サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 孤高の旅人 ★ 2018/02/08(木) 17:44:27.06 ID:CAP_USER9
    テスラ、新型EV量産再び延期 10~12月赤字740億円
    2018/2/8 10:40
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26668230Y8A200C1EAF000/

     【シリコンバレー=兼松雄一郎】米テスラが7日発表した2017年10~12月期決算は最終損益は6億7535万ドル(約740億円)の赤字(前年同期は1億2133万ドルの赤字)となった。新型電気自動車(EV)「モデル3」の量産立ち上げに苦しみ、投資がかさんでいる。前回決算で3カ月先送りした週産5千台の目標をさらに3カ月延期した。

     売上高は前年同期比43.9%増の32億8824万ドルとなった。定置型蓄電池の販売増や既存車種の出荷が28%伸びたのも寄与した。エネルギー事業は2.3倍の約3億ドルだった。EV全体は35%増の約3万台だった。自動車事業の粗利益率は3カ月前に比べ0.6ポイント改善し18.9%となった。既存車種の大幅な生産効率の改善でコストを抑えることに成功した。

     モデル3の量産では、相変わらず蓄電池の組み立て工程が停滞している。ただ、決算発表後の電話会見でイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)は「解決は時間の問題」と強気の姿勢を崩さなかった。同期の投資額は5割増の7億8668万ドル。赤字拡大を気にせず、既存車種の生産を犠牲にしてもモデル3の生産ラインを年産50万台体制にするための拡張投資を続けている。
     売掛金の積極的な回収、既存車種の出荷増、新モデル発表による前払い予約金の増加などで手元資金を捻出している。

     マスク氏は同時に今年中に次期モデルの小型多目的スポーツ車(SUV)「モデルY」の生産に向けた投資も始めると明らかにした。新工場を設立する可能性が高い。


    テスラ

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518079467/ 【テスラがガチでやばそう…新型EV量産再び延期、10~12月赤字740億円←ロケットで車飛ばしてる場合じゃないだろ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/02/09(金) 12:26:45.54 ID:MHNqFwzA0 BE:423476805-2BP(3000)
    ホンダの新型軽自動車、N-VANがN-BOXのプラットフォームをベースに開発が進められている。4ナンバーの商用グレードで販売され、これまでのアクティバンを後継する。

    新型N-VANはN-BOXには無かった助手席側センターピラーレス構造が採用され、荷物の積み降ろしのしやすさがメリットとなる。

    同様のセンターピラーレス構造の軽自動車は、ダイハツ・タントが乗用グレードで長年ラインアップしてきた。バモスを後継するN-VANの5ナンバー乗用グレードの追加発売も予想される。

    https://car-research.jp/tag/n-van

    現行アクティ・バン
    acty-van

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518146805/ 【N-VANが8月発売、ホンダの軽自動車もセンターピラーレス】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2018/02/08(木) 19:37:55.39 ID:CAP_USER9
    マツダは、クロスオーバーSUV『CX-5』を商品改良し、2月8日より予約を開始し、3月8日に発売する。

    今回の商品改良では、国内向けSUV最上位モデルである新型『CX-8』にも搭載している進化したクリーンディーゼルエンジンに加え、新技術を採用したガソリンエンジンを搭載するなど、最新SKYACTIVエンジンを全面展開する。

    ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 2.0」および「SKYACTIV-G 2.5」では、耐ノック性向上のため、ピストンのエッジカット形状の変更や排気ポート形状の見直しを実施したほか、ピストンスカート部の形状を最適化した「低抵抗ピストン」を採用することで機械抵抗を低減。さらに「SKYACTIV-G 2.5」には「気筒休止」技術をマツダとして初採用。高速道路やバイパスでの走行等、一定速度で巡航している状態での実用燃費を向上させた。

    ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 2.2」には、少量の燃料を多段かつ高圧で微細噴霧化して噴射することで静粛性と燃焼効率、高い環境性能を両立する「急速多段燃焼」を採用。「段付きエッグシェイプピストン」、「超高応答マルチホールピエゾインジェクター」、「可変ジオメトリーターボチャージャー」などの新技術により、最高出力を従来の175psから190psに、最大トルクを420Nmから450Nmに向上させるとともに、優れた燃費性能を実現した。

    また最新の「360°ビュー・モニター」をメーカーセットオプションで設定したほか、「車速感応式オートドアロック(衝撃感知ドアロック解除システム付)」を全グレードに標準装備するなど、安全性や利便性も向上。さらにフロントドア/リアドアのパワーウインドーに「自動反転機構およびワンタッチ&タイマー付」を採用したほか、パワーリフトゲートのメーカーセットオプション設定をガソリンエンジン車にも拡大することで、機能性も高めた。

    価格は249万4800円から352万6200円。

    2018年2月8日(木) 17時45分
    https://response.jp/article/2018/02/08/305856.html

    CX-5
    1274845

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1518086275/ 【マツダ CX-5 改良新型の予約受注を開始…最新SKYACTIVエンジンを全面展開】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(栃木県) [US] 2018/02/08(木) 13:42:51.01 ID:NxGVKEWH0● BE:886559449-PLT(22000)
    【公式魔改造】日産が作った “ 雪山もへっちゃら” な「フェアレディZ」がワイルドすぎる!

    2018年に入ってから、雪に関するニュースが続いている日本列島。こうまで雪が降ると、飛行機や列車など、様々な交通機関の運行に影響が出るから大変だ。

    特に車はモロに影響を受けるが、何やら海外には雪山もへっちゃらな改造車があるらしい。
    製作したのは米国の日産自動車。なんと、ベース車両は同社の本格スポーツカー「フェアレディZ」だというから驚くしかない。

    2018-02-07-11-34-40

    ・フロントに巨大なスキー板を装備
    改造車の名前は『370スキー(370 Zki)』である。Nissan USAの情報によると、このマシンは、フェアレディZのオープンタイプ「370 Zロードスター(日本名:フェアレディZロードスター)」をベースに製作されたものだ。

    『370スキー』という名前の通り、フロントタイヤに代わってフロントには巨大なスキー板を装備。
    リアにもクロール(キャタピラー)が搭載されており、まるでスノーモービルのような雪上専用マシンに仕上がっている。

    エンジンやトランスミッションに変更は無く、332馬力のパワーを誇る、3.7リッターV型6気筒エンジンに7速ATの組み合わせとのこと。動画「Nissan hits the Znow with the 370Zki Roadster」でマシンの様子を確認すると……。

    https://rocketnews24.com/2018/02/08/1017377/
    https://www.youtube.com/watch?v=K3aFtwRjnJc


    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1518064971/ 【雪道専用のフェアレディZ、日産が公式に発表】の続きを読む

    1: みつを ★ 2018/02/07(水) 02:50:40.02 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161392?cx_module=latest_top

    2018年2月6日 23:37 発信地:マニラ/フィリピン
    【2月6日 AFP】フィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ(Rodrigo Duterte)大統領は6日、同国関税局における汚職対策の一環で、密輸されたとされるスポーツカーなど高級車数十台をブルドーザーで破壊する現場に自ら立ち会った。

     ジャガー(Jaguar)やレクサス(Lexus)、コルベット・スティングレイ(Corvette Stingray)を含む、ドイツ製の最高級セダンや日本製のスポーツ用多目的車(SUV)などが、首都マニラの関税局構内で破壊された。当局によると、車は密輸されて押収されたものだという。

     汚職と違法薬物との闘いを6年の任期の中心課題に据えるドゥテルテ大統領の指示により、金額にして6160万ペソ(約1億3000万円)相当に上る計30台の自動車がマニラなど3つの都市で破壊されたという。

     視察後、関税局職員らに対して行った演説で大統領は、「スクラップにするように」と述べた。

     通常、押収された密輸品の自動車は競売にかけられ、収益は政府の歳入となるが、大統領は「私が払う、問題ない」と話している。(c)AFP

    image-1247230-860_poster_16x9-kwrt-1247230

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517939440/ 【ドゥテルテ比大統領が密輸高級車の破壊を命令 ジャガー、レクサス、コルベット・スティングレイ…】の続きを読む

    1: プティフランスパン ★ 2018/02/07(水) 17:42:00.53 ID:CAP_USER9
    http://www.afpbb.com/articles/-/3161486

    img_63df0676a194510c47c5248ece4c9bdd154062

    【2月7日 AFP】独自動車大手ダイムラー(Daimler)傘下のメルセデス・ベンツ(Mercedes Benz)はこのほど、インスタグラム(Instagram)の公式アカウントに掲載した広告にチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ(Dalai Lama)14世の言葉を引用し、謝罪に追い込まれた。中国はダライ・ラマを独立主義者と見なしている。

     外国企業が、中国当局の公式見解と相いれない情報によって「中国人消費者の気分を害した」という理由で広告などの撤回を余儀なくされるケースがこのところ相次いでいる。

     メルセデスがインスタグラムに投稿した広告は、白い波が打ち寄せる海岸に停められた1台のベンツを写したもので、一見すると何の問題はないように思えるが、画像には英語で「あらゆる角度から状況を見よ、そうすればもっとオープンになれる」というダライ・ラマの言葉がキャッチコピーとして付けられており、「ダライ・ラマによる、人生への新鮮な視点で新しい週を始めよう」という言葉が添えられている。

     中国ではインスタグラムは使えず、ほとんどの中国人は閲覧できないが、広告が投稿されてすぐに中国人のインターネットユーザーからダライ・ラマの発言を引用したことへの批判が殺到した。

     批判を受けてメルセデスは同広告画像を直ちに削除し、中国版ツイッター(Twitter)の「ウェイボー(微博、Weibo)」に「中国の皆さまの気持ちを害したことを深くおわびします。掲載した情報は極めて不正確でした」という内容の謝罪文を投稿した。

     中国当局はチベット独立運動を「精神的なテロ」と称し、ノーベル平和賞受賞者でもあるダライ・ラマを「僧侶の衣をまとったオオカミ」と非難している。

    今回の件に対して中国共産党の機関紙「人民日報(People's Daily)」は6日、「メルセデス・ベンツはわが国民を敵に回した」と社説で批判した。

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517992920/ 【メルセデス・ベンツ、ダライ・ラマ引用したインスタ画像で中国に謝罪】の続きを読む

    1: ノチラ ★ 2018/02/07(水) 09:14:11.58 ID:CAP_USER
    bsa1802070500002-p1

    時速305キロ 市販SUVで最速

     イタリアの高級車メーカー、ランボルギーニは6日、新型スポーツ用多目的車(SUV)「ウルス」を日本で初公開した。欧州の高級車メーカーが続々と日本市場にSUVを投入する中、スーパーカー並みの走行性能で差別化を図り、販売増に弾みをつける。

     最大5人乗りのウルスは、排気量4000ccの高出力エンジンを搭載し、走行状況に応じて車高や横揺れを調整する機能を取り入れた。最高速度は時速305キロで市販のSUVの中では最速という。静止状態からわずか3.6秒で時速100キロまで加速できる。

     同社のステファノ・ドメニカリ最高経営責任者(CEO)は「日常使いの車として家族や友人と乗ってほしい」と述べ、米国に次いで購入者が多い日本市場での販売増に意欲を示した。受注は既に受け付け、今秋に納車が始まる予定。価格は税別2574万円。

    https://www.sankeibiz.jp/business/news/180207/bsa1802070500002-n1.htm

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1517962451/ 【ランボルギーニ、新型SUV「ウルス」日本初公開 】の続きを読む

    1: ハンバーグタイカレー ★ 2018/02/06(火) 17:47:21.64 ID:CAP_USER9
    http://yomiuri.co.jp/economy/20180206-OYT1T50066.html

    59a8d0fd160e3


     日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会が6日発表した1月の車名別販売台数で、ホンダの軽自動車「エヌボックス」が5か月連続の首位だった。

     エヌボックスは2017年の年間販売台数でもトップで、年明け以降も快走が続いている。

     エヌボックスの販売台数は前年同月比9・5%増の1万9309台だった。2位が日産自動車の軽「デイズ」(1万4843台)、3位は日産の小型車「ノート」(1万2444台)だった。日産車は、資格のない従業員に完成車両の検査をさせていた問題を受け、昨年10月にはトップ10から姿を消したが復調している。

     上位10車種のうち、6車種を軽が占めた。

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1517906841/ 【ホンダのN-BOXが売れまくり…5か月連続首位】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/02/06(火) 11:48:45.70 ID:oFVH4Ukq0 BE:423476805-2BP(3000)
    2025年以降あたりに登場する次々期アテンザから、FRプラットフォームの採用が予想される。トヨタとの提携を活用し、クラウンやレクサス・ISとプラットフォーム共用することも現実的な選択肢となる。
    一方で、東京モーターショー2017でのマツダ・VISION COUPE CONCEPTは、FRらしきスタイリングであったが、担当者はFFであると明言していた。次期アテンザはFFとなるだろう。

    https://car-research.jp/tag/atenza

    現行アテンザ
    208016

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1517885325/ 【次々期アテンザよりFR、マツダのプレミアム化計画】の続きを読む

    このページのトップヘ