サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    カテゴリ:バイク関連 > 話題・ニュース

    1: マカダミア ★ 2018/11/27(火) 00:58:25.71 ID:CAP_USER9
    car-costs

    政府は26日に経済財政諮問会議や未来投資会議などの合同会議を開き、増税対策も含む経済政策の方向性に関する中間整理案を明らかにした。首相は「世界経済の動向など先行きに目配りし、経済の回復基調をしっかりと持続させなければならない」と強調した。

    自動車を持つ人に毎年かかる自動車税について国内の自動車メーカーは販売の落ち込みを防ぐため、消費税増税後に恒久的に減税するよう求めている。政府はそれを念頭に「19年度税制改正で結論を得る」と明記した。

    自動車に関する税は地方の財源で、総務省は恒久減税に慎重だ。与党の税制調査会は財源のメドがついた範囲内での減税を検討している。

    自動車業界は軽自動車を目安に3000億円規模の減税を要求。財源次第で減税規模が縮小する可能性がある。

    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38190360W8A121C1EA2000/?nf=1

    引用元 http://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1543247905/ 【自動車保有の減税検討キターーーーーー!!!】の続きを読む

    1: きつねうどん ★ 2018/05/29(火) 20:17:34.57 ID:CAP_USER
    devilmanorochi-a_180528100335

    「デビルマン オロチ(Devilman Orochi)」

    株式会社光岡自動車は、Netflixオリジナルアニメ「DEVILMAN crybaby」とのコラボレーションにより、「デビルマン オロチ(Devilman Orochi)」を1台限定で製作することを発表した。「DEVILMAN crybaby」のアートディレクションを手掛ける阿閉高尚氏と、スポーツカー「オロチ」のデザイナーの青木孝憲氏が、共同でデザインを担当している。

    「DEVILMAN crybaby」は、永井豪氏による名作漫画「デビルマン」を現代に甦らせたアニメーション作品。本編中では、主要キャストの1人である飛鳥了が「オロチ」に乗っている。先行してコラボレーションの実施が予告され、ティザービジュアルが発表されていたが、今回その内容が明らかになるとともに、車両デザインとコラボレーションロゴが公開された。ちなみに、このコラボレーションは、永井豪氏の画業50周年と株式会社光岡自動車の創業50周年にもちなんで実現している。

    ベース車の「オロチ」は、2001年の第35回東京モーターショーに株式会社光岡自動車が初出展した際のコンセプトカーとして誕生した。2014年4月に発売された限定車「ファイナル オロチ」を最後に生産が終了しているが、今回の製作では株式会社光岡自動車が保有する“極上中古車”の「オロチ」(走行距離:約3500km、初度登録年月:2007年4月)を使用。販売方法や価格などの詳細は、2018年秋頃のあらためての発表が予定されている。

    https://www.mdn.co.jp/di/newstopics/59019/

    引用元 http://rosie.5ch.net/test/read.cgi/liveplus/1527592654/ 【光岡自動車、1台限定のスポーツカー「デビルマン オロチ」のデザインを公開】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(禿) [ニダ] 2018/05/19(土) 17:31:38.84 ID:NviEeCIL0 BE:932354893-PLT(12931)
    滑ったバイクを逆噴射で立て直すスラスター安全装置、独Boschが発表。カーブの浮き砂利に効果
    あっコケ...なかった

    bosch


    近年、バイクにも自動車同様にABS(アンチロック・ブレーキ・システム)が搭載されたり電子制御サスペンションといった技術が導入され、(まだ試験的ではあるものの)立ちゴケしないバイクまで現れてきました。
    しかし、コーナリング中にタイヤのグリップを失えば、マシンは転倒、ライダーが路上に投げ出される原則は変わりません。

    独Boschはこの問題を解決するために、タイヤが滑った際にガスを逆噴射してバイクの姿勢を立て直すという、なんとも独創的な解決策を提示してきました。

    たとえば、ライダーがそこそこの速度でカーブに侵入したとき、バイクはカーブ内側に車体を傾けた格好で走行します。
    この状態で路面に浮き砂利などがあった場合、タイヤはグリップを失いバイクはカーブ外側にスライド、そのまま行けばライダーは転倒してしまいます。
    このシステムはその瞬間、ボディ下部にあるスラスターで高圧ガスを一気に噴出し、タイヤのスライドを止めるように作用します。

    これでバイクのタイヤは再びグリップを取り戻し、ライダーはそのままコーナーを駆け抜けられるようになります。
    ただしエアバッグと同様、高圧ガスを噴出できるのは1度きり。
    スラスターを動作させるセンサー類も必要になるため、この機能を搭載するバイクはある程度高級なモデルになることが予想されます。

    ボッシュは、これ以外にもバイク用にACC(アダプティブ・クルーズ・コントロール)システムやブラインドスポット警告といった技術を発表しました。
    これらはドゥカティのムルティストラーダやKTM 1290 スーパーデュークに搭載される見込みです。
    一方でこの逆噴射スラスター技術は、まだ市販車への採用時期が示されませんでした。

    https://japanese.engadget.com/2018/05/18/bosch/

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1526718698/ 【滑ったバイクを逆噴射で立て直す装置…独Boschが発表】の続きを読む

    1: 名無しさん@涙目です。(空) [ニダ] 2018/03/05(月) 12:42:31.60 ID:7gf52pr+0● BE:842343564-2BP(2000)
    Uターンで車に乗り上げる

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180305-00000001-tncv-l40

    4日夜、福岡市の西鉄薬院駅前で、Uターンしようとした普通乗用車が対向車線を走っていた車にぶつかり、乗り上げる事故がありました。

    【記者リポート】
    「事故があった現場です。車の正面が大きくつぶれていて、もう1台の車が乗り上がっています」

    警察によりますと、4日午後9時前、福岡市中央区の西鉄薬院駅前で、Uターンしようとしていた普通乗用車が中央線を越え、対向車線を走ってきた普通乗用車と衝突しました。

    Uターンしようとしていた車は、この事故の弾みで相手の車に乗り上げて車体が斜めになったまま止まりました。

    Uターンしようとして事故を起こしたのは51歳の女性で、駆け付けた救急隊によって病院に運ばれ、足を打撲する軽傷を負ったということです。

    現場は片側2車線の見通しのいい直線道路で、Uターンが禁止されている場所でした。

    引用元 http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news/1520221351/ 【女さん、いきなりUターンかまして対向車の上に乗り上げる】の続きを読む

    1:
    http://s.response.jp/article/2017/08/25/298966.html
    英国のスポーツカーメーカー、アリエル(Ariel)社は8月23日、EVハイパーカーの開発計画を明らかにした。

    アリエル社は、サイモン・サンダース氏が創業したスポーツカーメーカー。同社が2000年に発売した超軽量スポーツカーが、『アトム』。このアトムは2003年から、ホンダの『シビックタイプR』用の2.0リットル直列4気筒ガソリンエンジンを搭載していることでも知られる。

    アリエル社は今回、EVハイパーカーの開発計画を公表。バットモービルを思わせるデザインが特徴のボディに、最大出力1180馬力、最大トルク184kgmという強力なモーターを搭載する。

    なお、アリエル社は、このEVハイパーカーの画像を5点配信。アリエル社ならではの軽量そうなシャシーに、ガルウィングドアを備えた2シーターハイパーカーの姿が見て取れる。

    1217274

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1503743329/ 【バットモービル風、1180馬力のEVハイパーカー…英アリエルが開発計画】の続きを読む

    1:
    https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2017-07-12/OSYO586KLVRL01

    27歳のフェド・パチェコ氏が、オートバイ好きから本格的なライダーになるまでの道のりは長かった。
    パチェコ氏は何年も前にベネズエラから米国に移住して間もなく、テキサス州でおじのスズキ「ブルバード」に乗せてもらった経験があった。その数年後にオートバイ免許を取得したが、まだ購入には至らなかった。

    しかし、ホンダが昨年11月、新型「レブル500」を発表すると、パチェコ氏はその魅力にとりつかれた。発売直後にレブルを取り扱っているニュージャージー州のディーラーまで出かけ、その場で6800ドル(約77万円)を支払った。

    -1x-1

    ホンダ「レブル」は、メーカーによる参入が相次いでいる初心者ライダー向け新型バイクの一つだ。オートバイ業界のほぼ全ての企業が争ってこのタイプのバイクの製造に取り組んでいる。これらのバイクは比較的小型かつ軽量で、価格も手頃だ。そして、ミレニアル世代をターゲットとしている。

    米国のオートバイ販売台数は2006年に71万6268台でピークを付けた直後、減少し始めた。株式市場で強気相場が続く現在でも、バイク店の客足は鈍いままだ。16年の販売台数は37万1403台と、10年前の半分程度の水準となっている。

    また、バイク市場は高齢化による時限爆弾も抱えている。03年には米国のバイクのライダーに占める50歳以上の割合は約4分の1だったが、14年までに半分近くになった。突然、何が何でも新たなライダーを獲得しなければならなくなったバイクメーカーは、明らかにミレニアル世代に最も大きな期待をかけている。

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1499948395/ 【バイク業界に押し寄せる高齢化の波-「ミレニアル世代」が救世主となるか】の続きを読む

    1:
    1970年代に一世を風靡した人気レースコミック『サーキットの狼』より、主人公のライバル「早瀬左近」が駆る「ポルシェ911」をフジミ模型がキット化!

    実車取材により、リアリティ溢れる造形を完全新金型で再現しました。
    ここでは開発中のサンプルでその形状をご確認いただきましょう。

    パッケージイラストは原作者・池沢さとし氏による描き下ろし!
    170473

    早瀬が流石島レースで搭乗したマシンをモチーフに、ポルシェミュージアムに現存する同型車を徹底取材。
    その特徴的な流線形の車体形状を忠実に再現しています。
    170473a


    車体はホワイト成形で、ヘッドライトやライトリムは樹脂メッキを施し、ワンポイントを押さえた仕様。

    車体後部の緒方リアウイングも再現。リアウインドウから覗けるダクトパイプも繊細彫刻で立体化されています。

    ポルシェの特徴であるエンジンは後部底面よりのぞけるスタイルで、部品点数を抑えながらも、簡略化することなく実車の形状を追及しています。

    サーキットの狼シリーズ No.14 ポルシェ911カレラRSRターボ2.1早瀬左近
    プラモデル
    サイズ:全長19.9センチ
    2017年7月24日発売予定
    価格:3,800円(税別)
    発売元:フジミ模型
    ※画像はイメージです。実際の商品とは異なります。

    以下ソース:電撃ホビーウェブ 2017年5月6日 11:00
    http://hobby.dengeki.com/news/376325/

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/moeplus/1494056776/ 【『サーキットの狼』の人気マシン!早瀬左近が駆る「ポルシェ911」を完全新金型で忠実再現!】の続きを読む

    1: ジャンピングパワーボム(dion軍)@\(^o^)/ [CN] 2016/11/20(日) 12:22:28.63 ID:xtQ7bbo10.net BE:448218991-PLT(13145) ポイント特典
    日光サーキットのドリフト大会で車のタイヤが外れ観客に直撃する事故が発生

    警察によると、20日午前9時ごろ、栃木県宇都宮市の日光サーキットで開かれていたドリフト競技大会で、走行中の車のタイヤが外れて観客にあたる事故があり、30代の女性が意識不明の状態だという。

    http://www.news24.jp/articles/2016/11/20/07346965.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479612148/ 【【D1SL】日光サーキットのドリフト大会で車のタイヤが外れ観客に直撃する事故が発生】の続きを読む

    Wn2b1ee_s

    バイク用のスマートヘルメット「iC-R」は、後方にマウントされたデュアルカメラにより後方の映像を撮影、バイザーに投影してライダーの視界をサポートする他、後方から車が接近してきた場合もLEDによって警告してくれる優れもの。

    さらに上部にはソーラーパネルが組み込まれており電力の一部に利用。ブルートゥースでスマホなどの端末と連携しナビや渋滞情報を見る事ができたり、内蔵スピーカーでライダー同士の会話も可能というまさにスマート(賢い)ヘルメットとなっております。


    【車の接近や後方の視界をサポートするスマートヘルメット「iC-R」が凄い】の続きを読む

    このページのトップヘ