1 ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2013/12/01(日) 15:30:04.61 ID:???0
tA5DEA5C1A5E3AA1BC_s
★日本の自転車文化を学べ! イギリスでママチャリが注目される理由とは

英ガーディアン紙は、「イギリスは日本の自転車文化から何が学べるだろうか?」と題するブログ記事を掲載し、
日本人は自転車に対して現実的な考え方を持っていると指摘。自転車を「足の延長」として捉え、通勤・通学・
買い物など毎日の生活で利用し、駐輪場などのインフラも整備されているとしています。

また、「ママチャリ」に焦点が当てられている点も興味深いといえます。値段が安いこと、それにもかかわらず
品質が良いことが評価されているようです。

イギリスでは自転車の窃盗が非常に多く、たとえ鍵をかけていてもすぐ盗まれてしまいます。その点日本では、
ママチャリは街にあふれているため、自分のものが盗まれるリスクは低く、安価であるため盗まれてもダメージが
小さいとガーディアン紙は指摘しています。

実際、日本の中古ママチャリをロンドンで販売する人まで現れているようで、その人気は高まっているとのこと。

【読者のコメント】
ガーディアンの記事には300を超えるコメントが寄せられています。

「日本に行ったら自転車がおすすめ。譲り合いの心を持って歩道を走る喜びは貴重。自転車で京都の中心地から川と嵐山の竹林まで行ったなあ」

「日本で自転車に乗るのは楽しい。でも私の経験では、窃盗は多いよ。18か月間で3台の内2台(鍵してた)盗まれたもの。
その時は新品が一台50ポンドだったけど。半年ごとに50ポンドならそれほど悪くないね」

「自分のいる奈良では合法的に駐輪できる場所を見つけるのが至難の業。大抵有料駐輪場は満杯で、路上に置いておくと違反チケットをもらうことになる」

「日本人は誠実になるよう育てられている。ルールを守ることを好むからうまくいってる。東京は混雑しててそれを理解しているからうまくいくんだろう」
>>2へ続く

http://newsphere.jp/national/20131201-1/

【日本の自転車文化を学べ! イギリスでママチャリが注目される理由とは】の続きを読む