サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1:
    「これまでの現代車を忘れてもらいたい」

    現代自動車技術研究所(京畿道華城市)の高性能車走行試験場は今月17日、同社が高性能車開発に向けて製作したコンセプトカー(未来の実験方向を示す実験車)である「RM16」の試乗会を始めるのに先立ち、開発担当者が放った言葉だ。

    RM16は昨年の釜山モーターショーで初公開されたが、メディアに走行状況が公開されるのは今回が初めてだ。外観は現代自のハッチバック車「ベロスター」に似ている。

    しかし、車体は低く設計されており、車高はベロスターの1400ミリメートルに対し、RM16は1340ミリメートルだ。

    運転は専門ドライバーに任せ、記者は助手席に着席した。アクセルペダルを踏むと、体が後ろに押され、スピードメーターはわずか4.7秒で100キロメートルを突破した。起亜自動車が最近発表したスポーツカー「スティンガー」(5.2秒)よりも速い。

    エンジンは現代自が独自開発した「θ(シータ)2」2.0ターボGDI。直線走路で時速200キロメートルまで加速すると、1分当たりのエンジン回転数(RPM)が6000回まで上昇したが、車体が大きく揺れることはなかった。重心を低くし、車体の安定感を高め、サスペンションを強化した結果だ。

    2017032700730_0

    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/03/27/2017032700768.html

    引用元 http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1490681907/ 【現代自動車史上最速コンセプトカー「RM16」、0-100キロ加速は4.7秒】の続きを読む

    1:
     「マツダ地獄」という言葉がある。一度マツダ車を買うと、数年後に買い換えようとしたとき、下取り価格が安く、無理して高く下取りしてくれるマツダでしか買い換えられなくなる。その結果、他社のクルマに乗り換えできなくなることを表した言葉だ。発想の原点は「無間地獄」だろう。

     なぜマツダはそんなひどい言われ方をしていたのだろう? マツダは新車の販売が下手だった。ブランドバリューが低いからクルマを売るとき、他社と競合すると勝てない。あるいは勝てないという強迫観念を営業現場が持っている。

    それを挽回してマツダ車を買ってもらうために、分かり易いメリットとして大幅値引きを行う。しかし値引きが常態化して新車の実売価格が下がれば、好き好んで新車より高い中古車を買う人はいないので、新古車でさえ値段が下がる。

    そこから先はドミノ倒し式の崩壊だ。つまり新車の値引きは中古価格の暴落を生む。しかも新車以上に中古車はブランドイメージで値段が変わる。

    001_o

    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170326/bsa1703261315001-n1.htm

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490508384/ 【マツダ地獄を打ち破ったCX-5】の続きを読む

    1:
    http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49529?page=5


    honda-cars-logo-emblem

    ホンダが買収のターゲットに?
     トヨタは日産と異なり、グループ内にアイシン精機、曙ブレーキ工業、デンソーなど技術力の高い部品メーカーを多数抱えている。

    デンソーのようにトヨタグループとしては独立性の高い企業もあるが、それでも日産と比較するとトヨタは垂直統合モデルとしての色彩が非常に濃い。

     この厚い技術基盤がトヨタの競争力の源泉であったことは間違いないが、今後、EVという「軽い」技術が普及した場合、これがトヨタの足かせになる可能性が十分にある。

    逆にいえば、日産としては、産業構造が転換するかもしれない今のタイミングこそが、トヨタに追い付く最後のチャンスともいえる。

     このような視点で自動車業界を眺めて見ると、再編劇の主役となりそうなのがホンダである。

    日産はゴーン氏の決断により、良くも悪くも勝負に出ている。一方、スズキのような弱小メーカーは大手との提携で生き残りを図るしか道はなく、選択肢は限られている。

     スズキがトヨタと提携したのは自然な流れであり、両者はいずれ資本関係を持ち、最終的にスズキはトヨタグループの一員となるだろう。

    一方、どの場所にも属していないのがホンダであり、ホンダは今後、資本提携のターゲットになる可能性が十分にある。

     もっとも、ホンダに秋波を送るのは完成車メーカーとは限らない。グローバルに見た場合、独ボッシュなど大手部品メーカーが完成車市場に乗り出してくる可能性や、インテルのようなIT企業の動きも見逃せない。

    インテルは今年3月、高度な自動運転技術を持つイスラエルのモービルアイ社買収を発表するなど自動運転時代に向けて着々と布石を打っている。

     10年後には自動車産業におけるプレイヤーの顔ぶれは大きく変わっているかもしれない。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490580471/ 【ホンダが買収の標的に?EV化で激変する自動車業界】の続きを読む

    1:
    「運転支援システム『アイサイト』を軸に究極の運転支援の実現を目指す。この延長線上にあるのが自動運転だ」。 
     
    取締役専務執行役員の武藤直人は富士重工業が目指す自動運転技術開発の考え方をこう表現する。

    米グーグルなど自動運転車の開発を進めるメーカーの中には、ドライバーが運転に関与しない無人自動運転車の実用化を目指す企業もある。公道での無人自動運転車の走行実験を認める各国の動きも活発化してきた。

    だが富士重は「無人運転が可能なくらいの技術レベルまで高めてはいくが、ドライバーの不在を想定した自動運転車は目指さない」。

    武藤はこう強調する。

    ドライバーに“安心と愉(たの)しさ”を提供するスバル車にドライバー不在の自動運転はそぐわないからだ。

    自動運転技術の高度化を巡っては日系メーカーでは日産自動車がミニバン「セレナ」にイスラエル・モービルアイの画像処理技術を使い、渋滞時の自動走行を実現。

    海外競合なども経営資源を集中させ開発を進めている。

    これに対し武藤は「アイサイトはまだまだ進化する。自信がある」と断言する。
    アイサイト自体の性能向上はもちろん他のセンサーも使用し、対象物の認識精度を一段と高める。

    16年4月には日本IBMと組み、アイサイトが取得した走行データを効率良く管理できるインフラを構築。
    開発を円滑に進める土台もできた。
    20年には高速道路で車線変更できる自動運転技術の実現を目指す。

    820x540qm246tupkaaV

    http://newswitch.jp/p/8441

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1490557515/ 【スバルはなぜ「無人自動運転」を目指さないのか】の続きを読む

    1:
    アンモニアから水素 岐阜大教授ら製造装置を開発
    2017年03月22日08:54

     岐阜大次世代エネルギー研究センター長の神原信志教授(55)=化学工学=が、アンモニアを原料に水素を製造する装置の試作機を開発し、21日、「実用化のめどが立った」と発表した。プラズマを用いることで触媒を使わずに常温で高純度の水素をつくり出せるのが特長で、燃料電池に利用可能なことも確認した。

    産業・家庭用の発電機や自動車への利用を視野に入れており、2020年までの製品化を目指す。

     群馬県の電装品メーカー澤藤電機との共同研究で、アンモニアから無触媒で高純度の水素を製造できる装置は世界初という。(下略)

    20170321163341


    ※全文は岐阜新聞でご覧下さい。
    http://www.gifu-np.co.jp/news/kennai/20170322/201703220854_29270.shtml

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1490227992/ 【アンモニアから水素製造する装置開発…自動車利用も視野に】の続きを読む

    1:
    http://natalie.mu/comic/news/225828

    Hokto_0014


    トヨタによるSUV車「C-HR」の新CMが、本日3月24日よりテレビ放送。本CMは「CROSSOVER THE WORLD」をテーマに様々な世界を「C-HR」が走り抜けていくという内容で、原哲夫、大友克洋が映像制作に携わっている。

    原は代表作「北斗の拳」を題材に、破壊と略奪が横行する世界で魅力的な車をみんなが追いかける“マンガの世界”をCMのため執筆。

    大友は「AKIRA」の舞台・ネオ東京を現代の技術で描く「ネオ東京 2017年版」を“アニメの世界”として作り上げた。

    ほかにもタカラトミーのトミカで作った“おもちゃの世界”、カプコンの「ストリートファイターII」とコラボした“ゲームの世界”などが1つの映像の中でクロスオーバーしている。

    プロジェクトの公式サイトでは、CMに登場した各パートごとの特設ページを展開。
    「原哲夫編」のページでは、ラオウ、ケンシロウ、サウザーらが登場するロングバージョン映像やインタビューを掲載している。
    大友のコンテンツは3月27日に公開される予定。

    【C-HR】CROSSOVER THE WORLD 篇 75秒
    https://youtu.be/INXiS2fm4p4


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1490348114/ 【原哲夫、大友克洋の作る世界をトヨタSUV車「C-HR」が走り抜ける、豪華コラボCM】の続きを読む

    1:
    https://news.yahoo.co.jp/byline/kunisawamitsuhiro/20170324-00069049/

    20170324-00069049-roupeiro-000-5-view

    特別仕様ナンバープレートは、ラグビーワールドカップ2019の応援のため企画されたもの。
    上の如くナンバープレート右上にピンク基調のエンブレムが入る。交付料金は地域によって異なるものの、東京の場合7000円。全国的に同じくらいだと考えていい。どうやって手続きしたいいだろうか?

    ・申し込みサイト
    https://www.graphic-number.jp/html/GKAA0101.html

    まず車検証など用意し、上のリンクから申し込みサイトに行く。必要な項目を記入。料金を振り込めば終了である。

    オーダーしてからプレートの生産を行うため、おおよそ10日間程度掛かるという。ちなみにナンバーの数字などは現在使っているものと全く同じ。ETCなどの内容変更をしなくてOK。

    さらにワールドカップを応援したいという人は、1000円以上の寄付をすることにより「寄付金付き」のプレートにグレードアップ出来る。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490314558/ 【4月から軽自動車でも白いナンバーが取得可能に】の続きを読む

    1:
    チッソを充填するメリットは大きくわけて3つある。それは「空気が抜けにくい」「乗り心地がいい」「熱による変化が少なくて空気圧が安定する」だ。しかし今まで、何度か入れたことがある経験からすると、正直はっきりと効果はわからない。

    乗り心地がよくなった気はするし、空気圧をチェックしてもそれほど抜けていない気もする。なかでも違うかな、というのは熱による変化だが、これもまったく変わらないならわかりやすいけど、変化が緩やかな気がする程度ではあった。

    そもそも空気中に一番多い成分はチッソで、なんと8割も占めている。そうなると、効果がわかりにくいも当然という気もする。

    ただ、タイヤのゴム分子より大きいのでチッソは抜けにくいというのは事実だし、性質的に安定もしているので、入れて悪影響があるわけでもない。

    きちんと作業をしてくれるところであれば、湿気をできるだけ排除した状態で入れてくれるのもタイヤにとってはいい。

    湿気を含んだ空気を入れるのは厳密にはいいことはない。4本で2~3千円であれば、簡単なチューニングパーツとして楽しむ分には大きないいのではないだろうか。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12821815/

    窒素仕様のレースカー
    WEB-CARTOP_1_7-680x366

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1490092972/ 【まさか車のタイヤに空気入れてる阿呆はおらんよな? 窒素入れてみろ。”走り”が変わるぞ?】の続きを読む

    1:
    http://jp.techcrunch.com/2017/03/21/20170320google-maps-lets-you-record-your-parking-location-time-left-at-the-meter/


    Googleに駐車した場所と車を停めた時間を教えてくれる便利な機能が追加された。現在地を示すブルーのドットのメニューから地図上に“P”アイコンを表示させることができる。このアイコンの位置を目指せば自分の車を発見できるわけだ。

    駐車位置の記憶機能はiOS 10でAppleマップに追加されているが、Googleの新機能の方がやや便利かもしれない。

    screenshot_20170320-111439

    Googleマップの新機能はつい先ほどArs Technicaが発見した。この記事によると、新たな駐車位置を設定するまで駐車位置は記憶されるている。またマニュアルで駐車位置を消去できるという。駐車位置が永続的に記憶されるというのは、空港などで長時間駐車ままにしておくような場合、非常に役に立つ機能だ。

    Googleはこの駐車位置記録機能についてまだ公式発表はしていないが、この機能がまだiOS版には追加されていないからかもしれない。

    しかしわれわれはGoogleに取材し、たしかに新機能が追加されていることを確認した。

    この機能は現在Android((v. 9.49以降)のGoogleマップで利用できる。
    〔日本版〕手持ちのAndroid上のGoogleマップではまだ新機能を確認できなかった。なおバージョンはAndroid OSのものではなくマップのバージョンなので注意。Googleマップのハンバーガー・メニューから設定を開き、[概要、利用規約、プライバシーポリシー] をタップするとバージョンが確認できる。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1490092137/ 【Googleマップ、駐車した場所と時間を教えてくれる機能を追加】の続きを読む

    このページのトップヘ