サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: バイク関連

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/14(木)21:03:19 ID:???
    飼い主と一緒にイギリス・デヴォンに住んでいる猫のマーリンはゴロゴロ音で世界ギネス記録に登録された。

    マーリンのゴロゴロ音は67.8デシベルに上り、普通の猫のゴロゴロ音は25デシベルに過ぎない。

    英紙「デイリー・メール」は「遠くから来た列車と同じような音」、「オートバイのエンジンがかかるような音」と形容した。

    13年前に飼い主のトレイシーさんは動物愛護団体からマーリンを引き取った。

    当時、まだ子猫だったが、ゴロゴロ音が大人の猫を超えていたという。

    hXAoEtF


    全文はソースで
    http://www.xinhuaxia.jp/social/69081

    動画
    https://www.youtube.com/watch?v=-WAgiJ9n42A



    https://www.youtube.com/watch?v=8QSTkw0Wq6k


    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1431604999/ 【世界一のゴロゴロ猫、バイクのエンジンと同じような音を出す】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/07(木)17:27:32 ID:???
    カワサキモータースジャパンは、ミドルスポーツ
    『Ninja 400 ABS リミテッドエディション』を限定300台で6月1日より発売する。

    Ninja 400は、独創のフルフェアリングスタイルが人気の400ccスポーツ。

    扱いやすい並列2気筒DOHCエンジンを搭載し、爽快なツーリングパフォーマンスを発揮する。

    価格は75万1680円。

    nqjeGuK

    https://ennori.jp/3043/kawasaki-launches-ninja-400-abs-limited-edition

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1430987252/ 【カワサキ Ninja 400にゴージャスな限定モデル「Ninja 400 ABS Limited Edition」】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/14(木)16:54:57 ID:???
    9SFy1ms

    通常、自転車のペダルは、サイクリストの漕ぐ力をチェーン経由で後輪に伝える役割を持っている。だが、「Footloose IM」のペダルはチェーンやベルトドライブではなく、オルタネーターにつながっている。

    サイクリストが漕ぐ力はこのオルタネーターで電力に変えられ、内蔵バッテリーを充電する仕組みだ。そう「Footloose IM」では、人間は発電機として機能する。

    もっとも、「Footloose IM」は、サイクリストが発電した電力だけで走行するわけではない。一般的な電動バイク同様、バッテリーを自宅や職場のコンセントで充電して走行する。

    ペダルを漕いで発電した電力は、航続可能距離を伸ばすのに利用されるのだ。

    「Footloose IM」の1回の充電で走行可能な距離は約30キロ。
    ペダルを漕ぐことで、この距離を伸ばすことが可能となる。

    http://ennori.jp/3092/mondo-footloose-im-uses-cyclists-as-human-generators-powering-its-motor

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1431590097/ 【ペダルを漕いで発電する電動バイク「Footloose IM」】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/14(木)17:00:48 ID:???
    英オートバイ製造会社トライアンフが、第1次世界大戦終結の1918年に製造した「モデルH」は元々英国軍用バイク。

    これを今でも愛用するのは作家ノエル・ウィッタル氏(77)。

    競売では1万5000ドル(約180万円)の値がついている。

    YVvnIjf


    ソース:ウォール・ストリート・ジャーナル
    http://jp.wsj.com/articles/SB12387842356326593464804580637990822988782

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1431590448/ 【トライアンフの1918年製バイク「モデルH」】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/05/13(水)13:22:56 ID:???
    80年代のバイクブームを経験している働き盛り世代。学生時代は、必死にアルバイトをしてオートバイを買ったなあ……なんて経験のある大人は多いのではないでしょうか。

    ずっと乗り続けている人、40代で再び乗りはじめた人、いまどきの大人のオートバイ事情が保険の窓口インズウェブによる「中高年ライダーの実態調査」で明らかにされています。

    ■デートにも通勤にも長く楽しむオートバイ

    調査の対象となったのは、51cc以上のオートバイを所有し、半年に1日以上乗る40歳以上の男性300人。そのうち87%の人が「オートバイは年齢を重ねても楽しめる趣味だ」と感じているそうです。

    具体的な使い方は、通勤、ツーリングなど様々。そして「デート」にも3割近くの人が使っています。休日は奥さんや彼女とバイクで出かけているなんて、なんだかカッコいい大人です。


    ■青春ふたたび!リターンライダー

    今回の調査の対象となった中高年ライダーたちの5人に1人が「リターンライダー」だったそうです。リターンライダーとは、若いころに免許を取ったけれど乗らなくなり、ブランクの後、40~50代で再び乗るようになった人々。

    リターンライダーたちの声も紹介されています。

    「オートバイに再び乗り始めたきっかけは?」という質問には、

    「年をとるにつれて行動半径が狭くなった気がした」(49歳/男性)

    「息子が16才で原付を取ったので」(63歳/男性)

    などの回答が寄せられました。自分の世界を広げるだけでなく、子どもと一緒に遊べる趣味としても人気のようです。

    ccjvrpk

    全文はソースで
    http://news.mynavi.jp/news/2015/05/12/208/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1431490976/ 【「もう一度オートバイ!」再び青春を謳歌する中高年ライダーが増加中】の続きを読む

    このページのトップヘ