サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 大口小火◆lol.XSQqdw 2014/11/22(土)09:48:13 ID:???
    biobus1

    イギリスで人間のうんちと生ゴミを燃料にして走る「バイオ・バス」が運行を開始しました。
    ってなんだよこの車体デザイン!

    「バイオ・バス」は下水や生ゴミを処理する際に発生するバイオメタンガスを燃料にして走ることができる省エネバス。
    排気ガスの排出量を大幅に減らすことが可能で大気質改善などの観点からも注目されているのですが、そんな立派なバスの車体はたくさんの人間が便座に座ってうんちをしているというデザイン。
    なんか乗客がうんちをしながらバスに乗っているように見えます。
    これ絶対「ぶりぶりバス」みたいなあだ名つけられるだろ!

    バイオ・バスの燃料タンクは5人分の年間廃棄物からできるガスで満タンになり、約300キロの走行が可能。
    既に8000軒以上の家庭のゴミを燃料にする仕組みが完成しています。
    燃料を供給しているGENecoはこのバスを今後世界中に広めていきたいと考えているそう。
    日本でもこの「うんちバス」が見られる日が来るかもしれません。
    できればデザインだけは変えて来日してほしいですね。

    ソース:ライブドアニュース
    http://news.livedoor.com/article/detail/9495635/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416617293/ 【排泄物と生ゴミの力で走る「バイオ・バス」のデザインが酷すぎると話題に】の続きを読む

    1: かじりむし ★ 2014/11/21(金) 21:26:22.49 ID:???.net
    車庫入れ、切り返しを自動で トヨタが新技術、来年投入
    http://www.asahi.com/articles/ASGCN5GF8GCNOIPE01G.html
    朝日新聞 鈴木毅 2014年11月21日10時23分

     トヨタ自動車は20日、車庫入れ時の事故を防ぐ新技術を報道関係者に公開した。狭い場所に駐車する時にハンドルを自動で切り返す機能などで、年明け以降に発売する新型車から順次、オプションとして選べるようにする。

     10年余り前に実用化した今の駐車支援システムにも、自動でハンドルを切る機能はあるが、いわゆる「切り返し」には対応せず、狭い場所での駐車には使えない。トヨタはこれを改良し、用途を広げた。

     改良版では、後退時にハンドルを逆向きに切り返すなど、位置を細かく調整する操作を車が自動で行う。運転する人は、カーナビの画面の指示に従ってブレーキやギアを操作するだけで、うまく駐車できる仕組みだ。車庫入れだけでなく、縦列駐車でも使える。

     自動車メーカーは駐車時の安全技術の開発に力を入れており、切り返し機能はホンダがすでに一部車種で導入している。

     一方、トヨタの新システムでは、駐車時に障害物にぶつかりそうになると、自動でブレーキがかかる機能も強化。従来は誤ってアクセルを踏んだ時に作動する仕組みだが、踏み間違いでなくても働くようにした。


    AS20141120004834_comm

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1416572782/ 【車庫入れ切り返しを自動で…トヨタが新技術を来年投入へ ホンダは既に導入済み】の続きを読む

    1: Anubis ★@\(^o^)/ 2014/11/19(水) 10:13:52.58 ID:???0.net
    20141120bb
    米当局、タカタ製エアバックの全米規模リコールを指示
    ロイター 11月19日 7時57分

    [ワシントン 18日 ロイター] - タカタ製<7312.T>のエアバッグ問題で、米運輸省高速道路交通安全局(NHTSA)は18日、リコール(回収・無償修理)対象を全米に広げるよう指示した。


    NHTSAのフリードマン局長代行は、対象となる自動車について、タカタと自動車各社がリコールを始めるよう手続きに入る、と語った。

    ホンダ<7267.T>、マツダ<7261.T>、フォード・モーター<F.N>、クライスラー、BMW<BMWG.DE>の各社は、問題となっているエアバッグの回収に向け、迅速に対応することが求められる。

    これまでのリコールは、フロリダやアラバマ州などの高温多湿地域が対象だったが、ノースカロライナ州で8月に起きた事故に基づき、リコール対象を全米に拡大したという。

    一方フリードマン局長代行は、タカタはこれまでリコール対象拡大に関して対応に消極的な姿勢を示している、と述べた。

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141119-00000030-reut-bus_all

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416359632/ 【米当局、タカタ製エアバックの全米規模リコールを指示】の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/11/19(水) 14:26:51.58 ID:???.net
    マツダ、LAオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開
    【Impress Watch】 (2014/11/19 13:00)

    マツダは11月19日、米国ロサンゼルスで開催中のロサンゼルスオートショー(11月18日~20日プレスデー、
    21日~30日一般公開)で新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開し、2015年春から日本を始め
    グローバル市場で順次発売すると発表した。

    20141119m1

    20141119m2

    CX-3

    CX-3は、マツダの新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用して開発された第5弾モデル。この会場で参考出展された車両の主要諸元では、ボディーサイズが4275×1765×1550mm(全長×全幅×全高)となっており、同社のクロスオーバーSUVである「CX-5」の4540×1840×1705mm(全長×全幅×全高)からひとまわりコンパクトなサイズで構成されている。

    パワートレーンには市場のニーズに合わせて1.5リッタークリーンディーゼルの「SKYACTIV-D1.5」と2.0リッターガソリンエンジンの「SKYACTIV-G2.0」を用意し、参考出展車ではSKYACTIV-D1.5に6速MT、SKYACTIV-G2.0に6速ATが組み合わされている。また、駆動方式ではCX-5から導入された新世代AWDシステムを採用し、センサー信号によってドライバーの意図と変化し続ける走行状況を正確に検知して制御を行う世界初の技術「前輪スリップ予兆検知システム」を導入すると発表している。このほか、デミオに搭載した新開発の小型・軽量の「パワーテイクオフ」「リアディファレンシャルユニット」も採用する。

    インテリアでは「Heads-up Cockpit」をコンセプトに、ドライバーを中心としたレイアウトで操作・視認系アイテムを配置。アイポイント高を1250mmに設定し、すっきりと見晴らしのよい運転が楽しめ、気持ちよく安心できる着座位置を実現している。また、フロントタイヤの前方配置とペダルの形状やレイアウトの最適化により、ドライバーが足を伸ばした位置にペダルを用意するドライビングポジションを設定。アクセルペダルにはオルガン式を採用する。

    フロントシートにはショルダールームやレッグルーム、カップルディスタンスに余裕を持たせ、乗員の体格に差があっても快適に過ごせるよう設定。リアシートはフロントシートと比べて内側に着座位置を配置し、ヒップポイントも高めとして前方の視界を広げたほか、車内で対角線の位置に座る乗員同士が会話しやすいよう 工夫している。シート自体の構造面では、シートバックや座面の形状、ボルスターの形状と硬さの最適化を図り、衝撃吸収ウレタンを採用。また、リアシートではシートバックを長めにしてゆったり感のある座り心地を表現している。

    また、運転中の各種操作をアシストするヒューマン・マシン・インターフェイスとしてカーコネクティビティ・システムの「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」、ヘッドアップディスプレイの「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」などを採用している。
    (以下略)

    ソース: http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141119_676484.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1416374811/ 【マツダ、LAオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/11/18(火)11:26:11 ID:???
    20141119ns

    日本ソフトウエアアプローチは、次世代の自動車エンジンを目指す、円弧動エンジンの共同開発者の募集を行っている。円弧動エンジンは、レシプロエンジンとロータリーエンジンの欠点をなくして利点を増大させたエンジンだ。

    開発中の円弧動エンジンは、排気量が1080ccで本体重量が13.9kgという軽量コンパクトなものだ。
    熱効率が55%ということで、従来エンジンと比較して、燃費が1/3以下でありながら、最高出力244ps、最大トルク18.0kgf・mを発生するということだ。

    http://jp.autoblog.com/2014/11/16/rotary-engine-2014-mazda-rx-7-rx8/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1416277571/ 【レシプロとロータリーが手を組んだ「円弧動エンジン」開発者募集中】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2014/11/16(日) 00:24:10.70 ID:???.net
    ポルシェとしては初のコンパクトSUVで価格は616万円。全ラインナップの中でもっとも安い価格に設定した。
    この日の発表会にドイツから駆けつけたポルシェAGのベンハルト・マイヤー副社長は「コンパクトSUV市場は年3.5%の成長が見込める。ポルシェの新しい顧客層を獲得できる」と期待を寄せた。

     SUVとしては「カイエン」が存在するが、マカンはこれより一回り小さい。ポルシェ・ジャパンの七五三木(しめぎ)敏幸社長は「日本の道路事情にマッチしたもの」とアピールした。

     マカンは排気量2リッターの直列4気筒ターボエンジンを搭載。最高出力は237馬力で、小型SUVのジャンルではスポーツ性を持った初のモデルだと同社はしている。既に約1500台の予約があるといい、今週末から順次納車していく。

     マカンとはインドネシア語でトラの意味。マカン・シリーズは他に、3.6リッターV型6気筒ツインターボの「マカン・ターボ」、3リッターV型6気筒ツインターボの「マカンS」がある。

    20141113-00000019-wordleaf-072ec08212ca53ab1665eaee7773e9e52

    20141113-00000021-wordleaf-032f731639bbf320a5c3ccc4e546425c7

    20141113-00000021-wordleaf-9968b3faa00a90c158ab4667a3a64a7bb

    20141113-00000021-wordleaf-39130e945570f81806417f5e82d0493a3

    http://www.youtube.com/watch?v=-29LD1eM6V8


    http://thepage.jp/detail/20141113-00000019-wordleaf

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1416065050/ 【616万円から買えるポルシェSUV「マカン」が国内初お披露目】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/11/10(月)13:46:19 ID:rdbaLXOyQ
    11月5日。トヨタは平成26年9月中間連結決算発表で、通期(27年3月期)業績予想を上方修正した。円安進行などを受け、最終利益を当初の減益予想から一転、2200億円多い2兆円(見込み)に引き上げると発表した。

    日本の製造業が最終利益2兆円という大台に到達するのは初めて。売上高も当初予想よりも8千億円増の26兆5千億円と7年ぶりに過去最高を更新する見通しだ。

    自動車業界の頂点に立ち、「最強の製造業」とまで称されるトヨタが叩き出した好業績だが、決算発表に出席した同社幹部に浮かれた様子はみじんも感じられない。

    中略

    トヨタの発表前日(現地3日)、米国から同じく自動車業界のニュースが発信された。米司法省と米環境保護局(EPA)は、韓国の現代自動車と傘下の起亜自動車が米国で販売した約120万台の燃費性能を過大表示した問題で、両社が民事制裁金1億(約114億円)を支払うことで和解したと発表したのだ。

    1億ドルは大気浄化法違反の民事制裁金としては過去最高額という。

    EPAによると、現代自と起亜の合計で約120万台の車両について、カタログ燃費を過大に表示していたという。燃費表示“水増し”による改竄(かいざん)問題である。EPAは「現代自と起亜自動車は燃費性能を算出する際に、多くのテストから平均値を出す代わりに好ましい結果を抜き出したようだ」と指摘している。

    実は現代自による燃費水増し問題は、和解が成立した今回の米国にとどまらない。
    今年3月には別の主力車種で同様の燃費の過大表示が発覚、「燃費に誇張があった」と謝罪している。

    BN-FI549_1103hy_G_20141103102340

    http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20141108/ecn1411081724003-n1.htm

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1415594779/ 【米国がキレた韓国車の燃費「水増し」 現代自がトヨタ追い抜く日は来るのか?】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/11/12(水) 19:26:22.33 ID:???.net
    http://news.mynavi.jp/news/2014/11/12/339/

     スズキは12日、同社の軽乗用車「ハスラー」が、日本自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)主催による「2015年次 RJC カー オブ ザ イヤー」を受賞したと発表した。

     RJC カー オブ ザ イヤーは、2013年11月1日から2014年10月31日までに発表された国産車を対象とし、RJC会員の投票によって選出。
    スズキ車が同賞を受賞するのは、「ワゴンR」(1993年)、「ワゴンR/ワゴンRスティングレー」(2008年)、「スイフト」(2005年 / 2010年)に続く5度目となる。

     RJCによる受賞理由は、
    「ライトな感覚の軽自動車SUVとして新しいジャンルを開拓した。
     動力性能ばかりではなくボディカラーなど色に対する配慮も行き届いている。
     しかも街乗りにも充分な快適性を備えている。
     広い意味でユーザーに夢を与えてくれるクルマである。
     家族でも、一人でも、ペアでも楽しめる。
     その懐の深さと新鮮さを高く評価した」
    とのこと。

     ハスラーは、軽ワゴンタイプの乗用車とSUVを融合させた、新しいジャンルの軽乗用車として2014年1月に発売。広い室内空間と日常での使いやすさに加え、起伏のある路面を走行する機会が多い人に向けた「アクティブなライフスタイルに似合う軽クロスオーバー」をコンセプトに開発されている。
    発売から10月末までの届出台数は8万6,918台。

    画像:「ハスラー X」
    20141113as


    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1415787982/ 【スズキ「ハスラー」が「2015年次 RJC カーオブザイヤー」を受賞】の続きを読む

    このページのトップヘ