サイ速

車・バイク・自転車など乗り物に関連したネタを紹介してます。

    タグ:SUV

    1:
    トヨタ自動車は2016年12月14日、新型コンパクトSUV「C-HR」を発売した。

    トヨタC-HRは、クルマづくりに関するトヨタの構造改革「TNGA」を全面的に取り入れて開発された第2弾のモデルにあたる。プラットフォームはTNGAの第1弾モデルである現行型「プリウス」と同じだが、C-HRでは世界各地での走行テストを通して各部を独自にチューニング。

    コンセプトである「我が意の走り」を追求したという。デザインも同車の特徴で、エクステリアについてはスピード感あるキャビン形状や彫刻的な面造形、ダイヤモンドをモチーフに強く絞り込んだボディーと、大きく張り出したホイールフレアとの対比などにより、軽快さと力強さが大胆に融合した個性際立つスタイリングを実現。

    一方、インテリアについてはメーターを中心とした操作パネルをドライバーに向けて配置するなど、運転に集中できる“ドライバーズ空間”としている。

    パワーユニットは1.8リッターエンジンに電動モーターを組み合わせたハイブリッドシステムと、1.2リッター直噴ターボエンジンの2種類で、駆動方式は前者がFF、後者が4WD。JC08モード計測による燃費は、ハイブリッド車が30.2km/リッター、ターボ車が15.4km/リッターと公称されている。ラインナップはハイブリッド車が「S」と「G」、ターボ車が「S-T」「G-T」の全4グレード構成で、全車に運転支援システムの「Toyota Safety Sense P」を標準装備。

    上級グレードの「G」「G-T」には、18インチアルミホイールやLEDフロントフォグランプ、ブラインドスポットモニター、クリアランスソナー&バックソナー、上級ファブリックと本革による専用シート表皮などが採用されている。価格は以下の通り。

    S-T:251万6400円
    G-T:277万5600円
    S:264万6000円
    G:290万5200円


    http://www.webcg.net/articles/-/35617

    プリウスSUV版ともいえるC-HR


    引用元 http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/bizplus/1481696286/ 【トヨタ、プリウスSUVこと「C-HR」を発売…価格は251万から】の続きを読む

    1: 2016/12/11(日) 10:08:50.74 ID:W1/XMJ620.net BE:232392284-PLT(12000)
    ホンダと広州汽車の中国合弁、広汽ホンダは11月下旬、中国で開幕した広州モーターショー16において、新型SUVの『アヴァンシア』を中国市場で発売した。

    アヴァンシアは2015年春、上海モーターショー15に出品された『コンセプトD』の市販版。ホンダの中国向けSUVの最上級モデルで、上質な走りと広々とした空間に加え、先進の安全技術などを導入した。

    パワートレーンは、ホンダが「スポーツターボ」と呼ぶ2.0リットル直列4気筒ガソリンターボ。最大出力は272ps/6500rpm、最大トルクは37.7kgm/2250-4500rpmを引き出す。

    駆動方式は4WD。トランスミッションは9速ATを組み合わせた。ホンダは、「スポーツカーのようなパフォーマンスと優れた燃費を両立させた」と自信を見せる。

    今回、広州モーターショー16では、アヴァンシアが中国発売。現地ベース価格は、26万9800元(約450万円)と公表された。広汽ホンダは、アヴァンシアをフラッグシップモデルに位置付けている。

    http://response.jp/article/2016/12/11/286811.html

    ホンダ「アヴァンシア」が中国向けSUVとして復活

    ホンダ「アヴァンシア」リア

    ホンダ「アヴァンシア」内装

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1481418530/ 【ホンダ「アヴァンシア」が中国向けSUVとして復活】の続きを読む

    1: エルボードロップ(東京都)@\(^o^)/ [ニダ] 2016/11/16(水) 21:47:03.89 ID:iA/NLifi0.net BE:875259835-PLT(15000) ポイント特典
     
    トヨタ 新型SUV「C-HR」を速攻試乗!ニュルで鍛えた走りはどうなのか!?


    「プリウスSUV」トヨタ新型C-HRを国沢光宏さんが大絶賛


    トヨタ C-HRに先行試乗! ハイブリッドと1.2ターボ、買いなのはどっち!?



    C-HRに採用されているトルコ工場製のザックスに乗ると、欧州製と変わらない印象。しなやかに動き、ガッシリと車体の動きを押さえ込んでくれる。普通の道を普通に走っただけでも、一般的な日本車と大きく違うことがわかる。

    http://autoc-one.jp/toyota/report-2997526/



    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1479300423/ 【■プリウスSUV■ トヨタ新型C-HRを国沢光宏さんが大絶賛…「トルコ製ザックスダンパーは欧州製と変わらない印象」】の続きを読む

    1: 乗り助φ◆v2jV1ntgt2 2015/04/09(木)10:36:37 ID:???
    英国の超高級車メーカー、ロールスロイスモーターカーズ(以下、ロールスロイス)が、ブランド初のSUVとして開発中の新型車。その開発車両が姿を現した。

    これは4月7日、ロールスロイスが明らかにしたもの。

    新型SUVの開発プロジェクトを、「CULLINAN」と命名すると同時に、初期段階の開発プロトタイプ車両の画像を初公開している。

    drduNYK


    全文はソースで
    http://response.jp/article/2015/04/08/248604.html

    引用元 http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1428543397/ 【ロールスロイス 初のSUV 、開発車両が姿を現す】の続きを読む

    1: ドラゴンスクリュー(catv?)@\(^o^)/ 2015/02/08(日) 15:43:25.24 ID:UiCtQjGE0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    833229

    日本で人気のプレミアムSUVと言えばレクサス『RX』、輸入車ではポルシェ『カイエン』、アウディ『Q7』、メルセデスベンツ『MLクラス』、 ランドローバー『レンジローバー』など強豪がひしめいているが、このクラスに満を持してジャガーが参入する。

    2013年にコンセプトモデルが公開されたジャガー初のSUV『C-X17コンセプト』が「ジャガーF Pace」という名称でいよいよ市販される。そしてその市販モデルを初スクープした。

    まだカモフラージュは重いが細く切れ上がるヘッドライトの輪郭が浮かびクーペのようルーフラインはコンセプトモデルを彷彿させエレガントさを強調するデザインのようだ。そしてコンパクトセダン『XE』と同様の次世代モジュラープラットフォームIQ AIが採用される。

    2015年秋にも公開される「F Pace」最大のウリは他ブランドにはない『XJ』で培ってきたジャガーならではの「上品な品格」とも言われており、日本はもとより世界で強豪SUVにどこまで迫れるか注目されている。

    http://response.jp/article/2015/02/06/243622.html

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1423377805/ 【ジャガー初のSUV「F Pace」】の続きを読む

    1: ビッグブーツ(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2015/02/07(土) 06:39:34.97 ID:RgqorzNR0.net BE:532994879-PLT(13121) ポイント特典
    ディーゼル乗用車が復権 トヨタ、8年ぶりSUV

     軽油で走行するディーゼルエンジンを搭載した乗用車の車種が2015年中に4割近く増えそうだ。
    トヨタ自動車は今夏にも大型多目的スポーツ車(SUV)で8年ぶりにディーゼル車を投入する。
    ボルボ・カーなど輸入車も力を入れる。燃料代の安さや走りの力強さが消費者の支持を集めており、数年前まで低迷していた市場は拡大基調だ。ハイブリッド車(HV)などと並び、エコカー選びの有力な選択肢になりそうだ。

    concept_img_car01
    ※現行ランドクルーザープラド
    3リットル直4直噴ディーゼルターボエンジン搭載車が7月に登場(ソース ベストカー2月号)

    以下ソース
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO82933860W5A200C1TI0000/

    引用元 http://r.2ch.sc/test/read.cgi/news/1423258774/ 【トヨタから8年ぶりにディーゼル搭載のSUVが登場か】の続きを読む

    1: ドラゴンスープレックス(芋)@\(^o^)/ 2014/12/25(木) 23:08:50.75 ID:UjduAuPU0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    [東京 25日 ロイター] - 富士重工業 は米国で販売するクロスオーバーSUV(スポーツ用多目的車)「XVクロストレック」の次期モデルの生産拠点を、当初計画の米国から日本国内に変更する方針を固めた。米国生産としていた計画と同様に2017年春ごろに国内で生産を開始し、年約6万5000台を予定する。関係筋が25日までに明らかにした。

    関係筋によると、同社は当初、米工場のスバル・オブ・インディアナ・オートモティブ(SIA、インディアナ州)で同年春にも次期XVクロストレックの生産を立ち上げ、年間約6万5000台を生産する計画だった。

    ただ、同社の米国販売が予想以上に好調で、今後もSIAでのフル操業が続き、生産能力不足が懸念される。このため、販売価格が高めのXVは日本から輸出しても採算が取れると判断し、群馬製作所(群馬県太田市)での生産継続を決めた。

    富士重は為替の変動に左右されない強い事業構造を作るため、「地産地消」を掲げて販売する国・地域の近くでの現地生産化を進めている。同社の吉永泰之社長は、米国での販売好調を受けた生産拡大では「輸出を増やすというよりも米国での生産を増やしていく」との考えを従来から表明し、今後もその基本方針に原則変わりはないとしている。

    同社は輸出比率が7割超と高く、米国での販売好調で国内生産も今はフル稼働の状態だ。だが、消費税率10%への引き上げや人口減少が待ち受け、中長期的には国内需要の大幅な成長は見込めず、日本国内での「モノづくり」をどう維持するかが課題になっている。足元での円安基調が将来も続けば、輸出向け国内生産は継続しやすい環境になり、工場の稼働率向上にもつながることから、収益を拡大させる要因になり得る。

      既存モデルのXVクロストレックは、主力車種「インプレッサ」をベースとしたクロスオーバーSUVで、現在は群馬製作所で生産して米国に輸出している。販売価格はガソリン車で約2万1500ドル、ハイブリッド車で約2万6000ドルとなっており、インプレッサの約1万8000ドルに比べるとやや高めだ。

    2015-Subaru-Crosstrek

    http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPL3N0U91FL20141225

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1419516530/ 【スバル 米国向け「XV クロストレック」次期モデルは日本で生産】の続きを読む

    1: 目潰し(家)@\(^o^)/ 2014/12/15(月) 17:04:23.10 ID:mpMU4e+H0.net BE:809145981-BRZ(10000)
    【動画】高性能SUVであるポルシェ カイエンの性能が低すぎてヤバイwwwwww
    19e3e8ca6c43956bd3cf75ffda85536a-1

    http://www.liveleak.com/view?i=0a9_1418418976


    http://youtu.be/-RR5hl1BaqI



    2002年に登場し今や高性能SUVの代名詞となったポルシェ カイエンですがこんな残念な動画が投稿されています。上の動画はカイエンでちょっと深めの川を渡ろうとしているところですが途中で完全に沈黙。
    はたしてこの後どうなったんでしょうか…
    下の動画は前輪が段差から落ちてしまって自力で乗り越えられないというもの。SUVでこの状態なら自力で脱出できるでしょ…という感じなのですが多くの人に持ち上げてもらっても脱出できず。
    カイエンが高性能SUVとはいっても本格的なSUVでないことが垣間見えた瞬間ですね。

    http://magazine.vehiclenavi.com/archives/2837

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1418630663/ 【高性能SUVであるポルシェ カイエンの性能が低すぎてヤバイwwwwww】の続きを読む

    1: ミドルキック(芋)@\(^o^)/ 2014/12/03(水) 18:47:27.59 ID:pO/TwN3K0.net BE:357092553-PLT(12000) ポイント特典
    799312

    3代目となる新型『ムラーノ』は、コンセプトカーのようなデザインと上質なインテリアが特徴。また、同車のベースとなっているのは、約2年前に登場したコンセプトカー『レゾナンス』。

    初公開はニューヨークモーターショー。エクステリアは「V-モーション」と呼ばれるフロントマスク、ブーメラン状のヘッドライト、フローティングルーフなどを採用。

    インテリアは、ラウンジ感覚の提供がテーマ。インパネの高さを抑え、センターコンソールをワイド化。大型のパノラミックルーフが用意され、頭上空間に開放感をもたらす。
    オプションで、「日産コネクトSM」と呼ばれる車載インフォテインメントや、BOSE製の11スピーカーオーディオが選択できる。

    新型ムラーノのパワートレインには、3.5リットルV6ガソリンエンジンを搭載。トランスミッションにはCVT「エクストロニック」を組み合わせ、先代モデルよりも燃費が20%向上した。
    http://response.jp/article/2014/12/03/238877.html

    引用元 http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1417600047/ 【日産 新型ムラーノ…コンセプトカー「レゾナンス」譲りのデザイン】の続きを読む

    このページのトップヘ