サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > マツダ

    1:
    2017年08月22日 17時28分
    マツダ(本社・広島県府中町)は、初代ロードスターのレストア(修復)サービスを来年初頭から始めると発表した。

    部品も一部復刻して再供給する。

     年内に受け付けを始める。客と面談して、直接要望を聞き、車の状態を確認した上で修復する。部品の再供給はビニール生地のソフトトップ、木製ハンドル、シフトノブ、タイヤの4種類を予定。当時のデザインを現在の技術で復刻する。

     1989年発表の初代ロードスターは国内で約12万台が販売された。ファンが多く、28年を経た今も、推計約2万3000台が現役で走り、メーカーによるレストアや純正パーツ供給を要望するファンが多かった。

     同社は「お客様との間に特別な絆を持ったブランドになることを目指したい」としている。

    http://yomiuri.co.jp/economy/20170822-OYT1T50068.html

    20170822-OYT1I50024-1

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503406462/ 【ファン多い初代ロードスター、直接面談して修復サービス】の続きを読む

    1:
    宇宙船のようなフォルムで人気を博したマツダの名車「ライトバス(A型)」が230万円で売りに出されています。
    しかも「内外装機関良好」ってマジか……!

     1965年に発売された「マツダ ライトバス(A型)」は、フロントウィンドウに曲面ガラスを大胆に使用したデザインが特徴の一般ユーザー向けバス。
    全体的に丸く、宇宙船のような丸いフォルムは唯一無二の個性を放ち、当時大きな注目を集めました。

     25人乗りということもあり、幼稚園の送迎バス、工事現場などへ行くための社用車などさまざまな用途で使用されていたライトバスですが、1972年に後継車となるパークウェイが発売されたこと、個人所有のものが少なかったことなどから、現存する車体は極めて少ないといわれています。

     ところが最近になってそんなライトバスの中古車が、静岡県のオートショップで販売されていると判明。

    SNSでは「どっから出てきたんだこんなモン」「レアもん珍車が超美品で輪をかけて超激レア」 「かえってデザイン古く感じないカッコイイ!」などと車好きたちが歓喜の声をあげています。

     ライトバスの中古車を販売する「オートショップ ターキーズ」によると、出品されているのはブルーカラーのディーゼル車タイプ。

    社用車として使用していたとみられており、走行距離は6.7万キロ、修理歴なし、内外装機関良好という美品で、店舗側は「(世の中に)出回っている台数は限りなく少ないでしょう」と話します。

    http://www.excite.co.jp/News/it_g/20170819/Itmedia_nl_20170819019.html

    Itmedia_nl_20170819019_689b_1

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1503188612/ 【1965年発売の名車「マツダ ライトバス」が230万円で売りに!】の続きを読む

    1:
     マツダは、ドライバーが運転できない状況に陥った際に作動する自動運転機能の開発に着手した。

     2020年から実証実験を始め、25年までに市販車に標準装備する。病気でドライバーが意識を失うなどの事態を想定している。

     マツダが開発しているのは、ドライバーがハンドルから手を離し続けるなど、自動運転機能の介入が必要だと認定される場合に、自動でハンドル操作やブレーキを作動させる技術。

     走行速度や周囲の道路状況を認識したうえで、必要に応じて減速や車線変更を行い、安全な場所に停車させることを目指す。

     すでに市販車に搭載しているカメラやセンサーに加え、車がどの車線を走っているかがわかる高精度の「3次元地図」を活用するとみられる。こうした技術は現在、主に日野自動車などの商用車メーカーが、観光バス向けに開発を進めている。

    drowsy_driving

    http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170819-OYT1T50036.html

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503107637/ 【意識失っても自動運転…マツダが標準装備へ】の続きを読む

    1:
    ■「ほかの真似を決してしない」、「世の中の流れに簡単に乗らない」という軸

     2019年に燃費を従来比で最大20―30%高めた新型エンジンを導入することを明言したマツダ。小飼雅道社長は8日の会見で「内燃機関の徹底的な理想追求を行うことで世界一を目指し、内燃機関の可能性を追求する」とし、電動車両化の流れが加速する中で、内燃機関にかける思いを強調した。

     マツダはトヨタ自動車と資本提携し、電気自動車(EV)の開発を加速させることを決めた。一方でなぜそこまで内燃機関にこだわるのか。

     現在の世界の自動車市場でのマツダのシェアは2%ほど。それを、4年後に5%にまで拡大するわけではない。

     ただし、「シェア拡大をめざさない=向上心がない」ということではない。マツダはシェアを取ることが企業の「目的」になることのリスクを知っているのだ。たとえば、他社の動きに合わせて同じような方向性の製品を世に出し、結果として価格競争に巻き込まれる、といったことだ。

     マツダにも、過去に大幅な値引き策をとった結果、ブランドを毀損し、安売り会社のイメージがつくという苦い経験がある。
     
     マツダはシェア拡大路線から離脱し、独自の道を歩んでいる。既存の「2%」の顧客が心から満足するクルマづくりを進め、他社とは「違う」ブランドを築く方針を固めている。

     内燃機関の理想追求は、「ほかの真似を決してしない」、「世の中の流れに簡単に乗らない」というマツダの大きな軸の上にある。

    reutersmedia

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170809-00010001-newswitch-ind

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1502263369/
    【「他の真似を決してしない」 究極エンジン導入、なぜマツダはそこまで内燃機関にこだわるのか】の続きを読む

    1:
     マツダは8月8日、ガソリンエンジンとしては世界で初めて「圧縮着火」の実用化に成功した「SKYACTIVE-X」を開発し、2019年から導入すると発表した。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を融合し、燃費率とトルクの向上を実現するなど、環境性能と動力性能を両立できるという。

     一般にガソリンエンジンの場合、ガソリンと空気の混合気をシリンダー内で点火プラグの火花で着火する。これに対し、ディーゼルエンジンはシリンダー内のピストンで圧縮して高熱になった空気に軽油を噴射することで自己着火させる仕組みで、点火プラグは不要だ。

     マツダが開発した「SKYACTIVE-X」は、ディーゼルのように、混合気をピストンで圧縮することで自己着火させる圧縮着火(Compression Ignition)を世界で初めて実用化した。

     従来の火花点火と併用する独自の燃焼方式「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition)」(火花点火制御圧縮着火)により、実用化の課題になっていた圧縮着火の成立範囲を拡大。火花点火と圧縮着火のシームレスな切り替えを実現しているという。

    sk_mazda_02

     新エンジンのメリットは動力性能と環境性能の両立だ。圧縮着火によりエンジンレスポンスが向上する上、燃費改善のために装備するエア供給機能を活用し、現行のガソリンエンジン「SKYACTIV-G」に比べ、トルクが全域で10%以上、最大30%アップするという。

     また混合気を理論空燃比よりはるかに薄くする「スーパーリーンバーン」により、エンジン単体の燃費率は現行SKYACTIV-Gと比べて最大で20~30%程度改善。2008年の同社ガソリンエンジンと比べると35~45%も良くなり、最新のクリーンディーゼル「SKYACTIVE-D」と同等以上になるという。

     また、低燃費率の領域が極めて広いというエンジン特性を生かし、ギア比の選定自由度が大幅に広がり、走りと燃費を高次元で両立できるという。

    http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1708/08/news078.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1502178025/ 【【まだまだ終わらんよ】マツダ、ガソリン初の圧縮着火エンジン「SKYACTIVE-X」実用化】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/08/03(木) 07:21:42.71 0.net
    これは韓国車にもいえて欧州車っぽい感じにしても
    結局は欧州車でいいじゃんということで永遠に売り上げは伸びない

    02_Overview_Features

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1501712502/ 【外国人「マツダってかっこよくて内装も良いけどアジアカーのくせに欧州車真似ただけで個性不足だよね」】の続きを読む

    このページのトップヘ