サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:リコール

    1: 海江田三郎 ★ 2017/02/09(木) 15:53:19.56 ID:CAP_USER.net
    http://response.jp/article/2017/02/09/290377.html

    1151288

    マツダは2月9日、『デミオ』などの運転席に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

    対象となるのは、マツダ『デミオ』『アクセラ』『アテンザ』『ビアンテ』の4車種で、2007年5月11日~2010年9月30日に製造された24万8753台。

    運転者席の座高を調整するリフタリンクの強度が不足しているほか、リフタリンクの抜け止め防止用
    プッシュナットの固定方法が不適切なため、リフタリンクに亀裂が入ったり、プッシュナットが外れることがある。

    そのため、そのまま使用を続けると、座席から異音やガタが発生し、最悪の場合、リフタリンクが破損もしくは外れて座席が傾き、正しい運転姿勢が取れなくなるおそれがある。

    改善措置として、全車両、リフタリンクを点検し、亀裂がない場合はリフタリンクに補強ブラケットを追加するとともに、プッシュナットを2枚構造にする。亀裂がある場合は、シートアジャスターユニットを対策品に交換する。

    なお、補強ブラケットの準備に時間を要するため、年式の古い車両から順次改善措置を実施する。

    不具合は44件発生、事故は起きていない。市場からの情報および国土交通省からの指摘により発見した。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1486623199/ 【マツダ「デミオ」など24万8000台リコール…運転席が傾くおそれ】の続きを読む

    1: サソリ固め(茨城県)@\(^o^)/ [US] 2016/11/25(金) 23:53:23.89 ID:8nfN90aI0.net
    スバル11万8000台リコール エンストの恐れ

    富士重工業は25日、エンジンを冷やす部品の不具合でエンストの恐れがあるとして、スバル「インプレッサ」など乗用車4車種、計11万8389台(2008年2月~11年1月生産)のリコールを国土交通省に届けた。

    国交省によると、エンジンに冷却水を送るポンプのベアリングが設計ミスのため破損しやすくなっており、ポンプが止まってエンジンを冷却できずオーバーヒートする恐れがある。発電機などを回すベルトが切れてエンストする可能性もある。

    09年3月以降、走行不能になるなどのトラブルが93件報告されているが、事故はない。(共同)

    10451010_200810

    http://mainichi.jp/articles/20161125/k00/00e/040/292000c

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1480085603/ 【スバル、レガシィやインプレッサなど約12万台リコール…対象車は2008年2月~2011年1月生産】の続きを読む

    1: ちゃとら ★@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 22:04:35.53 ID:???0.net
     ホンダで前例のない連続的なリコール(回収・無償修理)が起き、伊東孝紳社長(61)率いる現経営陣が厳しい対応を迫られている。リコールの影響で品質の再検証に時間と精力を割かれ、その結果、新型車の発売は1年間もゼロの状態だ。

    ホンダ車の5割が搭載するタカタ製エアバッグの異常によるリコール問題も米国で深刻化し、さらに追い討ちをかけている。伊東社長は危機をどう乗り切るのか、同社役員OBからも心配の声が上がっている。

    <歴代社長が伊東社長を訪問>

    今年10月、1990年から98年まで社長を務めていた川本信彦氏(78)が本社(東京・青山)に出向き、伊東社長を訪れた。元役員など複数のホンダ関係者によると、ここ数年、急増しているリコールについて、ホンダブランドのダメージにつながりかねないとして、品質問題にすばやく対応するよう厳しい口調で諭したという。

    「いったいホンダはどうしたのか。どこかがほころんでいる」

    ホンダは10月23日、看板車種「フィット」のハイブリッド車(HV)など約42万台をリコールすると発表。リコールの回数は、昨年12月に発売した小型SUV「ヴェゼル」のHVで3回。昨年9月に投入したフィットHVでは昨年10月と12月、今年2月と7月も実施しており、発売から1年間で実に5回を数える。
    2011年以降、原動機付二輪車「スーパーカブ」でもリコールが5回続いている。

    57665e3c

    <伊東社長の部品戦略が一因との見方も>

    川本氏の訪問よりもっと前に、伊東社長に会うため本社へ足を運んだ元社長がもう1人いる。 1998年から2003年まで社長を務めた吉野浩行氏(75)だ。複数の関係者によれば、吉野氏は伊東社長に対し、自動車メーカーの業界団体である日本自動車工業会(自工会)会長就任の要請を受け入れる前に、社長としてホンダの日々のオペレーションに集中するべきだ、と告げたという。

    もっとも、川本・吉野の元社長2人は伊東社長に辞任のプレッシャーを与えたわけではない。ある関係者は「川本氏が伊東社長に退任を促したといううわさもあるが、もしそれが本当なら、いまごろ伊東社長はとっくに辞めているはず」と話す。 ホンダ広報は、歴代社長らの訪問についてはコメントを控えたが、「一般的に元役員の訪問は珍しいことではない。今回に限らず、役員OBからアドバイスを受けることはある」という。

    しかし、元役員の1人は、相次ぐリコールは2009年の就任後に伊東社長が決断した新たな部品調達戦略に一部、起因しているのではないか、ともみている。世界中に工場を持つメガサプライヤーから部品を大量かつ安価で調達しコスト削減を目指すというもので、系列サプライヤーから調達する長年続けてきた従来の方法とは対極にある。これまでなら阿吽(あうん)の呼吸で出来たことが、メガサプライヤーとの新たな取り組みが増え、
    「エンジニアたちが、あまりにも多くの仕事を抱え込み過ぎたのではないか」(元役員)と指摘する。

    http://news.livedoor.com/article/detail/9476183/

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1416229475/ 【ホンダリコール相次ぎ、スーパーカブでもリコールが5回 安価で調達した部品が原因か?】の続きを読む

    1: ニーリフト(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/23(木) 18:49:10.67 ID:Mb1jbOBp0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    am_ft1309002L

    10月23日(ブルームバーグ):ホンダ は新型「フィット」など世界で計約42万6000台のリコールを実施する。昨年9月に発売した新型フィットのリコールはこれで5度目となる。

    ホンダ広報担当の安藤明美氏によると、リコール対象の車種はフィットのほか、小型SUV「ヴェゼル」やワゴン系の軽自動車「N-WGN」、「N-WGN CUSTOM」でリコールに掛かる費用は57億円を見込んでいる。業績への影響は軽微という。

    ホンダや国土交通省の資料などによると、国内分計42万5825台のほか、中南米やアジアなどで183台をリコールする。点火コイル内部の電気ノイズを除去する構造が不適切なため、エンジンが停止するなどの恐れがある。また、電源供給回路で電気ノイズに対する保護が不十分なため、制御ユニットが誤作動し、走行中にメーターパネルが消灯し、エンジンが停止する恐れがあるとしている。国内でリコール対象となる車種の製造期間は2013年6月から14年10月まで。

    3代目となる新型フィットは、国内登録車販売で昨年10月から首位となり、今年の前半も2月と6月にトヨタ自動車 のハイブリッド車「アクア」がトップになったのを除いて首位だった。4度目のリコールを発表した7月以降は3カ月連続でアクアに首位を奪われていた。
    安藤氏によると、ホンダは新型フィット、ヴェゼルでリコールが複数回に及んだことの責任を受け止め、伊東孝紳社長が月額報酬の20%を3カ月間返上する。

    http://www.bloomberg.co.jp/news/123-NDU9EX6K50Y801.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414057750/ 【ホンダ フィットが5度目のリコール】の続きを読む

    1: トペ スイシーダ(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/17(金) 12:11:22.10 ID:LCQtqStX0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    ホンダのタイ法人とベトナム法人は17日までに、日本に輸出した「フォルツァ Si」などバイク4車種、計2万1220台(2013年4月~14年10月生産)を無償修理するリコールや改善対策を国土交通省に届けた。

     国交省によると、燃料ポンプの不具合で走行中にエンストし、再始動できなくなる恐れがある。

     広島市で7月、バイクが交差点を右折時にエンストして転倒、乗っていた男性が腰を打つけがをしたほか、9件のトラブルが報告されている。

     「フォルツァ Si」以外の3車種は「グロム」「ズーマーX」「SH mode」。排気量が少ないミニバイクで、リコール制度の対象外となるため、リコールに準じた改善対策を取る。〔共同〕
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG1604A_X11C14A0CR0000/

    forza_si

    pic-color03

    pic-color01

    pic-color01_2

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1413515482/ 【ホンダ、バイク4車種2万台を無償修理】の続きを読む

    1: 生姜茗荷 ★@\(^o^)/ 2014/10/15(水) 15:03:40.03 ID:???0.net
    toyota
    トヨタが世界で計166万台超リコール、レクサスなどの一部車種
    http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKCN0I40ET20141015

    トヨタ自動車は15日、高級車部門「レクサス」の一部車種と高級セダン「クラウン」などの車種について、世界で計約166万8000台をリコール(回収・無償修理)すると発表した。
    このうち約19万台は、「オーリス」など2車種の日本国内のみでのリコール。
    いずれも事故の報告はないという。
    レクサスの「LS」や「IS」などは、制御装置関連のブレーキマスターシリングの不具合によるリコール。
    「クラウン」は同不具合に加え、燃料装置関連のデリバリーパイプの不具合と2つの原因によりリコールする。
    オーリスなどのリコールは、燃料蒸発ガス排出抑制装置の不良が原因としている。

    引用元 http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1413353020/ 【トヨタが166万台超リコール、レクサスなど】の続きを読む

    1: ダイビングフットスタンプ(芋)@\(^o^)/ 2014/10/10(金) 23:18:21.32 ID:Q1sUF2AD0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    川崎重工は10月8日、カワサキ『エストレヤ』の燃料ホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

    対象となるのは、2013年11月27日~2014年8月22日に製作された1374台。

    燃料ホースの取り回しが不適切なため、左スロットルボディアッシカバー端部と燃料ホ―スが干渉するものがある。そのため、そのまま使用を続けると、燃料ホースが損傷し、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

    全車両、左スロットルボディアッシカバーと燃料ホースを対策品と交換する。

    不具合および事故は発生していない。社内からの情報で発見した。
    http://response.jp/article/2014/10/08/234448.html
    001056972


    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412950416/ 【カワサキ エストレヤにリコール…燃料漏れのおそれ】の続きを読む

    1: かじりむし ★ 2014/09/19(金) 00:04:56.49 ID:???.net
    EV3G_N00060
    スズキ、軽45万台リコール エアコンに不備 火災も
    http://www.asahi.com/articles/ASG9L5T3WG9LUTIL03C.html
    朝日新聞  2014年9月18日18時20分

     スズキは18日、軽ワゴン車「エブリイ」とマツダのブランドで製造する「スクラム」の計45万3225台のリコール(回収・無償修理)を国土交通省に届け出た。エアコンの不具合で走行中の車内に煙が充満し、停車後に出火するなどの火災が3件発生した。

     2005年8月~10年3月の製造分が対象。国交省によると、エアコン用に外気を取り入れる部分から雨水が入りやすく、空気を循環させるモーターがさびて回らなくなる恐れがある。エアコンや窓の曇りを取り除くデフロスターが作動しなくなるほか、マニュアル式のエアコンでは部品が過熱して出火する可能性があるという。

     スズキは10年にも同内容のリコールを届け出たが、販売店への修理の指示が不十分で火災や不具合が相次いだため、国交省が再リコールを求めていた。

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1411052696/ 【スズキの軽自動車「エブリィ」45万台リコール エアコンに不備 火災も】の続きを読む

    1: オリンピック予選スラム(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 14:00:18.22 ID:1RoMmoN+0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    130888

    日産自動車は9月4日、『マーチ』などの始動装置(スターターモータ)および制動装置(アッパースプリング)に不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

    対象となるのは日産『マーチ』『ノート』『ラティオ』の3車種で、2010年6月25日から2014年4月15日に製造された11万5774台。

    アイドリングストップ無し車のスターターモータにおいて、モータコイルとシャフトの嵌合力が不足しているため、始動時の入力によってモータコイルがずれるものがある。
    そのため、そのまま使用を続けると、ブラシが変形して始動不良となり、最悪の場合、ブラシホルダが破損し、ショートして発火するおそれがある。


    後輪ブレーキのアッパースプリング製造工程において、治具の形状が不適切なためスプリングに傷がついたものがある。そのため、そのまま使用を続けると、当該アッパースプリングが折損し、最悪の場合、ブレーキを解除しても制動力が完全に解除されないおそれがある。

    スターターモータについては、全車両、対策品と交換する。アッパースプリングについては、全車両、後輪ブレーキの製造日を確認し、対象の場合は良品と交換する。

    不具合はスターターモータで29件、アッパースプリングで211件発生。スターターモータ不具合による火災事故が3件発生している。

    市場からの情報、および国土交通省からの指摘により発見した。
    http://response.jp/article/2014/09/04/231571.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409893218/ 【日産 マーチなど11万台、スターターモータ不具合で発火のおそれ】の続きを読む

    1: 山梨◆bT6c9WIwLg 2014/08/31(日)20:22:06 ID:???
    0827-suzuki_full_600
     スズキは27日、米国とカナダ、メキシコで、2010~13年型セダン「キザシ」計約2万3千台をリコール(無料の回収・修理)すると明らかにした。
    燃料タンクの装置に空気を取り込むための管に、クモが巣を作る可能性があるためで、関連の事故やけが人はないという。

    (全文は産経ニュースで)
    http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140828/biz14082813220012-n1.htm



    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1409484126/ 【北米スズキ キザシの驚愕リコール理由…「クモが巣を張るから」】の続きを読む

    このページのトップヘ