サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/09(月)23:17:27 ID:???
    自販連(一般社団法人 日本自動車販売協会連合会)から、2015年2月の新車乗用車販売台数ランキング(登録車・外国ブランド除く)が発表されています。

    ●2015年2月 登録車乗用車セールスランキング(海外ブランド除く)

    1位 トヨタ アクア 22,788台
    2位 トヨタ プリウス 13,122台
    3位 ホンダ フィット 12,013台
    4位 日産 ノート 10,494台
    5位 トヨタ ヴォクシー 8,324台
    6位 トヨタ カローラ 8,270台
    7位 マツダ デミオ 7,979台
    8位 トヨタ ヴィッツ 6,930台
    9位 日産 セレナ 6,819台
    10位 ホンダ ヴェゼル 6,500台

    前月3位だったプリウスは、モデル末期といわれているにも関わらず、2位へと上昇。
    とはいえ、前年同月比では55.8%と次期モデルへの予感や期待を感じさせる数字となっています。

    prius_1408_02-618x381

    http://news.livedoor.com/article/detail/9866047/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425910647/ 【アクアが売れ続ける国内市場、モデル末期のプリウスは根強い人気】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/08(日)20:57:55 ID:???
    メルセデス・ベンツは2015年1月の「CES 2015」で、自律走行のコンセプトカー「F 015 ラグジュアリー・イン・モーション」を発表した(日本語版記事)。

    近年続々と登場している自律走行車のなかでも、このF 015が最も前衛的で未来的であることは間違いない。

    このほど、うれしいサプライズとして、WIREDの本拠があるサンフランシスコで、このクルマが3月4日(米国時間)、街路に駐車しているところと、郊外を走っているところが目撃された(下のInstagramの投稿を参照)。

    ベイエリアに突然F 015が出現した理由としては、メルセデスがF 015についての、あるいは少なくともそれを含めた、何らかのプロモーションヴィデオを撮影していた可能性が考えられる。

    11008282_1397133890600549_1040477542_n

    F 015 ラグジュアリー・イン・モーション
    the-mercedes-benz-f-015-luxury-in-motion


    https://www.youtube.com/watch?v=GAz42C5Vvt8



    http://wired.jp/2015/03/08/mercedes-self-driving-car-concept-san-francisco/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425815875/ 【メルセデスの斬新な自律走行車コンセプトが公道で目撃される】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/08(日)21:03:31 ID:???
    今年2月より、各メディアで報じられ話題となっているアップル社の電気自動車(EV)開発。アップル社は2014年初頭、「iOS(iPhoneやiPadなどに使用されるOS)」を自動車と連携するサービス「Apple Car Play」を発表していましたが、まさか自動車の開発・生産に参入するとは…。

    そんなこと、誰が考えたでしょうか。

    当初は単なる噂ではないかという向きもありました。しかしその後、同社が次々とメルセデスベンツ R&D North AmericaでCEOを務めていた人物やテスラモーターズ、A123システムズ(米マサチューセッツ)などの優秀な技術者を採用、本格的な組織づくりを行っていると報道され(Finantial Times)、真実味が増しています。

    そんな中、ドイツの自動車雑誌「Auto Motor und Sport」が、Apple社はBMW社と共同でEV開発するのではないかと報じました(3月4日発売号にて)。同誌では、BMW幹部からのコメントとしてアップル社がBMWのEV自動車「i3」に興味を持っているとし、アップルカーは自動車版のアップルストアで販売、BMWディーラーにて点検を受けられるようになるのではないかと伝えました。

    しかし翌3月5日、BMW社はこれを否定するコメントを公式発表。「BMWはコネクティッドかーについてはアップル社を始めとした通信企業と協議をしているものの、自動車の開発や生産については競技していない」と、しています。

    アップル社は自動車開発のノウハウがほぼないはずですから、いくらEVエンジンが比較的容易に作れたとしてもシャシーや足回りなどの独自開発は容易ではないでしょう。独自開発に成功し、注目されている「テスラモーターズ」も、本格的な自動車メーカーが作る車には基本設計の部分で及ばないと言われています。

    こういった観点で、アップル社が今後、既存の自動車メーカーとタッグを組む可能性は十分あるのではないでしょうか。

    applecar-680x382

    https://clubmini.jp/11626

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425816211/ 【アップル製の電気自動車…BMWが共同開発の噂を否定】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/06(金)10:21:45 ID:???
    伊フィアットが、マツダの新型ロードスター(海外名:Mazda MX-5)を「124スパイダー」という車名で販売することが確実となった。

    ジュネーブモーターショーにおいて、FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のセルジオ・マルキオンネCEOが明らかにした。

    20150307image

    124スパイダーは、1960年代に登場した「Fiat 124 Sport Spider(スポルト・スパイダー)」にちなんだ車名。
    フィアットは、ロードスターをベースとした新型スポーツカーを「124スパイダー」と名付けることで、この新型車がフィアットの歴代スポーツカーに仲間入りすることを示唆する考えのようだ。

    http://jp.autoworldnews.com/articles/7527/20150305/mazda.htm

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425604905/ 【フィアット、マツダのロードスターを「124スパイダー」として販売へ】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/06(金)10:35:18 ID:???
    ミズノは、スーパーカー ブランドのオートモービリ・ランボルギーニ社と、スポーツ品とイベントに関わるコラボレーション契約を締結した。

    契約期間は2015年1月からおよそ5年間。

    この契約により、ミズノはランボルギーニロゴを用いたフットウェア、アパレルの開発が可能となる。

    ミズノは「それらの商品、また同社とのコラボレーション事業、イベントなどを通じて、世界のランボルギーニファン対するミズノブランドのアピールと価値向上をはかっていく」としている。

    1425549676-114268_1

    http://www.posty.co.jp/sp/atcl/?id=1425549676-114268

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1425605718/ 【ミズノがランボルギーニ社とコラボwww】の続きを読む

    1: 北村ゆきひろ ★ 2015/03/04(水) 20:46:22.15 ID:???.net
    本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは3月3日(現地時間)、ジュネーブモーターショー(プレスデー:3月3日~4日、一般公開日:3月5日~15日)で欧州市場向けの新型「シビック TYPE R」を世界初公開した。

    このモデルはドイツにあるニュルブルクリンク北コースで行われた走行テストで、FFハッチバックモデルでトップとなる7分50秒のラップタイムを記録している。

    2015年夏に欧州各国で発売する予定となっている新型シビック TYPE Rは、レーシングカーのような高い走行性能を持つ「歴代最高のシビック TYPE R」を目指して開発を実施。パワートレーンには、新世代パワートレーン技術群「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」の1つとして新開発された「VTEC TURBO」シリーズの「2.0リッター 4気筒直噴ガソリンターボエンジン」を搭載。

    シビックを含む歴代TYPE Rモデルで最高となる最高出力310馬力、最大トルク400Nmを発生し、6速MTとの組み合わせで前輪を駆動。0-100km/h加速5.7秒、最高速270km/hというクラストップレベルの走行性能を実現している。

     エクステリアでは複雑な形状のフロントバンパーやリアウイングスポイラーなどを装着し、ダウンフォースを高めつつ空気抵抗を減らすエアロダイナミクス性能を追求。スポーツカーらしいルックスと空力性能を兼ね備えている。

     足まわりでは19インチ軽量アルミホイールを採用し、235/35 R19タイヤと組み合わせて装着。
    前後サスペンションに「アダプティブダンパーシステム」を採用して爽快なハンドリングを実現し、高出力のFF車の特徴であるトルクステアを軽減させる「デュアルアクシスストラットサスペンション」をフロントに採用。
    ブレーキではフロントにブレンボ製4ピストンキャリパーと350mm径ドリルドディスクローターを専用装備して、強力な動力性能に見合った制動力を用意する。

    このほかの装備では、本格的なスポーツ走行性能と爽快さを向上させる「+R」モードを採用。インパネに設定された「+R」ボタンを押すことにより、エンジンのアクセルレスポンスや力強さ、サスペンションのダンパー特性、パワーステアリングのアシスト力などが変化する。

    2015030501

    2015030502

    2015030503

    2015030504

    2015030508

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20150303_691026.html

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1425469582/ 【ホンダ、欧州向け新型「シビック TYPE R」発表…ニュル北コースを7分50秒】の続きを読む

    1: メンマ(芋)@\(^o^)/ 2015/03/04(水) 05:53:23.91 ID:wMECpFbQ0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    「ホンダ JADE(ジェイド)」、なかなか解りにくいクルマである。

    なにしろスターティングプライスが272万円と安くない。しかも「Honda SENSING(ホンダ センシング)」と呼ばれる新世代自動ブレーキ(CMBS:衝突軽減ブレーキ)等の先進安全装備類はぜひとも欲しい装備だからして、そいつが標準搭載される「ジェイド HYBRID X」を選ぶと292万円になってしまう。ナビなど付けた総支払い額だと350万円近い。

    中国市場で先行発売のジェイドは日本仕様とは別モノ

    搭載されているのは1.5リッターのハイブリッドだから、ガソリンエンジンなら1.8リッター相当の走りである。気になる3列目シートは、もはやポルシェ911のリアシートより狭い。というか、大人だと乗り込むのに苦労するほど。「使いモノにならない」と書いた方が妥当。

    ホンダの車両説明によれば、30歳以下の若い層と、40歳以上の人を狙ったという。30歳までの人は総額350万円のクルマなどなかなか買えまい。家族も増え、6人以上乗る機会の多い40歳以上のユーザーなら、もっとユッタリ座れる3列シートミニバンを買うことだろう。

    説明を聞きながら アタマの中は「?」だらけ 。

    ちなみにジェイドのメイン市場である中国では、若い世代向けの「一回り大きいフィット」という位置づけだという。

    日本市場で言えば1.3リッターエンジン搭載で130万円のフィットに対し、1.8リッターエンジンを搭載したジェイド170万円という感じ。日本でもそういったクルマならニーズも多いと思う。

    普通に走っている限り文句無し。乗り心地良く、騒音振動レベル良好。初期トラブルも出たツインクラッチトランスミッションを使用する ハイブリッドシステム「i-DCD」 も熟成されてきた。滑らかです。

    とは言え残念なことに追い越し加速が極端に悪い。巡航状態からアクセル全開にしても、2秒以上加速始まらず。この辺りはフィット ハイブリッドと共通する問題点だ。

    055_o

    http://autoc-one.jp/honda/jade/report-2080909/0002.html

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425416003/ 【ホンダ ジェイド ハイブリッドの3列目シートは、もはやポルシェ911のリアシートより狭くて使いモノにならない】の続きを読む

    1: ときめきメモリアル(庭)@\(^o^)/ 2015/03/02(月) 15:05:02.60 ID:lPO4UJIc0●.net BE:887141976-PLT(16000) ポイント特典
    中国では日本では考えられないようなことが当然のように起きる。偽装大国と言われんばかりの今回の事案は
    自分で路上駐車場を作ってしまったというわけのわからない物である。

    運転をしていた車がとある路上駐車の車を発見。その車は今から発進しようとしているところだが、様子がおかしい。 駐車場の白線から少し出てから女性運転手が下りてきて、駐車場である白線を長い棒でくるくると巻きだしたのだ。

    そう、実はコレ道路に描かれた物では無く、偽物の路上駐車場だったのだ。またそれだけでなくパーキングの看板も自作したもので全てが偽装したもの。これを撮影していた中国人ドライバーも「アイヤー!」と驚いきを隠せないようだ。

    流石に中国でも頻繁にある出来事では無いだろうが、中国ならではの出来事と思えてしまうのは何故だろうか。
    このセルフ駐車場をしまう場面の動画はYouTubeに掲載されており下記より閲覧可能。

    http://gogotsu.com/archives/4943

    0023 0032


    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1425276302/ 【中国のとんでもない路上駐車…駐車場の偽物も作るアルよ!】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/02/26(木) 11:01:59.07 ID:3bogRBwQ0.net
    8hEFojV

    jDOteLV

    faAlfDE

    lZuTbdx

    ダイハツ初のハイブリッド車なんだってさ
    カッコいいね

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1424916119/ 【ダイハツのアルティスとかいうハイブリッドセダンが意外とカッコよくてワロタ】の続きを読む

    このページのトップヘ