サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: バイク関連

    1 パロスペシャル(芋) 2013/12/30(月) 08:39:21.93 ID:PMYXt1qJ0
    ヤマハ発動機は2014年1月20日、1978年に初代モデルが登場したロングセラーモデル「SR400」のグラフィックなどを変更、新色を設定し、2014年モデルとして発売する。メーカー希望小売価格は53万5500円。

    ■「SR Since1978」の金属調エンブレムも

    2014年モデルでは、ヤマハブラック(ブラック)、ニューパールホワイト(ホワイト)に加え、落ち着きとエレガントをイメージさせる新色「ダークグレーイッシュレッドメタリック3」(マルーン)を設定した。

    燃料残量警告灯付きのメーターパネルは、クロームメッキ仕上げのボディーに、クラシカルなムードの黒色文字盤を配置。正規のキー以外では電気回路が働かず、始動を困難にして盗難を抑止するイモビライザーを装備する。

    また、タンクとリアカウルには、シンプルな2本ストライプのグラフィックを採用。サイドカバーには、金属の質感を強調した立体樹脂エンブレムを備える。SRロゴとともに、誕生した年を象徴的に表現した「SINCE1978」を組み合わせた。

    DEE169F2D45AF5A9677A606C1BFE1D

    http://money.jp.msn.com/news/j-cast/

    【ヤマハ「SR400」に新モデル 新色マルーン設定で2014年発売】の続きを読む

    1 キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/26(木) 13:55:28.62 ID:???0
    naked20131226

    ドイツの警察は混雑した市街を全裸で走りぬけた挑発的なバイカーを探しています。

    ボーラーボーイズと名乗るこの男はFacebook上で、
    「1000人以上の”いいね”があった場合には大胆な走りを見せる」と約束をしていたとのことです。
    そして男はその約束どおりに大胆な走りを実行し、youtube上にアップロードしました。

    何人かの通行人が面白がっていましたが、その他の多くの買い物客はショックを受けたと言います。
    「良い気持ちではなかったわ。」
    全裸の男を目の当たりにしたビルギットさんはインタビューで答えています。

    警察は軽微な犯罪であるとしながらも捜査を開始しました。

    ★動画 ※やや閲覧注意 モザイクあり
    http://youtu.be/gGs_gjY7c6U

    http://www.news.com.au/technology/online/a-man-is-wanted-by-the-police-in-germany-for-riding-his-motorbike-naked/story-fnjwmwrh-1226790067353

    【【かっこいい動画有り】”いいね”が1000達成すれば大胆な走りを見せると約束したドイツのバイク男、全裸で疾走】の続きを読む

    1 キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/26(木) 11:05:44.66 ID:???0
    Yuji_Horiuchi__JPG_1695810g
    インドカワサキモータースはインドでのスーパーバイク市場でのシェア獲得を目指し、
    新しい車種を2つ投入することを発表しました。

    この新車種はニンジャ1000とZ1000です。
    どちらも日本で製作されたモデルをインドに輸入販売します。
    価格は12.5万ルピーになるでしょう。

    またこの大型バイクはプネにある既存のショールームの他、
    デリーにオープンする第二ショールームでも展示、販売される計画です。

    カワサキは「今後、我々は大排気量バイクに焦点を当てていく。2015年末までに20%のシェア獲得を目指す。」と言います。
    同社は9月にもニンジャZX-14RとZX-10Rを投入しています。

    http://www.thehindubusinessline.com/companies/india-kawasaki-launches-two-new-motorcycle-models/article5493444.ece

    【カワサキ、インドのスーパーバイク市場に本格参入…ニンジャ1000とZ1000を新たに投入】の続きを読む

    1 キャプテンシステムρφ ★ 2013/12/26(木) 11:12:46.56 ID:???0
    suzuki-recursion-concept-01-1
    ターボやスーパーチャージャー搭載の二輪用エンジンはすでに開発されていますが、
    一般的ではなく非常にマイナーなものでした。

    スポーツカーではターボやスーパーチャージャー搭載エンジンは普通のことであり、
    バイクにターボ化の波が波及するのは特に驚くことではありません。

    川崎はオートバイ用の新型スーパーチャージャーを開発しました。
    またスズキはわずか588ccのエンジンで100馬力を発生させるターボエンジンを作成しました。
    「Recursion」というコンセプトバイクに搭載されています。

    http://www.complex.com/rides/2013/12/forced-induction-motorcycle-engines-from-kawasaki-and-suzuki

    【【ターボバイク】二輪にも過給機の波が?カワサキがスーパーチャージャー、スズキがターボ搭載エンジンをそれぞれ発表】の続きを読む

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/22(日) 20:28:50.76 ID:eWZrDZU50
    ど素人の意見が聞きたい
    単刀直入に聞くが左と真ん中と右どれがかっこいいと思う?
    cbr250r
    http://www.honda.co.jp/CBR250R/color/

    バイク詳しい奴はどっかいっていいよ
    素人の意見が知りたい


    【バイク詳しくない奴ちょっとこい】の続きを読む

    1 やるっきゃ希志あいのφ ★ 2013/12/10(火) 13:49:17.09 ID:???
    ソースはナリナリドットコム
    http://www.narinari.com/Nd/20131224052.html

    店や博物館まで開くほどバイク愛に溢れた米国のある男性は先日、妻から「ハーレーダビッドソンと私、どっちか選べ」と迫られた。しかし、即断できなかった彼は、見知らぬ第三者に夫婦の運命を委ねることにしたそうだ。

    2013-12-10-101323_s

    英紙デイリー・ミラーや英ニュースサイトのオレンジニュースなどによると、この男性は米バージニア州チャールズシティに住む、ボブ・ホワイトさん。オートバイの修理会社だけでなく、中古バイクの博物館まで開いてしまうほどバイク好きな彼は、最近、妻との間に大きな問題を抱えてしまった。彼が所有していた大切なバイク、ハーレーダビッドソン・スポーツスターを巡り、妻が「ハーレーと私、どっちを処分するか」決めろと迫られたのだ。

    もちろんホワイトさんにとって、妻が大切な存在であることは間違いない。しかしハーレーもまた、彼にはとてもとても大事な物だったようだ。そして答えを見出せなかった彼は、米国のコミュニティサイト・クレイグスリストに、“買い手”に結論を求める売り出し広告を掲載した。ハーレーと妻の両方を収めた写真を載せ、購入希望者に「選んでください」とどちらを買うか委ねたのだ。

    広告には、ハーレーと同じように妻についての説明もしっかり記載。自身のハーレーを2006年製で「素晴らしい状態」と紹介したかと思えば、“1959年モデル”とされた妻もまた「素晴らしい状態」と記したまでは良かったが、終始買い手にアピールする言葉が並ぶハーレーの説明に対し、妻にだけは最後に「意地悪」とマイナスな一言が……。大事な宝物を売れと迫られた恨みか、それともやはり妻を手放したくなかったのか、ともあれ彼はハーレーも妻も売却目標額を「5,900ドル(約60万円)」に設定し、下取りも応じるとして買い手を募ったそうだ。

    2013-12-10-101330_s

    ただ、この広告は12月はじめに掲載されメディアの注目を集めたが、現在(12月9日時点)はクレイグスリストから削除されていて、ハーレーも含めて取引が成立したのかは不明。話題になって思いのほか多くの人に「ユーモラスな広告」を見られてしまったホワイトさんは、その時になって初めて、きちんと妻の質問に対する答えが見出せたのかもしれない。

    -以上です-

    【妻に「ハーレーか私、どっちか選べ」と迫られた夫が”どちらか売ります”と広告を出す】の続きを読む

    1 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 2013/12/12(木) 23:51:39.06 ID:Efe6UYKx0
    i1088040-1386859683

    しかも、大手買い取りより3万円高く買い取るって書いてあるのに、2万円とはこれいかに。。。


    【バイクにこんなんが貼られてたんだけど】の続きを読む

    このページのトップヘ