サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:ハイブリッド

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/09/17(水)20:57:05 ID:rtZSE3QzC
    フランスの自動車大手、ルノーは9月16日、コンセプトカーの『EOLAB』の概要を明らかにした。
    実車は10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開される。

    ルノーが目指すのは、100km/h走行するのに必要な燃料が、わずか1リットルという「1リットルカー」。

    その目的達成のために、開発されたのが、「Z.E.ハイブリッド」パワートレイン。
    エンジンは1.0リットル直列3気筒ガソリンで、最大出力75ps。
    モーターは最大出力68psを引き出す。
    二次電池は、ルノーの市販EVと共通の蓄電容量6.7kWhのリチウムイオンバッテリー。
    EVモードでは、最大60kmのゼロエミッション走行が可能。
    車両重量は、アルミ素材などの積極採用により、現行『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)比で、400kg軽量化。
    アクティブエアロダイナミクスシステムにより、空気抵抗のドラッグをルーテシア比で30%低減。

    これらの結果、欧州複合モード燃費100km/リットル、CO2排出量22g/kmと、世界最高レベルの燃費性能を実現している。

    753950


    http://response.jp/article/2014/09/17/232690.html

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1410955025/ 【ルノーが目指すリッター100km HVコンセプト「EOLAB」】の続きを読む

    1: クロイツラス(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 09:49:12.72 ID:gyV/1xuk0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    9e34faf7-s

    トヨタは、10月2日開幕の2014 パリモーターショーの場において、新しいコンセプトモデル"Toyota C-HR Concept"を披露することを明らかするとともに、新たなデザインランゲージを用いて設計したというそのエクステリアのフォルムを撮したティーザー画像を公開した。

    このC-HR コンセプトは、今後12ヶ月の間の登場が予定されている"Nissan Juke"に対抗するサブコンパクトクラスのクロスオーバーSUVのデザインをプレビューするコンセプトモデルであると発表されている。なお、そのパワートレインにはハイブリッドシステムが採用されるとのことだ。

    http://blog.livedoor.jp/motersound/51865280

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1410742152/ 【トヨタ 新型クロスオーバーSUV「C-HR コンセプト」で日産ジュークに対抗】の続きを読む

    1: キドクラッチ(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 20:16:32.29 ID:px4twBMj0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    ホンダが昨年6月発売したミドルクラスセダン「アコードハイブリッド」。ホンダの市販車初のストロングハイブリッド(電気モーターのみで走行可能)で、 JC08モード走行時の公称燃費30km/リットルというミドルクラスでは他を圧倒する経済性を実現させている。そのアコードハイブリッドを3500kmほど走らせる機会があったのでリポートする。

    まずはホンダが発売時に猛アピールしていた燃費だが、結論から言えば、北米におけるミディアムクラス、日本ではフルサイズに相当するセダンとしてはきわめて優秀なリザルトを記録することができた。総走行距離3483.8kmに対し、合計給油量は141.77リットル。平均燃費は24.57km/リットルであった。
    極端なエコランをやらず、“急”のつく運転を避ける程度のドライブでこの数値は見事。ちなみに通算の平均燃費計の数値は24.6km/リットルと、ほぼ正確な数値を示した。

    http://president.jp/articles/-/13424
    K0000524927

    レス引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1410434192/ 【3500km走って分かった圧倒的な燃費性能 ホンダ「アコードハイブリッド」】の続きを読む

    1: 雨宮◆3.yw7TdDMs 2014/07/31(木)13:39:31 ID:y3RpLLC4A
    RIMG1650_convert_20091107021253

    自動車販売台数世界首位に君臨するトヨタだが、中国では各国メーカーの後塵を拝している。世界一の2200万台市場への戦いの舞台裏に経済ジャーナリスト・永井隆氏が迫った。
     
    「私の名前は保守(パオショウ)と申します。名前は保守ではありますが、私の描く中国戦略は決して保守的ではなく、革新的なものだと自負しております」

     2014年4月20日、北京モーターショーのプレスカンファレンス。伊原保守・トヨタ自動車副社長は、詰めかけた中国メディアを前に熱く語った。中国語を交えたジョークに会場から歓声が起こるなか、強い眼差しでこう言い切った。

    「将来的には日系メーカーNO.1、ブランド別シェア3位となることを目指し、努力していきたいと考えております」
    「年間販売200万台規模の事業へと成長を遂げることが、私の描く中国事業の将来像です」

     その決意は言葉だけではなく、販売戦略からも読み取れる。トヨタは同モーターショーで、新型カローラとレビンを中国で初公開した。カローラは日本でもおなじみの定番コンパクトカー、レビンは1980年代に日本で一世を風靡したものの、生産が終了していた若者向けの人気車だ。

    さらに、中国産ハイブリッドユニットを搭載した両車の2015年発売も明言している。

     後述するがトヨタが誇る“虎の子”技術・ハイブリッドユニットを「現地生産」で販売する意味は大きい。
    知的財産の管理が行き届いていない中国において技術流出の恐れはぬぐえないからだ。
    しかし、なりふり構ってはいられない。「技術流出は織り込み済み」という言葉さえ、社内外から聞こえてくる。

    「一緒にやることで土に水が染みわたっていくように技術が浸透していき、この地のモノづくりの底上げに繋がればトヨタにとっては嬉しいこと」(中国駐在のトヨタ関係者)

     昨年11月からは、上海にほど近い江蘇省でトヨタ自動車研究開発センターが稼働した。東京ドーム50個分の広大な敷地で、ハイブリッド技術を現地生産するための研究などを行なうという。

    トヨタが本気で中国を獲りにきた。業界関係者がそう囁く背景には、従来の戦略のままでは中国市場を攻略できないという焦燥もある。

    2013年の中国自動車市場は2199万台(前年比14%増)に達した。2000万台の大台を初めて超え、世界2位のアメリカ市場の約1560万台を大きく引き離す。だが、そのうちトヨタの販売台数は92万台に過ぎず、メーカー別シェアはたった4%で6位に沈む。

    ちなみに1位が独フォルクスワーゲン(VW)で320万台(シェア14.6%)、日系1位は4位日産で126万台(同.7%)。
    昨年、トヨタは93万台の米フォード(同4.2%)に抜かれるなど中国バブルから1人取り残されている。

    その理由について、大手紙経済部記者はこう指摘する。

    「車を所有することで見栄を張りたいのが中国人の心理です。中国では豪華でゆったりとした欧州のデザインが好まれるが、トヨタ車はコンパクトさや機能性を売りにしてきたことでユーザーの心をとらえきれなかった。トヨタはこれまで“本社主導”を貫き、現地化への対応を怠ったことも大きい」 ※SAPIO2014年8月号

    http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140731-00000009-pseven-bus_all#!brLqN7

    引用元 http://awabi.open2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1406781571/ 【トヨタがハイブリッド技術を中国生産に…「技術流出は織り込み済み」】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/21(月)16:41:52 ID:z4AyqpiMU
    2009_Toyota_Prius_01
    車自体は問題ないだろ 乗ってる層に不満があるのか?
    公務員を叩くのと一緒で結局妬みなの?

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1405928512/ 【プリウスってなんで叩かれてんの?】の続きを読む

    1: エクスプロイダー(芋)@\(^o^)/ 2014/08/02(土) 23:38:06.30 ID:tX7BOShD0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    HONDA-S2000

    ホンダ S2000がハイブリッドのミッドシップクーペとして復活!?
    ホンダがスポーツカーをフルラインナップするーそんな夢のような日が来るかもしれません。

    開発が進んでいると言われているホンダ NSXとS660に続き、それS2000の後継モデルにゴーサインが出たかもしれないとは以前お伝えしましたが、Motoringからのレポートでその詳細が明らかになりつつあるようです。

    FRでロングノーズ・ショートデッキのS2000の美しさに惚れ込んでいた人達には残念なお知らせになりそうですが、このモデルはS2000の名前を冠しながらもその構造は全くの別物になりそうです。

    しかしながら、スポーツカーとしての機能を最優先に作り上げるという姿勢からは昔と変わらぬホンダのスポーツカー造りに対する情熱やこだわりを感じます。

    駆動方式はMRを採用するため、兄弟車となるNSX、S660とは同じデザイン言語を使用することになるようで、BMWの2-4-6のように小型-中型-大型のスポーツカーのフルラインナップが完成することになりそうです。

    そのパワートレーンは次期シビック タイプRに搭載される予定の直列4気筒ターボの2Lエンジンに電気モーターを組み合わせるハイブリッドになるもようで、その最高出力は272kW(370PS)にも達すると予想されています。
    NSXとの相違点は、NSXがsuper-hybridという前輪にモーターを組み合わせるAWD(全輪駆動)になるのに対し、このS2000の後継モデルは後輪にモーターを組み合わせるMRとなることです。

    ボディにはNSX譲りのカーボンファイバーとアルミの複合素材があしらわれ、その結果ボディ重量は1300kgに押さえ込まれ、これを7速のデュアルクラッチで駆動することになるようです。
    3.5kg/PSを誇るパワーウエイトレシオは、あのコルベットC7やアウディR8と並ぶものである事からも、このスポーツカーの凄さが垣間見えるのではないでしょうか。

    高出力化されたハイブリッドの調整にやや時間がかかっているようですが、このS2000は2017年の終わり頃に発売が開始される予定だという事で、その価格は70,000オーストラリアドル(約680万円)を下回るものになるということです。

    http://www.j-sd.net/honda-s2000/

    レス引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1406990286/ 【ホンダ S2000が復活!?DCT+HV MRでエンジンはシビックタイプRと共有か】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/20(日)10:15:33 ID:imjfz1uOq
    img20140718164607

    Bs4_noGCIAEhBY_


    引用元 http://viper.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1405818933/ 【【軽自動車HV】ワゴンR ハイブリッドがついに登場!発売日は8月25日か…パンフレットが流出】の続きを読む

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/06/27(金) 22:47:10.53 0.net
    あんな200万もする車がいっぱいってみんな金もってるんだなぁ
    Toyota_Aqua_101

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1403876830/ 【トヨタのアクアって車をよく見かけるけど】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/06/28(土)01:40:41 ID:TouMjGZ33
    売れるには理由があるだろ
    10101040_200905

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1403887241/ 【プリウスをめちゃくちゃ見かけるということはそれだけいい車なのか?】の続きを読む

    このページのトップヘ