サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自動車関連

    1: 軍隊アリ ★ [ニダ] 2018/07/29(日) 05:41:41.17 ID:CAP_USER9
    マツダ魂動デザイン生みの親 「若者のクルマ離れ」に持論

    ここ数年、街で見かけるマツダのクルマにハッとして、思わず振り返った人は少なくないはず。
    “魂動”と呼ばれるマツダのデザインコンセプト、その生みの親が常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当の前田育男氏だ。
    同氏に、マツダ車のデザインが劇的に変わった経緯と細部へのこだわりについて聞いた。

    ─前田さんが考える競争優位なブランドとはどんなものでしょう。

    前田:オンリーワンでないとブランドにはなり得ないじゃないですか。そのメーカーのブランドしか作れないものでなければ価値がない。いま、特にそう思っていますね。
    商品に何かシンボルマークをつけておけばブランド、というのがかつての日本のブランド論でした。
    そうではなく、ブランドは作り手の志の集大成みたいなものなので、どれだけ研ぎ澄まされたものを積み上げてできているかにかかっていて、そこはデザインも一緒なんです。
    一言で言えば、デザインで表現したいのは“オーラ”。パッと見た瞬間、みなさんに「オッ」って思ってもらえるもの、それがブランド表現だと思っています。

    ─クルマの躍動感や生命感、スピード感などを表現するために動物のチーターをモチーフにして、獲物に襲いかかるチーターの姿をシンプルにオブジェにした、“ご神体”がマツダにはあります。
    デザインで迷ったらご神体に立ち返るという、唯一絶対の存在になっているそうですね。

    前田:自分たちの原点を突き詰めた時、動的な感じや生命感が感じられないクルマはマツダのクルマじゃないと結論づけました。
    いまでもその哲学は普遍だと思っていますが、敢えて、形に命を与えるという抽象表現にとどめたんです。
    それまでのマツダは、デザインテーマを具体的に決めていました。こういうキャラクターラインを入れるとかデザイン表現を固定してしまうと、結局はものすごく浅いものになってしまい、クルマの価値が変わっていくと対応できなくなってしまうのです。
    昔から、道具には命が宿ると言われていますが、我々がやっていることはそれと同じ。
    命を与えるということの深さに気づかされて、そこに日本の美意識の原点があるということにも気づきました。そして、生命感の深さをもう少し追い求めているのがいまのステージですね。
    よく若い人たちのクルマ離れが叫ばれていますが、真にカッコいいクルマを見たことがなければ、誰だってクルマへの関心も興味も薄れるでしょう。

    そこで我々が「RX-VISION」や「VISION COUPE」(それぞれ2015年、2017年に発表した「艶」と「凛」をテーマにした次世代デザインのコンセプトモデル)を東京モーターショーで見せると、若い人たちがどっと押し寄せて来て、誉め言葉である「やべえ」とか「やばくね、これ」とか言ってくれるわけです(笑い)。あれは心地よかったですね。

    img_c28f4f606dfe1df8ac103d5887b5719b27580

    全文
    https://www.news-postseven.com/archives/20180728_728515.html

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1532810501/ 【マツダ「若者のクルマ離れ?真にカッコイイ車を見たことないからそう思うんです」】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(兵庫県) [US] 2018/07/28(土) 21:32:24.61 ID:/T8RJA8v0● BE:423476805-2BP(4000)
    新型ESシリーズが日本販売されることになり、その発売日が2018年10月24日に予定されている。
    日本仕様のパワートレイン選択肢はES300hの直4 2.5Lハイブリッドのみとなる。
    グローバルではV6 3.5Lガソリン、2.5Lガソリン、2.0Lガソリンが用意されるが、これらは日本仕様には導入されない。
    ハイブリッドパワートレインと同じくプラットフォームもトヨタ・カムリがベースとなる。
    レクサスのセダンモデルのなかで新型ESの室内が最も広くなり、フラグシップセダンのLSシリーズを上回る。

    https://car-research.jp/tag/es

    es300h-1024x518 (1)

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1532781144/ 【レクサス新型ES300hが10月24日発売予定、FFビッグセダンを日本導入】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/07/26(木) 15:28:45.98 ID:RIh5bOrR0
    ・室内空間がある
    ・悪路を走る事が出来るミニバン
    ・ガソリンは安い軽油
    ・燃費が良くパワーのあるディーゼル
    ・13年超えても増税無しのクリーンディーゼル
    ・三菱だから盗まれない

    PR6Qp6h

    WACsOCv

    9cfEiqg

    引用元 http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1532586525/ 【デリカD5とか言う「広さ」「走攻守」全て兼ね備えてるのに何故か売れない車】の続きを読む

    1: 人魚ひめ ★ [US] 2018/07/26(木) 16:36:11.27 ID:CAP_USER9
    大評判「ジムニー」、開発者の本音

    ●スズキ四輪商品第二部チーフエンジニア・米澤宏之氏

     1998年発売の3代目モデルから約20年ぶりの全面改良。
     キーワードとしたのは「原点回帰」。スズキを代表するモデルとして継承すべき点、新しくするべき点を明らかにして開発を進めた。

     やや街乗りにシフトした前モデルから打って変わり、林業従事者やハンターなどのプロユーザーを顧客に設定した。
     狭い道を走るためのコンパクトさや見切りの良さ、山崩れなど万が一の時の走破性の高さを追求した。

    (以下略、続きはソースでご確認下さい)

    phpyJ1uSs_5b58f81a9dbab

    http://news.livedoor.com/article/detail/15066223/

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/editorialplus/1532590571/ 【大評判「ジムニー」、開発者の本音】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2018/07/24(火) 22:49:32.102 ID:xo/xGCpB0
    トヨタならハリアー
    マツダならCX-8
    三菱でならアウトランダー
    スバルならレガシィアウトバック

    V35クーペから買い換えようと思ってるのに
    エクストレイルはこれらよりワンランク下じゃねーか

    x-trail_1804_top_pfa_001_2.jpg.ximg.l_full_m.smart

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1532440172/ 【なんで日産には高級SUVがないんだよ!?】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(アメリカ合衆国) [CN] 2018/07/23(月) 11:29:54.73 ID:+iS9WpdC0● BE:423476805-2BP(4000)
    レクサスのハッチバックモデル、CTシリーズのフルモデルチェンジが2019年前半にも実施される見込みとなっている。
    2代目となる次期型は、GA-Cプラットフォームの採用により一新される。
    プラットフォーム、パワートレインシステムについては、先に発表されたUXシリーズと多くが共通化されることになる。
    UX250hの新型2.0Lハイブリッドを搭載したCT250hのラインアップが予想され、他にEVパワートレインの採用も検討される。
    2019年3月のジュネーブモーターショーでの発表が予想される。

    https://car-research.jp/tag/ct
    ※現行CT200h
    og_ct

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1532312994/ 【レクサスCTシリーズは2019年フルモデルチェンジ、新開発ハイブリッドとEV】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(千葉県) [GB] 2018/07/23(月) 21:49:26.66 ID:ZMneJyaY0 BE:232392284-PLT(12000)
    ホンダの「#NVAN_Dream あなたの夢をツイートして世界に一台のN-VANをつくろう!」キャンペーンにて、新型軽商用車「N-VAN」が抽選で1名の方に当たります。

    先日新登場したばかりのN-VANが早くも当たります!
    しかも当たるのはアイディアに沿ってカスタマイズされたN-VANです。

    というのも、応募条件が、

    「あなただったらどんなふうにN-VANと働く?遊ぶ? 仕事に、趣味に、N-VANをフル活用したアイディアをお寄せください。」

    というもので、アイデア募集が応募条件となっています。
    応募にはツイッターのアカウントが必要です。

    賞品(車種)
    Honda N-VAN

    締め切り
    2018年8月8日(水)まで

    http://car.1-point.net/2018/07/n-van180808.html

    customize_slide1

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1532350166/ 【ホンダがN-VANを使った夢の生活を公募!優勝者にはN-VANをプレゼント!】の続きを読む

    1: それこたたぬ牛◆VZ49wxZv3B2V 2018/07/21(土)09:17:45 ID:???
    ※AUTOCARテスター 新スズキ・ジムニーを語る

    スズキによるジムニーのモデルチェンジは好意的に受け止められているようだ。
    これほどうまくいくとは、昔の自分には想像もつかなかった。

    その昔、ハーペンデンのオフィスからジムニーに乗ったことがあったが、
    街から出る前にその乗り心地が最低だと悟ったことをよく覚えている。

    その後スズキがどのような部分に改良を施し、どのような部分を改悪したのかは知らないが、
    おそらく大半の変更は改良と呼んで良いものだったのだろう。

    zOZwW1k

    (続きはソース元で)
    carview 2018.7.20
    https://carview.yahoo.co.jp/news/newmodel/20180720-10327189-carview/2/

    引用元 http://hayabusa3.open2ch.net/test/read.cgi/news/1532132265/ 【新型ジムニー「日本メーカーで唯一、理念を押し通す潔さ」】の続きを読む

    このページのトップヘ