サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:ルノー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/09/17(水)20:57:05 ID:rtZSE3QzC
    フランスの自動車大手、ルノーは9月16日、コンセプトカーの『EOLAB』の概要を明らかにした。
    実車は10月、フランスで開催されるパリモーターショー14で初公開される。

    ルノーが目指すのは、100km/h走行するのに必要な燃料が、わずか1リットルという「1リットルカー」。

    その目的達成のために、開発されたのが、「Z.E.ハイブリッド」パワートレイン。
    エンジンは1.0リットル直列3気筒ガソリンで、最大出力75ps。
    モーターは最大出力68psを引き出す。
    二次電池は、ルノーの市販EVと共通の蓄電容量6.7kWhのリチウムイオンバッテリー。
    EVモードでは、最大60kmのゼロエミッション走行が可能。
    車両重量は、アルミ素材などの積極採用により、現行『クリオ』(日本名:『ルーテシア』)比で、400kg軽量化。
    アクティブエアロダイナミクスシステムにより、空気抵抗のドラッグをルーテシア比で30%低減。

    これらの結果、欧州複合モード燃費100km/リットル、CO2排出量22g/kmと、世界最高レベルの燃費性能を実現している。

    753950


    http://response.jp/article/2014/09/17/232690.html

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1410955025/ 【ルノーが目指すリッター100km HVコンセプト「EOLAB」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: エルボーバット(catv?)@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 18:57:31.20 ID:5JuOwJWJ0.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    オレンジ色に彩られたプロヴァンスの美しい村
    「ルシヨン」をイメージした限定車
    ルノー キャプチャー ルシヨン発売

     ルノー・ジャポン株式会社(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役社長:大極司)は、「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバールノーキャプチャーに、オレンジ色に彩られた南仏プロヴァンスの美しい村「ルシヨン」をイメージし、内外装の各所にオレンジ色を配した限定車ルノー キャプチャー ルシヨンを、9月4日(木)から全国のルノー販売店で、150台限定で販売します。

     ルノーキャプチャーは、「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバーで、流れるようなボディラインが作る力強くエレガントなシルエット、2.0Lエンジンに匹敵する性能を発揮する1.2L直噴ターボエンジン、そのエンジンの力をスムーズかつ効率良く路面に伝えるエフィシエントデュアルクラッチが特徴のモデルです。

     ルノー キャプチャー ルシヨンは、ルノーキャプチャーインテンスをベースに、オレンジ色に彩られた美しい風景で有名な南仏プロヴァンスの村「ルシヨン」をイメージした印象的なオレンジ色を、ルーフ、ホイール、シート、内装トリム等に採り入れた限定車です。

    http://as-web.jp/news/info.php?c_id=10&no=59634
    20140916a

    20140916b

    20140916c

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1409824651/ 【オレンジが映えるルノー・キャプチャー限定車「ルシヨン」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    20140516a

    ルノーが1.2L直噴ターボエンジン・6速マニュアルトランスミッションを組み合せた新型ルノー カングー ゼン 6MTを、5月22日から全国のルノー正規販売店で販売します。
    【ルノーが1.2L直噴ターボエンジンの新型「ルノー カングー ゼン 6MT」を発売】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 ボマイェ(芋) 2014/01/18(土) 23:07:13.71 ID:ogQGHVfmP
    ルノーから新型クロスオーバーSUVのキャプチャーが2014年2月27日に発売される。

    2013年3月のジュネーブモーターショーでワールドプレミアされた新型キャプチャーが、ようやく日本に導入されることになった。新型キャプチャーのボディサイズは全長4125mm×全幅1780mm×全高1565mm。プラットフォームは同じグループ会社の日産が販売するジュークと共用しており、ジュークの好調な販売にあやかった派生車種という見方もできるだろう。

    新型キャプチャーに搭載されるパワーユニットは直4 1.2Lエンジンとなる。1.5Lおよび1.6Lターボをラインアップするジュークとの比較ではやや力不足か。

    そしてトランスミッションはツインクラッチ式の6速EDC。奇数番ギアと偶数番ギアがそれぞれのシャフトに設置されることでスムーズなシフトチェンジを可能とする自動変速システムである。これはフォルクスワーゲンのDSGやホンダのDCTと同様のメカニズムとなる。

    新型キャプチャーの価格は249万8000円から、ツートーンカラーのインテンスが人気新型キャプチャーの車両価格はエントリーグレードのゼンが249万8000円から、インテンスは259万8000円からとなる。輸入クロスオーバーSUVとしては手が届きやすい価格帯であるが、200万円以下のグレードもラインアップする欧州モデルとの比較では割高と感じた。

    http://car-research.jp/renault/captur.html
    capter

    captur-side

    captur-face

    captur-back

    captur-rear

    【ルノー・キャプチャー 日産ジュークベース 1.2Lエンジン+6速EDC搭載SUV】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1 雪崩式ブレーンバスター(福岡県) 2013/12/28(土) 21:00:22.66 ID:1RHCd8rK0
    011_o

    ●ゴーン社長のダブルスタンダード
     今の日産にとって、コミットメント経営以上に悩ましいのがゴーン社長の「ダブルスタンダード」といえるかもしれない。

     今年2月下旬、日産と取引している部品メーカーが一堂に集まった場で、日産の13年度国内生産計画が提示され、会場がどよめいた。日産はそれまで、部品メーカーに対して「国内100万台生産体制は死守する」と、当時の志賀COOがことあるごとに言明してきたにもかかわらず、日産がその日に示した計画は95万台だったからだ。円高による国内生産コストの上昇抑制が目的だったが、部品メーカーの間には日産への不信感と、「いつ調達を減らされるかわからない」の不安感が広まった。

     このように日産では常に「合理的経営判断」を行うゴーン社長であるが、ルノーに対してはまったく対照的な“やさしい”姿を見せている。

     ゴーン社長が05年、日産兼任でルノーのトップに就任して策定した中期経営計画「コミットメント2009」では、世界販売台数をそれまでの年間250万台から330万台へ引き上げる目標が打ち出されているが、労働時間増になるとの労組の反対などで頓挫した。11年に策定し直した中計では、13年に世界販売台数を300万台とする緩い目標に修正したが、12年の販売実績は255万台で、過去10年間「250万台ペース」はほとんど変わっていない。

     こうしたゴーン社長の経営の下、欧州経済危機の影響もあってルノーの業績は低迷、12年度決算で自動車部門は2500万ユーロの営業赤字に転落した。13年1-6月期もルノーは1億ユーロの純利益を確保したが、これは日産から約8億ユーロの収入があったからと見られている。

     かつてはゴーン社長を送り込むなど日産の救世主であり、親会社同然のルノーが今では日産の重荷になっている。それにもかかわらず、「コミットメント経営を振り回して日産には厳しく、ルノーにはリストラひとつ断行できないゴーン社長のダブルスタンダードに対し、日産社内では冷めた空気が広がっている」と業界関係者は指摘する。
    http://biz-journal.jp/i/2013/12/post_3728_2.html

    【進むゴーンの孤立化 日産に厳しくルノーに優しいダブスタ経営?】の続きを読む

    このページのトップヘ