サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: バイク関連

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/13(水) 22:54:48.877 ID:enBbj9ib0
    任意保険は兄貴のに入れてもらって年6000円wwwwwwwwwwwwwwwwwwww
    駐車場代月12000円が無くなったのデカすぎwwwwwwwwwwwwwwww

    20180122-1

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1550066088/ 【車廃車にして原付二種買ったけど金貯まりすぎワロタwwwwwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/13(水) 00:13:26.649 ID:vZstgpQT0
    安全のためにフルフェイスは欲しいがSHOEIとかariだとダサいし
    シンプソン安定なのかな

    Harley-davidson-internship

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1549984406/ 【ハーレー買おうと思ってるけどヘルメットとかどうしたらいいのかね】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/09(土) 23:07:26.876 ID:DhU8a2rC0
    お前のバイクがかわいそうだわ
    好きなバイクに乗れてるなら堂々としてろよ



    って思いません?

    Heels-on-wheels-15


    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1549721246/ 【バイクで排気量コンプレックス患ってるやつwwwwww】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/02/11(月) 01:22:42.902 ID:Bo7csUNir
    アメリカン!って感じのやつがいいなとは思ってるんだが
    オーソドックスで迫力のあるやつってどれだろう
    わかるやついたら教えて

    _102944434_harley

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1549815762/ 【ハーレー乗りたいんだけどたくさん種類あってわかんねwwwwww】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2019/02/09(土) 19:30:22.82 ID:CAP_USER
    2190129-400x_003-690x460


    アドベンチャーイメージを強調したエクステリアへ

     オン・オフ兼用のクロスオーバー・モデル『ホンダ400X』は2013年に登場した「ニューCBシリーズ」の1台。扱いやすく軽快でスポーティな走行を楽しめる、CBシリーズ共通の水冷4ストローク/DOHC4バルブ直列2気筒400ccエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるモデルとして好評を博したモデルだ。

     専用の17リットル 燃料タンクを採用することで、航続距離をアップ。ライダーの自由度を高める専用のダブルシートや、ライダーへの走行風を軽減するウインドスクリーンを採用している。

     これまで小変更を重ねてきていたが、今回は開発キーワードに「冒険心を呼び起こす、正常進化Cross Over」を掲げ、よりアドベンチャーイメージを強調したエクステリアへと一新。フロントタイヤサイズを17インチから19インチに2インチのサイズアップを果たし、フラットダートでの走破性も向上させた。また、ウインドスクリーンの高さを延長。走破性だけでなく高速巡行時の快適性も高められており、各部の熟成も図られた。

     また、アシストスリッパークラッチを新採用したことで、クラッチレバーの操作荷重を低減。ロングツーリングでの疲労軽減にも配慮されている。

     車体カラーは、マットバリスティックブラックメタリックとグランプリレッドの2色で、メーカー希望小売価格は(税込み)81万1080円。全国のHonda Dream店で3月22日(金)から発売がスタートする。

    https://www.automesseweb.jp/2019/02/09/96086

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1549708222/ 【ホンダが新型400Xを発表! 外装を一新して19インチのフロントタイヤを採用】の続きを読む

    このページのトップヘ