サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: みつを ★ 2019/02/11(月) 05:46:53.54 ID:NiLp1j8d9
    https://jp.sputniknews.com/entertainment/201902115904974/

    ロシアの​旧弊​「ヴォルガ」​車​がテスラ社の​ハイテク​電動自動車を​お助け​【写真】
    エンタメ
    2019年02月11日 02:38

    SNSでは、2008年に生産中止となったロシアの​古い乗用車​GAZ-3102「ヴォルガ」が、テスラ社の電動自動車を​けん引する写真が話題をよんでいる。
    スプートニク日本

    テスラブランドといえば​まず思い浮かぶのは​、火星飛行​を目指すイーロン・マスク氏の名​もそうだが、​​最新技術だ。しかし、ロシアでは1000​万​~1600万ルーブル​(1600万円~2560万円)​もする超ハイテクカーが​思いがけず「​旧弊車両」​に助けを​乞うことになってしまった。

    「​これってどうよ、​イーロン・マスクさん?」とお調子者が​皮肉たっぷりの​コメント​を書いている。

    ユーザーたち​の推測では​、テスラ社の電動車​は​バッテリー切れ​を起こしたのだろう。​ところが、​ロシアでは​都市部でさえ​充電場所を見つけるのはまだ容易ではない。

    51245450_10212728107228486_693784359588593664_n


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549831613/ 【テスラ車が故障でロシアの旧弊「ヴォルガ」車に牽引されるwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/08(金) 11:58:29.254 ID:+nn9XmKP0
    ほんの一昔前まで製造していたらしく、現在でも稀に見かける。
    営業車が多いけど、時々自家用で買ってる人もいる。
    コンパクトカーなのに全体的な見た目はクラウンだし、クラウンロゴも入っている。
    これ分かる?


    car_sedan_s

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1549594709/ 【トヨタ・クラウンのコンパクトカーって分かる?】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2019/02/08(金) 22:12:24.25 ID:fZihjA/r9
    英国製の希少車や少量生産モデルの輸入販売を行っているUKクラシックファクトリーは2019年2月8日、英Lister Bell Automotive(リスター ベル オートモーティブ)が製造する「ランチア・ストラトス」のレプリカモデル「the STR」の輸入販売を開始すると発表。実車を日本で初公開した。

    ■走行性能を追求した理想の“ストラトスレプリカ”

    リスター ベル オートモーティブは、2010年に設立された英ノッティンガムの少量生産車メーカーであり、車両開発からFRPボディーの製作、シャシーの製造、パーツの開発、車両の組み立てまでを、すべて自社工場で行っている。創業者のクレイグ・ホワイト氏は複数のメーカーでランチア・ストラトスや「ロータス・セブン」「ACコブラ」「ローラT70」などのレプリカモデルに携わってきた人物で、走行性能において妥協のない理想の“ストラトスレプリカ”をつくるべく2010年に同社を設立。2013年にthe STRを発表した。

    車両骨格はCADによって設計されたオリジナルのスペースフレームで、足まわりには同じくCADによって独自開発した、前:ストラット式、後ろ:ダブルウイッシュボーン式のアルミニウム製のサスペンションを採用。パワーユニットには「アルファ166」用のV型6気筒エンジン(最高出力190bhp)を搭載している。基本的には購入者自身が組み立てを行う“キットカー”としての供給が中心だが、年間3~5台のペースで完成車の販売も実施。現在は2年分のバックオーダーを抱えており、増産の準備を進めているという。

    最大の特徴は、走行性能に対する強いこだわりにあり、通常であれば流用パーツを使用するケースも多い、サスペンションのアップライト(ハブキャリア)などといった部品についても自社開発。英国で同車に触れた自動車ライターの武田公実氏は、「単なるレプリカではなく、もしストラトスが2019年まで改良され、生産が続けられていたらどんなクルマになったかを想像させる」と評している。

    UKクラシックファクトリーでは、2016年に初めてリスター ベル オートモーティブと接触。2017年に現地を訪問し、日本での独占輸入販売契約を締結した。価格については、「発注から納車までにかかる時間の長さや、その間の為替変動などもあるので具体的な額は述べられない」としつつ、およそ1200万円を想定しているという。(webCG)

    2019.02.08
    https://www.webcg.net/articles/-/40346

    ランチア・ストラトスのレプリカモデル「the STR」
    img_ab2e63d8104d5345a8ea35f1f564b533300604

    img_e5a5c97ea14b6d2c75c02f1f38c87c8b297373

    img_91c60d000d603e3967df7b62549d8d1c301927

    img_3c931ce5c2375e7c561ae42a289363aa308741


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549631544/ 【英国が生んだ“理想の「ランチア・ストラトス」”が日本に上陸】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2019/02/08(金) 21:58:02.67 ID:fZihjA/r9
    マツダは2019年2月8日、「マツダMX-5(日本名:ロードスター)」の誕生30周年を記念する特別仕様車「MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(MX-5ミアータ 30thアニバーサリーエディション)」を、シカゴモーターショーの会場で世界初公開した。

    今回の特別仕様車の目玉は、「レーシングオレンジ」と名付けられたボディーカラー。「MX-5を育ててくれたすべての人々に感謝の気持ちを伝えるために、そして、これからのMX-5への期待を込めて、心が沸き立つ一日の始まりを予感させる、朝焼けのようなオレンジ系のカラーを開発した」という。

    MX-5の30周年記念車には、このほかRAYSと共同開発した鍛造アルミホイール「RAYS ZE40 RS30」やシリアルナンバー付きオーナメントなどが装着される。

    具体的な特別装備の内容は以下の通り。

    ・ボディーカラー(レーシングオレンジ)
    ・RAYS製鍛造アルミホイール(RAYS ZE40 RS30)
    ・“30th Anniversary”オーナメント(シリアルナンバー付き)
    ・オレンジをアクセントとしたカラーコーディネート(ブレーキキャリパー、シート、ドアトリム、インパネデコレーションパネル、シフトレバー)
    ・レカロ製シート
    ・ビルシュタイン製ダンパー(MT車のみ)
    ・ブレンボ製フロントブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
    ・NISSIN製リアブレーキキャリパー(オレンジ塗装)
    ・BOSEサウンドシステム+9スピーカー
    ・Apple CarPlay、Android Auto対応(市場による)

    ボディータイプはソフトトップモデルとリトラクタブルハードトップモデルの2種類で、それぞれにMT車とAT車がラインナップされる。販売台数は、合わせて世界限定3000台。

    現時点では価格と台数は明らかにされないものの、日本市場でも販売される。マツダによれば、前述のボディータイプとトランスミッションはいずれも選べるとのこと。(webCG)

    2019.02.08
    https://www.webcg.net/articles/-/40345

    MX-5 Miata 30th Anniversary Edition(MX-5ミアータ 30thアニバーサリーエディション)
    img_36a2848a75b5e7f865da986336b94407121068

    img_e812a3ba7e263d26c8f63d212563402e245842


    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1549630682/ 【デビュー30周年記念の特別な「マツダ・ロードスター」登場】の続きを読む

    1: 田杉山脈 ★ 2019/02/08(金) 19:56:33.68 ID:CAP_USER
    SUBARU(スバル)の米国部門は2月7日、米国で開幕したシカゴモーターショー2019において、新型『レガシィ』(日本名:『レガシィB4』に相当)を初公開した。

    現行レガシィは2014年2月、米国で開催されたシカゴモーターショー2014でワールドプレミアされた。現行の6世代目モデルは、走行性能や居住性、視界などの機能を向上。さらに、フラッグシップモデルに求められるデザインや質感を備えたミッドサイズスポーツセダンとして開発された。シカゴモーターショー2019で初公開された新型レガシィは7世代目モデルだ。5年ぶりにモデルチェンジを受けて登場した。

    レガシィらしさを保ちつつ新しさを表現したエクステリア
    エクステリアは、動きを感じさせるスリークなシルエットを描きつつ、厚みや立体感を持たせたボディパネルで、躍動感とたくましさを同時に表現した。フロントは、スポーティさを表現するフレームレスのヘキサゴングリルを装備。ワイドなロアグリルと逆Cシェイプに囲んだフォグランプベゼルを採用した。LEDヘッドライトを全車に標準装備する。

    フロントバンパー同様のワイドモチーフをリアにも導入。トランク内側部分まで発光するCシェイプを強調したテールランプとした。ボディサイドは、スムーズなシルエットと勢いのあるウィンドウグラフィックとの組み合わせにより、スピード感を表現。フェンダーの張り出しやホイールアーチのアクセントにより、力強さを演出する。ボディサイズは、全長4840mm、全幅1840mm、全高1500 mm、ホイールベース2750mmだ。

    インテリアは、上質で革新的なパーソナルな室内空間を目指した。質感の高いデザインと進化したパッケージングによるゆとりあるスペースに、高い機能を持つ先進装備を組み合わせる。拡大したフロントガラスと、インストゥルメントパネル中心部からドアパネルまで連続する長い線のモチーフにより、伸びやかで開放的な雰囲気を追求した。

    3面構成のインストゥルメントパネルの一部に、シートと同じカラーを採用することで、開放感も演出する。フロントガラスを前方に、フロントドアガラスを外側に広げることにより、クラストップレベルの視界を確保。先代比で伸びた全長を、後席と荷室に割り当てることで、後席スペースの快適性と、荷室の使い勝手を向上させている。トランクには、スーツケース4個が積載可能だ。

    11.6インチの縦型ディスプレイにインフォテインメントを集約
    新型には、最新の車載コネクティビティを採用する。11.6インチFull HD縦型ディスプレイを備えた最新型インフォテインメントシステムを装備した。大画面に集約したさまざまな情報を、スマートフォン同様の感覚で快適に操作できるようにした。

    Apple「CarPlay」、グーグルの「Android Auto」に加えて、「SUBARU STARLINK」を拡充。新たに「SmartDeviceLink」に準拠したアプリに対応させており、スマートフォンのOSを問わず、多様なアプリが利用できる。緊急通報など従来からの安全機能に加え、Wi-Fiホットスポットやリモートエンジンスタートなどの機能で利便性を充実させたテレマティクスサービスを用意した。

    最新バージョンのアイサイトを全車に標準装備
    新型では、先進運転支援システムの「アイサイト」の最新版を全車に標準装備した。米国仕様としては初めて、車線中央維持制御・先行車追従操舵制御(アイサイト・ツーリングアシスト)を採用。フロントガラスにLEDの光を投影し、アイサイト作動状態を直感的に知らせるアイサイトアシストモニターも導入する。

    また、ドライバーの居眠りや脇見運転検知に加え、シートポジションやドアミラー角度、空調設定を登録したドライバーごとに自動調整するドライバーモニタリングシステムも装備した。後退時自動ブレーキにより、車両後退時の衝突回避または衝突による被害を軽減。後側方警戒支援システムにより、自車後側方から接近する車両を検知し、音と表示で警告する。フロントグリル下部に装備したカメラの画像により、車両前方の死角を減らすフロントビューモニターも装備している。
    以下ソース
    https://response.jp/article/2019/02/08/318925.html

    1383682

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1549623393/ 【スバル新型「レガシィ」 世界初公開。最新アイサイト搭載】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [RU] 2019/02/08(金) 10:34:29.75 ID:xm6AIyLR0 BE:837857943-PLT(16930)
    4290b9569dd22f59f2b7e56b6b2ec2df

    4f7ac6cec8eb10fdb930e135c64201b0

    まるでジグソーパズルみたいだ。数年前からスバルがハイブリッド作りに挑んでいるけど、どこまで進められたか、日米での開発状況や市販モデルを同時に見なければ、そのパズルの全体像が見えない。でも、その真実を探ってみると、次期WRXのPHEV仕様に生まれ変わることがわかる。

    スバルが2013年にXVハイブリッド、いわゆるマイルドハイブリッド車を出している。言い換えれば、なんちゃってハイブリッドだった。逆に、ハイブリッドというより、「電動アシスト付きガソリンエンジン」と呼んだ方が正しいような気がする。同ハイブリッド車のメリットは、静かなEV走行ができるというより、 あくまでも燃費効果で、XVが登場した当時、20km/Lとガソリン仕様より30%ほど伸びていた。

    それはある意味で、「4WDの走りは楽しいけど、燃費がライバル車と比べてそれほど良くない」スバルにとって大きな進歩だった。
    水平対向エンジンと4WDシステムという独自の技術をずっと培ってきたスバルから見れば、XVのハイブリッドも独自で開発しなければならない。
    同車はハイブリッド第一弾というか、最初の実験だった。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/25366

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1549589669/ 【次期スバルWRXはターボ付きPHEVにwwww】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/02/07(木) 10:00:21.16 ID:GADr43HkM
    なお、軽自動車に逃げることでスズキにマウントとっている模様
    落ちぶれすぎ

    13173422421_o


    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1549501221/ 【ホンダとかいうトヨタと競合した車種でことごとく負ける企業】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2019/02/08(金) 08:25:31.40 ID:ipIfN4360● BE:842343564-2BP(2000)
    f_K0000737339

    f_K0000737343


    トヨタAA  初の量産乗用車
    bEfyMOp

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1549581931/ 【お前らアルベルのフロントを車カスだ下品だいうがこれ初代トヨタAAのリスペストやで】の続きを読む

    1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2019/02/07(木) 11:47:03.98 ID:IFRGU2Os9
    02/05/2019 08:40 pm
    https://irorio.jp/takumiurushidate/20190205/514291/
    dreamcar6-640x360


    いーしやぁーきいも~!とうたい文句を響かせて住宅街をまわる移動式の焼きいも屋さん。
    ゆっくり走る屋台付きの軽トラックは日本の風物詩ともいえる風景だが、東京都西多摩郡日の出町では一風変わった焼きいも屋さんが話題を呼んでいる。

    ■ 赤いフェラーリの焼きいも屋さん

    窯を牽引して走るのは、最高時速250キロを出せる真っ赤なスポーツカーである。

    交差点で隣になったら、ちょっと待ってと目を疑うだろうシュールな組み合わせだ。

    2月3日に「すーぱーかーやきいも」というコメントでTwitterに投稿された映像は、2日間で40万回以上も再生されるほど反響を呼んでいる。

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1549507623/ 【真っ赤なフェラーリの焼きいも屋さんwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ