サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/03(木) 23:12:46.48 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/03/03/270865.html

    イタリアの高級スポーツカーメーカー、ランボルギーニが3月1日、ジュネーブモーターショー16で初公開した『センテナリオ』。価格は日本円で2億円を超えるが、発表の時点で限定40台は完売しており、「完売御礼」のワールドプレミアとなった。

    センテナリオは、ランボルギーニの創業者、フェルッチオ・ランボルギーニ(1916年生まれ)の生誕100周年を記念する限定モデル。クーペ20台、ロードスター20台の合計40台が限定生産される。

    センテナリオは、わずか40台のために専用ボディを設計。エアロダイナミクスを追求したデザインが特徴で、とくにアグレッシブなリアディフューザーや格納式のリアスポイラーが目を引く。モノコックにフルカーボンファイバー製ボディを組み合わせ、乾燥重量は1520kgに抑えられた。ボディサイズは、全長が4924mm、全高が1143mm。

    インテリアは、基本的にフルオーダー仕様。カーボンファイバー製スポーツシートをはじめ、カーボンやアルカンターラを使ったステアリングホイール、サンバイザー、ドアパネルなどが選択できる。

    駆動方式はフルタイム4WDを基本にしながら、センテナリオには新開発の後輪操舵システムを採用。低速走行時、ステアリングホイールの舵角とは反対方向に後輪をステア。方向転換の際には、最小回転半径を短縮する。一方、高速走行時には、 ステアリングホイールの舵角方向に後輪ステアが連動。安定性や車両のレスポンスを高める。

    ミッドシップには、『アヴェンタドール』用がベースの6.5リットルV型12気筒ガソリン自然吸気エンジンを搭載。最大出力は770hpと、ランボルギーニ史上最強のパワーへ引き上げられた。パワーウェイトレシオは、1.97kg/hp。この結果、センテナリオは0-100km/h加速2.8秒、最高速350km/hオーバーという圧倒的パフォーマンスを実現した。

    センテナリオの価格は、税別で175万ユーロ(約2億1685万円)から。創業者の生誕100周年記念車で、専用ボディ、フルオーダー内装、そして少量限定車という点が世界の富裕層の購買欲を刺激し、初公開を前に40台のオーダーリストは埋まった。

    ランボルギーニをはじめ、フェラーリやマクーラーレンなどのスーパーカービジネスの好調さを、またひとつセンテナリオが証明した形となった。

    1023385

    1023389

    1023393

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1457014366/ 【ランボルギーニ、40台限定のスーパーカー「センテナリオ」発売 価格は2億円】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/03(木) 09:18:23.86 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/03/02/270849.html
    トヨタ 86 現行型
    1023156

    1023157

    3月にも現行モデルのフェイスリフトが噂されるトヨタ『86』。早くも次期型に関する情報が、レンダリング・スケッチと共に欧州から聞こえて来た。

    改良型では5から10ps程度の馬力アップ、フロント&リアバンパーのリフレッシュが予想されるが、気になるのはやはりフルモデルチェンジとなる次期モデルだろう。

    情報元によれば、次期86はマツダ『ロードスター』とFRプラットフォームを共有する可能性が高いと言う。
    トヨタは2015年にマツダとの提携拡大を発表しており、マツダ側から見ても、さらなる兄弟モデルの誕生により、コストダウン強化に繋げたい所だろう。ちなみにロードスターといえば、コンポーネンツを共用した兄弟車、フィアット『124スパイダー』の登場も記憶に新しい。

    トヨタ×マツダ「86」が実現した場合、心臓部にはダウンサイジングされた1.5リットルの次世代SKYACTIVエンジンの搭載が予想され、オープンモデルに生まれ変わる可能性が高い。また、トヨタはロードスターのプラットフォームでのテストが最終段階に入っているという情報もある。

    スケッチによるエクステリアは、新型『プリウス』やレクサス『LC500』などに見られる、ヘッドライトからフロントバンパーへの一体化デザインが採用されているようだ。

    トヨタ86次期モデル、世界初公開は2018年頃が有力だ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456964303/ 【トヨタ 86 次期型はマツダ ロードスター がベースに!?】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/02(水) 13:45:21.40 ID:CAP_USER.net
    http://www.yomiuri.co.jp/life/atcars/news/20160302-OYT8T50069.html

     トヨタ自動車グループは、ドライバーが急病などで運転できなくなった場合、車を自動で路肩に停止させる技術を2020年をメドに実用化する方針だ。大阪・梅田で2月に起きたような暴走事故を防ぐ狙いがある。

     トヨタ系自動車部品大手のアイシン精機などが開発中のシステムは、ハンドルの後ろに設置したカメラと赤外線センサーがドライバーの顔の向きやまぶたの開閉、運転姿勢などを監視。体が大きく倒れるなど異常が続いた場合、音声で警告した上で、反応がない場合、自動運転に切り替わって車を路肩に停止させる仕組みだ。

     アイシンが2月末、北海道豊頃とよころ町の運転試験場で報道陣に公開した実験車は、自動運転に切り替わった後、約3秒で安全に停止した。

     ドライバーの発作や急病が原因とみられる事故は年200~300件ほど発生している。
    梅田の事故ではドライバーが大動脈解離を発症し、意識をなくしたまま事故を起こした可能性が浮上している。

     自動車業界ではドライバーの異変を察知し、事故を防ぐ技術の開発が進んでいる。
    トヨタは06年に高級車ブランド「レクサス」の高級セダン「LS」に、自動でブレーキをかける装備を採用。
    日野自動車も正面を向いていない状態が続くと警報を鳴らすトラックやバスを投入している。

     ただ、現状ではドライバーが運転不能かどうか正確に見極められないケースもある。
    自動運転車が事故を起こした場合の法的なルール整備も課題だ。(佐々木鮎彦)

    20160302-OYT8I50030-L

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456893921/ 【急病検知、路肩に自動停車 トヨタ実用化へ】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/02(水) 18:04:03.20 ID:CAP_USER.net
    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/20160302-10240319-carview/

    20160302-10240319-carview-000-1-view

    イードが運営する燃費管理サービス「e燃費」は3月2日、1年間に集計した実用燃費データを集計し、ランキング形式にまとめた「e燃費アワード2015-2016」を発表。総合部門でスズキ『アルト』が24.3km/リットルで3連覇を達成した。

    今回で10回目を迎える「e燃費アワード」は、イードが運営する携帯端末向け燃費管理サービス「e燃費」ユーザーが投稿した給油量・走行距離から算出した燃費データを元に、実用燃費ランキング・カタログ燃費達成率ランキングを作成し、優れた数値を出した車種およびメーカーを表彰するもの。「新型車部門」「ガソリン車部門」 「ハイブリッド車部門」「軽自動車部門」「輸入車部門」「燃費達成率部門」「ディーゼル車部門」「総合部門」の計8部門の優秀車を発表した。

    新型車部門では、2015年5月に発売されたホンダ『シャトル』がトップ。1.5リットルエンジンとモーター内蔵DCTのパワートレーンを組み合わせ、ベース車に迫る好燃費20.8km/リットルを記録した。2位はロボタイズドMT「AGS」を採用するスズキ『アルト ターボRS』。そのほかでは、マツダ『CX-3』とボルボ『V40 D4』、クリーンディーゼル車2台がランクインした。

    ガソリン車部門では、「デュアルジェットエンジン(DJE)」を搭載するスズキ『スイフト』が17.6km/リットルで1位を獲得。2位は三菱『ミラージュ』で17.4km/リットル、3位は16.8km/リットルのVW『up!』だった。

    ハイブリッド車部門は、新型車部門で1位となったホンダの『グレイス』がトップ。 ハイブリッド車部門で3年連続の1位だったトヨタ『アクア』は22.2km/リットルで2位転落。3位は21.8km/リットルを達成したホンダ『フィット』がランクインした。

    軽自動車部門では、総合トップのスズキ『アルト』が1位。2位・3位はダイハツ『ミラ イース』、スズキ『ワゴンR』がランクインした。

    輸入車部門では、VW『up!』が16.8km/リットルで昨年に続きトップ。2位には2015年夏に投入されたクリーンディーゼル搭載のボルボ『V40 D4』が入った。

    JC08モード燃費に対する実用燃費の達成率を表彰する燃費達成率部門では、106.2%(12.0km/リットル)を記録したシトロエン『DS4』 が2年連続トップ。2位には日産『ジューク』(94.6%・12.3km/リットル)、3位にはトヨタ『ランドクルーザープラド(ディーゼル)』(93.2%・11.0km/リットル)がランクインした。

    ディーゼル車部門では、1.5リットル小排気量ディーゼルエンジンを搭載するマツダ『デミオ XD』が19.4km/リットルで2年連続トップ。2位には同じマツダの『CX-3』(18.3km/リットル)が入った。

    ■e燃費アワード2015-2016(各部門トップ)
    ・新型車:ホンダ シャトル(ハイブリッド)…20.8km/リットル
    ・ガソリン車:スズキ スイフト…17.6km/リットル
    ・ハイブリッド車:ホンダ グレイス…23.3km/リットル
    ・軽自動車:スズキ アルト…24.3km/リットル
    ・輸入車:フォルクスワーゲン up!…16.8km/リットル
    ・燃費達成率:シトロエン DS4…106.2%(12.0km/リットル)
    ・ディーゼル車:マツダ デミオ…19.4km/リットル
    ・総合:スズキ アルト…24.3km/リットル

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456909443/ 【実燃費日本一はスズキ アルト 24.3km/L ハイブリッド部門1位はホンダ・グレイス 23.3km/L】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/02(水) 11:41:56.13 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/03/01/270788.html

    1022663

    1022664

    スバル(富士重工)は3月1日、スイスで開幕したジュネーブモーターショー16において、『XVコンセプト』を初公開した。

    同車は、スバル『XV』の次期モデルの方向性を提示したコンセプトカー。スバルの次世代デザイン理念、「DYNAMIC X SOLID」をコンパクトクロスオーバー車として表現。凝縮されたボディサイズの中で、ダイナミックかつソリッドなスバルらしいデザイン要素と、クロスオーバー車ならではの力強い造形を大胆に表現しつつ、クラスを超えた質感を融合させる。

    フロント、サイド、リアの各デザインをダイナミックかつソリッドな面構成でつなげ、スバルデザインの特徴のひとつである立体的で塊感のあるボディを構築。凝縮感あるボディ形状の要所に躍動感あふれるキャラクターラインを配し、スバルが顧客に提供する価値、「安心と愉しさ」のデザイン表現を、コンパクトクロスオーバー車という限られたボディサイズの中で追求した。

    スバル車にとって不可欠な機能性についても、優れた空力性能やクロスオーバー車に要求される十分なロードクリアランス、荷室を確保することで、スタイリングとの融合を実現している。

    また、フロントバンパー、ホイールアーチ、サイドシル、リアバンパーへと連続して設けたマットブラックのクラッディングや、フロントグリル、前後バンパー、アルミホイール、ルーフレールに配されたオレンジのアクセントと組み合わせることで、多様なキャラクターを持つクロスオーバーらしさを外板色においても強調した。

    なお、ボディサイズは、全長4520mm、全幅1920mm、全高1570mm、ホイールベース2670mmと公表されている。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456886516/ 【スバル、XVコンセプト 初公開 次期型のデザイン提示】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/02(水) 08:49:41.02 ID:CAP_USER.net
    http://as-web.jp/photonews/info.php?c_id=10&no=90003

    01 (8)

     ホンダは1日、スイス・ジュネーブで開幕したジュネーブモーターショーで、10代目となる新型シビックハッチバックのプロトタイプを公開した。

     シビックハッチバックは、ヨーロッパにおけるホンダの基幹モデルとして展開されている車種。
    世界ツーリングカー選手権(WTCC)ではベース車両として使われているほか、シビック・タイプRはそのWTCC参戦で得られたフィードバックをもとに開発されている。

     公開された新型シビックハッチバックは、セダンタイプやクーペタイプと同様にグローバルモデルで共通のプラットフォームをベースに開発。現行モデルと比較して、全幅が30mm、全長が130mm大きくなっているほか、全高が20mm下げられている。

    また、ボディの延伸に合わせ、ロングホイールベース化も施されたため、運動性能と安定性が向上しているとのこと。加えて、フロント部には大型のエアインテークが新設されたこともあり、これまで以上にスポーツカーらしい印象を受ける。

     搭載されるエンジンは、欧州市場向けには新開発の1.0L直噴VTEC TURBOエンジン、1.5L直噴VTEC TURBOエンジン、さらに進化した1.6L i-DTECディーゼルエンジンを搭載したモデルがラインアップされている。この新型シビックハッチバックは2017年初頭にヨーロッパ市場で販売が開始された後、北米市場にも投入される予定だ。

     セダンモデルと比べると、空力的にハッチモデルは中高速域で不利にあると言われているが、ホンダが2017年のWTCCにこの新型シビックハッチバックをベースとしたマシンを投入するかどうか、その動向にも注目だ。

    https://youtu.be/jc7yjiPuo6c


    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456876181/ 【ホンダ、10代目シビックハッチバック プロトタイプ公開】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/01(火) 10:23:02.78 ID:CAP_USER.net
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160301/k10010426551000.html

    K10010426551_1603010542_1603010543_01_03

    政府は、今後5年間の交通安全に関する基本計画案をまとめ、自動車の自動ブレーキを義務化することや、自動走行の実用化に向けて、運転者の義務や責任分担の在り方を検討していくことになりました。
    政府は、5年ごとに自動車や鉄道などの交通安全に関する基本計画を定めていて、第10次となる新年度・平成28年度からの基本計画案をまとめました。

    それによりますと、交通事故による年間の死者を、去年・平成27年よりおよそ40%少ない2500人以下にすることを目標に掲げています。そして、目標実現のため、一部市販車に導入されている自動ブレーキを義務化することを検討し、補助制度の拡充も図るとしています。

    また、自動車の自動走行の実用化に向けて、運転者の義務や責任分担の在り方などを調査・研究するとともに、
    公道で行う実証実験のガイドラインを策定するとしています。

    自動車の自動走行を巡って安倍総理大臣は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに合わせて実用化を目指すよう指示していて、政府は、この基本計画案を今月決定することにしています。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456795382/ 【自動車の自動ブレーキ 義務化を検討へ】の続きを読む

    1: キングコングラリアット(茨城県)@\(^o^)/ 2016/03/01(火) 10:03:17.48 ID:K5NoQpE40.net BE:844481327-PLT(12345) ポイント特典
    米IT大手グーグルが走行試験を行っている自動運転車が2月中旬、西部カリフォルニア州の公道で、走行中のバスと衝突事故を起こしていたことが2月29日、運輸当局の開示資料で分かった。

    同社は同日、事故の責任を認めた。

    グーグルの自動運転車が関係する事故はこれまでも起きているが、自動運転車の側に過失のあるケースは初めてとみられる。 グーグルは自動運転のソフトウエアを改良し、同様の事故が起きないよう対策をとったとしている。

    運輸当局の資料によると、トヨタ自動車の「レクサス」を改造した自動運転モードの車両が幅の広い車線を走行中、前方に砂袋を認識して停止。
    回避して発進したところ、後ろから来たバスに衝突した。
    けが人はなかった。(共同)

    http://www.sankei.com/economy/news/160301/ecn1603010044-n1.html

    ecn1603010044-p1

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456794197/ 【グーグルの自動運転車がバスに衝突】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/28(日) 09:46:03.75 ID:CAP_USER.net
    http://www.zaikei.co.jp/article/20160227/295604.html

    オリックス自動車とオリックスレンカーのフランチャイスで輸入車や高級車を中心に取り扱うタステック・レンタリース社は、メルセデス・ベンツの最高級セダン「メルセデス・マイバッハSクラス」と「レクサス LX570」を2月15日からレンタカーとしての貸し出しをスタートさせた。

     同社によると、マイバッハのレンタカーは国内初という。トヨタ自動車の高級車ブランド「レクサス」もそろえ、企業のイベント利用や個人のレジャー需要を取り込む。
     マイバッハSクラスは、法人限定での貸し出しとなり、レクサス LX570は個人の顧客にも貸し出す。
     マイバッハSクラスのレンタルは、当面、東京都内や羽田空港など首都圏の18拠点で始める。利用料は12時間4万7000円からとなる。車両整備などの運営は、輸入高級車のレンタカーを手がけるタステック・レンタリースが担当する。

     マイバッハSクラスは、メルセデス・ベンツのフラッグシップであるSクラス・ロングボディのホイールベースをさらに200mm延長し、その延長分をすべて後部座席の空間拡大にあてフルリクライニング2座シートなどで高級感をもたせた。

    また、リアのドア長さが66mm狭められ、Cピラーに三角窓が移設された。
    結果、ドア開口部より後方にリアシートが位置するシートレイアウトとなり、外からの視線を遮り、心地よい後席居住性を確保した。新車価格は2200万円以上で受注生産のため、現状では試乗車もない。
    社用車として購入する前に、同社のレンタカーで後部座席の快適性や乗り心地を確認するといった利用も可能。
     そもそもマイバッハとは、ダイムラー創世期にゴットリープ・ダイムラーと共に開発を行っていた技術者の名(姓)だ。
    そのマイバッハはダイムラーを辞した後に自らの名を冠した会社を興し、
    1920~30年代にはメルセデスと肩を並べる高級車を製造していた。1960年代にダイムラー・ベンツの傘下に入った超高級車ブランドだ。

     マイバッハのレンタルと同時にレクサスの最上級SUV「LX570」を個人と法人向けにレンタルを始める。レンタル料金は、6時間、 2万8000 円からだ。

     オリックス自動車は独ポルシェや独アウディなど、高級輸入車のレンタカーを多く取りそろえる。
    「一度憧れの車に乗ってみたい」という消費者の思いと合致し、高級車レンタカーの需要は拡大しているという。
     タステックグループは、1997年4月より「オリックスレンタカー」ブランドでレンタカー維持ネスを開始し、首都圏エリアにおいて海外10 メーカー、70車種、合計約250台の輸入車を取り揃えている。また現在、「ポルシェ・マカン」「ジャガーXF」「メルセデス・ベンツ」「BMW」の各シリースで各種キャンペーンを展開している。

    マイバッハ
    mercedes-maybach-sclass_015 (1)

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456620363/ 【オリックスレンタカー、メルセデスの最上級車「マイバッハ」を導入 利用料は12時間4万7000円】の続きを読む

    このページのトップヘ