サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > マツダ

    1: しじみ ★ 2018/01/01(月) 15:00:33.10 ID:CAP_USER
    火力発電による電気で電気自動車(EV)を走らせることが本当にエコなのか-。
    自動車大手のマツダが、世界的なエンジン車の生産・販売規制の流れに疑問を呈し、環境問題解決の“切り札”としてガソリンエンジンの性能アップを進めている。

    EVシフトが進みそうな中でも、「夢の次世代エンジン」を開発するなど独自路線を突き進んでいる。
    一見、“逆走”にも見える戦略の成否はいかに-。

     EVは、二酸化炭素(CO2)を排出しない「ゼロ・エミッション・ビークル(ZEV)」の代表格とされる。

    しかし、使用する電気の供給を考慮に入れると、火力発電で石油や石炭、液化天然ガス(LNG)を燃やす際にCO2を大量に排出している現実がある。

     平成29年10月、マツダの小飼雅道社長は東京モーターショーの記者向け説明会で環境問題について、「『Well to Wheel(井戸から車輪まで)』の考え方に基づき、本質的なCO2削減をはかる」と話した。

    これは、自動車の排ガスだけではなく、燃料の採掘から車両の走行まで、大きなくくりで問題をとらえるという意味だ。

    EVの環境性能については発電時のCO2排出を含めて考える必要がある一方、絶対数の多いガソリン車の環境性能向上が重要だとの立場だ。

    マツダは8月に発表した「サステイナブル“Zoom-Zoom”宣言2030」で、Well to Wheelの企業平均CO2排出量を、平成42年までに22年比50%、62年までに90%削減する目標を掲げた。

     「『火力発電所による発電がなくなるまでEVは不要だ』といえるレベルまで、内燃機関(エンジン)を改善する」

     29年10月10日、山口県美祢(みね)市のマツダの自動車試験場。
    社内で「ミスターエンジン」と呼ばれる人見光夫常務執行役員は、こう強調した。
    人見氏は「あくまで内部の目標だ」とくぎを刺したが、「EVこそが環境にとって善で、ガソリン車は悪」という風潮に対する異議申し立てに他ならない。

     そして同日、マツダの“切り札”が姿を現した。
    人見氏が主導して開発した次世代ガソリンエンジン「スカイアクティブX」を搭載した車両だ。

     このエンジンは、24年発売のスポーツ用多目的車(SUV)「CX-5」を皮切りに同社の車両に搭載され、業績回復の原動力となった「スカイアクティブ」の後継という位置づけ。
    ガソリンと空気の混合気を圧縮して着火する。

    これはディーゼルエンジンで用いられる燃焼方式で、ガソリンでは応用不可能といわれてきたが、プラグによる点火で燃焼室内の圧力や温度を制御することで実用化にこぎつけた。

    続きはソースで

    prm1801010002-p1

    産経ニュース
    http://www.sankei.com/premium/news/180101/prm1801010002-n1.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/scienceplus/1514786433/ 【「火力発電+EVは本当にエコ?」と疑問を呈すマツダが「夢のエンジン」開発】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/26(火) 12:12:11.29 ID:CAP_USER9
    マツダが12月14日に発売した新型SUV「CX-8」。発表から発売まで3カ月間の受注は月間販売目標の6倍を超え、好調な滑り出しを見せた

    20171226-00202727-toyo-000-view


    発表から3カ月を経て、12月14日にようやく発売されたマツダの3列シートSUV(スポーツ多目的車)「CX-8」が絶好調だ。発売までの3カ月間で月間販売目標1200台の6カ月分を上回る7362台の予約注文を獲得。ミニバンの新型車開発から撤退し、多人数乗車ができる3列シートSUVへのシフトという大きな賭けが功を奏したといえる(「マツダ『CX-8』が脱ミニバンで目指す新境地」)。



    そして今回、特に興味深いのは、購入者に占める30代までの若年層の多さだ。予約客の38%を30代までが占める。今回のCX-8は大きさとともに、今まで以上に落ち着きや高級感のあるパッケージングが特徴。価格は319万6800~419万0400円(税込み)とマツダ車では高価格帯に属する。

    マツダは、年代で購入者のターゲットを絞らないとしつつも、「小学校高学年より上のお子様がいる、落ち着いたファミリー」などを想定していた。国内営業担当の福原和幸常務執行役員も、「イベントを各地でやると、上の年代より、ヤングファミリーの新しい層からの反響が大きい。想定外だ」と驚きを隠せない。

    ■多人数でもかっこいい車に乗りたい層が反応

    なぜ想定外の「若返り現象」が起きたのか。まずは、多人数でも「かっこいい車」に乗りたいという需要を取り込めたことにある。マツダは2012年発売のCX-5から、走行性能と環境性能を高めたスカイアクティブ技術と躍動感あふれる「魂動デザイン」を導入して、クルマ作りを全面刷新。マツダが「新世代商品群」と呼ぶ車種は軒並みヒットし、従来は40%台前半だった再購入率が、2016年は50%を超えるところまで上昇した。

    しかし、ファミリー層を主要ターゲットとするミニバンでは顧客への訴求が十分ではなかった。「MPV」「ビアンテ」「プレマシー」の3車種をあわせた2016年の販売台数は9000台余りと苦戦。ミニバンの人気はトヨタ自動車「ヴォクシー」、日産自動車「セレナ」、ホンダ「フリード」などの競合大手に集中し、マツダユーザーの多くが子どもを持つことを機に他社に流出していた。

    全文
    東洋経済オンライン
    http://toyokeizai.net/articles/-/202727

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1514257931/ 【マツダCX-8が若い世代に売れている理由】の続きを読む

    1: へっぽこ立て子@エリオット ★ 2017/12/25(月) 22:15:53.53 ID:CAP_USER
    ecn1712250019-p1
    ロータリーエンジンを開発した元マツダ社長の山本健一氏

     マツダの技術者として「ロータリーエンジン」の開発を指揮し、社長、会長を歴任した山本健一(やまもと・けんいち)氏が20日、老衰のため死去した。95歳。葬儀は近親者で済ませており、後日、「お別れの会」を開く。

     山本氏は大正11年に熊本県で生まれた。東京帝国大学(現東大)第1工学部を卒業し、昭和21年にマツダ入社。エンジンの設計などで頭角を現し、38年にロータリーエンジン研究部長に就任し、同エンジンの開発に携わった。当初は実用化が疑問視されていたが、粘り強く取り組み、同社が42年に発売した「コスモスポーツ」に小型・軽量で高出力のロータリーエンジンを搭載。量産化に成功した。

     取締役や新技術開発担当の常務などを経て、59年に社長、62年に会長に就任。平成10年からは名誉相談役だった。

    2017.12.25 20:36
    産経ニュース
    http://www.sankei.com/economy/news/171225/ecn1712250019-n1.html

    引用元 http://egg.5ch.net/test/read.cgi/bizplus/1514207753/ 【「ロータリーエンジンの父」元マツダ社長の山本健一氏が死去】の続きを読む

    1: 名無しさん@そうだドライブへ行こう (ワッチョイ 02b9-nSRQ [203.181.1.7]) 2017/12/15(金) 18:26:04.48 ID:7YdJ0MkA0
    ◆公式サイト
    http://www.mazda.co.jp/cars/cx-8/
    ◆ニュースリリース(2017/09/14)
    http://www2.mazda.com/ja/publicity/release/2017/201709/170914a.html
    <主要諸元・主要装備・価格・MOP(PDF)>
    http://www.mazda.co.jp/globalassets/assets/cars/pdf/cx-8/cx-8_specification_20170914.pdf
    <取扱説明書>
    http://www.mazda.co.jp/carlife/owner/manual/cx-8/


    走りつづける。大人のゆとりを携えて。
    そのクルマは、愛する人たちとの、とっておきの時間だけでなく、一人でいる時の、この上なく豊かな充足感を約束してくれる。新クリーンディーゼル×MAZDA新世代デザイン。何も妥協しない、最上のSUVスタイル。さらになめらかに、さらに力強く進化したSKYACTIV-D 2.2を搭載

    ■「マツダ CX-8」の主要諸元(一部)
    駆動方式 2WD/4WD
    エンジン SKYACTIV-D 2.2(新世代クリーンディーゼルエンジン)
    最高出力 140kW<190PS>/4,500rpm
    最大トルク 450N·m<45.9kgf·m>/2,000rpm
    トランスミッション SKYACTIV-DRIVE(6EC-AT)
    外寸(全長 x 全幅 x 全高 mm) 4,900 x 1,840 x 1,730
    ホイールベース(mm) 2,930
    乗車定員 6名/7名

    01



    引用元 http://fate.5ch.net/test/read.cgi/auto/1513329964/ 【マツダCX-8…納車情報・試乗感想の他、不具合による出荷停止の話も】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/21(木) 08:34:46.585 ID:DCHCLNOo0
    かっこよくね?

    BNJ25Ny

    JQj9PRE

    qOoEKFY

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1513812886/ 【マツダ車ダサいとか言われてて俺の感性がおかしいだけかと思ってたんだけど】の続きを読む

    1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2017/12/14(木) 16:57:44.991 ID:WheBSBJ80
    ロードスターのテールランプがなんだっていうんだ?

    マツダロードスターテールランプ

    引用元 http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1513238264/ 【マツダ拗らせマン「ル・マン!ロータリー!ロードスターのテールランプ!」】の続きを読む

    1: ばーど ★ 2017/12/15(金) 18:23:25.97 ID:CAP_USER9
    マツダが発売した新型「CX-8」
    cover

    マツダは14日、同日発売した3列シートの新型スポーツ多目的車(SUV)「CX―8」の予約受注台数が発売前の約3カ月で月間販売目標(1200台)の約6倍となる7362台になったと発表した。輸入車を含めた国内の3列SUVの月間販売台数は3000台程度。規模が小さな市場の中で、上々の滑り出しとなった。

    CX―8はマツダにとって国内初となる3列SUV。人間工学に基づき、3列目の空間を身長170センチメートルの人でも快適に過ごせる設計にした。衝突被害軽減ブレーキなどの先進安全技術「アイ・アクティブセンス」を標準装備した。経済産業省などが進める「安全運転サポート車(サポカーS・ワイド)」に全車種が該当する。消費税込み価格は319万6800円からとなる。

    グレード別受注は、最上位モデルの「XD・L・Package」が43%。中間モデルの「XD・PROACTIVE」が51%となって、上位モデルが全体の70%以上を占めた。購入者を年齢層別でみると、30代までが38%と最も多くなった。

    ブランド推進部の高場武一郎主幹は「想定以上に若いファミリー層を獲得できた。国内3列SUV市場は開拓の余地が大きい」と話した。

    https://newswitch.jp/p/11362

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1513329805/ 【マツダの3列SUV「CX-8」に予約殺到…想定以上に若いファミリー層を獲得】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(東日本) [ニダ] 2017/12/11(月) 13:57:31.66 ID:p1FphHrw0 BE:837857943-PLT(16930) ポイント特典
    マツダのロータリースポーツプロジェクトが動き出したその瞬間をついに目撃した。『RX-8』後継モデルとされる『RX-9』(仮称)の開発テスト車両を、レスポンスの兄弟サイトSpyder7のカメラが初めて捉えることに成功した。

    マツダは2017年に入り、2個のターボチャージャーに、電動スーパーチャージャーを加えた3つの加給システムを持つ「トリプルチャージャー」や、ドアが5~15度上方に向けて開く「スワンウィングドア」、スポーツカー用格納式リアスポイラーなどの特許を申請しており、これらのいずれかがこの次期ロータリースポーツに採用される可能性があるという。

    しかし何と言ってもパワートレインの本命は、次世代ロータリーエンジン「SKYACTIV-R」だ。800cc×2の排気量で450psを発揮すると見られる。

    駆動方式はFR、ボディサイズは全長4440mm、全幅1910mm、全高1180mm、車重は1300kg~1350kgと予想されている。

    エクステリアは、2015年の東京モーターショーで公開された『RX-VISION』からインスピレーションを得た、グラマラスで押し出しの強いデザインとなるだろう。

    現在の開発状況から見て、ワールドプレミアは、2019年内となりそうだ。

    https://response.jp/article/2017/12/11/303548.html#cxrecs_s

    1253276

    1253277

    1253280

    1253283

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1512968251/ 【ついにマツダ「RX-9」のテスト車両を目撃!…ロータリースポーツ復活】の続きを読む

    1: 自治郎 ★ 2017/11/11(土) 18:51:11.54 ID:CAP_USER9
    マツダは2017年11月10日、「ロードスター」および「ロードスターRF」に一部改良を実施するとともに、ロードスターに特別仕様車「RED TOP」を設定し、同年12月14日に発売すると発表した。

    ■ほろとインテリアを特別にコーディネート

    特別仕様車のRED TOPは、名前の通りのダークチェリー色のソフトトップに、オーバーン(赤褐色)のインテリアを組み合わせた、標準車とは一風違ったコーディネートを特徴とするモデル。この2色のコントラストを際立たせるため、通常はブラックのドアミラーがボディーと同色にペイントされる。このほか高輝度塗装が施された16インチアルミホイールと、ナッパレザーシートも備わる。

    価格は6段MT車が304万5600円、6段AT車が315万3600円。2018年3月31日までの期間限定で注文を受け付ける。(webCG)

    2017.11.10
    http://www.webcg.net/articles/-/37588

    img_5a8a5f6cd7c1524f78fe382492c6a0a2150474

    img_a95ea4750566372612a6d1d4f61c3c15127689

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1510393871/ 【赤いほろが目印の「マツダ・ロードスターRED TOP」登場】の続きを読む

    このページのトップヘ