サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > マツダ

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/06(水) 19:25:57.33 ID:CAP_USER.net
    http://carview.yahoo.co.jp/article/testdrive/20160106-20102717-carview/

    20160106-20102717-carview-002-1-view

    20160106-20102717-carview-004-1-view

    4WDの特性を活かして燃費向上!?
    もうビックリだわ。いまだヒョウタンから駒というか「痩せてる人より太った人の方が軽い!?」みたいなオキテ破りを本気で追求するメーカーがあったとは。それはかの常識外エンジン圧縮比を追求したマツダであり、今回の非常識テーマは「FF(2WD)より燃費のいい4WDを作れ」というものだ。

    世の中、2輪駆動より4輪駆動の方が燃費が悪いのは当たり前。真ん中にドライブシャフトを置かない電動4WDの新型プリウスですら、SグレードのFF仕様が37.2km/Lなのに同グレードの4WDモデルは34.0km/Lと落ちるし、ドライブシャフトを持つシエンタのガソリン仕様はFFのX Vパッケージが20.6km/Lなのに、その4WDモデルは15.4km/Lと大幅に落ちる。つまり4WDシステム自体が余計な摩擦になっているのは明白で、論理的思考をモットーのエンジニアがそこを追求するとはちょっと思えない。

    が、今回伺ったマツダの北海道雪上試乗会で4WD開発担当の八木康エンジニアは言う。
    「スカイアクティブの開発が始まった頃は2WDと4WDの差を限りなく無くすと言っていました。ところがそれを聞いた今の藤原常務に『タイヤを含めて考えてみて』と言われて考え直したんです」。
    そこで想像したのが、タイヤ抵抗まで考えた時の4WDの利点だ。

    八木エンジニア曰く「タイヤは常に人間がわからないレベルで滑っている」そうで、それは悪路ほど大きくなるという。そりゃそうだ。雪道じゃ普通に走るだけでタイヤに抵抗を感じるし、滑りも大きくなる。

    そこで一つのヒントだが、もしも2輪駆動で走っていた時にイチ駆動輪にかかっていた抵抗を2として、同じ状態で4輪駆動で走ってみたところイチ駆動輪への抵抗が1に減るとしたらどうだろう?
     
    駆動力をタイヤ4つに細かく分けることで一つ一つのタイヤをよりラクに回せる。となると総合駆動抵抗は2×2で4だったのが、1×4の4で同じになるどころか、4輪の方が短い加速時間で済むので総合抵抗が小さくなる。

    分かりにくい話だが、駆動力を4つに分配することで、タイヤ1つの仕事量や抵抗を減らせて逆に全体効率が良くならないか? 

    という発想の開発をしたのだ。

    で、実際にスカイアクティブ世代になって生まれた新世代4WDシステム「i-ACTIV AWD」搭載のCX-5で比べたところ、一部の雪道上りに限ってはFFのCX-5より4WDのCX-5の方が3%燃費が良くなったという。

    条件は限られるが、常識破りの「FFより燃費がいい4WD」が生まれたのである。

    レス引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1452075957/
    【マツダ i-ACTIV AWD、究極の狙いは「FFより燃費のいい4WD」】の続きを読む

    1: テキサスクローバーホールド(東日本)@\(^o^)/ 2015/12/24(木) 14:13:16.70 ID:/QKBbBLh0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    好調マツダ 次の一手はいかに?

    マツダの先行きについて、自動車業界の関心が高まっている。マツダは1979年以来、米国の大手自動車メーカー、フォード・モーターと資本提携関係にあったが、今年9月末までにフォードが保有していたマツダ株の全株式を売却し、資本提携関係を完全に解消したのだ。

    マツダは世界で唯一、ロータリーエンジン(RE)を実用化するなど技術的には優れたものを持っているが、経営的にはオイル・ショック、バブル崩壊、リーマン・ショックと外部要因に翻弄され、山谷を繰り返してきた。

    資本関係を含むトヨタとの全面提携はあるのか?
    そこで有力視されているのが2015年5月13日に「業務提携に向け基本合意した」と、発表したトヨタ自動車との提携だ。
    それというのもマツダとトヨタは元々、因縁浅からぬものがある。

    かつてはマツダが実用化したRE技術について提携交渉をした経緯があるうえ、最近では2010年にトヨタからマツダにハイブリッド(HV)技術を供与、マツダは『アクセラ』の一部車種にHV技術を搭載した車種を販売している。さらに立ち上げたばかりのメキシコ工場ではトヨタの北米向け小型車(サイオンブランドとみられる)を年5万台受託生産することが決定している。

    マツダのディーゼル技術は主力事業に相次いでディーゼル車を採用、主力の北米市場にも投入方針を打ち出すなど「そのディーゼル技術は国産車メーカーの中で際立っている」(証券系アナリスト)のだ。トヨタがマツダのディーゼル技術に「色気を示さないはずはない」(同)とみられている。

    こうした両社の「ウィン・ウィン」の関係が決まれば、資本関係を含めた両社の全面提携につながる可能性も高い。
    かつて富士重工業は米ゼネラル・モーターズ(GM)が手放した株式のうち、16・5%をトヨタに譲渡、米国工場(SLA)でのトヨタ車受託生産や小型スポーツカーの共同開発を実現。現在の富士重工の好調さの端緒とした例もあるだけに、両社の決断に注目が集まっている。

    m_wedge_5739

    http://news.goo.ne.jp/article/wedge/business/wedge_5739.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1450933996/ 【マツダとトヨタ、全面提携あるか】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/21(月) 11:17:26.55 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2015/12/21/266551.html

    994940

    カーセンサーは、中古車市場でユーザーの購入意欲が最も高かった車種「カーセンサー・オブ・ザ・イヤー」に、マツダ『RX-8』(初代)を選出した。

    カーセンサー・オブ・ザ・イヤーは、2014年11月1日~2015年10月31日の1年間においてカーセンサーnet に掲載されたすべてのモデルが選考対象。期間中に掲載された総台数とユーザーからの問い合わせ総件数、1台当たりの問い合わせ集中率を独自のルールでポイント化し、ランキングを決定した。
    第2回となる今回は、RX-8がカーセンサー・オブ・ザ・イヤーに輝いた。2012年の生産終了からそれほど時間が経過しておらず、依然として高年式のものも多数流通。またロータリーエンジン搭載というキャラクター、車両本体価格60万円以下の手が届きやすい価格帯の物件への人気など、複数の要素から、今回の栄冠へとつながった。

    2位以下は、マツダ『CX-5』、スバル『レガシィツーリングワゴン』(4代目)、トヨタ『ヴォクシー』(現行型)、トヨタ『ハリアー』(現行型)が続いた。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1450664246/ 【最も人気を集めた中古車は「マツダ RX-8(初代)」 カーセンサー・オブ・ザ・イヤー】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/18(金) 21:44:05.98 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2015/12/18/266422.html

    1203114

    マツダの米国法人、北米マツダは12月16日、米国EPA(環境保護局)が公表した2014年モデルの自動車燃費報告書において、マツダが1台当たりの企業平均燃費が最も優秀な自動車メーカーに3年連続で認定された、と発表した。

    この燃費報告書は毎年、EPAが作成しているもの。米国で1年間に販売された新車に関して、自動車メーカー別に1台当たりの燃費やCO2排出量を算出。これをランキングしたもの。

    マツダは、1台当たりの平均燃費が29.4マイル/ガロン(約12.5km/リットル)。3年連続で、1台当たりの平均燃費が最も優秀な自動車メーカーに認定された。なお、自動車メーカーの全体平均は、24.3マイル/ガロン(約10.3km/リットル)。

    マツダの平均燃費は、前年に対して4.4%の向上。北米マツダによると、『アクセラ』、『アテンザ』、『CX-5』に加えて、新型『ロードスター』、『CX-3』と、SKYACTIVテクノロジー搭載車のラインナップ拡大の成果だという。
    北米マツダのジム・オサリバン社長兼CEOは、「SKYACTIVテクノロジーを用いて、マツダはほぼ全てのセグメントにおいて、クラスをリードする燃費性能を達成できた」とコメントしている。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1450442645/ 【マツダ、米国で最も燃費が優れる自動車メーカーに認定…3年連続】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/12/13(日) 09:52:39.87 ID:CAP_USER.net
    http://gendai.ismedia.jp/articles/-/46796

    img_55094e735c9d46f853fe8e6eb370a795131129

    マツダのスポーツカー「ロードスター」が12月7日、「2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー」を獲得した。マツダ車の受賞は昨年の「デミオ」に続いて2年連続だ。マツダ車を見ていると、車の原点とも言える「人馬一体感」を感じ取ることができ、それを顧客や世間が評価しているのだと思う。

    「マツダの車は『動的質感』が高い」と評する声もあるほどだ。「動的質感」とは、乗ってみていい車ということだ。
    自動車産業では最近、自動運転や省エネ(エコ)の話が話題になることが多い。インターネットや人工知能(ロボット)と自動車産業が融合する時代になっていることは事実だ。新しい技術は、交通事故の減少やユーザーの利便性の向上にも貢献していくだろう。

    筆者は時代の流れを否定するつもりもないし、乗り遅れないようにすべきだとも感じる。地球環境保護のため、エネルギーのセーブも重要なテーマだ。ただ、人はなぜ車に乗るのかを考えると、それは移動手段が必要だからであり、要はかつての馬の代替である。

    快適に移動することが求められる。加えて、乗る喜びを求めるというか、操りたいという願望もあるだろう。また、車は自分一人でいることができる、あるいは他人との関係を遮断して家族や大切な人たちと共有できる「空間」も提供してくれる。

    もし、人が運転しない自動運転の車になってしまったら、車の楽しさは半減してしまう気がしてならない。 本コラムでも何度か紹介したが、マツダは2006年から「モノ造り革新」と呼ばれる、車の設計から生産まですべての手法を抜本的に見直す経営改革を断行して、新たな車づくりを目指してきた。

    その象徴のひとつが、「スカイアクティブエンジン」。内燃機関(ガソリン・ディーゼルエンジン)でハイブリッド並みの実燃費を実現させた。これは省エネの話だが、新しいマツダ車の最大の特徴は、「乗る人」を徹底的に意識した車に変身したことではないだろうか。独善的になりがちなメーカーがユーザーに最新技術を押し付けているのではない。

    たとえば、マツダの最量販車「デミオ」では、アクセルペダルの位置にこだわった。長時間運転しても足が疲れないように、と人間工学的に配慮した設計にした。

    今回受賞した「ロードスター」は4代目。1989年に発売以来、伝統を引き継ぎながらも、「スカイアクティブエンジン」などの新技術を採り入れ、10年ぶりにモデルチェンジした4代目は車体重量を100キロ軽くし、エンジンの排気量も2000㏄から1500㏄に落とした。

    筆者も試乗したが、軽快感があり、乗るとコックピットが身体にフィットする感じだ。デザイナーも「ランボルギーニ・カウンタックを意識した」と語っていた。

    最近のマツダ車は、機能面で乗る人を意識するだけではなく、感情面でも消費者に訴求するものがある。マツダのデザイン部門の幹部に話を聞くと、「車は走るものであり、アスリート。生き物の動きの美しさを追求した。

    工業製品に命を持たせるようなデザインを大切にしている」という。それがマツダの最近の「魂動(こどう)デザイン」だ。

    そして、マツダ車の多くの車体は、深い絞りのプレスでシャープさを打ち出している。かつてマツダの「RX-7」は「プアマンズポルシェ」と評されたことがあるが、最近のマツダ車は「庶民のBMW」といった感もある。

    「モノ造り革新」によって 2012年2月に市場投入した「CX-5」以来、「アテンザ」「アクセラ」「デミオ」「CX-3」「ロードスター」 と発売してきた新車で、はずれは一つもない。

    特にCX-5のディーゼルエンジン車は好調で、CX-5発売以前、日本のディーゼル乗用車販売は年間で1万台にも満たなかったが、今年の上半期だけでディーゼル乗用車市場は、約八万台にまで拡大した。このうち6割をマツダ車が占めており、マツダが、新市場を創出したと言っても過言ではない。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1449967959/ 【なぜマツダだけがずっと好調なのか? 利益も売り上げも過去最高、自動車業界の勢力図が変わった!?】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/11/24(火) 16:28:19.900 ID:vlkEwXgO0.net
    org622449_s

    org622453

    カッコいいよ
    アヴェンタドールやヴァンキッシュやLFAに匹敵するレベル
    カッコいいけど市販版はダサくなるのかな?
    正直タケリではカッコいいと思ったけどアテンザでヌメヌメナマズになっちゃったし

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1448350099/ 【マツダのロータリースポーツカーRX-VISIONコンセプト……】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/11/14(土) 09:30:48.42 ID:???.net
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ13I2G_T11C15A1TI1000/

     マツダと米フォード・モーターが資本提携を完全に解消したことが13日わかった。
    フォードは保有していた2%強のマツダ株を2015年4~9月期中に全て売却した。
    08年の金融危機以降、フォードはマツダ株を段階的に売却してきたが、今回の完全売却で1979年以来、36年にわたり続いてきた資本提携関係は幕を閉じる。

    1359540840_ford-mazda01

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1447461048/ 【フォード、マツダ全株売却 36年の資本提携に幕】の続きを読む

    1: 丸井みどりの山手線 ★ 2015/11/02(月) 23:13:22.21 ID:???*.net
    2015年11月2日22時38分
     マツダのテレビCMの撮影車両が対向車線にはみ出して撮影したとして、三島区検(静岡県三島市)は10月27日、撮影を担当した静岡市駿河区の広告会社と、同社の制作部担当部長(51)を道路交通法違反(道路使用許可条件違反)の罪で三島簡裁に略式起訴した。
    簡裁は翌28日、両被告に罰金5万円の略式命令を出した。

     一方、撮影車両を出し、車両のボンネットに撮影者を乗せるやぐらを設置したとして道路運送車両法違反(不正改造などの禁止)の疑いで書類送検された撮影会社の社長(47)については、区検は不起訴処分(起訴猶予)にした。
    いずれも静岡地検沼津支部が2日、明らかにした。

    d2d82fa8

    引用元:http://www.asahi.com/articles/ASHC25S2SHC2UTPB014.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1446473602/ 【マツダCM撮影車の危険運転行為で撮影会社らに罰金5万円】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2015/10/29(木) 15:56:50.57 ID:???.net
    http://jp.reuters.com/article/2015/10/29/mazda-fujiwara-idJPKCN0SN0FB20151029

    reutersmedia

    [東京 29日 ロイター] - マツダ(7261.T)の藤原清志常務執行役員は29日、ロイターのインタビューで、米国市場にディーゼルエンジン車を投入する方針に変更がないことを明らかにした。独フォルクスワーゲン(VOWG_p.DE)の排ガス規制逃れ問題の影響から、ディーゼル車の環境性能に対する信頼が揺らいでいるが、マツダとしては技術に「価値がある」として予定通り投入する。

    藤原常務は米国市場にディーゼル車を「出しますよ」と明言した。ただ、VWの不正問題発覚で米当局が検査の厳格化を進めることから「試験期間がのび、自動車各社の認可取得に時間がかかり、どんどんずれ込んでくるかもしれない」と指摘。投入の時期は米当局の認可次第になるため「我々がいつとは言えない」とした。マツダとしては2016年にも投入することを計画していたが、投入の時期は遅れそうだ。

    今回の不正問題はディーゼル車の弱点をあらためて浮き彫りにし、ディーゼル車市場の存続を危ぶむ声も出ている。だが藤原常務は、その弱点を克服させる技術を開発するのがエンジニアの使命であり、米国でも「あれだけトルクフルな走りと燃費の良さ」に価値を見い出して購入している顧客はいると指摘。

    特に農業トラクターやトラックなどに適しており「農業をしている地域には絶対に重要」としてディーゼル車がなくなることはないとの考えを示した

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1446101810/ 【マツダ常務、米国にディーゼル車投入する方針に変更ないことを明らかに】の続きを読む

    1: シャチ ★ 2015/10/28(水) 11:09:12.61 ID:???*.net
    毎日新聞 10月28日(水)9時39分配信
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151028-00000000-maiall-bus_all

    マツダは28日、同日から報道公開が始まった第44回東京モーターショーで、ロータリーエンジンを搭載したスポーツカー「RX-VISION」を世界初公開した。

     マツダは、東京モーターショーの会場に展示された「コスモスポーツ」をはじめ、RX7やRX8などロータリーエンジンを搭載したスポーツカーを2012年まで生産していたが、排ガス規制や燃費などの問題から生産を中止していた。

     新たなロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載したRX-VISIONは、同社のロードスターの車体をベースに開発したFR(後輪駆動)ベースのスポーツカー。
    弱点だった燃費性能を同社が独自技術で向上させて環境性能を向上させた。

     発表にのぞんだマツダの小飼雅道社長は「私たちの描いた将来の夢の形にしたものが、今日披露できたのがこの車」と市販化に向けた意気込みを語った。【米田堅持、仲村隆】

    20151028-00010005-autoconen-000-1-view

    20151028-00000000-maiall-000-9-view

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1445998152/ 【マツダ、ロータリーエンジン搭載のスポーツカー「RX-VISION」を世界初公開】の続きを読む

    このページのトップヘ