サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: みつを ★ 2018/12/10(月) 23:02:48.71 ID:CAP_USER9
    https://www.bbc.com/japanese/46503321

    運転中の母親が意識不明、8歳少年がハンドルを 時速約100キロで
    2018/12/10 6時間前

    英南東部コルチェスターの近くで3日午後、時速100キロ近くで運転していた母親が急に発作を起こして意識不明になったため、8歳の息子がハンドルを握り、危機を脱出した。

    ローレン・スミスさん(27)は学校帰りの息子ベン・ヘッジャーくんを乗せて、国道A120を運転していた最中に意識を失った。

    フォード製乗用車が中央分離帯に接触したため、危険に気づいたベンくんは、ハザードランプを点灯させ、ハンドルを握って車を路肩に移動させた。

    スミスさんは「本当に誇らしい」と息子を称えた。「発作が始まってハンドルを握り締めたものの、車の向きを制御できなくなり、左側の走行車両から中央分離帯に近づいてしまった。分離帯に接触したまま前進を続けたので、これは変だとベンが気づいて、自分が何とかしなきゃと覆ってくれた」と話す。

    「ベンはハザードをつけてハンドルを握って、路肩を目指した。そのまま車がエンストするまで、路肩を走り続けた」

    自分の行動がどれほど大変なことか、ベンくんは気づいていなかったとスミスさんは言う。

    「私の様子がおかしいのは気づいていたけれど、自分がどれほどすごいことをしたかは気づいていなかった。何もしなければ2人とも死んでいたから、やらなきゃならないことをやっただけだと言っていた」

    車を路肩に停めてから、ベンくんは母親の携帯電話を使って緊急電話をかけた。救急車が到着する前に、別の車が停まり、親子を助けた。

    約10分後に意識を回復したスミスさんにとって、これが初めての発作で、息子や救命士や他のドライバーに話を聞くまで何が起きたのか分からなかったという。
    (英語記事 Colchester boy, 8, steers car to safety after mum has seizure)

    運転中に発作を起こして意識不明になった母親の代わりに、ベン・ヘッジャーくんがハンドルを握った
    _104688734_laurensmithandben2

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544450568/ 【運転中の母親が意識不明、8歳少年がハザードランプを点灯させ車を路肩へ】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東京都) [ニダ] 2018/12/11(火) 07:26:27.37 ID:Y5ndHa5f0 BE:878978753-PLT(12121)
    「ロードスターはマツダのものじゃない」藤原副社長に聞くモノづくりの真髄
    6815d8ebfb6cafe5ba09593357656dda

    赤いロードスターに30年間乗り続けた90歳のおばあちゃんが「私は60歳の時、赤いちゃんちゃんこを着るのがいやで赤いロードスターを買いました」と。
    そして「もう乗れなくなってしまったので、お返ししたい。捨てるのは惜しいから、マツダに引き取って欲しい」とお戻しに来られたんです。
    30年乗り続けてきて自分のものではあるけど、一方で自分のものでもないんですよ、もう。「文化財であり皆のものですから」と(そのロードスターはマツダ広報車として保管中)。

    https://forbesjapan.com/articles/detail/23925/2/1/1

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544480787/ 【還暦のお婆ちゃん、真っ赤なロードスター購入。30年乗り続け90歳でもう乗れないとマツダに返還】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2018/12/09(日) 21:12:12.93 ID:GN7LPARt0 BE:232392284-PLT(12000)
    魅力的な車両のカラーデザイン、グランプリにホンダ N-VAN…オートカラーアウォード2018
    1366643


    日本流行色協会(JAFCA)が毎年、最も魅力的な車両のカラーデザインを選ぶ「オートカラーアウォード」。2018年はホンダ『N-VAN』のカラーリングがグランプリに輝いた。
    https://response.jp/article/2018/12/09/317008.html

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544357532/ 【ホンダN-VANのミリタリーっぽいグリーンのかっこよ!】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [US] 2018/12/10(月) 10:28:13.94 ID:h7wCjYwH0 BE:837857943-PLT(16930)
    噂されている、スバルの新型ミッドシップスポーツに関する情報を欧州エージェントから入手した。

    キーワードは、「VIZIVシリーズのフロントマスク」、「専用のスポーツグリル」そして「アウディR8を彷彿させる攻めたボディスタイル」だ。
    Spyder7スクープ班では、早速その情報を元に予想CGを制作した。

    期待するのは、ロー&ワイド感たっぷりのシルエットをまとった本格的ミッドシップスポーツだ。最大の特徴はサイドからリヤまで大胆にえぐったキャラクターラインで、リヤ周りにも立体感を持たせると共に、リヤのワイド感に効果を持たせる。フロントもシャープなイメージを待たせたグリル&吸気口。
    また、ヘッドライトライトも最新のVIZIVデザインの流れをより進化させた。

    もちろん、最大の注目はこのミッドシップスポーツが実現するかだ。スバルには、新型ホットハッチの開発情報もあり、独自にいくつもの新型車を開発するのはコスト的に無理があるだろう。そこで予想されるのが、トヨタとのタッグだ。北米トヨタは2021年までに19車種の新型車を市場へ投入すると発言しており、その中で『MR2』復活も有力とされている。タイミング的にはミッドシップ・プラットフォームを共有する可能性があるかも知れない。

    パワートレインは、『レヴォーグ』と共有する1.6リットル水平対向4気筒ターボエンジン+電気モーターのハイブリッドモデルで、最高出力は300psを超えると予想される。スバルは、今後ハイブリッドモデルを強化していくと見られており、有力な情報と言える。

    開発が順調に進めば、2020年から2021年が初公開のタイミングとなりそうだ。

    https://response.jp/article/2018/12/10/317016.html#cxrecs_s

    1366630

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544405293/ 【またスバル&トヨタがタッグ それが伝説の「MR2」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2018/12/09(日) 10:24:25.52 ID:DZnYh0Ch0● BE:842343564-2BP(2000)
    運転中イライラ

    https://news.yahoo.co.jp/byline/usuimafumi/20181209-00107107/


    あおり運転での検挙数は、2015年が7,571件、2016年が6,690件などですが、今年2018年の6月1~7日に、全国の警察が高速道路で初の一斉取り締まりを実施した結果、たった一週間でしたが車間距離保持義務違反で1088件が検挙されました。

    あおり運転とは、車間距離を詰める、幅寄せ、蛇行運転、前に回り込んでの急ブレーキ、クラクションでの威嚇、必要のないハイビームやパッシングなどの運転のことです。

    「煽る(あおる)」とは、「風を起こして火の勢いを強める」とか「風が物をばたつかせる」などの意味ですが、そこから「他人を刺激してある行動に駆り立てたりする」という意味にもなります(大辞林)。

    ゆっくり走っている車を速く走らせようとしたり、相手の感情を掻き立てるように仕向ける運転が、あおり運転です。

    警察は次のように言っています。

    「警察ではあおり運転等に対してあらゆる法令を駆使して、厳正な捜査を徹底するとともに、積極的な交通指導取締りを推進しています。
    また、あおり運転等を行った者に対しては、~運転免許の停止等の行政処分を厳正に行っています」(警察庁:危険!あおり運転等はやめましょう)。

    しかし、取り締まりや罰則を厳しくするだけではなく、なぜ人はあおり運転をするのか、その心理を知ることで危険な運転を減らしていきたいと思います。

    ■人はなぜあおり運転をするのか
    車の運転には、イライラ、ストレス、怒りがつきものです。もしも周囲に何もなくて、思いのままにアクセルを踏めれば、車はかなりのスピードで走ります。
    しかし実際は、そうは行きません。するとドライバーはイラつき、自分の行動が妨害されたと怒りを感じます。

    車の運転は、怒りに溢れています。イギリスの研究によれば、交通事故の85パーセントは怒りの結果です。

    怒りの感情を行動に表せば、攻撃です。運転では、あおり運転にもなります。歩いている時には、私たちは怒りを感じても簡単には攻撃はしませんが、車に乗ると攻撃的になる人もいます。

    自動車を運転してい時には、ドライバーはみんな鉄の鎧を着て、守られている感じがします。またお互いに顔も見えず、名前もわからない、匿名性が高い状況です。
    匿名性は、攻撃行動を増加させます。さらに、長く続くご近所づきあいなどとは違い、道路上では、ほんの一瞬の短い人間関係になります。これも、攻撃行動がしやすくなる原因の一つです。

    対面場面では、相手の表情が見えます。相手の表情が曇れば、謝罪や笑顔で、なんとか取り繕うとするでしょう。
    しかし、自動車に乗っていると相手の顔が見えないために、気がつかないうちに相手を不安にさせたり、不愉快にさせることがあり、時には感情も行動もエスカレートしやすいのです。

    自動車の運転席は、本来重さ1トンの鉄の塊を時速100キロで運転している責任重大な場所です。ところが、車の中の密閉空間が、感情表現の場になってしまうことがあります。
    音楽を聞いたり、おしゃべりを楽しみながら、爽やかにドライブするならいいでしょう。しかし、イライラや怒りの発散場所にしてはいけません。



    いかそ

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544318665/ 【イギリス「交通事故の85%は怒りの結果」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(dion軍) [US] 2018/12/09(日) 02:26:21.02 ID:95OfGYLu0● BE:842343564-2BP(2000)
    「走り屋」対策、持ち運び式の新型オービス導入 愛知

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181208-00000054-asahi-soci

    速度を超過して道路を暴走する「走り屋」などが多く集まることで知られる猿投グリーンロード(愛知県豊田市)で、愛知県警は7日夜、持ち運び式の新型装置で速度違反の取り締まりを始めた。事故や騒音などの苦情が絶えないことから、取り締まりを強化する。

     猿投グリーンロードは約13キロの有料道路で、午後10時~翌日午前6時は通行料が無料になる。豊田署によると、夜間は交通量が減ることもあいまって、週末を中心に、法定速度の時速60キロを超えて走行する「走り屋」の車が見られるという。

     住宅地が近い区間もあり、「ローリング族の音がうるさい」といった苦情や、取り締まりを求める声も相次ぐ。事故も週末中心に多く、今年は12月6日現在で物損事故は58件、人身事故も3件起きている。

     グリーンロードでは、従来の移動式取り締まり装置は場所の確保が難しく、白バイなどによる取り締まりにとどまっていた。また、道路には固定式の速度違反自動取り締まり装置(オービス)もない。

     そこで今回、通称「可搬式オービス」と呼ばれる新型の移動式装置を、この区間で初めて使用。速度違反を記録したら、後日呼び出す形のため、警察官2人程度でも取り締まりができるのが利点だ。

    20181208-00000054-asahi-000-3-view

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1544289981/ 【走り屋のたまり場に可搬式オービスを設置wwwwww】の続きを読む

    1: 以下、?ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/12/09(日) 06:43:05.787 ID:uFtqzG7f0.net
    安くて良い物を作ってるのはわかるけど
    デザインがネック過ぎ
    マジで不思議


    r750

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1544305385/ 【スズキって車もバイクも恐ろしくダサいけど何でまともなデザイナー雇わないの?】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2018/12/06(木) 13:22:03.30 ID:CAP_USER9
    衝撃的なニュースが入ってきた。
    高級ミニバンとして人気を博しているアルファード/ヴェルファアが、2020年からトヨタ全店舗扱いになるという。さらに驚きなのは、その販売店統合時期に合わせて、あの「ミニバンブームの火付け役」とも言えるモデルが生産終了するとのこと。

    以下、毎日多くの新車販売店を回り、「生」の新型車情報を届けてくれる、流通ジャーナリストの遠藤徹氏に伺った。
    ■2019年12月まででアルファード/ヴェルファイア各専売制を廃止

    トヨタは2019年いっぱいで(つまり2020年1月から)アルファード/ヴェルファイアの販売店を、従来の「専売」から「併売」に切り替える予定、とトヨタ各ディーラーに通達がありました。

    現在、アルファードはトヨペット店、ヴェルファイアはネッツ店の専売車種ですが、これを2020年1月から、アルファードはトヨペット店とトヨタ店、ヴェルファイアはネッツ店とカローラ店という各2系列で併売車種とする方針です。

    さらに2025年までには、両モデルとも全4系列店の併売となり、この時点で(ヴェルファイアというブランドを消滅させるか、グレード名に落として)アルファードへ一本化する見込みです。
    .
    これまでのコンセプトは、アルファードが「一般的なファミリーユース」、ヴェルファイアは「ヤングファミリー向けでファッショナブルな仕様」というふうにユーザー層を区切っていましたが、次期型で一本化する場合はどちらかのコンセプトを引き継ぎ、それに合わせたグレード構成になる可能性が強いです。

    1モデルに統合する時期は、2022年あたりに予定されているアルファード/ヴェルファイアのフルモデルチェンジ時と思われます。

    このような併売化は、2021年頃に世代交代するヴォクシー/ノア/エスクァイアにも同様に適用されそうです。
    こちらも車名統合され、「ノア」が存続となる見込みです。
    .
    ■エスティマは2019年12月にモデル廃止

    上記施策を受けて、エスティマが2019年12月をもってモデル廃止となるもようです。

    現在エスティマはトヨタ店とカローラ店の併売車種ですが(そしてトヨペット店とネッツ店では取り扱っていませんが)、2020年初めにトヨタ店は「アルファード」、カローラ店は「ヴェルファイア」をそれぞれトヨペット店、ネッツ店との併売に切り替えることで、エスティマの生産終了をカバーする見込みです。

    エスティマは1990年に「天才タマゴ」というキャッチコピーで初代がデビューし、大ヒット。2000年に2代目、2006年に現行型である3代目へとフルモデルチェンジしましたが、次期型の開発にまつわるニュースは途絶えていました。



    現行型エスティマ。2006年1月のデビューなので、約13年間フルモデルチェンジなし。次期型を開発している…という情報もいっさい入っていない。一世を風靡したモデルだけに、車種消滅は悲しい…
    20181206-00010002-bestcar-002-view


    12/6(木) 12:23
    ベストカーWeb
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20181206-00010002-bestcar-bus_all

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1544070123/ 【トヨタ、「エスティマ」 来年に生産終了か】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/12/09(日) 10:07:13.16 ID:r+/m0pMa0
    トヨタ←子会社のダイハツが製造
    日産←三菱と合同会社立ち上げて生産

    スバルとマツダが作らない理由ってなんや?


    img_b5bdc39743bed6d4777c297b7e4c3b06208048

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1544317633/ 【スバルとマツダが軽自動車を作らない理由www】の続きを読む

    このページのトップヘ