サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > マツダ

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/25(金) 09:07:33.28 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/03/25/272165.html

    1032111

    ワールドカーオブザイヤー(WCOTY)主催団体は3月24日、米国で開催中のニューヨークモーターショー16において、「2016ワールドカーオブザイヤー」を、新型マツダ『ロードスター』に授与すると発表した。

    ワールドカーオブザイヤーは、2005年に開始。今回は2014年秋から2015年秋にかけてデビューした新型車の中から、最高の1台を選出する。条件は、2016年春まで生産と販売を継続しており、世界2大陸以上で販売していること。つまり、欧州専用車、北米専用車、日本専用車などは選考対象から外される。

    投票は世界23 か国、74名のジャーナリストが、バリュー、安全性、環境性、コンセプトなど6項目を基準に行う。

    3月24日、米国で開催中のニューヨークモーターショー16において、2016ワールドカーオブザイヤーが新型マツダ『ロードスター』に決定。新型アウディ『A4』と、メルセデスベンツ『GLK』後継車の『GLC』のドイツ2車を抑えて、栄冠を手にしている。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1458864453/ 【マツダ ロードスター 新型、世界カーオブザイヤー受賞】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/23(水) 14:55:53.79 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/03/23/272028.html

    1031218

    1031224

    1031137

    1031138

    マツダは3月23日、マツダ『ロードスター RF』の概要を明らかにした。実車は3月23日夜、米国で開幕するニューヨークモーターショー16で初公開される。

    同車は、ロードスターが26年間一貫して守り続けてきた「Lots of Fun」の価値を体現する、ロードスターファミリーの一員。「オープンカーの楽しさを身近なものにする」という先代のリトラクタブルハードトップモデルが目指した価値を引き継ぎながら、従来の考え方に捉われることなく、さらなる進化に挑戦した。

    その結果、ルーフからリアエンドまでなだらかに傾斜するルーフラインを特長とするファストバックスタイル、そして、独自のリアルーフ形状と開閉できるバックウィンドウによる新しいオープンエア感覚を実現。

    さらに電動ルーフは、10km/h以下での走行中の開閉を可能とするフル電動式へと進化した。

    また、限られたスペースにコンパクトかつ効率的に収納できる構造とし、ファストバックスタイルのデザインとソフトトップモデルと同じ荷室容量を両立させた。

    パワートレインは、ガソリンエンジン「SKYACTIV-G 1.5」と「SKYACTIV-G 2.0」を市場ごとに適切なラインアップで展開。北米仕様車には、「SKYACTIV-G 2.0」を搭載する。

    マツダは、「より多くの顧客にオープンカーの楽しさを届け、さまざまな接点を通じて、顧客の人生をより豊かにし、顧客と特別な絆でつながるブランドを目指して取り組む」とコメントしている。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1458712553/ 【マツダ、電動開閉式のオープンカー「ロードスター RF」を発表】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/03/03(木) 09:18:23.86 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/03/02/270849.html
    トヨタ 86 現行型
    1023156

    1023157

    3月にも現行モデルのフェイスリフトが噂されるトヨタ『86』。早くも次期型に関する情報が、レンダリング・スケッチと共に欧州から聞こえて来た。

    改良型では5から10ps程度の馬力アップ、フロント&リアバンパーのリフレッシュが予想されるが、気になるのはやはりフルモデルチェンジとなる次期モデルだろう。

    情報元によれば、次期86はマツダ『ロードスター』とFRプラットフォームを共有する可能性が高いと言う。
    トヨタは2015年にマツダとの提携拡大を発表しており、マツダ側から見ても、さらなる兄弟モデルの誕生により、コストダウン強化に繋げたい所だろう。ちなみにロードスターといえば、コンポーネンツを共用した兄弟車、フィアット『124スパイダー』の登場も記憶に新しい。

    トヨタ×マツダ「86」が実現した場合、心臓部にはダウンサイジングされた1.5リットルの次世代SKYACTIVエンジンの搭載が予想され、オープンモデルに生まれ変わる可能性が高い。また、トヨタはロードスターのプラットフォームでのテストが最終段階に入っているという情報もある。

    スケッチによるエクステリアは、新型『プリウス』やレクサス『LC500』などに見られる、ヘッドライトからフロントバンパーへの一体化デザインが採用されているようだ。

    トヨタ86次期モデル、世界初公開は2018年頃が有力だ。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1456964303/ 【トヨタ 86 次期型はマツダ ロードスター がベースに!?】の続きを読む

    1: トペ コンヒーロ(東日本)@\(^o^)/ 2016/02/29(月) 08:33:14.00 ID:FgLsRM0L0.net BE:837857943-PLT(12931) ポイント特典
    マツダは2017年をめどにミニバンの開発・生産から撤退する。多人数が乗るクルマとして多目的スポーツ車(SUV)の人気が世界的に高まっており、ミニバンの経営資源を振り向ける。三菱自動車も小型SUVや電気自動車(EV)に注力する。トヨタ自動車など大手がほぼ全車種をそろえて拡大を続けるのに対し、中堅自動車メーカーでは車種を絞り得意分野に集中する動きが広がってきた。

    ミニバンは日本では2000年前後にファミリー層の圧倒的な支持を集めた。その後、デザイン性と運転そのものを楽しむSUVに需要が移り、市場縮小が続いている。

    マツダは「プレマシー」「ビアンテ」「MPV」の3種類のミニバンを展開するが、次期モデルは開発しない。15年の国内販売台数が3車種合わせて約1万600台と、直近ピークの10年と比べて4分の1の水準まで低下。人気車種が競合大手に偏る傾向が強まり、継続は困難と判断した。

    MPVは早ければ年内にも生産を中止する。プレマシーは日産自動車にOEM(相手先ブランドによる生産)供給しているが、生産中止に伴って日産への供給もやめる。販売は3車種とも17年には終了する見通しだ。

    ミニバン撤退で生まれる余力は世界展開しやすいSUVに振り向ける。販売中の中型SUV「CX―5」をベースに3列シート7人乗りの大型SUVを新たに開発し、18年にも発売する計画。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ28H8G_Y6A220C1MM8000/

    yuu

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1456702394/ 【マツダがミニバン撤退】の続きを読む

    1: アキレス腱固め(catv?)@\(^o^)/ 2016/02/08(月) 09:58:00.81 ID:22WiUe8Y0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    マツダは社名を「mazda」と表記するコーポレートマークを40年ぶりに変更した。
    より上質 なイメージを狙い、文字の色を青からシルバーに変えた。
    社名の頭文字「M」をかたどったブランドシンボルも18年ぶりに見直し、シルバーの光沢を抑えて色調を統一した。

    同社のはじまりは、1920年に設立された東洋コルク工業株式会社で、1927年に東洋工業株式会社に商号変更。1984年に現在のマツダ株式会社に商号変更している。

    社名でありブランド名である「マツダ」は、ゾロアスター教の主神アフラ・マズダーと創業者の松田重次郎氏の姓に由来しており、「マツダ」のアルファベット表記が「MATSUDA」ではなく「MAZDA」となっているのはアフラ・マズダーの英語表記(Ahura Mazda)に由来している。

    叡智・理性・調和の神であるアフラ・マズダーを、東西文明の源泉的シンボルかつ自動車文明の始原的シンボルとして捉え、世界平和を希求し自動車産業の光明となることを願って名付けられた。

    1997年6月に制定された物で、通称「フライング・M」。
    「自らをたゆまず改革し続けることによって、力強く、留まることなく発展していく」というブランドシンボル制定のマツダの決意を、未来に向けて羽ばたくMAZDAの〈M〉の形に象徴している。

    mazda_rogo_001

    http://carinfoj.blog.fc2.com/blog-entry-718.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1454893080/ 【マツダ ブランドマーク変更 40年ぶり ブランドシンボルのMも18年ぶりの見直し】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/02/04(木) 20:47:18.47 ID:CAP_USER.net
    http://jp.autoblog.com/2016/02/04/mazda-bongo-feb-2016/

    P1J11699l

    マツダ株式会社(以下、マツダ)は、「マツダ ボンゴバン」「マツダ ボンゴトラック」を商品改良し、全国のマツダ系、マツダアンフィニ系およびマツダオートザム系販売店を通じて、2月12日に発売することを発表した。

    今回のボンゴシリーズの商品改良は、燃費性能を向上させ、全車がエコカー減税の対象となる。
    また、ボンゴシリーズの最大積載量を増やし、2WD車で1,150kg、4WD車で1,000kgとして機能性を高めた。(数値は2名乗車時)

    自動変速機は、前モデルは4速だが、商品改良車では5速(5EC-AT)を採用し、燃費性能を高めるとともに、登坂路や低速での走行時にも扱いやすくスムーズな走りを実現した。
    さらに、4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)を全車に標準装備。

    デザイン面では、ボディと同色のバンパーを採用しスタイリッシュな外観とした。
    内装もシート色をブラックとグレーの2トーンにするなどして質感を高めた。

    全車が「平成27年度燃費基準」を達成
    「平成17年排出ガス基準75%低減レベル」を達成(低排出ガス車4つ星認定を取得)し、「平成27年度燃費基準」を上回る燃費性能を実現した。それにより全車が平成27年度エコカー減税の対象となる。

    ボンゴバン、ボンゴトラックの全車のリアタイヤをシングルタイヤに統一
    機種体系を変更し、ダブルタイヤ仕様を廃止し、全車をシングルタイヤ仕様とした。

    P1J11700l
    ボンゴシリーズの最大積載量をアップ
    前モデルのバン、トラックの最大積載量は、750kg~1,000kg(シングルタイヤ車は、750kg~950kg)であったが、 商品改良車は全車1,000kg以上(2名乗車時)となった。

    ボンゴバンのリアシートに「コンパクトフォールディングシート(オートロック機構付)」を採用
    「コンパクトフォールディングシート(オートロック機構付)」の採用によって、「GL」のリアシート収納時(2名乗車時)の有効荷室床面長が従来比で325mm伸び2,160mmとなった。

    電子制御5速オートマチック(5EC-AT)を採用
    5速オートマチック車の全車に電子制御5速オートマチック(5EC-AT)を採用。ギアの多段化により、適切なギア比に変速制御して燃費性能を高めている。 また、静粛性の向上や登坂、追い抜き加速性能を向上。

    4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)を標準装備
    前モデルでは、ボンゴバンのシングルタイヤ車のみに設定されていた4輪アンチロック・ブレーキ・システム(4W-ABS)を今回の商品改良ではボンゴバン、ボンゴトラックの全車に標準装備した。

    電波式キーレスエントリーシステムを標準装備
    電波式キーレスエントリーシステムを全車に採用し、ドライバーの利便性を高めた。

    スタイリッシュなデザインによる質感向上
    ・ボンゴバン、ボンゴトラックの全車に、「ボディ同色バンパー(フロントバンパー下部はブラック)」と「フルホイールキャップ(シルバー)」を採用した。
    ・2WD車に4WD車と同じワイドフェンダーデザインを採用した。
    ・ボンゴバン「GL」のグリルにメッキグリルを採用。
    ・ボンゴバン「DX」のリアエンブレムに成形品のメッキエンブレムを採用。
    ・ボンゴバン「DX」のバックドアガーニッシュを質感の高いピアノブラック塗装とした。
    ・ボンゴバン「DX」のボディカラーに「アルミニウムメタリック」を追加しており2色から選択可能。(ただしルートバンでは「クールホワイト」1色のみ)
    ・内装ではシートの色調をブラックとグレーの2トーンにして質感を高めた。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1454586438/ 【マツダ、「ボンゴ」シリーズを商品改良 積載量をアップ、全車エコカー減税対象】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/01/31(日) 17:28:17.20 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2016/01/28/268729.html

    1009736

    マツダは、パリで開催中の「第31回 国際自動車フェスティバル」において、1月26日に『Mazda RX-VISION』が
    「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」に選出されたと発表した。

    RX-VISIONは、2015年の東京モーターショーで世界初公開されたコンセプトカー。デザインテーマ「魂動(こどう)」にもとづき、マツダが考える最も美しいFRスポーツカーの造形に挑戦するとともに次世代ロータリーエンジ
    ン「SKYACTIV-R」を搭載する、マツダの夢を表現したモデルだ。

    「Most Beautiful Concept Car of the Year賞」は、国際自動車フェスティバルが表彰する大賞のひとつで、世界中のモータースポーツ、建築、ファッションやデサインの専門家や愛好家が選考委員となり、デザインにおける創造力や新しいトレンドを最も体現している車に贈られる。

    RX-VISIONはパリのオテル・デ・ザンヴァリッドで開催されている国際自動車フェスティバルのコンセプトカー展示会において1月27日から31日(現地時間)まで展示される。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1454228897/ 【マツダ RX-VISION、最も美しいコンセプトカーに選出…パリ国際自動車フェスティバル】の続きを読む

    1: 高級かりかり ★ 2016/01/21(木) 09:23:30.64 ID:CAP_USER.net
    マツダのモノ造りの神髄を結集したというAll-New Egg Boiler「MAZDA EX-7」。写真を見ていただければ分かるように「ゆで卵器」だ。

     但し、ただのゆで卵器ではなく、マツダがクルマに求める「際立つデザイン/考え抜かれた機能/意のままの走り」をEgg Boilerに追求したものだという。

    このEX-7の持つ魅力は以下の3項目が挙げられている。

    ・無駄をそぎ落とし、品格を持ちながら金属の持つ艶めきを生かしたデザイン
    ・簡単に、美しく(黄身が中央になり、しかも殻が剥き易い)ゆで上がる機能
    ・少量の水で環境にも優しい商品

     このMAZDA EX-7は、一部関係者のみに配られたものだが、今のマツダのもの作りの姿勢が現われている製品ともいえ、ここに使用感とともに紹介していこう。

     基本的なアイディアは、スカイアクティブ技術開発を行なったことで知られるマツダ 代表取締役会長 金井誠太氏によるもので、それをマツダのスタッフが製品としてまとめあげた。
    以下に、パンフレットに書かれたその思いを掲載する。

    04_s (2)

    http://m.car.watch.impress.co.jp/docs/news/20160121_739940.html

    引用元 http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/liveplus/1453335810/ 【マツダのモノ造りの神髄を結集したという ゆで卵器wwwwww】の続きを読む

    このページのトップヘ