サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2019/04/13(土) 21:53:32.00 ID:AzC7ka3d0 BE:232392284-PLT(12000)
    20190412-00010003-bestcar-001-1-view

    【安くて元気で刺激的】これぞホンダ魂! プロも唸った平成ホンダスポーツ 5選

     数ある自動車メーカーのなかでも、独創的な車作りで世の中を驚かせてきたホンダ。
    平成が終わろうとしている今、この時代に登場し、今なお高く評価されているホンダスポーツは、ファンや識者をも唸らせたモデルたちばかりだ。

    ビート/1991-1998年
     つい一部ファンしか喜ばないオタクなオレ流に走りがちなホンダスポーツ。なかでも最も画期的かつ広くクルマ好きの心を捉えたのはコレ。1991年生まれのビートでしょう。
     世界初のミドシップフルオープンモノコックボディ採用。ステアリングフィールは超ソリッドで、これは軽版NSXか? と言いたくなるほどシャープかつダイレクト。
     エンジンは8500回転のありえない領域まで回って64馬力を捻出。トルク感は正直薄かったけど、回す楽しさは軽レベルを凌駕。

    初代インテグラタイプR/1995-2001年
     このクルマのハンドルを初めて握ったのはホンダの鷹栖テストコースだった。
    エンジンが超絶いいときた。可変バルブタイミング「VTEC」の高回転側に入った時のエンジン音&エンジンフィールときたら、今でも究極の4気筒NAだと思っている。

    初代シビックタイプR/1997-2000年
     素晴らしい旋回スピードで曲がっていくシビックタイプRのサスペンションの考え方とリアサスのスタビリティに、新時代のFFの走りを強く感じた。
     シビックタイプRとしての走りの性能も、切れのいい高回転のフィーリングはVTECシリーズのなかでも最もいいと思うし、
     パワーバンド(=VTEC領域)の狭さを走り方で工夫する面白さもあった。

    4代目シビック SiR/1989-1991年
     筑波のクネクネしたコースでは、しばらくR32型スカイラインGT-Rより速かったんだから。まさに無敵! VTECサウンドを轟かせて快走する姿はすごくカッコよかったし、憎らしいほど強かったなぁ。

    3代目シビックタイプR/2007-2010年
     なんといっても2LのNAエンジンでありながら225psを絞り出し、足回りなんかもほとんどレーシングカーに近く、大衆化したタイプRが最後のきらめきを放ったモデルとして記憶に残っている。
     これに比べると、今の86/BRZなどは乗っていてぜんぜん面白くない。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190412-00010003-bestcar-bus_all

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555160012/ 【シビック、インテグラ、CR-X、ビート…ホンダのスポーツカーの思い出】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2019/04/12(金) 22:40:52.67 ID:S1zL1Ww50 BE:232392284-PLT(12000)
    これが噂のトヨタ”第3のスポーツモデル”?前後の見分けがかなり難しいデザインイメージの特許を取得

    トヨタの2ドアスポーツクーペモデルといえば、スバルとの共同開発によって実現した「86」と5月17日に発売予定となっているBMWとの共同開発によって誕生する新型「GRスープラ」の2種類となっていますが、
    ここに新たに「MR2」の置き換えモデルとして第3のスポーツモデルが登場予定となっているのですが、日本市場専用のデザインイメージが遂に特許取得されていたことがわかりました。

    20190411_MR22

    20190411_MR2

    20190411_MR21

    http://creative311.com/?p=60719

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555076452/ 【【悲報】トヨタ次期MR2、前後がどちらかわからないようなデザインになってしまう模様www】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。 2019/04/12(金) 12:46:06.87 0
    ゼネラルモーターズ(GM)は4月11日、シボレーブランドのフラッグシップモデルである『コルベット』の第8世代を2019年7月18日に発表することを明らかにした。
    アメリカを代表するスポーツカーであり、ハイパフォーマンスカー市場とともにモータースポーツの世界でも過去7世代に渡って世界中のファンから愛されてきたコルベットの新型が、いよいよ今夏登場する。
    1954年に登場した初代から数えて8代目となり、“C8”の型式が与えられると考えられる次世代型では、エンジンの搭載位置が従来のフロントボンネット下からコクピット後部に変更されることが予想されている。
    今回ニューヨークに登場したマシンもやはり、ミッドシップレイアウトを思わせるプロポーションであり、コルベットの歴史に新たな章が加わることは間違いないようだ。
    この日、コルベットの開発チーフエンジニアを務めるタッジ・ジュッター氏とGMのメアリー・バーラ会長兼CEOを乗せたカモフラージュ柄の次世代型コルベットは、
    公開日を予告するバナーを左右のドアに掲げてタイムズスクエア近くを走行。
    多くのニューヨーカーの注目を集めるなかで、新たな“コルベット伝説”の始まりを予感させた。
    NextGenVette11-1280x853

    NextGenVette03-1280x853

    引用元 http://matsuri.5ch.net/test/read.cgi/morningcoffee/1555040766/ 【新型シボレー・コルベット7月18日に発表】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [CA] 2019/04/12(金) 14:32:35.52 ID:0N/lkwHH0● BE:842343564-2BP(2000)
    まさか・・・重傷ひき逃げ 逮捕の男(23)証拠隠滅を図ったか 広島・中区
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190412-00010001-hometvv-l34

    原付バイクの男性が重傷を負ったひき逃げ事件で逮捕された男が、事故で壊れた車を直していたことがわかりました。

    12日、送検された会社員の男(23)は、先月16日夜、中区舟入本町の国道2号の交差点を車で右折する際、対向車線を走っていたバイクと衝突しそのまま逃げた疑いです。
    バイクを運転していた男性(56)は頭などを強く打ち現在も入院しています。
    調べに対し「現場で車が何かに衝突し逃げたことは間違いない」と話していて、事故で壊れた部分を直したという趣旨の話もしているということです。
    警察は証拠隠滅を図ったとみて捜査しています。

    当て逃げして車を自分で修理

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1555047155/ 【原付きバイクを車でひき逃げした男、バンパーを自分で治し証拠隠滅か?】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/04/12(金) 18:37:23.625 ID:PHFyXQTed
    言おうか
    そんな人生はくそである

    TOYOTA-20180406121519-900x507

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1555061843/ 【トヨタのミニバンやハイブリッドカー乗るようになったら人生もう終わり】の続きを読む

    1: みつを ★ 2019/04/12(金) 17:17:22.00 ID:1l9alLWM9
    https://this.kiji.is/489347334374638689

    スズキ不正検査でリコール

     スズキの鈴木俊宏社長は12日、東京都内で記者会見し、不正によるリコール(無料の回収・修理)の規模について200万台と明らかにした。費用は800億円に上るとしている。

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1555057042/ 【スズキ、検査不正でリコール200万台 ・・・】の続きを読む

    1: Ψ 2019/04/11(木) 13:32:13.87 ID:Q9C0FJ9E
    国内の新車販売市場では、「軽自動車」や「コンパクトカー」と並んでミドルサイズ「ミニバン」の人気が続いており、とくに好調なのが日産の「セレナ」とトヨタの「ヴォクシー」です。

     対して、ホンダ「ステップワゴン」は、かつての勢いがあまりみられません。
    なぜ、同じようなサイズのミニバン車で販売格差が生まれるのでしょうか。

     2018年の年間販売台数ランキング(軽自動車を除く)では、日産「セレナ」が9万9865台と全体の4位に位置づけています。
    ミニバン市場においては、「No.1」となりCMなどでも大きくうたわれています。

     日産「セレナ」が好調な理由には、運転支援システムの「プロパイロット」や、2018年3月に追加された電動パワートレイン「e-POWER」を搭載するモデルなどがユーザーから好評得た結果、販売台数を伸ばしているのです。

     また、6位にはトヨタ「ヴォクシー(9万0759台)」がランクインし、トヨタのミニバン3兄弟となる「ヴォクシー/ノア/エスクァイア」では合計18万7702台を販売するなど、こちらもミニバン人気に一役買っています。

     しかし、ホンダの主力ミニバンとなる「ステップワゴン」は前出のランキングで16位とライバル車に比べてみれば苦戦しているといえます。

     ホンダ「ステップワゴン」は、2015年4月に現行モデルが登場しました。ライバル車の「セレナ(2016年)」「ノア3兄弟(2014年)」と比べても決して古いモデルという訳ではありません。

     各社のモデルともに、2019年3月現在までに一部改良やグレード・モデル追加などを施して、常に商品としての新鮮さを保っています。

     現行モデルの「ステップワゴン」について、ホンダの販売店スタッフは次のように説明します。

    ――ステップワゴンの特徴を教えて下さい

     ステップワゴンは、安全運転支援システムのホンダ センシングを全車標準装備しているほか、テールゲートを横に開くことができる「わくわくゲート」や3列目シートを分割して床下格納できる「マジックシート」を採用するなど、安全性や利便性を考慮したモデルです。

    ――モデル別の特徴を教えて下さい

     モデル別の特徴として、外見上の違いを分かりやすくいうと「標準モデル」と「スパーダ(カスタムモデル)」にわけることができます。
    標準モデルは、2015年のデビューと同じデザインなのに対して、スパーダは、2017年のマイナーチェンジで外観デザインを変更しているのが特徴です。

     また、パワートレインでは、ガソリン車とハイブリッド車の2種類が存在しますが、ハイブリッドはスパーダ仕様のみのラインナップとなります。

    K0000772471


    以下
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190411-00010005-kurumans-bus_all&p=2

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1554957133/ 【トヨタ・日産のミニバンは好調も、元祖的存在「ステップワゴン」はなぜ伸び悩むのか?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2019/04/12(金) 08:43:16.66 ID:lNefm//UM
    P3nSjaC

    i5UGNkU

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1555026196/ 【【嫉妬速報】女さん、ドバイのフォロワーからフェラーリを貰ってしまうも嫉妬の集中砲火を受けてしまうwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ