サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ: 自転車関連

    1:
    ロードバイクを愛用する男性が交差点の信号待ちで横や前に出ないように車から幅寄せされたと不満を訴え、ツイッター上で論議になっている。

    この男性は、2017年6月中旬のツイートで幅寄せを指摘した。投稿された写真を見ると、ワゴン車が横断歩道のある交差点で路肩の白線をはみ出るほど左側に寄っている。

    ■ロードバイク愛用者のツイートがきっかけ

    横の歩道にはガードレールがあり、ロードバイクがワゴン車の横にも前にも路肩からは狭くて出られない状況だ。

    このワゴン車は、信号で止まるたびに、男性の前に幅寄せしてきたといい、その行為に対して腹が立ったと男性はつぶやいている。

    ツイッター上では、「ものすごいわかる!! 」「幅寄せは接触の可能性高まるだけ」と、自転車利用者らからは男性に共感の声が集まった。

    一方、「信号の度に抜き返さないといけないから寄せられる」「怖いから自衛することくらいあるよ...」「どうせ車の方が早いので後ろで待てばいいじゃないですか」といった指摘もあり、論議になっている。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170616-00000008-jct-soci

    20170616-00000008-jct-000-2-view

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1497679153/ 【交差点左折で車の「左幅寄せ」に賛否…「怖い」「教習所で教わった」←バイク・チャリがウザイからやれ】の続きを読む

    1:
    チューブのバルブに装着し、サイクリストの出力を計るパワーメーターが「AROFLY」から登場した。

    流体の流れの速さを測定する計測器である「ピトー管」をベースに開発され、タイヤの圧力の微小な変化を測定し、高度な計算を行ってパワー出力値を測定する。

    スマートフォンのアプリに対応し、出力、速度、走行距離、ケイデンス、高度変化をスマホの画面上に表示させることが可能だ。

    対応のバルブは仏式と米式。2017年夏ごろには専用のサイクルコンピュータの発売を予定しており、GPSと高度計が内蔵されるという。

    pwa02

    http://cyclist.sanspo.com/328016

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1492181713/ 【タイヤバルブからサイクリストの出力を計測しスマホに表示する「AROFLY」】の続きを読む

    1:
    一度でも自転車に乗ったことがある人ならば、「なんでもっと簡単に、しかも速く走ることができないんだろう?」と思った事があるはずだ。

    しかし、楽に走れる電動アシスト自転車も、速く走れるロードバイクも高価だ。
    さらには、メンテナンスが比較的大変であることも悩ましいものである。

    そんななか、海外では速くて安くて自転車なのかも危うい“電動自転車”が発表されたようだ。

    電動アシストで最高速度は48キロ

    その電動自転車は『Wave Electric Bike』というもので、海外のクラウドファンディング『Indiegogo』にて出資を募っている。

    あらかじめ言わせていただくと、この電動自転車は日本の公道を走ることが出来ないが、機能面では革新的ともいえるスペックを備えているので、是非紹介させていただきたい。

    まずこの『Wave Electric Bike』は、リアタイヤの上にバッテリーが積まれており、ペダル付近にキーを差し込むことによりバッテリーが始動する。

    メーター部分ではバッテリーの残量確認や、ライトの点灯、アシストの有無や強さが選べる。

    モードを強くすればペダルをこがなくても走ってしまう“アシスト”とも呼びがたいモードに入り、その際の時速はなんと最高48キロにまで到達。
    バッテリーも4時間ほどでフル充電になるという。販売価格は499ドルと、非常に安値で販売されている。

    速い電動自転車のデメリット

    「こんなに速くて安い電動自転車を、何故日本で使うことが出来ないのだろう?」と思ってしまうが、事故の際のリスクを考えれば慎重にならざるを得ない。

    万が一、歩行者に衝突してしまったら当然自転車以上の衝撃が伝わり、転倒してしまったら乗っている人は「自転車で転んでしまった」というレベルじゃ済まないことになるだろう。

    このことから、もし日本で発売されるようなことがあっても、仕様が変わったり、自転車扱いではなくなってしまう可能性が高い。

    この『Wave Electric Bike』は日本での発売の望みは薄いが、海外では大人気だ。
    現在希望額の4倍以上の出資を得ており、製品化に向けて順調なスタートを切ったといえるだろう。

    将来、日本でもこのような“速い自転車”に乗れる環境が整ってくれることを祈るばかりだ。

    Wave-Electric-28-MPH-Bike4-690x388


    https://youtu.be/jbn5mXFrcSU



    http://nge.jp/2015/04/24/post-102548

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1491776901/ 【最高速度48キロってもはやバイク!? でも値段は世界最安レベルの「電動自転車」】の続きを読む

    1:
    時速400km/hを超え車輌販売価格2億~3億円のヴェイロンやシロンなど作っている自動車会社ブガッティからカーボン製自転車が限定667台発売されます。

    これはドイツの高級バイクメーカーPGとブガッティとのコラボレーションモデルで製品名は【PGブガッティバイク】 パーツの95%以上がカーボンで作られており重量は5kg以下、世界で最も軽量な自転車になります。

    自動車では8.0LW16クワッドターボエンジン1500馬力ととんでもない排気量ですが、PGブガッティバイクなら排ガスも全く出さないエコな車です。

    シロンやヴェイロンと同じくカスタマイズが可能でお値段なんと……

    20170325202138c7f

    20170325202937947

    20170325202933f42

    20170325202931efc

    PGブガッティバイクは1台430万円とお値段もかなりお高いですが2億9000万円のシロンと比べるとだいぶお安いですね(?)

    http://www.ferrarilamborghininews.com/blog-entry-12374.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1490476678/ 【世界一高い車ヴェイロンでお馴染みのブガッティがクロスバイクを発売 お値段たったの430万円!!】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/25(土)05:52:05 ID:Qgo
    折り畳みミニベロとは思えない驚異的な走りに脱糞
    下手なロードバイクより加速も良いよサイコー\(^o^)/

    about-bd1003

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1490388725/ 【最速の折り畳み自転車BD-1を飼ったけど速すぎワロスWWW】の続きを読む

    1:
    自転車には法定速度がない!? 法定速度と制限速度の違い

    原動機付自転車には法定速度が30km/hと決まっているが、自転車には法定速度がない。これは道路交通法施行令の第11条によるものだ。

    自動車や原動機付き自転車については法定速度が定められているが、自転車にはそれがないのである。

    では、自転車はどんな速度を出しても良いのかというと、さすがにそんなことはない。道路交通法の第22条によって道路標識等によって決められた最高速度を超えてはいけないと定められているので、これを超えてはいけない。

    簡単にまとめると、日本の公道を走る場合には、車両に定められた法定速度と道路によって定められた制限速度のうち、低い方の速度で車両は走らなければならない。しかし、自転車は法定速度がないため、制限速度さえ守ればいい。

    多くの人が勘違いしている制限速度が30km/hとは、原動機付自転車の法定速度であり、自転車のものではない。

    法定速度が定められていないのは、恐らく自転車がいまほど速く走れるようになり、普及することを想定していなかったと思われる。

    今後は議論されるべきものだとは思うが、現状は法定速度はない。そのため、道路標識の速度の通りに走ることができるのである。

    SnapCrab_NoName_2016-12-16_0-39-8_No-00-20161216004303-600x372

    よって上記動画のような自転車の走行速度には問題がないのだ。

    http://myjitsu.jp/archives/13945

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1488715431/ 【自転車に法定速度はない!? 意外と知らない3つの自転車交通ルール】の続きを読む

    1:
    オフロードで本格的に遊べる“MTB×電動アシスト”「TAGETE27.5」の楽しさがハンパじゃない!

    「TAGETE27.5」の最大の魅力は、本格的なMTBに電動アシストを搭載し、オフロードのハードな登りでもアシストを利用できることだろう。

    価格は19万8000円(100台限定特別価格)となっており、アルミフレームにフロントだけサスペンションを搭載したハードテイルという車体構成のMTBとしては少々高めの価格設定のように感じる。

    しかし、装着されたパーツに注目してほしい。油圧式のディスクブレーキや信頼性の高いシマノ製「デオーレ」を採用したコンポーネントなど、押さえるべきところには山の中で不安なく遊べるレベルのパーツをしっかり装備。
    これにくわえ、電動アシストが付いていることを考えると、20万弱の価格も納得と言えるだろう。

    9722_02


    11Ah(36V)のバッテリーを搭載しており、最長100kmアシスト可能。バッテリーは取り外して充電することもでき、バッテリー残量ゼロの状態から満充電にするには最大7時間かかる

    https://kakakumag.com/hobby/?id=9722

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1486386256/ 【MTB×電動アシスト「TAGETE27.5」が楽しそう】の続きを読む

    1:
    自転車ロードレースのツール・ド・フランス(Tour de France)で、ここ5大会中4回の総合優勝を果たしている英国のチームスカイ(Team Sky)や、薬物使用が発覚して競技から追放されたランス・アームストロング(Lance Armstrong)氏が、隠しモーターを使用していた可能性があると、米テレビ局のCBSが29日に報じた。両者は疑惑を否定している。

    CBSはニュース番組「60ミニッツ(60 Minutes)」のコーナーで、隠しモーターを使った違反の手口を検証。ツール・ド・フランス総合優勝3回の経験を持つグレッグ・レモン(Greg LeMond)氏、薬物使用を認めた元選手のタイラー・ハミルトン(Tyler Hamilton)氏、そして隠しモーターの製作を手掛けているというハンガリー人のイシュトバン・バルハス(Istvan Varjas)氏らが登場し、違反を行っている者は必ずいるとコメントした。

    h_50493197

    ソース/AFP
    http://www.afpbb.com/articles/-/3115946

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/mnewsplus/1485764807/ 【スカイやアームストロング氏に電動モーターアシスト自転車不正使用疑惑】の続きを読む

    このページのトップヘ