サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: クロイツラス(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/09/27(土) 21:01:43.04 ID:eaeEs+gP0.net BE:586999347-PLT(15000) ポイント特典
    traffic

     自動車税の見直しをめぐり政府と自動車業界の対立構造が鮮明になっている。政府は、消費税率10%の引き上げ時に廃止予定の自動車取得税に代わる新税として、燃費性能に応じて、購入初年度に自動車税へ一定金額を上乗せする「環境性能課税」の導入を推し進めたい考え。これに対し自動車業界は「廃止される取得税の付け替えで購入者負担が増す」と反発し、制度の再考を強く求める。

     総務省は26日、自動車関係税の見直しを検討する有識者検討会を開き、日本自動車工業会や日本自動車輸入組合など自動車関係の5団体から意見を聴取。このうち中古車販売団体を除く4団体が環境性能課税導入に対し反対と表明した。

     自工会は会合の中で「自動車税に新たな税が上乗せされることで自動車購入者にとって大きな負担増になる」と反対理由を説明。日本自動車販売協会連合会も「さらなる税負担増になれば国内販売がピークの半分まで縮小しかねない」として反対し、自動車税の基本税率引き下げによる実質負担の軽減を求めた。

     一方、政府内で軽自動車税にも環境性能課税を広げる案が検討されていることについて、全国軽自動車協会連合会は「来年4月に軽自動車税の税率が現在の1.5倍になる中での軽自動車に対する環境性能課税の導入は断固反対」と強く訴えた。

     車を購入した際に支払う自動車取得税は、消費税率10%時点での廃止が決まっている。
    ただ、現在は自動車取得税を軽減する形でエコカー減税が導入されていることから、その役割を引き継ぐことを狙いに、2014年度税制改正大綱では環境性能課税の導入を明記した。具体的には、車を購入した初年度に限り、20年度の燃費基準の達成度に応じて、取得価格に「0~3%」を上乗せする方針がすでに打ち出されている。

     ただ、この課税手法をめぐっては、現在、自家用車に税率3%の取得税が適用されており「税収減を防ぐための付け替え」と受け取られてもおかしくない。自工会は同日の会合で、消費税増税に伴う負担軽減が取得税廃止の目的だとして、環境性能課税について「15年度燃費基準を満たさない燃費の悪い車に限定して導入すべきだ」と、負担を最小限に抑える方策を示し、見直しを求めた。

    http://www.sankeibiz.jp/smp/macro/news/140927/mca1409270500007-s.htm

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411819303/ 【自動車取得税を廃止する代わりに「環境性能税」を創設か?】の続きを読む

    1: スターダストプレス(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/28(日) 09:30:39.77 ID:wdAzlAMN0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    軽自動車、64ps規制撤廃か!?…ベストカー 2014年10月26日号
    2015年にデビューするホンダ『S660』のエンジンパワーは、自主規制の64psをはるかに上回り、100psで登場するとのスクープを伝えている。
    その要因は軽自動車税引き上げによるもので、増税との引き換えに、馬力規制が撤廃となると報じている。

    http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2014/09/RES_233449.aspx

    res_233449_1_s

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411864239/ 【軽自動車、64ps規制撤廃か】の続きを読む

    1: クロスヒールホールド(芋)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 22:23:30.93 ID:bT4cbh8C0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    thumb-clicccar-20140926-270456-economy

    三菱自動車は9月25日、出雲大社に対し、『アウトランダーPHEV』を奉納したと発表。同日、出雲大社の仮拝殿にて、関係者等が出席し、奉納式が行われた。

    出雲大社は境内の自然保護活動に力を入れており、三菱自動車は、EV走行でのCO2排出量ゼロ、モーター走行で高い静粛性を持つアウトランダーPHEVが、同活動に最適と考え、奉納を決定した。

    アウトランダーPHEVは、プラグインハイブリッドEVシステムを搭載し、日常は環境に優しいEV走行、遠出はモーター主体のハイブリッド走行により、高い環境性能と優れた経済性を実現。また、状況に合わせて最適な走行モードを自動で選択するほか、前後にそれぞれ独立したモーターを搭載したツインモーター4WDにより、滑らかな加速感、高級車並みの静粛性を両立している。

    なお、アウトランダーPHEVは、2013年1月に日本で発売して以降、順次、輸出地域を広げ、2014年8月末時点、世界30か国以上で約3万7000台を販売している。
    (レスポンス 纐纈敏也@DAYS)
    http://gazoo.com/news/article/st3/Pages/2014/09/RES_233438.aspx?MAKER_CD=D%20&CARTYPE_CD=63&GENERATION=

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411737810/ 【三菱自動車、出雲大社に アウトランダーPHEV を奉納】の続きを読む

    1: 超竜ボム(東京都)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 19:49:05.94 ID:mG9y+zbo0.net BE:151728184-PLT(13121) ポイント特典
     国土交通省は26日、自動車のナンバープレートへのカバー装着を法令で禁止することを決めた。
    数字や文字が見えにくくなり、警察の捜査などに支障があるとの指摘があるため。
    来年度にも実施する方針で、国交省の有識者検討会は同日、道路運送車両法改正の検討などを始めた。

     カバーは主に樹脂製で、ファッションや汚れ防止が目的。
    色付きの製品にはナンバーが読みづらくなるものもあり、交通取り締まりを免れようとして装着する人も少なくないとみられる。透明度が高くても視認性が落ちることが確認されており、全面禁止に踏み切る。

    c11dcf6f
    http://www.47news.jp/CN/201409/CN2014092601002102.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411728545/ 【【やっと】車のナンバープレートカバー全面禁止へ】の続きを読む

    1: 垂直落下式DDT(家)@\(^o^)/ 2014/09/26(金) 17:25:46.68 ID:RNfilOD80●.net BE:184283486-PLT(23131) ポイント特典
    ソース:http://news.ameba.jp/20140926-488/

    女性に嫌われる!? 男クサいクルマのインテリアとは
    男の車というのは、車種や外見だけで判断されるわけではありません。どんなインテリアをおいてあるのかということでも、女性からの見方というのは変わってしまいます。女性に嫌われてしまう男の車のインテリアとは、どんなものなのでしょうか。

    ●ぬいぐるみ
    (略)
    ●ダッシュボードマット

    ダッシュボードマットといってもピンとこないかもしれませんが「白いふわふわ」といえばイメージが浮かぶ人もいると思います。

    車のフロント部分、ダッシュボードの上に乗せてあるマットがちょっと…と思う女性も多いようです。安っぽく見えてしまったり、ヤンキーっぽく見えてしまうという理由から、女性からは不評です。

    女性ウケは悪いインテリアになってしまうので要注意ですね。

    ●ハンドルやシフトレバーの装飾

    「…ヤンキー?」と思ってしまう女性が多いので、ハンドルやシフトレバーの装飾はほどほどにしておいた方がいいでしょう。シフトレバーを変えて水中花のデザインのものなどに変える人もいますが、やりすぎ感が出てしまうのです。

    女性的にはあまり良い印象を持たないという人が多いので、やりすぎには注意しておいたほうがいいかもしれません。

    ●匂いの強すぎる芳香剤

    強い香りが嫌いという女性も多いので、あまりにも香りが強すぎる芳香剤は避けておく方がベストでしょう。
    もともと車酔いしやすい女性は、芳香剤があると酔いやすくなってしまうこともあります。

    香りというのは人によって好き嫌いがあるものなので、女性を乗せるときにはきつすぎない香りを選ぶようにしましょう。

    男性の車に乗っていると引いてしまうアイテムというのは、ほとんどの女性が共通しています。インテリアなんて個性なんだから!といわずに、ちょっと気を使ってみるといいかもしれませんね。


    mono40172316-120412-02

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411719946/ 【車をヤンキーっぽく装飾させてしまう車のインテリア】の続きを読む

    1: キングコングニードロップ(神奈川県)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 20:52:14.86 ID:PqV7EUwq0.net BE:586999347-PLT(15000) ポイント特典
    ■目標は「1万5000ドルEV」

     日本国内だけで考えると、現時点で150万円のEVというのは突拍子も無い話に聞こえる。
    ところが、海を隔てた中国の状況を見ると、それが現実味を帯びた話になってくる。

     中国の国営系自動車大手である北京汽車(BAIC)は、現在「E150 EV」という電気自動車を市場に投入している。その価格は、約22万元(385万円)、国や自治体の補助金を適用すれば同12万6000元(220万円)で購入が可能だ。このBAIC製EVの駆動用電池パックの製造を請け負っているのが、台湾のホンハイである。

     ホンハイはEV用電池パックだけでなく、車両自体の製造も視野に入れていると見られる。背景にあるのは、スマートフォン(スマホ)やタブレット端末といった電子機器分野の成長鈍化だ。同社会長の郭氏は、山西省に50億元(850億円)以上を投資して工場を建設、EV関連事業への参入を目指す計画を2014年9月3日に同省太原市で明らかにした。

     しかも、3カ月ほどさかのぼった6月には、「価格が1万5000米ドル以下のEVを作るのが目標」と発言している。
    郭氏は計画の詳細を明らかにしていないが、投資の規模から考えればEVサプライチェーンの部分的な事業に留まらず車両全体の製造を行う可能性は十分にある。

     中国やアジアの新興国で製造された低コストのEVが日本に輸入されて150万円前後で販売されれば、ランニングコストの安さからEVに買い替える人が急増する可能性が高い。スマホなどの電子機器と同じように、ホンハイが自動車市場においてEVの受託生産で大きな存在感を示すことになるのか、今後も目を離せない。
    http://mw.nikkei.com/sp/#!/article/DGXMZO77161470X10C14A9000000/

    jpg

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411645934/ 【台湾ホンハイ「スマホはオワコン。今後は電気自動車を150万円でOEM供給を目標にする」】の続きを読む

    1: アルゼンチンバックブリーカー(チベット自治区)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 08:42:52.86 ID:ru3NeYX70.net BE:415581673-PLT(12000) ポイント特典
    20140925aaa

    コレは・・・奇跡としか言いようが無い!まるで映画の世界!
    前輪が故障した航空機、そこに走り寄る車!なんと前輪部分を車の荷台にフィットさせ無事に航空機は着陸!
    しかもこの車、日産車だったそうな・・・。
    歓声に包まれた空港の様子はまるで映画のクライマックスのよう!
    気になる肝心のランディングシーンは#00:27から

    http://tabi-labo.com/48667/car-helped-airplane-landing/
    http://www.facebook.com/video.php?v=1446180022292605&fref=nf

    日産車よりドライバーを賞賛しろよ('A`)

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411602172/ 【【動画】不時着する飛行機を救った奇跡。前輪の代わりになった「日産車」に賞賛!】の続きを読む

    1: ジャンピングカラテキック(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/25(木) 18:58:52.54 ID:b0fSRZX+0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    756026

    「インドネシア国際モーターショー2014」のスズキの会場で、来場者の目に止まったのが日本仕様『ハスラー』だった。 PT.SUZUKI INDOMOBIL MOTORのプレジデント・ディレクターの大石修司氏はインタビューに答え、「予想以上の反応」と自信を見せた。

    ハスラーはワゴンRをベースに開発された軽規格のスポーツビークルで、日本でも注文に追いつかないほど人気を呼んでいる。現在では日本だけの専売車種となっているが、海外ではどんな反応があるかを見極めようと出展されたものだ。一般公開日では会場の片隅にひっそりと水色のハスラーが1台展示してあったものの、初日開催のプレスデーでは、オレンジカラーのハスラーも出展されていた。

    一般公開日に減らした理由について「他の車種との絡みがあった(会場担当者)」としていたが、実は手応えは予想以上だったという。ハスラーはあくまで参考出品のため、販売の予定はない。それにも関わらず、常に人だかりができている状態で、少し離れて全体を眺めたり、乗り込んでその使い勝手を試すなど、その関心の高さは日本と共通のものがあるようだ。

    一方、会場にはハスラーの配色に倣った『カムリン ワゴンR』も参考出品。よく見るとパールホワイトのボディカラーの上にオレンジのカッティングシートを貼った、いかにも展示用に即席で作った感じだ。ハスラーのボディ配色をカリムン ワゴンRで展開するとどうなるか、どのような反応が得られるか調査するための出展のようである。

    インドネシア国内の販売を担当するPT.SUZUKI INDOMOBIL MOTORのプレジデント・ディレクターの大石修司氏はインタビューに答え、「(ハスラーは)売りたいと思うから持ってきた。軽自動車じゃダメだという既成概念を取り払いたい。来場者に聞くと幅が狭いなんて全然言わないし、サイズ感もあれでいいという。しっかりとした手応えを感じているし、(できたら)タイよりも先に売ってみたい」とした。

    http://response.jp/article/2014/09/21/233045.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1411639132/ 【もはや軽自動車はガラパゴス規格じゃない!コペンに続きスズキ・ハスラーがインドネシアに進出か!?】の続きを読む

    このページのトップヘ