サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
     三菱自動車は高級セダンの販売から撤退する。日産自動車からOEM(相手先ブランドによる生産)供給を受けている2車種の購入の受け付けを停止した。三菱自は新型の小型多目的スポーツ車(SUV)を含め2019年度までにSUVの3車種を投入する方針。

    資本提携した日産と部品の共同購入などを加速し、得意とするSUVや電気自動車(EV)に経営資源を振り向ける。

     販売を停止したのは高級セダン「ディグニティ」(日産名…
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ20HID_R20C17A1TJC000/ 

    10401024_201207
     

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1485023107/ 【三菱自動車、高級セダン「ディグニティ」「プラウディア」販売終了…今後はSUV・EV屋へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
    1142174

    トヨタ自動車が1月9日、米国で開幕したデトロイトモーターショー2017で初公開した新型『カムリ』。同車の日本市場での発売時期が、2017年夏ごろに決定した。

    8代目となる新型カムリには、トヨタの新たなクルマ作り、「TNGA」(Toyota New Global Architecture)を全面的に採用。例えば、パワートレインには、TNGAによって構造や構成を全面的に作り直し、 高い走行性能と環境性能を両立させた新型エンジン「ダイナミックフォース」を初搭載。ガソリンエンジンは、直噴2.5リットル直列4気筒を積む。

    このエンジンには、同じくTNGAにより全面刷新された新型トランスミッション、8速AT「ダイレクトシフト」を組み合わせた。 世界トップレベルの伝達効率を実現するとともに、多段化、ロックアップ領域の拡大により、ドライバーの意のままに反応する走りを追求している。

    また、プラットフォームも、TNGAに基づき刷新。「GA-K」と呼ばれるプラットフォームは、低重心化、ボディとフロア剛性の強化、エンジンのマウント位置見直しのほか、リアに新サスペンションを採用した。

    この新型カムリが、日本では2017年夏ごろ発売予定。全国のトヨタカローラ店に加え、トヨペット店およびネッツ店(東京地区は東京トヨタでも販売)で取り扱う。

    トヨタは、「車のパッケージ全体を一新することで、操縦安定性や乗り心地などの性能を幅広く向上させた」とコメントしている。

    http://response.jp/article/2017/01/21/288861.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484983408/ 【トヨタ カムリ 新型、今夏日本で発売へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
    高級そうな自動車に乗っている男性を見ると、仕事でも成功しているように見えるもの。出世する可能性が高いからこそ、自動車にも投資できるといえますよね。働く男性が思う、出世する男性が乗っている「車」をまとめてみました。

    sec7_photo1

    (1)ベンツ
    ・「ベンツやマイバッハなど。車内にビジネスツール、効率を図るならベンツになる。」(33歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

    (2)BMW
    ・「黒のBMW。クレジットカードのプラチナ持っている人がその外車に乗ってたので。出世しまくってそう」(25歳/食品・飲料/その他)

    (3)クラウン
    ・「クラウン。やはり高級車なので、お金持ちが乗っている印象がある」(30歳/その他/その他)

    (4)ジャガー
    ・「ジャガー。これ見よがしに威圧するので」(39歳/その他/専門職)

    (5)スポーツカー
    ・「スポーツカー。高いし、燃費は悪いけど見た目はいいから」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

    (6)外車
    ・「外車。人と同じ考えでは無理だと思うので、同じような国産車ではないと思う」(34歳/機械・精密機器/技術職)



    http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170120/Escala_20170120_6563595.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484915026/ 【出世する男性が乗っている「車」6種…ベンツ、BMW、クラウン、ジャガー、スポーツカー←?、外車←???】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
    http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/225434/121900014/

    ikeda01_mf

     「ノート」躍進の原動力は11月2日に発売した新型ハイブリッド車「ノート e-POWER」。発売3週間後の11月23日時点での「ノート」全体の受注台数2万348台(月間販売目標の約2倍)の内、実に78%が「e-POWER」車であった。一方、10月に首位だったトヨタ自動車「プリウス」は3位に後退している(軽自動車を含む順位)。

     「e-POWER」の躍進と「プリウス」の後退。まさに、これからの自動車産業の方向を示す事件だ。それは、一方が未来に繋がり、もう一方は今後の進化に限界があるからだ。

     ハイブリッド(HV)車には、大きく分けて「パラレル」、「シリーズ」の2方式がある。「パラレル」方式では、ガソリンエンジンと電気モーターが同時に並列して車輪を駆動する。対する「シリーズ」では、車輪を駆動するのはモーターだけであり、エンジンは発電して電気をモーターに供給するだけだ。だから、走行性能的には純粋電気自動車(EV)とほとんど変わりがない。

     「プリウス」は、通常走行ではエンジンだけで走り、馬力の必要な時にはエンジンとモーターの両方を使う。
    発進時などにモーターだけで数km走れるので「シリーズ」的な面も持っているが、基本的にはパラレルタイプ。モーターは脇役で、走りも音もガソリン車そのものだ。

     対する「ノート e-POWER」は「シリーズ」方式。筆者が「究極のエコカー」と考える純粋EVに近いのはシリーズ方式、すなわち「e-POWER」の方だ。だから、同じHVでも進化の余地が大きく未来に繋がるものだ。

     通常の発進は、エンジンを停止したままバッテリーからの電力のみで行う。ただし、バッテリー容量は1.5kWhしかないので、バッテリーのみで走れる距離は最大でも10km程度。それ以上の走行のためにはエンジンをかけて発電する必要がある。

     エンジンはアクセル操作とは関係なく、バッテリー残量や車速に応じて最適な回転数に維持される。こ
    れがシリーズ方式の燃費の良い一つの理由だ。減速時には回生ブレーキにより発電した電力をバッテリーに充電するが、この点はパラレル型と同じ。

    HVはエコカーにあらず?!
    (続きはサイトで)

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484952235/ 【今トヨタに必要なのは「プリウスからの卒業」~時代は電気自動車-「ノートe-POWER」に見る「新しい形」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
    素晴らしい! トヨタ、WRC復帰戦の初SSで3番手タイム!

    WRC2017年シーズンがモンテカルロで開幕した。大いに注目された今年の「実力」を読めるSS1(競技区間)は、例年になく雪の多い今年のモンテカルロラリーを象徴するかの如く、現代自動車のヘイデン・パッドンが派手にクラッシュ! キャセルになってしまう。

    モンテカルロの1日目はSSが二つのみ。ということでSS2が今年のWRCのファーストステージということになった。果たしてトヨタの速さはいかに? リアルタイムで表示されるリザルトを見て驚く!

     なんと暫定ながらトヨタの開発ドライバーを担当してきたユホ・ハンニネンが現代自動車のティエリー・ヌービルとフォードのセバスチャン・オジェに続く3番手!

    http://autoc-one.jp/news/3134861/

    031_o


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484952803/ 【トヨタがモータースポーツでヒュンダイに負ける】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
    http://jp.reuters.com/article/tesla-ev-idJPKBN15401K

    米運輸省道路交通安全局(NHTSA)は19日、米電気自動車(EV)メーカーのテスラ・モーターズ(TSLA.O)が生産する「モデルS」の初の死亡事故を調査した結果、車両の欠陥を示す証拠は見当たらなかったと発表した。同車種のリコール(回収・無償修理)は求めない方針を示した。

    昨年5月にフロリダ州で起きた死亡事故では、モデルSのドライバーが「オートパイロット(自動運転)」 モードを使用中にトラックに衝突。NHSTAは6カ月にわたって調査を実施した。

    この事故は大きく注目され、自動運転システムの安全性に疑問が投げ掛けられていた。このためNHTSAの調査結果は、自動運転車の開発を競い合っているメーカー各社には支援材料となりそうだ。

    運輸省のフォックス長官は記者団に対し、ドライバーは運転に際して自分の義務を重大に受け止めなければならず、 自動車メーカー各社は自動運転システムの限界を説明する必要があると述べた。

    shutterstock_284409203a
     

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1484876170/ 【テスラEV初の死亡事故、車両欠陥の証拠ない=米当局】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
    トヨタ車体のラリーチームであるチームランドクルーザー・トヨタオートボデー(以下、TLC)は、2017年1月2日から1月14日(現地時間)に南⽶⼤陸にて開催された『ダカールラリー2017 パラグアイ・ボリビア・アルゼンチン』に、ランドクルーザー200シリーズをベースとしたラリー仕様車2台で参戦し、ガソリンクラス・ディーゼルクラスを含めた市販⾞部門において327号車が優勝、332号車が準優勝となり、ワン・ツーフィニッシュで4連覇を成し遂げた。

    今大会に向けてチームは、ラリーカーのさらなるスピードアップをねらい、改造が許されるサスペンションの変更や16,000kmにわたる走り込み、そして過去にダカールラリーで総合順位トップ10に入った実績をもつクリスチャン・ラヴィエルをドライバーとして迎えるなど、クルマとチーム体制をこれまでになく強化して参戦した。

    レースは、舞台を南米大陸に移して以来、初めての開催地となるパラグアイの首都アスンシオンで熱戦の火蓋が切って落された。327号車のハンドルを握るクリスチャンドライバーはその実力を如何なく発揮し、卓越した運転技能で見事なダッシュを決めると、その後も安定した走りでレースをけん引し市販車部門トップでゴールした。

    また、前回の大会に引き続きドライバーとして2回目の参戦となる社員ドライバーの三浦(332号車)も前半の第3ステージで路面の段差に左前輪をヒットし、サスペンションにダメージを受けたものの、メカニックによる懸命な整備によりラリーカーは息を吹き返し、翌日の第4ステージでは見事な追い上げをはかり大きく躍進し、ステージトップの力走を見せました。その後はトップの327号車を順調に追走し、前回大会の5位を上回る2位でゴールした。

    トヨタ車体は、世界⼀過酷なラリーと言われるダカールラリーに参戦し続けることで、そこで得られたノウハウや育った人材を「もっといいクルマづくり」に活かすとともに、ランドクルーザーファンやラリーファンを拡大し、世界中のお客様に笑顔を咲かせ、感動をお届けしていく。

    20170116-toyota

    2017年1月16日
    http://f1-gate.com/toyota/dakar_34496.html
    http://f1-gate.com/media/img2017/20170116-toyota.jpg

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1484837483/ 【トヨタ車体、ダカールラリー2017で市販車部門4連覇を達成!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
     トヨタ自動車は19日、新型の小型スポーツ用多目的車(SUV)「C-HR」の国内受注が、昨年12月14日の発売から約1カ月で約4万8千台に達したと発表した。

    月販目標の約8倍に相当する。ハイブリッド車(HV)で1リットルあたり30.2キロの低燃費や、デザインが評価された。

     C-HRは、HVと排気量1.2リットルのターボエンジン搭載モデルを設定した。

    受注の内訳はHVが約3万7千台、ターボ車が約1万1千台。トヨタによると、いまから注文すると納車まで約3カ月かかるという。

    トヨタ-C-HR

    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170119-00000537-san-bus_all

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484814143/ 【トヨタ「C-HR」、1カ月余で受注4万8千台 月販目標の8倍】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
     2015年8月、東京・池袋で乗用車を運転中にてんかん発作を起こして暴走、5人を死傷させたとして自動車運転処罰法違反(危険運転致死傷)の罪に問われた被告の医師(55)の公判が19日、東京地裁であり、被告人質問が実施された。 

    被告は「発作を抑える薬はきちんと飲んでおり、事故時も効果は続いていた。 発作の兆候もなかった」と述べ、危険運転には当たらないと改めて主張した。

     被告は、てんかん発症後はしばらく運転をやめていたが、10年ごろに再び運転を始めたと説明。事故については「1人が亡くなり、多くの人にけがをさせた。 本当に申し訳ない」と謝罪した。

    (共同)

    afr1508160029-p1

    http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2017011901001056.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484800780/ 【てんかん、きちんと薬飲んで兆候もないのに発作が起きるなら運転だめなんじゃないの】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1:
    automatic-transmission1_s


    下手糞は道路出んなよ

    マニュアルは必要なし?新成人の運転免許保有者の6割弱がオートマ限定
    http://www.excite.co.jp/News/product/20170117/Dime_334659.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1484799416/ 【新成人の6割弱がオートマ限定】の続きを読む

    このページのトップヘ