サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/22(金) 16:11:19.05 ID:CAP_USER.net
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00010267-wsj-bus_all

     米ミシガン州で25歳未満の人の運転免許証保有率が過去30年間で大幅に低下していることが、ミシガン大学の調査で分かった。

     このことから、米国では車の運転に対する高校生・大学生世代の関心が薄れていることがうかがえる。
    こうした変化はこの世代の親や祖父母の世代でも見られており、自動車メーカーは配車サービスなどの代替的な輸送サービスへの投資を強化している。
     ミシガン大学の研究者、マイケル・シバク、ブランドン・ショートル両氏によると、米国では2008年の金融危機以来、小型乗用車の年間販売台数が2000年代初頭にみられた水準に向けてゆっくりと回復してきたが、70歳未満の運転免許保有者の割合は低下している。

     調査で目立ったのは、14年の自動車免許保有率が20~24歳で約77%と、11年の約80%、83年の92%から低下していることだ。16歳では83年の46%から25%弱に、18歳では80%から60%に、それぞれ低下した。

     45~69歳では、83年から25年間は運転免許保有者の割合が増えていたが、この傾向は08年にブレーキがかかった。50代から60代の保有率は08年から約3ポイント低下した。

     自動車メーカー向けコンサルティング業務を展開するアリックスパートナーズを率いるマーク・ウェイクフィールド氏は「運転が大好きな人は依然としているが、運転に不満を感じて過去にはなかった選択肢を持つ人たちが増えている」との見方を示した。

    GlobalOneWayCarRentals_IDL

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453446679/ 【米で免許保有率が大幅に低下、若者の運転離れが進む】の続きを読む

    1: 高級かりかり ★ 2016/01/21(木) 09:23:30.64 ID:CAP_USER.net
    マツダのモノ造りの神髄を結集したというAll-New Egg Boiler「MAZDA EX-7」。写真を見ていただければ分かるように「ゆで卵器」だ。

     但し、ただのゆで卵器ではなく、マツダがクルマに求める「際立つデザイン/考え抜かれた機能/意のままの走り」をEgg Boilerに追求したものだという。

    このEX-7の持つ魅力は以下の3項目が挙げられている。

    ・無駄をそぎ落とし、品格を持ちながら金属の持つ艶めきを生かしたデザイン
    ・簡単に、美しく(黄身が中央になり、しかも殻が剥き易い)ゆで上がる機能
    ・少量の水で環境にも優しい商品

     このMAZDA EX-7は、一部関係者のみに配られたものだが、今のマツダのもの作りの姿勢が現われている製品ともいえ、ここに使用感とともに紹介していこう。

     基本的なアイディアは、スカイアクティブ技術開発を行なったことで知られるマツダ 代表取締役会長 金井誠太氏によるもので、それをマツダのスタッフが製品としてまとめあげた。
    以下に、パンフレットに書かれたその思いを掲載する。

    04_s (2)

    http://m.car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160121_739940.html

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1453335810/ 【マツダのモノ造りの神髄を結集したという ゆで卵器wwwwww】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/21(木) 14:08:53.06 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/01/21/268230.html

    スズキは、全車マイルドハイブリッド搭載のコンパクトクロスオーバー『イグニス』を2月18日より発売する。

    新型イグニスは、コンパクトカーとSUVを融合。日常で便利に使えるだけでなく、週末にはアウトドアをはじめとした余暇の行動範囲を広げる「使い勝手の良いスタイリッシュなコンパクトクロスオーバー」をコンセプトとした新ジャンルの小型乗用車だ。

    全長3700×全幅1660mmのコンパクトなボディで、4.7mの最小回転半径と併せて、運転しやすいサイズとした。また、高めのアイポイントが生む見晴らしの良いパッケージング、余裕のロードクリアランスにより、雪道や荒れた道でも安心して走ることができる走行性能を備えた。

    デザインコンセプトは、「シンプルアイコニック、シンプルスタンダード」。線や面などのシンプルな
    要素を組み合わせながら、強い印象を与える外観に、上質感や新しさを表現した内装を採用し洗練されたスタイリングとした。

    イグニスは、新プラットフォームに、1.2リットルK12C型デュアルジェットエンジンと、
    加速時にモーターでエンジンをアシストするマイルドハイブリッドを全車に搭載。車両全般にわたり軽量化を徹底し、
    28.8km/リットル(ハイブリッドMG 2WD車)の優れた燃費性能と力強い加速性能を実現する。
    また4WD車には、急な下り坂や雪道などでの走行をサポートする「ヒルディセントコントロール」を採用している。

    室内では、コンパクトなボディサイズながら、大容量の荷室を実現する左右独立リヤシートスライド&リクライニング機構を採用。
    荷室側からも操作でき、さまざまなシーンに合わせて荷室スペースのアレンジを可能とした。
    そのほか、新たにApple CarPlayに対応したメモリーナビゲーションなど最新の快適装備を採用。
    デュアルカメラブレーキサポートや、SRSカーテンエアバッグ、フロントシートSRSサイドエアバッグなど安全装備も充実させた。

    価格は138万2400円から177万8760円。

    1006688

    1006689

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453352933/ 【スズキ、全車マイルドハイブリッド搭載の小型クロスオーバーSUV「イグニス」を発売 138万2400円から】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(家)@\(^o^)/ 2016/01/20(水) 01:36:41.12 ID:fdx6w+J30.net BE:754019341-PLT(12345) ポイント特典
    Snowtonomous_4693_Story-art-582x368

    道路が雪で覆われたとき、自律走行車はどう走るのか
    ttp://wired.jp/2016/01/19/self-driving-cars-in-snow/

    道路が雪に覆われると、標識や道路標示が見えなくなってしまう。
    この問題に、自律走行車はどのように対処するのだろうか。フォードの手法を紹介。

    現在開発されている自律走行車は、さまざまなセンサーを使って周囲の世界を読み取っている。
    ほかの自動車や歩行者、障害物などを見つける仕事は、もっぱらレーダーとLIDAR (ライダー;光を用いたリモートセンシング技術)が行い、標識や道路標示は普通、カメラで読み取る。
    そのため、冬になると問題が生じる。標識や道路標示は、雪に覆われると見えないからだ。

    雪で覆われている道路を走行するとき、人間は通常、縁石やほかのクルマなどの目に見える目印に基づいて、最も妥当と思われる推測をする。フォードは、これと似たことをするよう、自律走行車に教えているのだという。

    フォードは、自律走行車が走行する道路の詳細な地図を開発している。この地図には、縁石の正確な位置、車線、木々、標識のほか、制限速度を始めとする規則など、詳細な情報が含まれている。クルマは、周囲のことを理解していればいるほど、人間や他の車両といった一時的な障害物のリアルタイムな検知に、センサーと計算能力を集中させることができる。

    そして、この地図を使うことで、クルマはいかなる時も、1cmの精度で現在地を割り出すことができる。
    例えば、クルマから車線は見えないが、近くの一時停止の標識は見えて、その標識が地図にあるとしよう。
    その場合はLIDARスキャナーが、標識からの正確な距離をクルマに教える。
    そうすれば、車線からどれくらい離れているのかはすぐにわかる。
    (略)

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1453221401/ 【雪 vs 自動運転車】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/20(水) 15:48:13.85 ID:CAP_USER.net
    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160118_739526.html


    トヨタ自動車は1月18日、新型「プリウス」の公式サイトで使用部品や機能を擬人化したコンテンツ「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」(略称:プリガー)プロジェクトを開始した。

     新型プリウスは、「もっといいクルマづくり」を追求してTNGA(Toyota New Global Architecture)第1号車として作り上げたクルマ。 一部グレードでJC08モード燃費40.8km/Lの達成、E-Four搭載車のラインアップ、燃費改善に貢献するグリルシャッターの採用など、話題に事欠かない新型プリウスでは1つひとつ特徴的な部品、機能によって構成されている。

     今回のプロジェクトでは、これらの特徴を知ってもらうために「ハイブリッドバッテリー」 「2ZR-FXEエンジン」「パワーコントロールユニット」などを擬人化して各部品を紹介。合わせてそれぞれのキャラクターの性格を紹介するとともに、一部の部品では声優によるセリフを聞くこともできる。

     なお、1月19日からTV-CM「プリウス PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」篇をオンエアするなど、今後さまざまなコンテンツを展開するとしている。

    https://www.youtube.com/watch?v=yBU0tV_UcUw



    12

    23

    34 (1)

    36

    276654599-origin-1453105718

    http://toyota.jp/prius/cp/parts/

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453272493/ 【トヨタ、TNGA採用新型プリウスの部品を擬人化した「PRIUS! IMPOSSIBLE GIRLS」を公式サイトで公開】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/19(火) 13:10:29.42 ID:CAP_USER.net
    http://www.asahi.com/articles/ASJ1H6DZJJ1HUEHF01D.html

     派手な金ピカのカラーリングに、大きくせり出したオーバーフェンダー。低い車高に、ワインレッドのチンチラを敷きつめた内装――。まるで昭和の暴走族がタイムスリップしてきたような「族車」が、千葉・幕張メッセで15日に始まった改造車の祭典「東京オートサロン」に出展された。

    作ったのは専門学校生の若者たち。当時の不良スタイルを再現しつつ、車検を取得して公道を走ることができる、極めて「マジメ」な卒業制作だった。

     名付けて「若馬(わかば)」。「若い馬鹿どもの集大成」と自嘲しながら、日本自動車大学校(千葉県成田市)の学生6人が昨年夏から制作に取り組んだ。
    ベースにした車は、1980年代中期に売られていた日産自動車のブルーバード。
    鹿児島県内の中古車店が売り出しているのをネットで見つけ、約8万円で購入。
    輸送に10万円ほどかかったという。パーツ代も含めて制作費100万円以内、という学校側の課題をクリアした。
     インテリアには、族車の定番だったワインレッドのチンチラ生地をあしらう。内装を全部はがして、シートやフロアマット、ドアの内張を総チンチラ仕上げにするこだわりようだ。車名にかけて、たばこの「わかば」の箱や吸い殻が添えられる。全席に灰皿が用意され、分煙意識も乏しい時代ならではの小道具だ。

     外装、内装とも、制作した二十歳前後の若者たちは当時の写真でしか見たことのないような古いテイスト。
    「チバラギ仕様」とも呼ばれていたその過剰な造形が、「すごいインパクト」に感じたという。

     とはいえ、細部を見ると、ところどころに今風のエッセンスを取り入れている。
    ホイールハウスをぐるりと囲むオーバーフェンダーが途中でカットされていたり、リアバンパー下に羽根状の出っ張りがあったりするのは、ここ最近の空力を考慮したレーシングカー特有の造形だ。ライト類はLED。給油口はSNSの吹き出しコメント形状に加工され、ジョークっぽく「LINE」と描かれている。スマホ世代ならではの時空を超えた演出だ。

     こだわったのは、きちんと車検を受けて、合法的な改造にとどめることだった。

     とんがっているウィング類は角を丸めて、バンパーよりも長さがはみ出ない大きさに調整。
    オーバーフェンダーは、荒れた路面を走ってもタイヤがこすって破損しないように、鉄板を曲げて取り付け、強度を保っている。「ルールを守りながら、見た人に懐かしさとインパクトを感じてもらいたい」との思いからだ。
     給油してナンバーを付ければ公道を走れる「マジメな族車」。制作メンバーは実際にこの車に乗り、3月に卒業旅行するのだという。違法改造と誤認したパトカーに止められたら? 
    内装を担当した小堀翔太さん(21)は「『車検証見せて』とお巡りさんに言われたら、ドヤ顔で見せたいです」と、いたずらっぽく笑った。(北林慎也)

    AS20160115004184_comm

    AS20160115004189_comm

    AS20160115004193_comm

    AS20160115004706_comm

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453176629/ 【昭和の「族車」21世紀に復活、専門学生らが日産ブルーバードを改造】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/19(火) 08:51:19.63 ID:CAP_USER.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXMZO96105360U6A110C1000000/

    向かうところ敵なしのトヨタ自動車にかみついている相手がいる。電気自動車(EV)で急成長する
    米テスラ・モーターズの最高経営責任者(CEO)、イーロン・マスクだ。狂気をも感じさせるスピードと規模で
    事業を拡大するマスクはトヨタなどが提唱する「水素社会」は来ないと断言する。

    toyota_libera_brevetti_auto_idrogeno_35833

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453161079/ 【トヨタを嘲笑うテスラの強気 「水素社会など来ない」】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/18(月) 12:23:39.42 ID:CAP_USER.net
    http://jp.autoblog.com/2016/01/15/honda-franzsystem/

    4160115_002H

    4160115_005H

    4160115_004H

    ホンダは、両上肢での運転操作が困難な方が両足だけで運転操作できる補助装置「Honda・フランツシステム」を、多彩なシートアレンジや使い勝手がよく、優れた燃費性能のコンパクトカー「FIT HYBRID」(一部適用外となるタイプ有)に新たに装着を可能とし、2016年3月中旬より発売する。

    フランツシステムは左足の前後回転運動によるステアリング操作を可能にした足動運転補助装置として、1965年にドイツで開発されて以来、ヨーロッパで高い評価を得てきたもの。

    ホンダは、1981年に開発者であるフランツ氏から技術指導を受け、さらに独自の技術を加え1982年に国内で初めてフランツシステムを販売。現在、日本でこのシステムを提供しているのは、ホンダのみである。(2016年1月現在、ホンダ調べ)

    ホンダは「これからもより多くのお客様に移動する喜びをお届けできる技術開発に取り組んでいきます。」という。さらなる取り組みに注目したい。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1453087419/ 【ホンダ、両足だけで運転操作できる補助装置を「フィット HYBRID」に適用】の続きを読む

    1: 足4の字固め(秋田県)@\(^o^)/ 2016/01/17(日) 22:15:05.51 ID:IQlzQzJU0●.net BE:194767121-PLT(13001) ポイント特典
    2625531-young-man-with-car-on-background

    ■車は男のロマン?

    ・「給料が少ないのに高い車に乗りたい願望がある。稼いでから買いな」(33歳/医療・福祉/専門職)

    ・「車を何台も購入する。移動手段では一台あれば十分なのに、多額のお金をつぎ込んで買うのがくだらないと思う」(28歳/ソフトウェア/技術職)

    ・「『車にお金をかけることがかっこいい』という風潮。車は走ればそれでいい」(26歳/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

    たいして乗らないのに何台も車を買ったり、シートや部品などにこだわって、お金をつぎ込んで改造したりする男性の気持ちは、筆者もサッパリわかりません。本当に車が好きな人はごく一部で、「車にこだわっているオレ」に酔っている男性が大半のような……。

    ■何が楽しいのやら……

    ・「筋肉自慢」(24歳/生保・損保/営業職)

    ・「体を鍛えて、自分の裸体をスマホで撮って満足している。自分の体を見て何が楽しいのかと思う」(29歳/金融・証券/営業職)

    ・「夏だから体を鍛えている。それより彼女見つけるのが先じゃない?」(31歳/その他)

    「強い男=筋肉」ということなのでしょう。あまり鍛えすぎてムキムキになると、女性受けは悪くなりそうなのに。それにしても、スマホで自分の裸体を撮影とは……。あとでその写真をながめて、満足そうにニタニタしているのでしょうか?
    ■困った収集癖

    ・「フィギュアを集めること。意味がわからない。高いお金を使って集めてどうなるの? と思ってしまう」(24歳/食品・飲料/専門職)

    ・「似たような音楽機材にお金をかけているところ。それぞれ違いがわからない」(28歳/電力・ガス・石油/事務系専門職)

    筆者が昔つき合っていた男性は、プラモデルを大量に集めていました。同じ箱がいくつもあるので「同じもの2つはいらないんじゃない?」と言ったら彼は怒りだし、「よく見ると同じ商品ではないこと」「同じ商品が2つ必要な場合もあること」を、延々と語り倒されました。男性の収集物には、口を出さない方がいいです。

    http://news.livedoor.com/article/detail/11073922/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1453036505/ 【女が意味不明な男のロマン 「車…貧乏なのに高い金出して楽しい?」】の続きを読む

    このページのトップヘ