サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:欧州

    1: 夜更かしフクロウ ★ 2014/11/03(月) 08:42:33.42 ID:???.net
    http://www.asahi.com/articles/ASGBZ5G0NGBZULFA01X.html

     日産自動車は30日、荷物の配達やリゾート地での送迎など、近距離の業務向けの電気自動車(EV)を発売した。日産のEVでは、小型乗用車「リーフ」以来となる第2弾だ。走行距離が短い欠点から乗用車の販売は伸び悩むが、EVの使い道を広げたいという。

     スペインのバルセロナ工場で生産し、環境意識が高い欧州で先行販売しているが、日本にも逆輸入する。
    価格は消費税込みで約388万円から。1回の充電で走行できる距離は185~190キロだ。車から電源が取れるため、「台風や停電など災害時の支援」(鹿児島県薩摩川内市)用に期待する自治体もある。

     片桐隆夫副社長は「普及の環境も整いつつあり、EV市場に勢いがついてきた」と自信をみせた。
    (湯地正裕)

    AS20141030004040_comm

    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1414971753/ 【日産、近距離の業務向けEV「e-NV200」 欧州で先行、日本に逆輸入】の続きを読む

    1: ダイビングヘッドバット(catv?)@\(^o^)/ 2014/10/09(木) 09:26:11.80 ID:b+uK4fWY0.net BE:597584361-PLT(15000) ポイント特典
    49ae0e31-s

    トヨタはワゴンスタイルのハイブリッドモデル"Toyota Prius+"(日本市場では"Toyota Prius α"として販売)を2015年モデルとしてフェイスリフトすることを発表するとともに、その画像を公開した。

    完全に再設計されたフロントセクションなどの変更点が見て取れるこのプリウス+について、その詳細はまだ未発表となっている。
    cc32d697-s

    750b9575-s

    http://blog.livedoor.jp/motersound/51869157

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412814371/ 【欧州市場向け「プリウス+(プリウスα)」のフェイスリフトモデル】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2014/10/04(土)10:05:57 ID:lBnz5DunK
    honda-type-r-concept-02-1

    ホンダの次期「シビック TYPE R」のコンセプトモデルが、10月2日から開催されているパリ・モーターショーでお披露目された。現段階で明らかにされた情報を見る限り、新型シビック TYPE Rは本当に素晴らしいクルマになりそうだ。

    鮮やかな青いボディに赤のデカールが施されたボンネットの下には、最高出力280ps以上という2.0リッター直列4気筒の直噴ガソリンターボエンジンが搭載され、6速マニュアル・トランスミッションとの組み合わせで前輪を駆動する。

    また、ホンダの発表によると、トルクステアを最小限に抑える「ステアアクシス」システムや、サスペンションのダンパーセッティングを切り替えることができるアダプティブダンパーを採用。

    さらに、運転席の「+R」ボタンを押すことで、エンジン設定が高レスポンスで力強いトルク特性になるという。

    同時にサスペンションやステアリングもスポーティな設定に切り替わり、これまでホンダが世に送り出してきたどのTYPE Rよりも、最高のTYPE Rになる。

    http://jp.autoblog.com/2014/10/03/honda-civic-type-r-concept-paris-2014/

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1412384757/ 【ホンダが史上最高の「シビック TYPE R」を公開】の続きを読む

    1: スリーパーホールド(芋)@\(^o^)/ 2014/10/03(金) 08:58:03.92 ID:QUgNbnr30.net BE:597584361-PLT(13345) ポイント特典
    761882

    ホンダは10月2日、フランスで開幕するパリモーターショー14において、改良新型『CR-V』の欧州仕様車を初公開する。

    欧州向けの改良新型CR-Vは、米国で9月30日に発表されたCR-Vの2015年モデルに準じる。外観は、ヘッドライトやグリル、バンパーが新デザインとなり、表情を一新。アルミホイールも新デザイン。バンパーのスキッドプレートやテールゲートも新しい。

    欧州仕様では、従来の2WD(FF)に加えて、4WDもディーゼルエンジンを変更。「アース・ドリームス・テクノロジー」を導入した「i-DTEC」エンジンと、新開発の9速ATの組み合わせにより、環境性能を引き上げる。

    4WDでは、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼル「i-DTEC」エンジンが、従来の2.2リットルを置き換え。4WD用は2WDよりも高出力となっており、最大出力160ps、最大トルク35.7kgmを発生する。9速ATの効果もあり、欧州で重視されるCO2排出量は135g/km以下と、従来比で20%改善させた。

    2WD(FF)車には、従来通り、1.6リットル直列4気筒ターボディーゼル「i-DTEC」エンジンの最大出力120ps仕様を搭載。CO2排出量を117g/kmに抑えている。
    http://response.jp/article/2014/10/02/233921.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1412294283/ 【ホンダ CR-V、欧州で改良新型…新世代1.6ディーゼル+9速AT】の続きを読む

    Honda-Civic-Type-R-Concept-08

    ホンダの英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドが、ジュネーブモーターショーのプレスデー(3日~4日)にて、次期欧州向け「シビック TYPE R」のデザインの方向性を示すコンセプトモデル「シビック TYPE Rコンセプト」を発表しました。 【シビック TYPE R コンセプト キター!!!】の続きを読む

    1 ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/02/18(火) 21:00:52.86 ID:???0
    4100302

    ★ホンダ、欧州で インサイト と CR-Z の販売中止へ

    ホンダのハイブリッド車、『インサイト』と『CR-Z』。両車に関して、欧州市場での販売が中止されると報じられている。

    これは2月14日、『オートモーティブニュース』の欧州版が伝えたもの。同メディアのインタビューに応じた欧州ホンダの広報担当者は、「インサイトとCR-Zは、現在の欧州での在庫分を最後に、販売終了となるだろう」と明かしたという。

    インサイトは、ホンダのハイブリッドの老舗的存在。またCR-Zは、スポーティハイブリッドというハイブリッドの新たな魅力をアピールしてきた。両車の欧州販売打ち切りの理由は何か。

    同メディアによると、「販売不振」が理由。2013年の両車の欧州販売実績は、インサイトが前年比62%減の1242台、CR-Zが前年比66%減の695台と低迷している。

    実際、欧州最大市場のドイツでは、ホンダの公式サイトから、すでにインサイトとCR-Zの姿が消えた。残るハイブリッドは、先代『ジャズ』(日本名:先代『フィット』)のハイブリッドのみという状態。

    同メディアの取材に対して、欧州ホンダの広報担当者は、「欧州発売以来、ハイブリッド車の販売は横ばい。しかし、最新のクリーンディーゼル搭載車に対する需要は根強い」とコメント。
    欧州ではもともと、ディーゼルエンジン搭載車の人気が高い。今回のホンダの決定は、欧州でのガソリンハイブリッドの「敗北宣言」とも受け取れそうだ。(レスポンス 森脇稔)

    http://carview.yahoo.co.jp/news/market/199739/

    【ホンダ、欧州で インサイト と CR-Z の販売中止へ】の続きを読む

    1 ときめきメモリアル(千葉県) 2013/12/12(木) 22:00:40.73 ID:wZSnuXXG0
    637437
    ホンダが2013年秋、欧州市場へ投入した『CR-V』の「アース・ドリーム・ディーゼル」搭載車。同車が英国で、優れた燃費性能を実証した。

    このディーセルには、ホンダの新世代環境技術、「アース・ドリーム・テクノロジー」を反映。「i-DTEC」と命名された 1.6リットル直列4気筒ターボディーゼルは、最大出力120ps、最大トルク30.6kgmを発生する。

    1.6リットル i-DTECは、クラス世界最軽量を目指して徹底した軽量化と、ガソリンエンジン並みの低フリクションを追求。加速性能、ハンドリング、燃費性能を高い次元で両立する。また、欧州で重視されるCO2排出量は、119g/kmに抑えた。

    今回、ホンダの英国法人、ホンダUKは、英国で開催される恒例のエコラン大会、「MPGマラソン」と同じルートと条件で、CR-Vの1.6リットル i-DTEC搭載車を820km走行。そして12月11日、「27.56km/リットルという優れた燃費を記録した」と発表した。

    この数値は、カタログ値の22.23km/リットルを、24%も上回るもの。ホンダUKのLee Wheelerマネージャーは、「再びアース・ドリーム・テクノロジーがリアルワールドでの燃費を証明した。今回の走行条件は、多くのドライバーの日常と同じだ」とコメントしている。

    http://response.jp/article/2013/12/12/212877.html

    【欧州ホンダCR-V ディーゼル 実燃費は脅威の27.56km/l】の続きを読む

    このページのトップヘ