注目のパワートレインは、シビック タイプRに搭載される2リットル直列4気筒i-VTECターボエンジンをアップデートし、最高出力は330psが想定される。

    https://response.jp/article/2017/06/26/296584.html

    1199772

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498438233/ 【ホンダ S2000 後継モデル、FRな模様】の続きを読む

    1:
    2017年夏の商品改良によって、スバルWRX S4とレヴォーグの両車には、0~120km/hの速度域において、先行車への追従と車線中央維持を行なう「アシスト・ツーリングアシスト」を搭載することが明らかとなっていますが、進化するのはもちろんそれだけではありません。

    「アイサイト・ツーリングアシスト」以外の商品改良について詳細は未発表ですが、プロトタイプによる「アイサイト・ツーリングアシスト」体験試乗の会場に展示されていた車両を見ると、バンパー形状の変更などによりブラッシュアップしていることが見て取れます。
    先進安全性能だけでなく、全体として磨き上げられていると予想されます。

    とはいえ、アイサイトがステレオカメラというハードウェアはそのままに制御の領域で性能をアップさせたように、見た目でパフォーマンスがわかるという時代ではないのかもしれません。
    ですが、新型WRX S4をじっくり眺めていると、これまでになかった新しいカメラを見つけたのです。

    フロントグリル中央、スバル六連星エンブレムの下に、そのカメラはありました。
    そして、インパネの中央にあるマルチファンクションディスプレイの表示を切り替えていると、その役割が判明しました。

    eyesight_touringassist6807-20170620235950

    アイサイトに使うステレオカメラ、ハイビームアシストに使う単眼カメラに続く、フロント第4のカメラは「フロントビューモニター」用だったのです。

    なんでもかんでも機械に頼ってしまうのとドライバーのスキルが下がるといった精神論的な指摘もありますが、見えない部分をカバーしてくれるカメラが安全につながるのは間違いないところ。
    左右を建物に挟まれた狭い路地から本通りに合流するときなど、フロントビューモニターは役に立つことでしょう。

    夜間であればヘッドの光、昼間でも迫ってくるエンジン音などで接近車の気配は感じられるかもしれませんが、どんなに経験を積んでも見えないものは見えませんから。

    https://clicccar.com/2017/06/24/484609/

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1498291909/ 【フロントに第4の眼が追加 スバルWRX S4とレヴォーグの安全性能がレベルアップ】の続きを読む

    1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう 2017/06/21(水) 10:14:54.13 ID:YEuiF3er0.net
    いまや輸入車もびっくりの価格になって、それを基準にそれ以下のトヨタ車が設計されて全体でダメになってる気がする

    img_gallery_01

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/auto/1498007694/ 【レクサス国内展開あたりからトヨタがおかしくなった】の続きを読む

    1:
    01_s_s

    三菱自動車の益子修CEO(最高経営責任者)は6月23日に都内で開いた株主総会で、『パジェロ』と『ランサーエボリューション』の新規開発について、当面は厳しいとしながらも「夢は捨てたくない」とし、「V字回復を実現し余力が出てきた暁には挑戦したい」
    との考えを示した。

    益子CEOは「これまで生産販売してきた多くの車種の中でもパジェロとランサーエボリューションは最も知名度の高いクルマで、当社のブランドイメージを高めるのに大きな貢献をしてきた。世界各国で長年にわたりたくさんのお客様に愛されてきた当社のブランドを代表するクルマでもある」と両モデルを評価。

    また「パジェロは、ダカールラリーでの戦いぶりを通して世界に通用するクルマになった。ランサーエボリューションは、WRC(世界ラリー選手権)で活躍したことが認められ、多くの方に愛されてきた。当社の最大の財産のひとつといっても過言でない」
    と強調。

    さらに「パジェロやランサーエボリューションには、多くの社員や多くのお客様が愛着を持っている。パジェロとランサーエボリューションの技術は当社のSUVの中に数多く取り入れられ、大切な技術はしっかりと伝承され、他のクルマの中に生きている」とも述べた。

    すでにランサーエボリューションは、2016年秋までに生産販売が終了。またパジェロは2016年10月に一部改良が行われたものの、新規開発は凍結されている。

    以下ソース
    https://response.jp/article/2017/06/23/296530.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498219874/ 【三菱自動車CEO「パジェロ、ランエボ復活の夢は捨てたくない」】の続きを読む

    1:
    法人ニーズはもちろん、昔からの日産ファンに支持されているフラッグシップサルーンのシーマがマイナーチェンジを受けました。

    日産自動車は、高級セダン『シーマ』をマイナーチェンジし、6月15日より販売を開始した。

    今回のマイナーチェンジでは、エマージェンシーブレーキや前方衝突予測警報(FCW)、後側方衝突防止支援システム(BSI)/ 後側方車両検知警報(BSW)、アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)、後退時衝突防止支援システム(BUI)を全グレードで標準装備。全方位の運転支援システムによる、より高い安全性を実現した。

    価格は794万6640円から902万6640円。

    https://response.jp/article/2017/06/15/296169.html

    1196353

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498176037/ 【バブル時代におっさんを直線番長にした日産シーマがマイナーチェンジ】の続きを読む

    1:
    改正で日本車がカッコ良くなる!?
    6/22(木) 21:56配信
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170622-00010005-autoconen-bus_all

    保安基準の改正で変わるクルマの外観デザイン

    20170622-00010005-autoconen-000-1-view

    2017年6月22日に保安基準の一部が改正され、自由度が少し広がった。その内容は車両の「回転部分の突出禁止規定の見直し」と「排気管の開口方向要件の廃止」というものだ。そこで国土交通省を取材した。

    まず「回転部分の突出禁止規定の見直し」だが、ここで述べている「回転部分」とは、ホイールとタイヤのことを示している。ホイールとタイヤがフェンダーからハミ出すことは従来と同じく禁止されるが、タイヤが収まるホイールアーチの後端部分に装着されたホイールガード(タイヤをカバーするように取り付けられる樹脂製の小さなパーツ)は必要がなくなる。

    最近は輸入車を中心に、ボディの後方を左右方向から絞り込んだデザインが増えており、ホイールガードを取り付ける車種も多い。

    日本車でもトヨタ C-HRは、ボディ後方の絞り込みが大きいので、通称「ホイールガード要件」を満たす目的でホイールアーチの後端に魚の背ビレのような突起を装着したという。ボディ形状にもよるが、今後はこういったデザイン処理を施したり、ホイールガードを取り付ける必要が薄れるわけだ。

    国土交通省によると「ホイールガード要件」を見直した理由は、国際協調に基づいている。
    日本は1958年に「国連の車両・装置等の型式認定相互承認協定」に加盟し、1999年には「国連の車両等の世界技術規則協定」にも加盟している。海外で販売されるクルマや輸入車と足並みをそろえることも視野に入れ、「回転部分の突出禁止規定の見直し」を行った。

    ホイールガードは車種によって無理に取り付けた印象が伴い、見栄えが良くない。C-HRの背ビレを思わせる突起も同様だ。「回転部分の突出禁止規定の見直し」が図られたことで、その車種本来のデザインに仕上げることができる。
    フェンダーのホイールアーチからタイヤが大きくハミ出すような危険を伴うデザインは、従来と同様に違法だが、主にリアビューの魅力は高まるだろう。

    またホイールガードの装着には手間を含めてコストを要するため、少額ではあるがコストダウンにも繋がる。

    「排気管の開口方向要件の廃止」も行われた。従来のマフラーは、後ろ向きと下向きに限られ(上向きは必然性が乏しい)、左向きと右向きは不可とされていた。

    マフラーを上から見た時の角度(傾き方)も、車両の前後方向に対して30度以下に制限されていた。

    これが今回の改正を経て開口方向の要件が廃止されたので、左右に向けることも可能になった。

    国土交通省によると、最近は排出ガス規制の影響もあってクルマの排出ガスがクリーンになっており、マフラーを左側に向けて装着しても歩行者に迷惑をかけるような不都合はなくなったから廃止したという。

    つまり安全や公害の観点から、横向きを規制する根拠が消滅したので、マフラーの開口方向を定める必要がなくなった。

    なお上記2点の改正は、2017年6月22日以降、自動車の製造された日を問わず運用される。少し対応が遅かった印象も受けるが、クルマのデザインの多様化、環境性能の向上に即した改正といえるだろう。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498171275/ 【車の保安基準が改悪。左向きマフラーがokになる。車カス「歩行者に向かって排ガスぶっかけるぞ!」】の続きを読む

    1:
    maxresdefault

    https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20170622-00000026-ann-soci

    ロックミュージシャンの矢沢永吉さん(67)の運転する車が、東京・港区でタクシーと接触事故を起こしました。けが人はいませんでした。

     21日午後1時50分ごろ、港区南麻布3丁目の交差点で、矢沢さんが運転する車がバックした際、後ろにいたタクシーと接触しました。タクシーには乗客はおらず、矢沢さんとタクシーの運転手にけがはありませんでした。警視庁によりますと、事故現場は道幅が狭くなっていて、矢沢さんが対向車に道を譲ろうとした際、後ろを確認せずにバックしたとみられています。警視庁は物損事故として事故原因を調べています。

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498109321/ 【矢沢永吉でも対向車に道を譲るなんてするんだ。。。それに比べてE.YAZAWAステッカーの車カス率…】の続きを読む

    1:
    米国運輸省道路交通安全局(NHTSA)は2017年1月、この事故でAutopilotモードに欠陥は見つからなかったとしています。

    NHTSAの事故車の調査からは、事故2分ほど前にとられたドライバーの最後の行動がクルーズコントロールの速度を74mph(119km/h)に設定したこと(制限速度は65mph)、事故発生時にテスラがまったくブレーキを使用していなかったことが明らかになっています。

    またNHTSAは当時の状況から、ドライバーが正常に前方を中止していれば衝突の7秒前にはトラックを視認できていたはずと指摘しました。

    しかし、実際にはドライバーはなにもアクションを起こさず、Autopilotセンサーはトレーラーの高い車高と白いボディを正常認識できないまま荷台下部に突っ込み、ルーフを削ぎ落とす格好でくぐり抜けました。

    テスラは事故後、Model Sの前方認識用センサーをMobileye製から社内生産品に変更しています。
    さらにAutopilotのバージョンアップを実施して安全性を高めたとしています。

    Autopilotに関しては目前で発生した玉突き事故を早期に感知、回避に成功した例もあり、今回のNTSBによる報告書からも、その安全性に大きな欠陥がないことが裏付けられたと言えそうです。

    一方で、ドイツ当局はテスラに対し「Autopilot(自動操縦)」という表現を禁止する通達を出し、日本の国土交通省も日産自動車の半自動運転機能の事故を受けて注意喚起をするなど、自動運転という誤解を生みがちな言葉にも、より正確な表現が求められるようになりつつあります。

    ちなみに、現在の市販車に搭載される「自動運転」というキーワードはいずれも「加速・操舵・制動のうち複数をシステムが自動制御する支援システム」、いわゆる「自動運転レベル2」であることを意味し、もちろん使用中に事故を起こせば責任はドライバーにかかります。

    印象の強い宣伝文句に踊らされないようご注意下さい。

    テスラAutopilot死亡事故、「手放し警告」無視の末に発生と判明。ハリー・ポッター視聴の証言は否定
    http://japanese.engadget.com/2017/06/20/autopilot/ 

    tcc


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498032211/ 【ドイツ「自動運転という言葉は使用禁止。現在の児童運転は全然自動じゃない。ユーザーに誤解を招く」】の続きを読む

    1:
    米ブルームバーグ通信は19日、電気自動車(EV)大手テスラが中国での生産を検討していると報じた。関係者の話としている。中国は世界最大の自動車市場で、EV需要も拡大するとみられている。需要地で生産すれば、関税を避けられるといった利点も見込める。

     テスラは上海市に生産施設を建設する方向で市当局と交渉しており、数日中にも合意する可能性があるという。

     テスラはカリフォルニア州に車体組立工場を持つほか、ネバダ州にあるパナソニックと共同で運営する工場「ギガファクトリー」でリチウムイオン電池を量産している。(共同)

    reutersmedia

    http://www.sankei.com/economy/news/170620/ecn1706200009-n1.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497919137/ 【米テスラ、中国で生産か 上海市と交渉と報道】の続きを読む

    このページのトップヘ