サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:ディーゼル

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/03/31(火)22:47:03 ID:???
    メルセデス・ベンツ日本は、メルセデスベンツを代表する中核モデル「Eクラス」(セダン/ステーションワゴン)および流麗なスタイリングが特徴の「CLSクラス」(クーペ/シューティングブレーク)のラインアップに4気筒クリーンディーゼルエンジン搭載モデルを追加し、3月31日より注文の受付を開始した。

    メルセデスベンツのクリーンディーゼルエンジン搭載モデルは、有害な窒素酸化物(NOx)を大幅に削減する尿素SCR(Selective Catalytic Reduction:選択型触媒還元)ディーゼル排出ガス処理システム「BlueTEC」を採用し、世界で最も厳しいとされる日本のディーゼル排出ガス規制に適合する優れた環境性能を実現していることが特徴。

    今回追加となる「E 220 BlueTEC」、「E 220 BlueTEC AVANTGARDE」、「E 220 BlueTEC Stationwagon」、「E 220 BlueTEC Stationwagon AVANTGARDE」、「CLS 220 BlueTEC」、「CLS 220 BlueTEC Shooting Brake」の6モデルには、メルセデスベンツとして日本で初めて2.2L 直列4気筒BlueTECエンジンを搭載した。

    なお、E 220 BlueTECは18.6km/L(JC08モード)と高い燃費性能を達成し、「平成27年度燃費基準+20%」を達成し、新エコカー減税(重量税、取得税の免税)をうけることができる。

    uGd4sy6

    http://jp.autoworldnews.com/articles/7731/20150331/mercedes-benz.htm

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1427809623/ 【メルセデスベンツ、「BlueTEC」採用のクリーンディーゼルエンジンモデルを「Eクラス」と「CLSクラス」に追加】の続きを読む

    1: ビッグブーツ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 06:39:34.97 ID:RgqorzNR0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    ディーゼル乗用車が復権 トヨタ、8年ぶりSUV

     軽油で走行するディーゼルエンジンを搭載した乗用車の車種が2015年中に4割近く増えそうだ。
    トヨタ自動車は今夏にも大型多目的スポーツ車(SUV)で8年ぶりにディーゼル車を投入する。
    ボルボ・カーなど輸入車も力を入れる。燃料代の安さや走りの力強さが消費者の支持を集めており、数年前まで低迷していた市場は拡大基調だ。ハイブリッド車(HV)などと並び、エコカー選びの有力な選択肢になりそうだ。

    concept_img_car01
    ※現行ランドクルーザープラド
    3リットル直4直噴ディーゼルターボエンジン搭載車が7月に登場(ソース ベストカー2月号)

    以下ソース
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO82933860W5A200C1TI0000/

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1423258774/ 【トヨタから8年ぶりにディーゼル搭載のSUVが登場か】の続きを読む

    1: エルボードロップ(愛知県)@\(^o^)/ 2015/01/19(月) 19:06:51.71 ID:C43IyCKE0●.net BE:896590257-PLT(21003) ポイント特典
    ダイハツ工業は2015年、小型車用ディーゼルエンジンの開発に着手する。久留米開発センター(福岡県久留米市)にエンジンや周辺機器を評価できる体制を構築。年内にも開発目標を設定し、モデルベース開発(MBD)の手法を採用して2―3年内の量産試作を目指す。親会社トヨタ自動車への供給も視野に入れており、開発の行方はグループのグローバル戦略を左右しそうだ。

    ダイハツが開発するディーゼルエンジンは排気量1200cc級と見られる。トヨタグループは14年11月、ディーゼルエンジンの開発や製造を豊田自動織機に集約する方針を公表しているが、ダイハツはこの枠組みから外れる見通しだ。

    ダイハツは過去に小型ディーゼル車を販売した実績もあるが、ディーゼルエンジンの対外発表は05年の東京モーターショーに参考出品したのが最後。排出ガスを問題視され、ディーゼル車への風当たりが強くなっていたこともあり、開発を事実上終息させていた。

    現行の軽自動車用「KF型」ガソリンエンジンの後継開発にも取り組む。エンジンと変速機の組み合わせによるパワートレーンの理想形をゼロから創造することで、将来の国際競争力強化につなげる。久留米開発センターは次世代パワートレーン開発を目的に建設が進められており、すでに一部が稼働した。センターではさまざまなエンジンや周辺機器を自在に診断できるシステムの構築を進めている。

    DA_S018_F001_M002_1_L

    http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0420150119aaad.html

    【ダイハツが小型車用ディーゼルエンジンの開発再開へ】の続きを読む

    1: ゆでたてのたまご ★ 2014/11/19(水) 14:26:51.58 ID:???.net
    マツダ、LAオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開
    【Impress Watch】 (2014/11/19 13:00)

    マツダは11月19日、米国ロサンゼルスで開催中のロサンゼルスオートショー(11月18日~20日プレスデー、
    21日~30日一般公開)で新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開し、2015年春から日本を始め
    グローバル市場で順次発売すると発表した。

    20141119m1

    20141119m2

    CX-3

    CX-3は、マツダの新世代技術「SKYACTIV技術」とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を全面採用して開発された第5弾モデル。この会場で参考出展された車両の主要諸元では、ボディーサイズが4275×1765×1550mm(全長×全幅×全高)となっており、同社のクロスオーバーSUVである「CX-5」の4540×1840×1705mm(全長×全幅×全高)からひとまわりコンパクトなサイズで構成されている。

    パワートレーンには市場のニーズに合わせて1.5リッタークリーンディーゼルの「SKYACTIV-D1.5」と2.0リッターガソリンエンジンの「SKYACTIV-G2.0」を用意し、参考出展車ではSKYACTIV-D1.5に6速MT、SKYACTIV-G2.0に6速ATが組み合わされている。また、駆動方式ではCX-5から導入された新世代AWDシステムを採用し、センサー信号によってドライバーの意図と変化し続ける走行状況を正確に検知して制御を行う世界初の技術「前輪スリップ予兆検知システム」を導入すると発表している。このほか、デミオに搭載した新開発の小型・軽量の「パワーテイクオフ」「リアディファレンシャルユニット」も採用する。

    インテリアでは「Heads-up Cockpit」をコンセプトに、ドライバーを中心としたレイアウトで操作・視認系アイテムを配置。アイポイント高を1250mmに設定し、すっきりと見晴らしのよい運転が楽しめ、気持ちよく安心できる着座位置を実現している。また、フロントタイヤの前方配置とペダルの形状やレイアウトの最適化により、ドライバーが足を伸ばした位置にペダルを用意するドライビングポジションを設定。アクセルペダルにはオルガン式を採用する。

    フロントシートにはショルダールームやレッグルーム、カップルディスタンスに余裕を持たせ、乗員の体格に差があっても快適に過ごせるよう設定。リアシートはフロントシートと比べて内側に着座位置を配置し、ヒップポイントも高めとして前方の視界を広げたほか、車内で対角線の位置に座る乗員同士が会話しやすいよう 工夫している。シート自体の構造面では、シートバックや座面の形状、ボルスターの形状と硬さの最適化を図り、衝撃吸収ウレタンを採用。また、リアシートではシートバックを長めにしてゆったり感のある座り心地を表現している。

    また、運転中の各種操作をアシストするヒューマン・マシン・インターフェイスとしてカーコネクティビティ・システムの「MAZDA CONNECT(マツダコネクト)」、ヘッドアップディスプレイの「アクティブ・ドライビング・ディスプレイ」などを採用している。
    (以下略)

    ソース: http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/20141119_676484.html

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1416374811/ 【マツダ、LAオートショーで新型コンパクトクロスオーバーSUV「CX-3」を世界初公開】の続きを読む

    1: 白井黒子◆KuRokoMU3c 2014/11/03(月)18:10:37 ID:???
    『ディーゼル車にガソリンゴポゴポ』混油事故急増

    diesel-fuel-only-caution-on-audi-q7-tdi_100319764_m

    燃費が良い軽油(ディーゼル)車両を好む消費者が多くなりディーゼル車にガソリンを入れる混油事故も共に増加している。

    3日、韓国消費者連盟によれば1372消費者相談センターが受け付けた混油事故の被害件数は2012年131件、昨年155件、今年1~8月188件と毎年増加した。

    注油関連全体の消費者苦情のうち混油事故が占める比率も同じ期間9.3%、11.9%、23.3%に急増した。

    軽油車両にガソリンを注油すれば運行中に出力が急激に落ちてエンジン振動、エンジンストップなどの現象が現れる。

    ほとんどは注油後一定距離を走った後に車両に問題が生じて整備所に行って混油事実を知ることになる。このために車両損傷程度が大きい場合が多い。

    特にエンジンをかけた状態でガソリンを入れたり混油事故後ガソリンを完全に除去しないで車両を運行すればエンジン全体が壊れることがある。

    しかしガソリンスタンド側が失敗を認めないで紛争が簡単に解決されず、過失を認めて修理をしても燃料タンクの洗浄程度で終えようとする場合が多いと消費者連盟側は伝えた。

    消費者連盟関係者は「消費者が少しだけ注意すれば混油事故を十分に予防することができる」として「注油前、給油員に軽油車両であることを明確に知らせて、領収書を保管して決済金額と油種を確認しなければならない」と話した。

    油を入れる時、軽油車と明らかにしなかったり、軽油が入った事実を領収書で確認しなければ保険処理時に修理費の一部を消費者が負担することもある。

    また、注油後エンジンが振動してエンジンが止まるなど異常症状が現れれば直ちに運行を止めて整備会社で車両を牽引して混油の有無を確認しなければなければならないと消費者連盟は頼んだ。

    デイリー韓国(韓国語)
    http://daily.hankooki.com/lpage/society/201411/dh20141103065100137780.htm

    引用元 http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1415005837/ 【韓国でディーゼル車普及に伴いディーゼル車にガソリン入れる混油事故が急増】の続きを読む

    1: ニーリフト(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:53:52.84 ID:Mb1jbOBp0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    776103

    マツダの欧州法人、マツダ・モーター・ヨーロッパは10月22日、『マツダ6』(日本名:『アテンザ』)のディーゼルエンジン搭載車が、24時間連続の高速走行を行い、20のスピード記録を打ち立てた、と発表した。

    このアテンザのディーゼルは、日本でもお馴染みの「SKYACTIV-D」搭載車。2.2リットル直列4気筒ターボディーゼルは、欧州仕様の場合、最大出力175psを発生する。

    マツダ・モーター・ヨーロッパは、アテンザのディーゼル搭載車をドイツのATPテストコースに持ち込み、24時間連続の高速走行に挑戦。FIA(国際自動車連盟)が認める20のスピード記録を更新した。

    アテンザが24時間で走った距離は、5300km。プロドライバーやジャーナリストなど、欧州7か国から集まった23名が、交代で3台のアテンザのステアリングホイールを握った。

    FIAが認める20のスピード記録の中で、注目できるのは、ディーゼル市販車2.0-2.5リットルクラスでの速度記録(24時間走行の平均車速)。アテンザは従来の記録の210km/hを11km/h上回る、221km/hの新記録を達成している。
    http://response.jp/article/2014/10/23/235689.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414058032/ 【マツダ アテンザ のディーゼル、24時間連続で高速走行…平均車速221km/hの新記録】の続きを読む

    1: スリーパーホールド(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 08:58:03.92 ID:QUgNbnr30.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    761882

    ホンダは10月2日、フランスで開幕するパリモーターショー14において、改良新型『CR-V』の欧州仕様車を初公開する。

    欧州向けの改良新型CR-Vは、米国で9月30日に発表されたCR-Vの2015年モデルに準じる。外観は、ヘッドライトやグリル、バンパーが新デザインとなり、表情を一新。アルミホイールも新デザイン。バンパーのスキッドプレートやテールゲートも新しい。

    欧州仕様では、従来の2WD(FF)に加えて、4WDもディーゼルエンジンを変更。「アース・ドリームス・テクノロジー」を導入した「i-DTEC」エンジンと、新開発の9速ATの組み合わせにより、環境性能を引き上げる。

    4WDでは、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼル「i-DTEC」エンジンが、従来の2.2リットルを置き換え。4WD用は2WDよりも高出力となっており、最大出力160ps、最大トルク35.7kgmを発生する。9速ATの効果もあり、欧州で重視されるCO2排出量は135g/km以下と、従来比で20%改善させた。

    2WD(FF)車には、従来通り、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼル「i-DTEC」エンジンの最大出力120ps仕様を搭載。CO2排出量を117g/kmに抑えている。
    http://response.jp/article/2014/10/02/233921.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412294283/ 【ホンダ CR-V、欧州で改良新型…新世代1.6ディーゼル+9速AT】の続きを読む

    • カテゴリ:
    1: ジャーマンスープレックス(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2014/09/09(火) 19:59:45.25 ID:/YcCacM10.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    m0017821736

    小型車「ミニ」にディーゼルも BMW、SUV・クーペで

    BMW日本法人は8日、傘下の小型車ブランド「ミニ」でディーゼルエンジン車を発売したと発表した。
    多目的スポーツ車(SUV)「クロスオーバー」、クーペ「ペースマン」を部分改良した。

    同ブランドのディーゼル車は日本で初。ガソリン価格が高止まりするなかで価格が安い軽油が燃料のディーゼル車の需要が広がりそうだ。

     発売したのは排気量2千ccのターボ付きディーゼルエンジン車。燃費はクロスオーバーが軽油1リットル当たり最長16.6キロメートル、ペースマンが16.3キロメートル。それぞれ同じモデルの1600ccのガソリン車に比べて2割近く改善した。

     価格はクロスオーバーが341万~387万円、ペースマンは341万円。ガソリン車に比べて20万円程度高いが、エコカー減税などを入れると負担額の差は5万円程度(クロスオーバーの場合)。
    「1万5千キロメートル走行すれば負担額は相殺される」(BMW日本法人)という。

     軽油はガソリンに比べて価格が1~2割安い。ディーゼル乗用車も販売が好調で2013年の販売台数は7万6千台と前年比8割伸びた。今秋にはマツダも小型車「デミオ」のディーゼル車を発売する見込みで、普及に弾みが付きそうだ。

    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ08H8M_Y4A900C1TI0000/

    レス引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1410260385/ 【小型車「ミニ」にディーゼル車登場】の続きを読む

    このページのトップヘ