サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > マツダ

    1:
    ■「ほかの真似を決してしない」、「世の中の流れに簡単に乗らない」という軸

     2019年に燃費を従来比で最大20―30%高めた新型エンジンを導入することを明言したマツダ。小飼雅道社長は8日の会見で「内燃機関の徹底的な理想追求を行うことで世界一を目指し、内燃機関の可能性を追求する」とし、電動車両化の流れが加速する中で、内燃機関にかける思いを強調した。

     マツダはトヨタ自動車と資本提携し、電気自動車(EV)の開発を加速させることを決めた。一方でなぜそこまで内燃機関にこだわるのか。

     現在の世界の自動車市場でのマツダのシェアは2%ほど。それを、4年後に5%にまで拡大するわけではない。

     ただし、「シェア拡大をめざさない=向上心がない」ということではない。マツダはシェアを取ることが企業の「目的」になることのリスクを知っているのだ。たとえば、他社の動きに合わせて同じような方向性の製品を世に出し、結果として価格競争に巻き込まれる、といったことだ。

     マツダにも、過去に大幅な値引き策をとった結果、ブランドを毀損し、安売り会社のイメージがつくという苦い経験がある。
     
     マツダはシェア拡大路線から離脱し、独自の道を歩んでいる。既存の「2%」の顧客が心から満足するクルマづくりを進め、他社とは「違う」ブランドを築く方針を固めている。

     内燃機関の理想追求は、「ほかの真似を決してしない」、「世の中の流れに簡単に乗らない」というマツダの大きな軸の上にある。

    reutersmedia

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00010001-newswitch-ind

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502263369/
    【「他の真似を決してしない」 究極エンジン導入、なぜマツダはそこまで内燃機関にこだわるのか】の続きを読む

    1:
     マツダは8月8日、ガソリンエンジンとしては世界で初めて「圧縮着火」の実用化に成功した「SKYACTIVE-X」を開発し、2019年から導入すると発表した。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を融合し、燃費率とトルクの向上を実現するなど、環境性能と動力性能を両立できるという。

     一般にガソリンエンジンの場合、ガソリンと空気の混合気をシリンダー内で点火プラグの火花で着火する。これに対し、ディーゼルエンジンはシリンダー内のピストンで圧縮して高熱になった空気に軽油を噴射することで自己着火させる仕組みで、点火プラグは不要だ。

     マツダが開発した「SKYACTIVE-X」は、ディーゼルのように、混合気をピストンで圧縮することで自己着火させる圧縮着火(Compression Ignition)を世界で初めて実用化した。

     従来の火花点火と併用する独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)」(火花点火制御圧縮着火)により、実用化の課題になっていた圧縮着火の成立範囲を拡大。火花点火と圧縮着火のシームレスな切り替えを実現しているという。

    sk_mazda_02

     新エンジンのメリットは動力性能と環境性能の両立だ。圧縮着火によりエンジンレスポンスが向上する上、燃費改善のために装備するエア供給機能を活用し、現行のガソリンエンジン「SKYACTIV-G」に比べ、トルクが全域で10%以上、最大30%アップするという。

     また混合気を理論空燃比よりはるかに薄くする「スーパーリーンバーン」により、エンジン単体の燃費率は現行SKYACTIV-Gと比べて最大で20~30%程度改善。2008年の同社ガソリンエンジンと比べると35~45%も良くなり、最新のクリーンディーゼル「SKYACTIVE-D」と同等以上になるという。

     また、低燃費率の領域が極めて広いというエンジン特性を生かし、ギア比の選定自由度が大幅に広がり、走りと燃費を高次元で両立できるという。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1708/08/news078.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502178025/ 【【まだまだ終わらんよ】マツダ、ガソリン初の圧縮着火エンジン「SKYACTIVE-X」実用化】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 07:21:42.71 0.net
    これは韓国車にもいえて欧州車っぽい感じにしても
    結局は欧州車でいいじゃんということで永遠に売り上げは伸びない

    02_Overview_Features

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1501712502/ 【外国人「マツダってかっこよくて内装も良いけどアジアカーのくせに欧州車真似ただけで個性不足だよね」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 06:33:11.00 ID:T44Y4lYHd.net
    他の国内メーカーより優れたデザイン、独特な色、クリーンディーゼル開発
    これで三流メーカー扱いされるのがおかしい

    carimg04

    引用元 http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1499117591/ 【マツダの車ってもっと評価されてもいいよな?】の続きを読む

    1:
    E6B0B4E7B4A0RX-8-e34bf

    マツダ株主総会終了。
    質疑応答によると、水素インフラの問題や、CO2削減に貢献しないと言う理由で、現在は水素ロータリーの開発はおこなっていないらしい。
    https://www.instagram.com/p/BV3rd6elRMR/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1498737886/ 【【悲報】マツダ、水素ロータリーの開発を行っていないらしい】の続きを読む

    1:
    1195253

    マツダは、ロータリーエンジン50周年イヤーとなる今年の東京モーターショーで、新型ロータリーを搭載する最高級2ドアクーペ「RX-9」を初公開する可能性が高まっている。

    Spyder7では欧州からの最新情報を元に、デザインを予想してみた。

    2015年の東京モーターショーで公開された「RX-VISION」からインスピレーションを得た、マツダ独特のライン形状と押出の強いフロントエンドを特徴としており、随所にメッキパーツを採用したエクステリアは高級感が溢れる。

    パワートレインは、新開発のロータリーエンジン「SKYACTIVE-R」を採用、最高出力は450ps程度が予想され、駆動方式はFR、ボディサイズは全長4440mm、全幅1910mm、全高1180mm、車重は1300kg~1350kgと予想する。

    注目は、ロードスターRFのノウハウを活かした、電動アクティブトップモデルが投入される可能性だ。

    今年の東京モーターショーでコンセプトモデルをワールドプレミアし、2019年にはオープンモデルを初公開した後、2019年内にクーペが発売されるのではと予想している。

    予想価格は最低でも800万円、1千万円超えの可能性も十分あるという。
    https://response.jp/article/2017/06/12/296011.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1497270211/ 【マツダ新型ロータリー「RX-9」を19年発売か…価格は1千万円超えも】の続きを読む

    このページのトップヘ