サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: ミドルキック(芋)@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 18:52:35.49 ID:pO/TwN3K0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    Toyota_Prius_III_20090710_front

    中東などの主要な産油国12カ国が加盟する石油輸出国機構(OPEC)が原油の減産を見送ったことで、ガソリン価格の下落が加速しているが、そのしわ寄せが、日本国内の自動車の生産計画にも影響を及ぼしそうだ。

    トヨタ自動車は2015年1~3月の国内での自動車の生産を減らす方針だという。きょうの日経が「トヨタ、国内2万台減産」というタイトルで3面の総合欄で大きく取り上げている。

    記事によると、「ハイブリッド車(HV)が主な対象となる見通しで、当初計画に比べて約2万台減るもようだ」としている。その理由としては「原油価格の下落を受けて北米市場でガソリン車の人気が相対的に高まり、燃費の良さが特徴のプリウスの販売が振るわないためだ」という。

    トヨタの減産については、すでに、11月29日付の朝日が朝刊で「トヨタ、国内減産継続」と報じたが、その記事でも「足元の原油安により、主力の米国市場で燃費で劣勢の大型車の人気が復活する一方、日本でも生産できる小型車の販売が伸び悩むことも響いている」とも伝えている。

    ただ、朝日の減産の理由には「消費増税後の国内販売の苦戦が続く」とも触れているのに対し、日経は「北米市場でのプリウスの販売不振」に焦点を絞っている。

    また、日経は「年間300万台の生産は確保する」としているのに対し、朝日は「アベノミクスで円安が進んでも国内生産が増えず、雇用や所得にも波及しにくい構図が浮き彫りになっている」とも言及している。
    http://response.jp/article/2014/12/03/238838.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1417600355/ 【トヨタ 原油安ショック!北米で「プリウス」離れ加速】の続きを読む

    1: ミドルキック(芋)@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 18:47:27.59 ID:pO/TwN3K0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    799312

    3代目となる新型『ムラーノ』は、コンセプトカーのようなデザインと上質なインテリアが特徴。また、同車のベースとなっているのは、約2年前に登場したコンセプトカー『レゾナンス』。

    初公開はニューヨークモーターショー。エクステリアは「V-モーション」と呼ばれるフロントマスク、ブーメラン状のヘッドライト、フローティングルーフなどを採用。

    インテリアは、ラウンジ感覚の提供がテーマ。インパネの高さを抑え、センターコンソールをワイド化。大型のパノラミックルーフが用意され、頭上空間に開放感をもたらす。
    オプションで、「日産コネクトSM」と呼ばれる車載インフォテインメントや、BOSE製の11スピーカーオーディオが選択できる。

    新型ムラーノのパワートレインには、3.5リットルV6ガソリンエンジンを搭載。トランスミッションにはCVT「エクストロニック」を組み合わせ、先代モデルよりも燃費が20%向上した。
    http://response.jp/article/2014/12/03/238877.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1417600047/ 【日産 新型ムラーノ…コンセプトカー「レゾナンス」譲りのデザイン】の続きを読む

    1: 河津掛け(芋)@\(^o^)/ 2014/12/02(火) 23:58:57.49 ID:832mqPal0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    2015-mitsubishi-lancer-evo-x

    先日、米自動車情報サイト『Jalopnik』が北米三菱の上級副社長ドン・スウェリンジェン氏とのオンラインQ&Aセッションを行った。質問は多岐にわたり、三菱ファンならそのやり取りすべてを熟読する価値があるほど。まずは、そのいくつかをご紹介しよう。

    Q : 「デリカ」の米国における販売の予定はあるか? 
    A : 現在のところは予定なし。

    Q : 新型「モンテロ」(日本名:「パジェロ」)については? 
    A :その方向性を示すコンセプトカーを、来年のシカゴ・オートショーで発表予定。

    Q : 「ミラージュ」のワンメイクレースを開催したら? 
    A : 興味深い提案だが、現時点ではモデルの性格を考えたら意味が見出せない。

    Q&Aセッションでは、このような質疑応答が飛び交ったが、三菱ファンならずとも気になるのが、新型「ランサーエボリューションXI」に関する情報だ。
    これについて、スウェリンジェン氏は「今のところ、エボXIについてのプランはない」とランエボの終わりを告げてはいるものの、LAオートショーで米自動車誌『Motor Trend』に「もうランエボの時代は終わった」と答えていたことを考えれば、多少柔らかい表現になったと言える。

    また、以前お伝えしたエボX最後のモデルとなる「スペシャル・アクション・モデル」についても、いくつか情報が明らかにされた。
    それは5速MT仕様のGSRグレードをベースに「エンジンの出力を上げ、サスペンションをチューニングしたものになる。それ以外の点については現在まだ検討中だ。
    販売予定は2,000台ほどで、来年の6月頃にはお見せできるだろう」とのこと。内装のグレードアップや車体の大幅な軽量化を期待していた人々にとっては、少々物足りないかもしれない。だが、これで最後になるかもしれない偉大なるランエボに乗れるのならば、それだけで十分ではないか。

    http://jp.autoblog.com/2014/12/01/final-edition-mitsubishi-evo-x-arrives-june-5mt-gsr/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1417532337/ 【三菱ランサーエボリューションXの最終限定モデルが来年6月にも米で発売】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/12/03(水) 17:54:11.77 ID:???.net
    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20141129-OYT1T50021.html

    ■「新クーペ」900台受注月間販売目標の30倍

     トヨタ自動車は28日、高級車ブランド「レクサス」で4年ぶりに復活させたクーペの新型「RC F」の受注台数が、発売から約1か月で、月間販売目標(30台)の約30倍にあたる約900台になったと発表した。

     5リットルの大排気量エンジンを搭載し、レクサス最大の477馬力のスポーツモデル。
    価格は約1000万円するが、予想を大幅に上回る出足となった。

    写真:「レクサス」の新型クーペ「RC F」
    20141129-OYT1I50003-L




    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1417596851/ 【レクサス新型クーペ「RC F」、目標の30倍を受注】の続きを読む

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/12/02(火) 18:16:25.74 ID:???.net
    prm1411290002-p1
    http://www.sankei.com/premium/news/141129/prm1411290002-n1.html

     衝突被害軽減ブレーキなど交通事故を未然に防ぐ予防安全技術の普及が進む中、国土交通省が初めて実施した「ぶつからない車」の性能調査の結果がこのほど公表された。
    参加した国産8メーカー・26車種すべてで安全性が確かめられたものの、売れ行き好調なホンダ車や軽自動車が低評価をつけるなど、各モデルの性能には想像以上の差が開いた。
    今後はユーザーの車種選択にも影響を与える可能性が高く、各社の開発競争が加速しそうだ。

       ■3車種が首位に
     10月23日、小雨が降る茨城県つくば市の日本自動車研究所で衝突被害軽減ブレーキのデモ試験が行われた。
    クルマの後ろ部分を模した張りぼてを、先導車両が時速20キロでゆっくりと牽引(けんいん)する。
    後ろから、急速に試験車が接近してきた。

     「ぶつかるっ!」

     そう思った瞬間、わずかな距離を残して試験車はピタリと停止した。

     国交省の委託を受けた自動車事故対策機構はこれに先立つ5~9月の4カ月間、同様のテストを行い、より高い速度を出した状態で衝突を回避したり、回避できなくてもどの程度減速できたによって得点を付けた。
    また、走行中に車線をはみ出すと警報を鳴らす装置の効き具合も調査した。
     その結果、トヨタ自動車の高級ブランド・レクサスの最上級セダン「LS」▽日産自動車の高級スポーツセダン「スカイライン」 ▽富士重工業(スバル)のワゴン「レヴォーグ」-の3車種が40点満点で首位を獲得した。

     波長の短い電波を照射して車や人の位置・速度などを検知するミリ波レーダーなど、高価な安全装備を搭載できる高級車が上位に入る一方、主に街なかでの利用を想定した軽自動車は全て10点未満に留まった。

       ■挽回誓うホンダ
     結果が際立ったのが富士重工業だ。
    高価なミリ波レーダーを用いず独自の複眼カメラだけで対応した運転支援システム「アイサイト」が高い性能を発揮。最新型を搭載したワゴン「レヴォーグ」が1位になっただけでなく、旧型を積んだスポーツ用多目的車(SUV)「フォレスター」「インプレッサ」もトップ5に食い込んだ。

     同社の吉永泰之社長は「良い評価をもらった。とにかく事故を減らそうと、20年間開発を続けてきた成果だ」と目を細める。

     これに対し、振るわなかったのはホンダだ。
    自社最高位のミニバン「オデッセイ」ですら25.3点と平均点をやや上回るのにとどまり、平成25年12月に発売したばかりのSUV「ヴェゼル」は軽自動車を下回り26車種で最下位となった。 ホンダは車線はみ出し防止機能を15年にいち早く商品化するなど、予防安全分野の開発には力を入れてきた。
    ただ、伊東孝紳社長は「車は人が運転するものだ。止まりきるところまで車に預けていいのかという躊躇(ちゅうちょ)があった」と振り返る。
    実用化をためらう間に他社から出遅れた形だ。

     後れを取り戻す秘密兵器が、新運転支援システム「ホンダセンシング」。
    来年1月発売する新型高級セダン「レジェンド」から搭載する。
    ミリ波レーダーと単眼カメラを組み合わせたシステムで、時速60キロまでなら衝突前に停止、80キロまでなら減速して被害を軽減できるほか、歩行者がいる場合は直前で方向転換して人身事故を避ける機能も世界で初めて盛り込んだ。

     ホンダの研究開発を担う本田技術研究所の山本芳春社長は「次回は必ず40点満点を取る」と挽回を誓う。

     価格を抑えた軽自動車は高価な予防安全システムを搭載できず、今回の性能調査で普通車と大きく差を付けられた。だが、ホンダは将来的に軽自動車「N」シリーズにもホンダセンシングを搭載する予定。
    次回評価では順位が大きく変動する可能性もありそうだ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1417511785/ 【「スバル圧勝、ホンダ惨敗」自動ブレーキ安全度評価でこれだけ差が開いた理由】の続きを読む

    1: リバースパワースラム(catv?)@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 19:11:52.62 ID:Umw/OwUN0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    次期スズキ エスクードが発売が迫っているようだ。欧州ではすでに「ビターラ(日本名エスクード)」の新型が公開されており、2015年初めの生産開始が明らかにされている。

    ビターラは1988年に初代エスクード海外版の名称として採用され、以後25年にわたり親しまれてきた。新型は今年10月のパリサロンで披露され、2015年前半の投入に向け、すでにプロモーションも始まっている。

    新型ビターラはハンガリーにあるスズキの生産拠点マジャールスズキで生産され、欧州市場を皮切りにグローバル展開される予定。現行「スプラッシュ」同様に、ハンガリー生産モデルが日本に輸入される可能性もある。
    ボディサイズは全長4175mm×全幅1775mm×全高1610mmで、日本でも持て余さないサイズだ。2015年春~夏頃の登場が有望な、注目モデルの1台といえるだろう。

    20141201-10214852-carview-000-5-view

    20141201-10214852-carview-009-5-view

    20141201-10214852-carview-003-5-view

    20141201-10214852-carview-012-5-view


    https://www.youtube.com/watch?v=XzqlBcTcUSQ


    http://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20141201-10214852-carview/


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1417428712/ 【欧州でビターラとして発表されているスズキ新型エスクード、日本では2015年前半に登場か?】の続きを読む

    1: リバースパワースラム(catv?)@\(^o^)/ 2014/12/01(月) 19:08:46.74 ID:Umw/OwUN0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    798065

    ホンダは12月1日にハイブリッド車(HV)の新型セダン『グレイス』を発売した。
    車台や動力システムは『フィット』のHVと共用だが、装備の充実などにより上質なコンパクトセダンとして売り出していく。

    HVシステムは1.5リットルのガソリンエンジンと7速DCTを組み合わせている。JC08モード燃費は34.4km/リットルと、国内市場向けのセダンでは最高を確保した。 開発責任者である本田技術研究所の広瀬敏和主任研究員は、国内市場での競合モデルについて「(トヨタ)プリウスを意識して行きたい」と話す。

    5ナンバーのHVセダンではトヨタの『カローラHV』があるが、車格としてはその上のプリウスにぶつけたいという。HVの本流ともいえるプリウスに対抗できる性能や質感を実現できたとし、「プリウスクラスのHVセダンはないので、そこにお客様のニーズは充分ある」と見ている。

    また、195万円からという価格設定も「プリウスの売れ筋グレードより求めやすいところを狙った」と、ここも攻めの姿勢を打ち出している。

    http://response.jp/article/2014/12/01/238623.html

    引用元 【ホンダ 新型ハイブリッド車「グレイス」を発表…「競合車はプリウス」】の続きを読む

    1: ダーティプア ★@\(^o^)/ 2014/11/28(金) 11:14:50.95 ID:???.net
    英紙・デイリー・メールの中国語版は24日、中国の自動車メーカーである陸風汽車(ランドウィンド)のSUV「X7」が、英の自動車メーカー・ランドローバーの「イヴォーク」に酷似していると批判する記事を掲載した。

    記事は、イヴォークとX7を比較する写真を掲載したうえで、イヴォークについて「ブリティッシュオリジナル」としつつ、X7については「チャイニーズコピー」だと指摘した。

    さらに、「X7の外観はイヴォークにそっくりだ」と批判したうえで、イヴォークの販売価格が約4万ポンド(約742万円)であるのに対し、X7は1万4000ポンド(約260万円)だと指摘。続けて、「X7がイヴォークに酷似していながら販売価格が安いことがランドローバーを怒らせた」とし、ランドローバー側は訴訟を起こすかどうか検討中だと伝えた。

    デイリー・メールが掲載した写真を見る限り、確かに「X7の外観はイヴォークにそっくり」であり、陸風汽車がイヴォークのデザインを模倣したと批判されても言い訳できないようにも見えるだけでなく、中国の簡易投稿サイト・微博(ウェイボー)での反応を見ても、「パクリにも程があるだろ!X7からはわずかな創意すら感じられない」、「ご指摘のとおり。これはパクリだ」など、中国人ユーザーたちですら「パクリ」と認めていた。

    また、「(中国のメーカーは)やりたい放題だな」、「いや、むしろX7のほうがイヴォークより格好良いじゃないか」といった声も見られた。(編集担当:村山健二)(写真はデイリー・メール・中国版の24日付報道の画面キャプチャ)

    ソース:サーチナ 2014-11-27 22:21
    http://news.searchina.net/id/1551424?page=1

    1551424


    引用元 http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/news4plus/1417140890/ 【中国人も認めた「パクリ」!?レンジローバー・イヴォークにそっくりな中国自動車メーカーのSUV】の続きを読む

    201411102335322c2

    引用元
    【ダイハツ】ウェイク(デカデカ、ウルトラスペース) part 6
    http://maguro.2ch.sc/test/read.cgi/kcar/1417084946/

    公式HP
    http://www.daihatsu.co.jp/lineup/wake/index.htm

    5: 阻止押さえられちゃいました 2014/11/27(木) 21:16:05.70 ID:sIHRk/D4.net
    売れてないなーもうB登録すなや

    6: 阻止押さえられちゃいました 2014/11/28(金) 02:21:13.73 ID:8FEIJfON.net
    もう少しネイキッドっぽかったらなあ

    10: 阻止押さえられちゃいました 2014/11/28(金) 10:27:33.63 ID:892uBkcD.net
    アトレーと何がちがうんだ?
    ダイハツの車に乗ってるが
    最近のダイハツはちとおかしいよ。
    オバサンが乗る車しかない気がする。
    まぁ一番の需要がある層が主婦だと思うから仕方がないけど。

    次回はスズキの車買います。

    11: 阻止押さえられちゃいました 2014/11/28(金) 10:31:42.13 ID:sNupkipW.net
    >>10
    だいたい同意だが
    ダイハツはマイルドヤンキーに媚びた車が増えてきたぞ

    タントトップエディションなんて正にそれ…

    17: 阻止押さえられちゃいました 2014/11/28(金) 14:54:02.27 ID:mqvw8fAN.net
    >>11
    >マイルドヤンキーに媚びた車

    何そのホンダ

    【【ダイハツ ウェイク】せめて外観はデカデカにしてほしかった】の続きを読む

    このページのトップヘ