サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:ハイブリッド

    1 ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/06(月) 22:05:13.34 ID:???0
    米フォードモーターが開発したコンセプトカーは「C-MAX Solar Energi Concept」と名付けられた。同社のヒット商品である5人乗りプラグインハイブリッド車「C-MAX Energi plug-in hybrid」をベースに、車体の屋根全面に新開発の太陽光発電ユニットを搭載したコンセプトカーだ(図1)。1月7日から米国ラスベガスで開催される「2014 International CES」で初めて公開する。

    フォードによると、太陽光発電ユニットを搭載したプラグインハイブリッド車でも従来のモデルと同等の性能を発揮する。航続距離は620マイル(約1000キロメートル)に達し、バッテリーに貯めた電力だけでも21マイル(約34キロメートル)の走行が可能である。

    バッテリーの容量は8kWhで、太陽光発電ユニットからの電力を貯蔵することができる。米国内の標準的な走行パターンのうち75%までは太陽光だけで走ることが可能になる見込みだ。これにより年間のCO2排出量を最大4トンも削減できて、一般家庭で4カ月分のCO2排出量を節約することができる。

    屋根に搭載する太陽光発電ユニットは米サンパワーが供給するほか、太陽光を集約して発電効率を高める技術を米ジョージア工科大学が開発した(図2)。集光のために灯台などで使われているフレネルレンズを採用して、通常の8倍の効果を得られる点が特徴だ。さらに太陽光の向きを追跡する機能を搭載して、日中に長時間にわたる発電を可能にする。

    電気自動車の燃費に相当する“電費”は100MPGeになる(1ガロンのガソリンと等価な電力で100マイル=約160キロメートルを走行可能)。各メーカーが販売中の電気自動車やハイブリッド車とほぼ同等の性能で、トヨタ自動車の「プリウスPHV」が95MPGeの電費を発揮する。(以下略)

    http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1401/06/news055.html
    図1 「C-MAX Solar Energi Concept」の外観。出典:米Ford Motor
    ford_ev2_sj

    図2 屋根全面に太陽光発電ユニットを搭載。出典:米Ford Motor
    ford_ev3_sj

    【【フォード】太陽光で走るプラグインハイブリッド車が登場、屋根全面に発電パネルを搭載】の続きを読む

    1 諸星カーくんφ ★ 2013/12/21(土) 12:37:17.35 ID:???
    ソース(MSN産経ニュース) http://sankei.jp.msn.com/economy/news/131221/biz13122112000006-n1.htm

    日産自動車は主力乗用車「スカイライン」を全面改良し、来年2月末に発売する。13代目となる新型はシリーズ初のハイブリッド車(HV)。輸入車の高級セダンに対抗するプレミアムカーを目指し、海外向け高級車ブランド「インフィニティ」のマークを車体前面に採用した。

     排気量3500ccのエンジンと電気モーターを組み合わせたHVシステムで、ガソリン1リットル当たりの走行距離は最も燃費がいいモデルで18・4キロ。価格は449万6100~553万7700円。月間販売目標は200台。

     国内の商品企画を担当した寺田美穂・日本商品企画部リージョナルプロダクトマネージャーに開発の経緯や思いなどを聞いた。

     --新型スカイラインのアピールポイントは

     「先進技術がこれほどてんこ盛りの車を担当するのは私も初めて。日産が今できることを全部盛り込んだ。ステアリングとタイヤをシャフトでつながずに、電気信号に置き換えて車を操作する機能は乗用車では世界で初めて採用した。シートの位置からナビ画面、安全装置の作動まで好みで設定できるパーソナルアシスタント機能も特徴。96通りのお好みが作れるので、家族で別々にキーを持って設定すれば、ご主人が乗るときはご主人仕様、奥様が乗るときは奥様仕様に自動で切り替わる。ドライバーが車に乗せられるのではなく車がお客さまに寄りそうドライビングプレジャーを提供できる」

     --充実した安全装備も売りだ

     「全方向をセーフティーシールドで包んだ。実際乗ってもらうとものすごく安心で、ストレスや不安から解放される。特に目の前を大型トラックが走っていて車線の見通しがきかないようなとき、2台先の車をミリ波レーダーで検知して急ブレーキに対応する世界初の衝突回避機能はぜひアピールしたい」

     --ターゲット層は

     「年齢でいうと40代前半の男性。共働きの奥さんがいて、娘が1人。外資系企業で管理職をしており、非常にタフな環境の第一戦で活躍している人。都心のタワーマンションに住んでいる。まあ、私の友達にはあまりいないタイプだが…。重きを置いているのはむしろ価値観だ。良くも悪くも自信家で、自分に厳しい人。車を選ぶ際にも見えやブランドは気にせず、自分で『車はこうあるべきだ』と思ったものを追求する、厳しい審美眼を持っている」

     --プレミアムセダン市場の現状は

     「日産では『Lクラスセダン』と呼んでいるが、独ベンツ、独BMW、独アウディなど伝統的ブランドが革新的な技術をどんどん投入してブランド力を強めているセグメントだ。国内では輸入車が安定的に売れているほか、ここ数年はHVの構成比が上がり、盛り返しを見せている。スカイラインはそのなかでも、走りと洗練さを極め、最も先端のポジションに到達したと自負している」

    (続きはソースで)

    写真=日産自動車が発表した、新型スカイライン。説明する西川広人副社長
    biz13122112000006-l1

    biz13122112000006-l2

    biz13122112000006-l3

    写真=日産自動車が発表した、新型スカイラインの運転席
    biz13122112000006-l4


    【ハイブリッド(HV)となって帰ってきた、日産の新型スカイライン…先進技術てんこ盛り、「やれることはすべてやった」】の続きを読む

    1 ジャストフェイスロック(やわらか銀行) 2013/12/17(火) 20:11:30.87 ID:fuToXCeK0
    Kia-k5-500h-hybrid
    現代・起亜車、ハイブリッド総力戦…トヨタ攻勢に応戦

    現代(ヒョンデ)・起亜車がハイブリッドカーを市場に相次いで投入している。今月に入って4車種の新車を発売した。起亜車は16日、自社の準大型乗用車であるK7のハイブリッドモデル「K7ハイブリッド700h」(以下700h)を発売した。前日に発売された現代車のグレンジャーハイブリッドに続き現代・起亜車史上2つ目の準大型乗用ハイブリッド車だ。

    700hはハイブリッド専用セタ2 2.4MPIエンジンと35キロワットの電気モーターを装着して合計最高出力204馬力、最大トルク21kg・mの性能を持つ。燃費は標準小型車よりも高い16.0Km/Lだ。ガソリン価格が1リットルあたり1900ウォンで年2万キロを走行すると仮定した場合、K7の3.0ガソリンモデルに比べ年間128万ウォン(約12万5000円)のガソリン代を節約できると起亜車は説明した。3440万ウォンと3595万ウォンの2等級で発売された。

    中型車K5ハイブリッドの様式変更モデル「K5ハイブリッド500h」(以下500h)も共に発売された。最高出力150馬力、最大トルク18.3kg・mのハイブリッド専用ヌウ2.0MPIエンジンと35キロワットの電気モーター、16.8km/Lの燃費など諸々の数値は既存モデルと同じだ。だが既存モデルよりも制動距離が3.6%改善され、前輪サスペンションの改善による安全性と乗車感の向上、騒音遮断性強化による静寂性の向上など多くの品質改善が実現した。価格も2893万~3210万ウォンで既存モデルより20万~30万ウォンの引き上げにとどめた。

    これに伴い現代・起亜車は4日にソナタハイブリッド2014年型を発売したのをはじめとして今月入ってから4車種のハイブリッドカーを市場に出すことになった。またフォルテ・アバンテハイブリッドを含めて準中型・中型・準大型にかけて6種に及ぶハイブリッドカーのラインナップをそろえることになった。起亜車はこの日発売した2車種に700hと500hという新しい名称を付けてネーミングのマーケティングにも乗り出した。

    (続く)

    【脅威の燃費16Km/Lを叩きだした韓国「現代・起亜」 自主開発のハイブリッドシステムでトヨタに応戦】の続きを読む

    1 中年'sリフト(catv?) 2013/12/13(金) 22:50:47.25 ID:WAlyQy2G0
    00010711
    ホンダは2016年に中国で低価格のハイブリッド車(HV)を発売する。提携先の自動車大手2社と共同開発して現地生産する。
    構造が簡単な基幹システムを採用し、同国で販売しているHVのほぼ半額の100万円台半ばの価格で売る予定。中国政府は
    大気汚染対策の一環でエコカー普及策に力を入れており、ホンダは低価格車の投入により出遅れている同国市場で巻き返しを急ぐ。

     トヨタ自動車も第一汽車集団(吉林省)、広州汽車集…

    http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD110N3_R11C13A2MM8000/?dg=1

    【【悲報】ホンダ 新型ハイブリッド 中国と共同開発】の続きを読む

    1 ときめきメモリアル(千葉県) 2013/12/12(木) 23:53:20.51 ID:wZSnuXXG0
    アキュラ RLX(ホンダ レジェンド後継車)ハイブリッド【スクープ!】 / navi

    scoop628

    3.5LのV6ハイブリッドシステムを搭載

    エクステリアは発表済みのガソリン車を踏襲したデザインとなる。バンパー内のターンシグナルがワイドになり、ガソリン車と微妙に異なる顔つきに仕立てられる。
    SH-AWDのエンブレムが装着されるが、SHの部分が青く着色されハイブリッドであることがアピールされる。

    インテリアでは、従来のレバーではなくボタン式シフトが採用される。センターコンソールからシフトレバーが消えることで、いちだんとスッキリとした見た目になる。
    電動パーキングブレーキと相まってスマートに利用できる点が魅力といえよう。

    ガソリン車にない装備としてもう1点あげられるのは、フロントウインドウに車速やナビなどのルート案内などを表示するヘッドアップディスプレイ。各車輪の駆動力も表示されるというからユニークだ。

    パワートレインは、システム出力377hp(382.2ps)を発生する3.5LのV6ハイブリッドシステムが採用される。このシステムには3個のモーターが用いられる。
    ひとつがエンジンとともに前輪を駆動させ、残りふたつが左右後輪用に配され4WDを構築する。左右後輪のトルク配分を自在に変動させられることで旋回性能も向上するという。

    このRLXハイブリッド、2014年にレジェンドの後継車として国内でも販売される予定だ。2015年の全世界での販売台数は6000台を計画しているという。生産は、埼玉県の狭山製作所が担当する。

    http://navi.carsensorlab.net/news/14_24092/

    【ホンダ レジェンド後継車「アキュラ RLX ハイブリッド」】の続きを読む

    1 ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/01(日) 13:34:31.59 ID:???0
    10101073_201112_s
    世界最高燃費競争が熾烈だ。今年9月に、ホンダはコンパクトカー、フィットを6年ぶりに
    フルモデルチェンジした。そのハイブリッドモデルはJC08モード燃費で36.4km/リッターという
    世界最高燃費を達成し、トヨタ・アクアを抜いた。
    しかし、東京モーターショー開幕中の11月26日にトヨタが発表したリリースで、
    「トヨタ・アクアを一部改良して、燃費性能でトップの37.0km/リッターを達成した」と
    発表した。これは従来比1.6km/リッターの向上だ。
    今回、世界一燃費を達成するためのリニューアルメニューは当たり前だが多岐に及ぶはずだ。
    資料では、「エンジンのフリクションを低減するとともに、モーターやインバーターなどの
    制御を改良しハイブリッドシステムの効率を一段と高めることで世界最高燃費を獲得した」とある。
    この説明では何のことやら、何をどうのように改善したのか、普通の消費者には分からない。
    (中略)
    ただし、アクアを好燃費で選択しようと思っている人は注意が必要だ。
    トヨタの常套が隠されている。カタログ数値を正確に読み取ろう。そこには、こう書かれている。
    「メーカーオプション装着およびメーカーパッケージオプション装着により、
    車両重量が1090kg以上の場合、33.8km/リッターとなります」とある。
    (中略)
    つまり、アクアでメーカーオプションを“ひとつでも”選ぶと最高燃費モデルから陥落するのである。
    ある意味で有効な販売促進の方法の裏を読み取る、意味は無いか? 
    「所詮、カタログ燃費は信じない」ユーザーが多いのは事実だ。

    *+*+ EconomicNews +*+*
    http://economic.jp/?p=29433

    【トヨタ・アクア、世界最高燃費奪還…だがメーカーオプションを“ひとつでも”選ぶと陥落する】の続きを読む

    このページのトップヘ