サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:バッテリー

    1: 名無しさん@おーぷん 2014/11/04(火)06:32:09 ID:MGnfM7a29
    どうなってんのこれ
    アクセルかけた時しかラジオが付かない
    malfunction-or-check-engine-car-2

    引用元 http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1415050329/ 【車のバッテリーランプが点灯してラジオがブチブチ切れるんだけど】の続きを読む

    20140728pic2
    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2014/07/28(月) 14:05:32.70 0.net
    日産は先月、電気自動車(EV)「リーフ」の交換用のバッテリーパックを5,500ドル(約56万円)で提供すると発表した。この価格は、メーカーとしての利益がゼロであることを、日産グローバル・コミュニケーションズ責任者であるジェフ・クールマン氏が米エコカー専門情報サイト『Green Car Reports』で明らかにしている。

    クールマン氏は「今回ご提供させて頂くバッテリーパック交換プログラムでは、日産が得るマージンをゼロに設定しています。つまり、弊社が交換費用を補助することになりますが、それでもこの価格にする必要があります」と語っており、バッテリーパックの交換が日産にとって赤字になることを伝えている。

    ちなみにバッテリーパックの交換には使用済みバッテリーの処理費用としておよそ1,000ドル(約10万円)がかかるので、実際のバッテリー交換コストは6,500ドル(約66万円)になる。

    日産は交換用バッテリーを生産コストよりも低価格で販売することで、顧客のニーズに応え、リーフを成功させようとする意気込みを示しているようだ。これが消費者のエコカー購入意欲向上につながり、化石燃料に頼らない電気自動車への関心を高めるきっかけになるかもしれない。

    また、より多くの人がEVに乗り換えることになれば、生産台数の増加とともに生産コストが下がり、将来的には日産が損益なしになるのもさほど難しい話ではなさそうだ。

    交換用バッテリーは現行の新車に使用されているものと同じで、8年間で10万マイル(16万km)走行の保証がつくという。

    http://jp.autoblog.com/2014/07/27/nissan-loses-money-each-leaf-replacement-battery/

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/morningcoffee/1406523932/ 【日産、リーフのバッテリー交換費用を56万円に設定】の続きを読む

    1 フルネルソンスープレックス(長野県) 2014/01/18(土) 22:06:57.37 ID:h9ZWXdwo0
    今まで何度もモバイルバッテリーの紹介をしてきたが今回紹介するモバイルバッテリーほど特大容量の物は存在しただろうか。
    過去に紹介したもので最も大容量なもので40800mAhというぶっちぎりの大容量の物だった(下記参照)。
    その製品は『Power Pond Pro』という製品で中身はパナソニックのリチウムイオンバッテリー(NCR18650B)が使用されているというもの。

    今回紹介するモバイルバッテリーは更にその上を行く大容量。なんと52000mAhという超大容量である。
    製品名は『Universal Power Bank EX 52000mAh』で、USB2ポート、そしてノートパソコン充電も可能としており変換コネクタも各種付属。
    更にそれだけではなくこの製品は自動車用バッテリーの充電も可能としている凄い奴なのである。
    もちろん自動車バッテリー用のクリップケーブルも付属している。

    『Universal Power Bank EX 52000mAh』はお値段2万9800円でアマゾンで発売中。
    長期外出を予定する人や車のバッテリーを充電したいときの予備用に備えて置くと助かるかもしれないぞ。
    しかし満充電に何時間かかるのだろうか……。

    キターーーー!スマホが20回も充電出来る52000mAhの超大容量モバイルバッテリー PCはもちろん自動車の充電も可能
    http://news.ameba.jp/20140118-94/
    0028

    0034

    【自動車用バッテリーも充電可能な52000mAhの超大容量モバイルバッテリー】の続きを読む

    このページのトップヘ