サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:自動車関連 > アクセサリー・パーツ

    1:
    自動車用品メーカーのユピテル(東京)は4日、車両の前方の様子をカメラで記録することができるドライブレコーダー「DRY-FH200」約8万5千台のリコール(無料の回収と交換)を実施すると発表した。

    内蔵しているリチウムイオン電池から煙が出たり発火したりする恐れがあるという。

    対象製品は平成24年10月~13年8月に販売した。今年5月に兵庫県三田市と神奈川県横須賀市で、製品とその周辺が燃える事故がそれぞれ発生した。

    http://www.sankei.com/affairs/news/170904/afr1709040009-n1.html
    リコールを実施するドライブレコーダー「DRY-FH200」
    発火したドラレコ「DRY-FH200」

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1504494599/ 【ユピテルのドラレコ「DRY-FH200」が発火でリコール】の続きを読む

    1:
     トヨタ自動車は7月11日、新しい純正エンジンオイル「トヨタ純正キヤッスルモーターオイル SN 0W-16」を発売した。

    価格は3900円/4L缶。

     7月10日に発売した新型「カムリ」でも採用しているこのエンジンオイルでは、ベースオイルに高性能な合成油を100%使用して約50%の低粘度化(40℃における動粘度比較)を実現。

    さらに摩擦低減効果を持つ添加剤の採用で摩擦係数を約3分の1に低下させ、従来の汎用製品である「トヨタ純正キヤッスルモーターオイル SN 5W-30」と比較して約2.5%燃費を向上。同粘度グレードで世界トップクラスの低燃費性能を実現した。

    01_s_s

    http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1069932.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1499838899/ 【トヨタ純正「キヤッスルモーターオイル SN 0W-16」新発売】の続きを読む

    1:
    バイクに乗ってツーリングに出掛ける

    バイク好きにとっては、週末や長期休暇中などの楽しみの1つと言えるでしょう。

    しかし、ツーリング中のある行為によって、知らず知らずのうちに「ヘルメットの衝撃吸収能力が発揮できない状態」を作っているとしたら、どうですか?

    万が一…

    交通事故を起こしてしまった時に、頭を守ってくれる大事なヘルメット。安全性が担保できていないとしたら、せっかくのツーリングも台無しです。

    そんな「ヘルメットの間違った使い方」を指摘したのは、ヘルメットメーカーのアライヘルメット Arai Helmet(@araihelmetjapan)。

    写真のように「ヘルメットをバイクのミラーに引っかけておくのは良くない」と指摘したのですが、その理由が分かりますか?

    30415_02


    引用元 http://anago.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1489317068/ 【「この写真の間違い、分かりますか?」バイクのミラーにヘルメットをかけた状態】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/10/17(月) 17:49:35.65 ID:CAP_USER.net
    http://www.asahi.com/articles/ASJBD34V9JBDPLFA001.html

    冬を前に車のタイヤをスタッドレスに取り換える時期が来ました。ブレーキの利きやすさだけでなく、長持ちする改良がされています。読者からは「一年中使えるオールシーズンタイヤも取り上げてほしい」と要望がありました。

     ここ数年は、より長持ちさせる改良が進む。以前なら、冬を2、3回越すと取り換える必要があったが、新製品はさらに1、2シーズン使える場合が多いという。住友ゴム工業が8月に発売した「ウインター マックス 02」はゴムが長持ちする新開発の成分を混ぜ込み、タイヤの減りを従来の製品より抑えた。

    オールシーズンタイヤ「ベクター4シーズンズ」

     日本グッドイヤーがこの冬に向け、一年中使えるオールシーズンタイヤ「ベクター 4シーズンズ ハイブリッド」 のサイズの品ぞろえを2倍近く増やした。販売に力を入れており、関心が高まっている。

     オールシーズンタイプは雨や乾いた道路ではスタッドレスより走行性能がよく、雪道も走れる。凍った路面ばかりを走る場合はスタッドレスを選ぶしかないが、雪道を走る機会があまり多くなければ、オールシーズンも選択肢になりそうだ。(諏訪和仁)

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1476694175/ 【寿命が長いスタッドレスタイヤや、一年中使えるオールシーズンタイヤに関心が集まる】の続きを読む

    1: 海江田三郎 ★ 2016/09/09(金) 12:51:12.11 ID:CAP_USER.net
    http://clicccar.com/2016/09/08/398157/2/

    img1_20160830_151140_HCT3-20160907172743-618x315

    最近では「初めて買ったCDは?」なんて聞かれるのかもしれません。
    昭和40年代生まれの私が初めて買ったのはアナログレコードで、友人や貸レコード店から借りたレコードをカセットにする際は、親のレコードプレイヤーの前にカセットデッキを置いて録画するということもしていました。

    いま、若者などを中心にカセットやレコードが人気だと聞くと、昭和世代の自分には信じがたい気がします。レコードは根強いマニアがいるのを耳にするものの、カセットってサービスエリアの売店で演歌くらいしか見かけないような……。

    一方で高音質のハイレゾ音源関連も大人気で、マーケットは毎年倍増しているそうですからだそうですから、あまりにも両極端な流れには驚かされます。


    昔のクルマには、カセットの再生が可能なデッキが不可欠で、専用ケースにズラリとカセットを並べて(もちろん演歌ではなく)、 ダビングやラジオのエアチェックで録音した音楽を楽しんだものでした。FM情報誌で「エアチェック」したり、カセットレーベルの付録を楽しみにしたりと、現在の「クリックひとつでダウンロード」とは隔世の感がありあり。

    さて、一部根強いマニアがアナログを支持しているとはいえ、デジタル全盛のいま、車載カセットデッキを新発売すると聞くとカセット人気は本当なんだ!? と認識させられます。

    カセットデッキを発売するのはビートソニックで、1DINサイズの「HCT3」にカセット用の差し込み口があるのを見るだけで懐かしくなります。

    しかし、単なるリバイバル品ではなく、microSDやUSBメモリーなどにも対応し、SDカードとUSBメモリーではMP3の再生も可能。

    3.5mm径のミニジャックは、スマホなどのイヤフォン端子から音声入力もできるなど、最新のデジタル機器にも対応しています。

    もちろん、以前のカセットデッキでも可能だったAM/FMラジオの受信にも対応し、アナログからデジタルまで音楽をゆる?く楽しむには最適。

    発売日は2016年9月16日で、価格は1万6000円(税抜)となっています。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1473393072/ 【カセットテープの人気再燃、車載用カセットデッキが新発売】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/04/16(土) 23:09:34.717 ID:80k9BNAEd.net
    すぐエンジン切ると壊れるんでしょ?

    maxresdefault

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1460815774/ 【ターボ車買うならやっぱターボタイマーってつけた方がいいの?】の続きを読む

    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2016/03/09(水) 00:36:22.576 ID:1ISuyYXc0.net
    一般的にはあれってカッコいいのか?
    p_1127_1271069847_pc4

    引用元 http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1457451382/ 【車のパーツのブランドでDADってあるけどあれってカッコいいのか?】の続きを読む

    1: タイガースープレックス(catv?)@\(^o^)/ 2016/02/06(土) 11:20:59.70 ID:ISl5+YD70.net BE:698254606-PLT(13121) ポイント特典
    欠陥エアバッグ問題に揺れるタカタが、全体で数千億円規模に膨らむとみられるリコール(無料の回収・修理)費用に関し、同社が支払うべき費用を一部負担し、肩代わりするよう自動車メーカーに要請していたことが5日、分かった。経営悪化が避けられないため、事実上の債権放棄を求めた格好だ。メーカー側の反発も予想され、調整は難航するとみられる。

    リコール費用はいったんメーカーが負担しており、エアバッグの異常破裂に関する原因調査の結果がまとまった段階で、過失の割合に応じてタカタに支払いを求める。エアバッグを生産したタカタの責任は重く、支払額の負担も大きくなる見通し。

    RECALL-monitor-air-bag1

    http://www.chunichi.co.jp/s/article/2016020501002267.html

    ※参考
    タカタ絶好調で25億円の黒字
    http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1454672993/

    そりゃ車1台にエアバッグ2つ売りつける様なもんだしねぇ…

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1454725259/ 【タカタ「ウチが潰れたらエアバックが市場から消えちゃうから自動車メーカーさんでリコール負担ヨロ」】の続きを読む

    このページのトップヘ